2011年11月01日

ドレスコード

英語ネタ枯渇。小資源国日本である。いちおうDailyYomiuriを読んではいるのだが、きのうきょうとあまり面白い記事もなく。大阪の主婦さんもおなじようなことを書いてらしたけど、あちらは実ビジやらTIMEという人気のリソースがあるからな。ワシみたいにDYやJapanTimesをネタにしてるひとはあまり見ない。圧倒的不利である。有利不利の問題ではないか。で、ちょっとグチ。



東京に研修に行ってる間、隣の課に新しいアルバイトのおねえちゃんが来てた。最初見たとき、おおっと思いましたね。派手〜。しかしセンスがいい。なんでもショップに勤めていたとかで、ふうむなるほどなあと思ったのであります。しかし、このごろずいぶんと地味になってなんでかいな?と思ってたら「派手すぎる」というオッサンらの意見があって遠まわしに伝わったんだとか。

村上春樹じゃないけど、「やれやれ」。アルバイトなんだから、接客するでもなく本当の内勤である。必要ないやろ。確かに会社ではそれなりにキチンとした地味な服装というのが無難であるというのはわかる。たとえ接客しなくてもね。でも、それなら全体のドレスコードをもっとちゃんとするほうが本筋ではないかと思う。

女性の服装はあんまりよくわからないけど、さすがに男性はどうかと思うのが多いぞ。ぶらさげときゃそれでいいってかんじのネクタイ。毎日おんなじの。スーツにウールのカーディガン。このへんはまだいい。スーツに白のスポーツソックス、んでもってわけわからん餃子靴、ならまだしもスニーカーなんてのも。ネイビーの服に茶の靴に黒のベルト。はっきりいってメチャクチャやがな。頭痛が痛いようなおっさん、いっぱいおるがな。そちらのほうがよっぽど気持ち悪い。

ワシは(自分でも意外なことに)服装でどうのこうのいわれたことはほとんどない。若いときはもちっとコマシなカッコせんかいといわれたことがあったが、ボーナスのたびに少しずつ買い足していったらいつしかいわれなくなった。ワシはほぼ最低限のドレスコードしか守ってない(スーツとネクタイ、靴とベルトの色を合わす、スーツは紐靴。ジャケット+パンツはややカジュアルになるけど基本同じ)けど、それすら守らないひとらが会社でのドレスコードゆうてもなあ。

このごろはクールビズが定着してきて暑いときは助かるのだけど、スーツにネクタイなしってのもなんか妙である。それならいっそジャケットとパンツで充分じゃない?って気もする。ワシはネクタイするの好きなのでいっこう苦にならないけど、人によってはノーネクタイを注意されたりするらしい。あれ、慣れてないとやたら肩凝るからな。もっとも、いちばんフォーマルなボウタイをしていったら、それはそれで注意されるんやろな(笑)。

まあなんちゅうっか、日本ではドレスとカジュアルの区別がはっきりしてないですからね。しょせん輸入モン。ワシはときどき思うのだけど、こういう点をキチンとしなきゃ英語とかが社会全体として上手くならないような気がする。服装と英語は違うといわれそうだけど、しょせん「洋物」なのだ。英語もえらくきちんとしたのとやたら口語的な表現が「同じ」英語として同居していて、なんなんだよってかんじ。そりゃ堅い表現に俗なのを交えるとはっとする効果を生むけど、あくまでフォーマルな表現あってこそだと思う。ドレスダウンっていちばん難しいしね。

まあ、普通のドレスコードを守った地味なスーツみたいな英語を身につけたいな、と念願してるのだけど・・・。ネタがないのでオチもなくこれでおわり。ちゃんちゃん。


posted by デンスケ at 22:59| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばかうけ(爆)
実ビジ、TIMEなしでも十分「リソース」もってるやん(爆)英語ネタなしでこんだけ書けたらいいんちゃうのん(爆)

「餃子靴」で腹かかえて笑ったわ。便秘なおるかな(ぶひゃひゃぶひゃひゃ)

あ〜おもろ。

これからお互いどうするよ。。。ブログの方向性(爆)

考えてみたら仕事で英語がいる人が多いということにきがついたわ。。(汗)ブログ仲間のみなさん。。。
あ、ぱぱお風呂からでた。晩御飯準備や。

ほなな〜。おやすみ〜(あ、もうねてるんかな(爆))
Posted by 大阪の主婦 at 2011年11月01日 23:43
おはよ。で、朝から水羊羹食べるんかいな。
ワシはきょうは大阪の「税経セミナー」でゆっくりですわ。

