2011年11月14日

悶絶しびれくらげ

記事タイトルだけど、意味はない。なんとなく思いついただけ。ハンドルネームによさそうと思うのだけど。

家に帰ったら、通訳案内士筆記試験「合格」の通知票がきていて、ひと安心。まさかとは思ったが、点数の数え間違いしていたとか、名前書いてなかったとかありえる話だし。大阪の主婦さんに申し訳が立った。まきこんだのはワシだしな。しかし合格者のファイル見ていて気が付いた。

明らかに免除組と一般組を分けてる。ワシは3900番台なのだが、ここの合格者は40人以上いる。合格率40%強で、全体の合格率から見ても突出して高い。英語免除組を固めてるとしか思えない。つーことは、受験番号で1級経由組かどうか丸わかり、ちゅうことですね。それがプラスかマイナスかはわからないけど。ということで、なにがなんだかとにかくやれるだけのことはやれっ、ちゅうことですね。

とにかく、英語がしゃべれなければ仕方がない。きょう会社で英語に興味もってそうなのをつかまえて英語で喋りかけたけど、???な反応である(当たり前か)。

「え〜なんですか」
"I've got to speak in English, 'cause I'm going to take an interview test at early next month"
「なんでまた」
"Don't ask me too much. All you got to do is to speak in English. Capice?"
「キャピスってなんですか?」
"It means....in Italian, "Do you understand?" or OK ?"
「状況にかなり無理があるんですが」
使えん奴だ。ノリでしゃべらんかい。

昼休み、ああでもないこうでもないと思いながら「招き猫」を英語でどういえばいいのかかんがえていた。
ガイジンさんには大人気の日本的アイテムであるらしい。"Lucky Cat"とかいって。え〜右手を上げてるのは「金運」を招き、左手は「客」だったかな。この知識をどう英語で言えばいいのか。

"If they(lucky cats) raise their right paw, it means to bring in economic fortune. If left paw, it means to invite guest or customer. So, in service industry, it presents business prosperity."
なんかめちゃくちゃな説明な気がするけど、こんなのでわかるのかなあ? はあ〜。



きのう丸一日かかって、この曲のコードが押えられるようになった。Em,C, G, Dで難しいのはないしな。しかしコードを押えてるだけなので、いっこうに曲らしくならない(涙)。はあ〜悶絶。

和書を1冊読んだ。「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(増田俊也・新潮社)amazonでの評価がものすごく高かったので、読んでみた。木村政彦は戦前〜戦後にかけて「最強」と謳われ柔道界では15年間、不敗だった柔道王である。昭和30年より少し前、日本のプロレス界が草創期にあったとき、相撲から転向した力道山とタッグを組んでシャープ兄弟と連戦したひと。

kimuramasahiko.jpg

で、このふたりは日本最強を賭け激突し、力道山の勝利に帰するわけであるけれども「昭和の巌流島」と呼ばれたこの戦いにはいろいろと謎が多い。プロレスってのは事前に「ブック」が決まっていて、後年木村政彦が明かしたところによると、「第1戦は力道山、第2戦は木村、第3戦はドロー」っていう筋書きだったらしい。ところが第1戦は筋書きどおりの勝敗ではあったものの、途中で力道山が「ブック破り」を行い本当のケンカみたいに攻撃したため、不意を衝かれた木村の歯は折れ瞼は切られ血だまりのなかで失神状態で敗北する。

予定の第2戦と3戦は行われず、勝者の力道山はプロレス王に、敗者の木村は歴史のなかに忘れられていく。二度と挑戦を受けなかった力道山を殺そうと木村は匕首を忍ばせて付狙っていたが、それは果たされぬまま力道山は不慮の死を迎え、木村は無念をのんだまま人生を送ってゆくーって話です。

問題のたたかい(力道山×木村政彦)


