2010年10月15日

翻訳に挑戦(したいの〜)

ワシはDailyYomiuriを取ってるのだけど、毎週木曜日に翻訳コンテストをやっている。

英→日、日→英が週代わりで出題される。昨日(14日)は英→日だったから、21日は日→英。
日→英はワシの実力ではとてもムリ、英→日は5~6回応募したことがある。2回目で佳作に入賞、500円の図書券を貰ったな。もっともワシの翻訳が良かったのではなくて、どうもご新規さんは優遇される傾向があるみたいである。ゆうても新規参入者なんて限られてるだろし。というわけで応募したことのない人は木曜日はDailyYomiuriを買いにいけば図書券を高い確率でゲットできると思う。

この英文和訳翻訳をやってみるとわかるけど、作業の9割がたは日本語の検討である。記事自体は5分もあれば充分に辞書引いて意味を取ることは可能だろう。しかしこれを普通に読める日本語にするのはかなり骨が折れる。昨日の課題の一部(やったら構わんヤロ)。2010年のノーベル文学賞、ヴァルガス・リョサに関する記事。

"A leading member of a generation of writers behind the resurgence in Latin American literature in the 1960s, Vargas Llosa was a champion of the left in his youth and later evolved into an outspoken conservative, a shift that infuriated much of Latin America's leftist intellentsia"

ワシの訳:
「1960年代のラテンアメリカ文学再興期の作家世代のなかでその筆頭格のヴァルガス・リョサ氏は、若き日にあっては左翼活動の闘士でありながら、その後積極的な保守主義者となり、この転向はラテンアメリカの多くの左派知識人の怒りを招いた」

かなり考えたのだけど、 これだけ長い一文って日本語では無理があるな。「でありながら」は「であった。しかしながら、〜」で文章をいったん切りたい。こういうのって翻訳で許されるのかな。ワシの感覚ではそうしたいのだけど、それがいい訳かどうかはまったく別ですな。

かんがえてみれば、まともに日本語の作法を勉強してないもんな。長い文章は途中で切って「ちょっと鈍くする。それは森鴎外のスタイルであり、正しい日本語」といってたのは三島由紀夫だった。秋山駿とのインタビューだったか。確かにどんどん長くなる傾向の英文は日本語のスタイルではないだろう。

でもどうやったらいいのかわからないので、「翻訳入門」みたいな本を探しにいったのだけどピンとくる本がなかった。文芸翻訳はどうだとか技術翻訳はどうだとかちょっと走りすぎ。こういうのって習いにいかなくちゃダメなんだろうか。もっと基本的な考え方の本を読んでみたいのだけど・・・。

いい本をご存知の方は教えて欲しいです。

さて、2回目の図書券ゲットなるか。ムリでしょうね(笑)。
posted by デンスケ at 21:04| Comment(6) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

イディオム

一日2unitsずつEnglish Phrasal Verbs in Use Advancedというテキストをやっているのだけれど、句動詞+αのイディオムのドリルがでてきた。

イディオム、苦手ですわん。憶えたら「表現が豊かになる」とよく言われてるけれど、こちとらどうやって英文を作ったらいいのかわからなくてあ〜う〜いってる程度でかっこいい表現憶えてもなあ。

いつだったか、ネイティブが書いてたんだけど、"sell like hot cakes"というイディオムはすんごく陳腐な表現でいまは使わないとか。でもJapanTimesで見たことあるぞ。どっちやねん。

しゃれた表現というのは一歩間違えるととんでもなくトホホなものになってしまうのは、累々たる死語を眺めてるとわかりますね。困るのは、そのへんの濃淡というか、ホントに定着してる表現で生きているものかどうかわからないところ。

で、テキストに"get on like a house on fire"つうのがあるのだけれど「たちまち仲良くなる」という意味らしい。「家が燃えるくらい(すばやく)仲良くなる」つうことですか。聞いたことなかったぞ。 リーダースで引いてみたら、"set the house on fire"で(聴衆を)ひきつけるくらいしかでてない。

それにこれはイギリスの本だから、アメリカじゃどうなのかっていうのもわからないし。定着した表現かどうか、わかればねえ。

ワシの好きなストーンズの曲に"Wild Horses"があるのだけど、実はこの曲はイギリスの古い諺からきてるとミックジャガー自身がいうておった。恋人のマリアンヌ・フェイスフルがドラッグで死にかけて、昏睡から目覚めたときに"The wild horses couldn't drag me away"とつぶやいたのを曲にしたとか。「絶対にしない、死んでもやらない」くらいの意味らしいけど。この表現は「フロスト警部」にもでてきて、ほう〜っと思ったものです。

posted by デンスケ at 07:40| Comment(6) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

句動詞の勉強

English Phrasal Verbs in Use(Intermediate)、70units昨日やりおわり。
一日2unitsずつで2ヶ月弱でしたか。状況に応じたPVをドリルするんだけど
正直機械的にやっただけで、あんまり憶えてないな〜。よろしくない。

確かにすごく勉強になる。微妙なニュアンス(ポジティブなのかネガなのか)が
こんなに簡単な表現でできるのだな〜と感心しました。

でもね。すごく曖昧なかんじでどうにもつかまえようがないという感じも。
get toが「怒る、責める」みたいな使い方するって書いてあったけど、前後の
文脈で判断せなわかりませんよね、こんなの。単純に憶えても、何の役にも
立たないだろう。もっと構造的にPhrasal Verbを分析しないと、非ネイティブ
には使いようがない気がする。とてもいいドリル集だけど、あまり分析的ではない。

いちおう同じシリーズのAdvancedも買ってるんだけど、これからどうしようかな。
句動詞の構造を分析してる参考書もあるみたいだし、そっちを先に読んでおいた
ほうがいいのかな。
ワシの頭脳では混乱するだけ、という気がしないでもないが・・・。

句動詞なんて、PB読んでも洋楽聴いてもぼんぼん出てくる。すんごくありふれてる
のに、なかなか実態がつかめないネ。wipe outのoutとはなんぞや、offやawayじゃ
アカンのか?とか、悩ましい〜。

posted by デンスケ at 17:20| Comment(9) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。