そんなオモロイか(汗)。むしろワシは社会の(ちっさい社会や)の矛盾を訴えたんやけどな(笑)。女の子のご両親は「堅いトコで働いてくれてうれしい」ゆうてはったそうやけど。ホンマ、ドレスコードは難しいね。派手なのはどうしても「変」って見られるんやろな。なんか典型的日本社会やな、思ったで。外国でもウォールストリートは茶系のスーツや靴を履いていったら「何しにきたんや」いわれるらしいけど。

せやな。なんだかんだゆうて英語関連の仕事してるひとがほとんどやな。でなかったら「インテリ」か。そのどっちでもないワシはいったいなんなんやろう?思うで(笑)。みんなオールデンやらコールハン履いてるのにワシだけクラリーノの餃子靴みたいや(涙)。

ほなな〜。
Posted by でんすけ at 2011年11月02日 05:59
おほほほ〜(含み笑い)。

私の今の英会話講師・アメリカ黒人女性のジェシカは塾長からの評価が低いのです。
というのも、今回のテーマ「ドレスコード」でひっかかるものがあるから。

それは彼女がいつも胸が深くあいたTシャツなどを着ていること。
つまりハミ乳というか(汗)、胸の谷間が生徒から見えるという寸法なんですよねぇ。
悪気はない、それは言える。


彼女にとっては(アメリカ人にとっては)どうってこともないことです。
がっ、尼さんのように人生を送ってきた塾長(60代前半未婚女性)には許せないことでしょうか。
もう一ついうなら契約遵守事項に書いてあるのに、と私にいうならば
きちんと口頭で自分から注意しないといけないのですよねぇ。

まぁ〜、ご本人はfacebookでもういっちょ過激にへそだしルックのいでたちで登場してますわ(爆笑)。
ハロウィーン・パーティーでの衣装らしいけど、やるなぁ〜って見ています・・・・。
Posted by syphide1832 at 2011年11月02日 07:32
こんにちわ、シルフさん。

面と向かっていわないってことは微妙な線なのかもしれませんね。よく「他人に不快感を与えない服装」といわれますが、ビックリさせちゃうのが「不快感」と思われてるんではないんかなと。このへん混同されてるような。

股上の極端に浅いジーンズありますよね?よく女性がはいてるの。あれときどきビックリすることが多くて。

しかし全体におとなしめの普通の格好が多くなりました。バブルの頃はそれはそれは(笑)。ワシはあの頃流行したダボっとしたダブルのスーツきらいでね。やっぱ不況なんやな〜と思ってます。
Posted by でんすけ at 2011年11月02日 16:44
うちの連れ合いは 出勤するときは「それなり」なんだけど 休日は「ちょっと、やめてよ」というようなめちゃくちゃな組み合わせ。

餃子靴・・・・初めて聞いた。
でんすけさんが命名したんでしょうか?
うちにもあります、餃子靴。
リーガルじゃなくたぶんヨーカドーあたりで買ったと思われる。

餃子靴は高校生の定番ですよね。
私立の子は学校指定の高いのを買うらしいけれど 公立はハルタね。

ネクタイ 女性から見ると よくあんな窮屈なものと思いますが でんすけさんはしめてるのが好きなんですね。

男の子が父親から習うもの・・ネクタイのしめ方ですね

友達は銀行にパートでいっていますが 「襟付き」のものを着用という暗黙の規則があるみたい。夏なんか 上品な半そで襟なしニットなんかよいと思うんだけれど 「襟付き」じゃないからだめだそうで。暑い暑いと言ってます。
店舗の上階で仕事しているのでお客様対応はないのに 通用口からお客様に出入りしているのを見られるからだそうで。

わたしがぎんこうにいっていた数年前は 店舗ではなかったので ジーンズでなければ可でした。首からぶら下げていたネームプレートが安全ピンつきネームプレートに代わって 女性陣は洋服に穴をあけるのがいやだからとエプロンにネームプレートつけて仕事してました。
シニア社員はダークスーツではなく カジュアルでOK。みなさん わりといい感じに着こなしていらっしゃいました。
Posted by ケイト at 2011年11月03日 06:33
あらら・・。こっちもでしたか(汗)。

餃子靴って、餃子みたいにヒダヒダがあるやつですわ。スリップオンの。リーマン安靴の定番ね。あれ、でもけっこういい値段する(汗)。

ハルタは定番ですね。あれ、神戸なんですよ。さすがに履く気にはなれませんが。あ、きょうは靴磨かないと・・・。ゆうほど高いの持ってないです。いってみれば「業務用」ですし。でもちゃんとふだんキーパーはめて定期的に磨いてやれば革靴って長持ちしますね。

うちは商売してたので父親がネクタイしてるのみたことなかったな・・・。ネクタイはどうしても好きなのをしてしまうので、そればかりよれてきますね(涙)。
Posted by でんすけ at 2011年11月03日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。