2:17あたりの木村の左足キックが急所にあたり、これに激昂した力道山が「キル・ストライク」(殺し合い)を仕掛けたってことになっているが、はたしてそうなのか。それまでまったりした雰囲気だったのが、急に殺伐とした戦いになる。というより、力道山が一方的に殴る蹴るで、木村がうろたえている様子がわかる。2:42のテンプルへの一打で木村は失神したらしい。あとは、まあ好き放題、街のケンカですな。

この戦いからおおよそ20年後、木村の母校、拓殖大柔道部出身の岩釣兼生(全日本選手権者)はG馬場率いる新日本プロレスに入団しG馬場に挑戦、セメント(真剣勝負)でKOし恨みを雪ごうとしたが、むろんそんな話を馬場が受けるわけはない。しかし馬場もびっくりしたろうな。馬場にはなにも関係ない話しだし。

筆者は柔道からの視点で書いているから、柔道を少しも知らないワシにはやや退屈な描写が多かったかな。

朝鮮からわたってきて、日本精神の具現化ともいうべき相撲に打ち込んでいた力道山が、日本の敗戦により一気に「戦勝国民」に。力道山の生活は派手になり傲慢な態度が出てくる。後年、ジストマを患い休場を余儀なくされたときに、誰も見舞いにもいかなかったそうだ。これを旧態依然として「差別」とかんじた力道山は大関を前に廃業、プロレスに。一方、敗戦は木村になんの変化ももたらさなかった。

この両者の差が、あの凄惨な結末に結びついたと筆者はいっている(ように思えたけど)が、はたしてどおうなのか。当事者はもちろん、関係者がほとんど物故しているいま、その真相は永遠に闇のなかなんだろうな。う〜ん、ちょっと自分が求めていたものとは違ったって感想です。
posted by デンスケ at 21:24| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会社で英語で話しかけるの最高や(爆)
その人は部下?おもろいな〜朝から笑わすな〜(爆)

招き猫。。。よう説明できんわ。。しらべとこ(汗)

私も3900番台やけど。そうなん?かためてるんか?

オンラインの合格番号最初からみてて、最初の一ページ目の一番目のとこから、ずっと20番くらい番号が連続してて、「ここらへんのグループはなんか免除か?」とちょっとおもったけど。。。

朝のうちでおわる面接それも二時間以内。。。もしかして、英語免除組みは午前中とか?
あえるかな(爆)
Posted by 大阪の主婦 at 2011年11月15日 10:27
こんばんわ。大阪の主婦さん。

キクタンやってた奴やで。単語だけ憶えるのは意味ないからもっと読まなアカン、ゆうたらなんかしらんけど読んでるみたいや。簿記の1級持ってるねん。背の高いイケメンやけどこのあいだ山陽電車の駅のホーム(ベンチにあらず)で酔っ払って寝とったらしい・・・。1級ホルダーでなにかしら変ったとこあるんかしらん。英語喋りたいんです、ゆうとったから折角チャンスを上げたのに。

最初のほうは筆記試験免除組(昨年2次に落ちた人)やで。ワシ、昼からやで。会われへんな。メシは天下一品でよかったらおごったるで。ラーメンだけな。チャーシューメンはあかん。受験票は再発行してくれるらしい・・・。
Posted by でんすけ at 2011年11月15日 17:59
ええ!昼からなん。

通知で「12時15分解散」ってかいてて、
それまでずっと全員おらされるんか(汗)

試験前によく、暢気に「ラーメン」食べる心の余裕あるね(爆)

「一回逢わないといけない相手リスト」にはいってるけど2人きりはドキドキするからな(爆)ここにあゆみさんおったらもりあがったんやろけどな。。

一人でラーメンくっとき。 チャーシューいれてくれるんやったら考えるわ(爆)

ブログ仲間で飲み会できたらいのになあ。個性のこいーーーーメンバー陣。シルフさん(三重なら近い)とか、angelさんとか、きんちゃんさんとか(←遠くても来るやろ(爆))

私8時前にはでんとあかんわ(涙)

万一「迷う時間」てちうのを30分足すのや(爆)(←このあいだ行ったとことおなじやろ(殴))

ほなね〜。再発行してもらわなあかんのかいな。

ちゃんと整理整頓して大事なもんは、大事なもんいれるかばんに入れんからそういうことなるんやで(怒)

今度からきいつけなさい(爆)
Posted by 大阪の主婦 at 2011年11月15日 18:37
かしこいひとは午前なんやで(ニヤニヤ)。

昼からやねんから、メシ食うの当たり前やろ(怒)。ノンキとかそういう問題やないで。生きていくために必要なんや(涙)!!

