2011年11月18日

は〜あと少し。

もう11月も下旬近くで、早いなあ(汗)。年齢が行くと時の流れが早くなるっていうけど、ことしはことのほか早い。東京行きとかはさんだし。目前の案内士2次試験なんかあっという間やろな。

ここ数年、なんか怖いくらいに「ツイて」いるように思う。別に目的もなく、金もかけずに気楽に英語を始めて(ホントにボケ予防のつもりだった。だいたい50歳なんて「シニア英語」の領域やろ(笑)。)英検1級合格。仕事に関していえば、あそこに転勤したいなあと思ってたポストにうまくはまって(けっこう狙ってる人が多い)、おおっとか思ってたら同じ年に行きたかった東京での研修にもいかせてもらえた。ここ5年連続正月は「大吉」だしなあ。

こんだけうまいこと回ってると来年以降ダダ下がりなんじゃないかと(汗)。

年度後半、さすがに仕事が忙しくなってきた。量的なものより、判断を迫られるタイプの。ずうっと忙しくアタマを動かさなくてはならないから、繁忙感が強い。ワシは残業せんしな。英語を読んでる間が「休息」みたいなもんだ。あまり小説を読もうという気にはならないけど、時事英語は毎日いちおう新聞読んでます。

つらつら考えるに、やはり英語は自分の本来の線ではない。趣味で楽しめばよい。「シニア英語」や(汗)。なので、本当に今回の案内士試験ですぱっと受かってケリつけたいもんだ。また英語がなんらかの実際の役に立つこともあるかもしれないけど、当分はなさそう。

あと少し。がんばろう。(と珍しくマジメ)




練習中。原曲はエミルー・ハリスの澄明な声と上手く絡み合っていて、シミジミするなあ。

Time is an ocean but it ends at the shore. You may not see me tomorrow....
posted by デンスケ at 07:17| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でんすけさんはPBをばんばん読むというのが一番の息抜きで英語との接点が続くのじゃないかと思います。

すったもんだして毎週月曜日は20ページ以上も読む羽目になるTIMEが
私にとってはPBを読むのと同じかもなぁって思ったりします。
つまり一週間でPB一冊読了の気分。
一年で単純計算だと52冊を読み終えることになるのかな?

いま楽しく寝しなに読む日本の小説(松本清張とか角田光代とか)は
知的な面白さって感じからいうと「気晴らし」に近いかもしれないです。

熟語(あちらの人には'set phrase'がぴんとくるとか)のレベルが
日本人が英語学習する基準とちがうってことにも気がつかされたりして
TIMEは机の上で『なんちゃってアメリカ留学』って感じで、♪えぇ気分やわぁ♪です。

いや〜お得、お得(主婦にはとても大事なこと)。
Posted by sylphide1832 at 2011年11月18日 09:26
しかし、「シニア英語」でここまで上り詰めたら、すごいよな。。

他の普通のレベルのシニア英語の人に殴られるで「気晴らしに英語」いうとったら。

残業かわってくれ。うちのぱぱと。毎度今週零時前帰宅や。。

仕事を抱え込んでむっちゃこまった30代に仕事をふれなくなり、上の人々がいそがしくなっっとるやないか!!

もうクビにしてくれ。そんなひとは!!!
公務員ちゃうなら、「切れる」はずや!!!!

ガイド終わったら、まじ、「ギター線」いくのん?(笑)

今度YOUTUBEとかにできばえUPして、みんなで鑑賞会しようや(爆)

ほなな〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年11月18日 13:05
こんばんわ、シルフさん。まだ7時前なのにもう真っ暗で日が短くなりましたね〜。

PBはTIMEと違ってかなり早く読めるんじゃないかな〜。読んだことないからわからないですけど、英字新聞の転載を読むとかなり手ごわい。いちどいかがですか。面白いですよ。

Set Phraseというかチャンクというか、それをどれだけ溜め込めるのかが英語力の鍵でしょうね。単語じゃなくて、フレーズ単位で意味を把握し、「目で」意味を拾っていくかんじ。しゃべるときもそれらを適宜取捨選択して楽に喋る。そういうのが目標ですね。

しかし単語すらかなり怪しくなってる(きょう新聞でrespiteが出てきてわからなかった)ので、どうしたもんやら・・・。
Posted by でんすけ at 2011年11月18日 18:57
こんばんわ、大阪の主婦さん。

シニア英語っていうのは仕事で役立てようとか、ひとやま当てたろかとかそういう邪念をス捨てた「枯淡の境地」を指すんやで。上り詰めたとかそういう感覚はまったくない。まだ麓の茶屋で一服したとこですな。英検はそこでアイスクリーム食べたら「当り もう1本」が出たようなもんや。お腹弱いから、あんまり食べるとお腹イタなるねん・・・。

残業は会社によるとしかいいようがない。民間のひとでもいっつも帰りによく会うひとおるで。それに民間でも正社員のクビ切るのは大変やねんで。仕事せんならともかく、「仕事できない」ではクビ切れんで。

もしそれだけドライな会社なら、仮にパパさんが病気して半年休んで、まだ十分でない状態やったらクビ切られる可能性があるゆうことや。こういうのか「諸刃の剣」で、そやからこそみんな穴埋めに必死になるねん。

民間万能神話は、やめたほうがええで・・・。
Posted by でんすけ at 2011年11月18日 20:18
でんすけさんのギター演奏鑑賞会、ぜひぜひやりましょう。

ボブ・ディラン、こうして見るとけっこういい男ですね。
でんすけさん、この曲の練習してるんですね。
浪速のボブ・ディラン目指して頑張ってください。

ギターのためには教室に出向き、英語は独学で1級合格。

でんすけさんが、「私はこうして英検1級に合格した」という本を書いても出版されないと思います。

だって、対策本を出版しているところ、英語学校が困るもの。

「私はこの単語本、対策本を利用して合格しました」だと、出版され 売れると思いますけどね。

こちらは関西より日の入りが早いので5時でくらいです。昨日、今日と寒いし。
Posted by ケイト at 2011年11月18日 23:35
ケイトさん、おはようです。

そーですね、「これこれを使った」ってほうがわかりやすいし、とっつきやすいですよね。自分も最初から英検目指してたら教材を使ってたと思いますし、学校にもいってたかもしれません。しかしそういう勉強は苦手なので、英検を目指すという発想がなかっただけです(笑)。

ほんと偶然なんですよ。英検を取るためにPBやら読むのはしんど過ぎる。あれですね、草ジョガーが市民マラソン10kmの部に出たら案外タイムが良かったってかんじです。

だからこそ、いっぱい読むってのがどれほど重要なのかってことの逆説的な証明になってると思うのですけど・・・。
Posted by でんすけ at 2011年11月19日 06:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。