2011年11月15日

通訳案内士2次試験の分析

2次試験、どんなことを訊かれるのか。2010年のCELの受験レポートからその傾向を分析してみた。アナライジングである。したところ、わりと一般的な問題が多いみたいである。んなにトリビアルな質問はないみたいだ。まあちょっとした話題に関する小ネタがあればいいんだろうけど。

パターン1
「〜について説明してください」
いわゆる日本的事象である。日本の気候や生け花、茶の湯とか。いきなり枯山水とはなんですか?とかいうふうなのではなくて、ごく一般的なこと。ちょっと対策のしようがない。考えられるのは、"〜 or ****, is a kind of〜"とかパターンを作ってあとは自力でがんばる。自分の体験とかが交えられたらいいんだろうな。このへんは思いつくのを自分で作っておいたほうがいいな。「茶の湯」なんかワシ、なにもしらないもん。「座禅」も。もちろん「生け花」も。

パターン2
「なぜ日本は〜が〜なのですか」
なぜ塾が多いのだとか、自動販売機がいっぱいあるのだとか。これもまあ英語力があれば十分なのだろうけど、それのないワシは答案練習するしかないな。これはパターン1に較べたらひな形が作りやすいような気がする。

パターン3
「〜のオススメのもの(名所、名物)を教えて下さい」
これはひな形さえつくれば、あとは適当に言葉を当てはめていけばいいからラクチンそうである。「京都でどこへ行けばいいですか」とか。漠然とした質問だから、インターアクトを交えたほうがよさそうだ。"What kind of things do you expect there ? Say, delicious foods, or tourist spots..." とか。デタラメいってもわからなさそうな気がするが・・・。

パターン4
「〜へ行くにはどうしたらいいですか」
なんか「ウィッキーさん」みたいだ。たとえばいま、梅田にいるとして、関西空港に行くにはってかんじ。なので「〜線に乗れ、どこどこで乗り換えろとか」って答える必要があるみたい。これはわかってさえいればむしろサービス問題だろうけど、知らない場合は往生するだろうな。まああんまり変なとこはいわないだろうが、大阪の主婦さんにとってはもっとも難問であるかも。英語力の問題ではないだけにシンドイもんがあるなあ。「大阪から小豆島に行くには」みたいな問題がでることを祈る。ワカランから「とりあえずタクシーに乗れ」じゃアカンねやろなあ。

問題はいったことに関して「それはなんですか」「なぜですか」とかがくっついてくることだな。なのであんまりよくわからないことをいうとヤブヘビかもしれない。

ということでパターン1、2を重点的にやってみることにする。パターン1は「銭湯」とかなら答えやすいが、知らないことがでてきたらやっかいそう。「んなこと知らんがな」とはいえんしな。

きょうは昼から休みを取って英会話喫茶へ行った。とりあえず、口ならしである。しかし喋れないなあ。まあしゃあないか。次回はもっと落ち着いて喋るようにしないといけない。優雅なマダムたちがいて楽しそうに「英会話」してる。いいなあ。ワシもそうやってみたい。ちょっと北朝鮮の話題になり、"I think North Korea is destined to be doomed....I don't know when it will happen, but not in the far future anyway." とか調子に乗って喋ってたら前半部分がわからなかったのか、「え、なに喋ったん?え?え?」とかしましい。話が続かん、ちゅうねん。しゃあないねんけど。

次はプライベートレッスンにしようっと。

posted by デンスケ at 20:29| Comment(4) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
は〜。やっと来たわ。。。今日は一日中、でっぱなしや。

まじで、「道」きかれるの困るんよな〜(汗)

でもさ、一般的な話聞かれるレベルちゃうのん(て、お前は一般的なレベルに達しているのかという自問自答する自分がいるけど)

「梅田から関空には シャトルバスか電車です。」

何電車にのるかは「知らん」(爆)鉄道名きかれたらアウトやな。
それはないやろと思いたい。

英会話喫茶行ったり「積極的」やん。

もうこの12月でこの勉強は終わらしたいわ。

次、一緒に国連英検A級うけへん?(爆)
リスニングがない(爆)リーディングとライティングや。

これうかったら時事英語教室のじぶんの地位が上がる気がするな(爆)

働いてないけど、「出世、管理職級」に進んだ気分に(爆)


ほなな〜。

Posted by 大阪の主婦 at 2011年11月16日 18:26
ほい、お疲れさん、大阪の主婦さん。

関空はJRか南海やで。南海は乗換えが面倒なのでJRのほうがよいのでは?と助言するみたいにいえばいいんじゃないかと。それくらい憶えとき。

ワシ、ホンマに英語しゃべられへんねん(汗)。1級レベルでとかじゃなくて、一般人レベルや。きのうはどれくらいしゃべれるかなあと思っていったけど、全然ですわ。ふだん使ってないし、音読なんかもってのほかやから当たり前やねんけど。

どないしょうかな・・・。どないもならんな。

国連英検はええわ。B級もってるし、特Aがある時点でAもBもかわらんで。ひとりで行き(←きのうすげなくされたからゆうたった)。いまさらA級より特Aを目指したほうがええのんと違うん?(←自分が関心ないからどの程度難しいか知らない。)

まだ若いねんから、なんとかなるで・・・。
Posted by でんすけ at 2011年11月16日 19:17
でんすけさん、英会話が苦手とおっしゃりながら、かなりできるじゃないですか!!

大阪の主婦さんと対面、とても期待していたのですが・・・。

今後のお二方の身の振り方に注目していたら、「国連英検」との大阪の主婦さんのご提案。「特A]目指して頑張ってください。私はどれほど難しいのかまったく知りませんが。

そうでなければ、「簿記1級」を二人で目指す・・・??

ガイド試験、関西で受験する場合には 東京のほうの質問などは出ないのでしょうか?
「皇居」について、「両国国技館」について
「秋葉原の買い物」とか。
「成田空港から浅草に行くには」などなど・・・



Posted by ケイト at 2011年11月16日 21:46
おはようございます、ケイトさん。

いや〜たまたま北朝鮮に関しては新聞で見た表現を憶えていただけで、会話はぜんぜんですわ。喋りたいことがあるのに出てこないのであせって早口になりますますつっかえるという悪循環。自分は英検の面接のときに「反応の早さ」だけは「ちょとまし」な評価で、なにもかんがえずに喋り始める傾向がありましてね・・・。たくさん英語に触れてたころならそれでもなんとかなったのですが。

英語は上をめざすどころか、「いかに劣化を食い止めるのか」が自分の課題でしてね。英検1次通ってから、もう2年半ですよ・・・。もう一回英検を受けてもいいかな?って思えるくらいにまで戻れたらいいんだけどな(汗)。

東京では京都のことを訊かれたりするらしいですが、どうなんでしょうね。自分も疑問に思ってました。東京〜京都を往復する外国人観光客は多いでしょうから、東京のことを訊かれても不思議ではないんですがねえ。これは記事ネタにしようかな、と思ってました。ちなみに例に出てるのは、ことし東京にちょっといたので答えられますよ。日本語で、ですけどね・・・。
Posted by でんすけ at 2011年11月17日 05:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。