整理整頓って、いらん思って整理したからないねん。落ちたと思ってたからな。ワシは整理すきやで。いらんと思うものはちゃっちゃと整理するねん。

せっかくビンボなワシがラーメン奢ったろうと奮発したのに・・・。8時前に家を出て、間違えて梅田で降りて行き先に迷いますように...(祈)
Posted by 悶絶くらげでんすけ at 2011年11月15日 20:39
会社の方との会話、「最高です」(シンノスケ風)。
やはり、1級保持者は違いますね。ほとばしる教養というか、着実な英語力というか。
チャーシューメンはアカンて。

合格を確信しています。
(by ガハっ耳の研修生)



Posted by 足立sunny at 2011年11月16日 02:35
おはようございます、足立sunnyさん。

ふだんよく喋る奴なのに、英語になったら逃げますね〜。ちょっとウィッキーさんの心境がわかったかんじ。こんなことでいいのか日本人。

英語に関しては自分の小遣いから支弁してますから、テストに向けいろいろと物入りでしてね。チャーシューメンは贅沢すぎます。貧者の一献はすげなく断られました。ああ。
Posted by でんすけ at 2011年11月16日 06:30
私はさっぱり興味なしなんだけど
毎日ウィークエンドになった居間を占領している夫には
じじぃシッター代りにあてがってある(苦笑)ケーブル&スカパーの多チャンネルが
とても面白いらしい。
ヒマなときはGAORAとかのスポーツCHで新旧のプロレスを見まくっております。
そこで一つ質問。
食事を日に3度作りつつ、そのプロレスの模様をちょこっと見るにつけ
現在のレスラーがでんすけさんのUPした木村さん?と同様に筋骨隆々だってこと。
つまりいまどきのレスラーはステロイド剤などの筋肉増強剤を意図的に使用してるじゃないですか?
シュワちゃんなどそれで心臓のバイパス手術なんかやらなくちゃいけなくなってるし。
しかしはるか昔の力道山とか木村さんとかの時代もやはりその手の薬を使って「見せる肉体」に作り上げていたのでしょうか?

力道山の映画は韓国の監督さんのをWowowで見たことがあります。
日本語がヘン!というレビューもあるにはあるけど、私は案外いいなぁと思いました。
Posted by sylphide1832 at 2011年11月16日 08:44
こんばんわ、シルフさん。

いや〜力道山、木村の時代にはアナボリック・ステロイドはまだなかったでしょう。1955に発明か発見されたんだとか。木村が無敵であったのは早くから筋力トレーニングの重要性に気が付き、取り入れていたからだとこの本には書いてありましたね。あの筋骨はむちゃくちゃ練習した賜物らしいです。

プロレスもボディビルダーあがりの人も多かったし、早くから筋力トレーニングを取り入れてたんだとか。薬剤がおおっぴらに使われるようになったのは、70年代〜80年代ではないでしょうか。

ソウルでベン・ジョンソンが失格になって一躍有名になりましたが、あの派手な化粧したジョイナーも薬物疑惑がありましたね。派手なメイクは男性化を隠すためだったとかなんとか。若死にしたのもそのせいでは?なんていわれてますね。

野球も昔の選手は本当に「細い」。これは薬剤とかじゃなくて、筋トレが一般的ではなかったからでしょう。

ワシもジム行って、ちっとは身体引き締めないと、と思うのですが・・・。近所にジムあるんですが、本当のボディビルダーのためのジムで一般的なスポーツクラブではないので、ちょっとなあ・・・と思ってます(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年11月16日 19:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。