2011年10月29日

どうやって(学習)中級者を脱却するか(その2)

(その1)でとにかく読み倒せって書いたら、「そりは基礎がしっかりしてる人」でないと無理ではないかと大阪の主婦さんにご指摘を受けた。ううむ。基礎ねえ。基礎とはなにか。一般的には文法や語彙のことを指すのででゃないかと思う。で、ワシが大学受験を経ているから基礎がしっかりあるのでは、とオホメのことばをいただいたが・・・どうかな。

大学受験なんて何十年前だよ(汗)。昨日「勤続30年表彰」で旅行券貰った。それを遡ること何年(大学ではまるっきり英語にカンケーなし)かで、ざっくり35年ほど前。高校で習ったことなんかあんまり憶えてないぞ。例えば、数学で「ド=モルガンの法則」ってのがあった気がするがそれがなんなのかまったく見当もつかない。因数分解ってできるかね。英語もおんなじ。

文法ってどんなことやったのかな(汗)。品詞は習ったな。助動詞とか前置詞とか。中学のときだったか、「この単語は品詞はなんや」と先生にいわれ「形容動詞です」と答えたらえらく叱られた。「それは国文法やろが」英語と日本語の文法の区別がつかず。高校はさすがに区別がつくようになった(汗)。高校の国語の教科書に谷崎潤一郎の「文章読本」の一部が載っていてこれはなかなか面白かったのだけど、井上ひさしの指摘によるとこの作品は「英文法」の視点で書かれてる、ってあって「ううむ」と唸ったことがある。さすがに言葉のプロは鋭いですね。

英文法は確かに必須のものではあるけど、ワシが想定する「中級者」ならまあわかってるはず。仮定法とか完了形やら。しかしそういうひとたちが文章をアタマでひねり出そうとしたら、単純な時制変化すらでけん(汗)。これは慣れの問題かしらん。ワシが思うに英文法でいちばん難しいのは「言葉の並べ方」ではないかと思う。英語は格変化が退化してるから、「どれがどれにどうなった」ってのは語順によるらしいです。いわゆる「文型」って奴ですね。「奴に金をやった」てのは"I gave money to him"でも"I gave him money"のどっちでもいいかと思うけど、後者は明らかに英語的文型ですね。SVOOってやつ。

ワシが思うに、SVOOとSVOCの文型がさらっといえるか、あるいは文章を見て「ここまでがS、ここまでがいっこめのO、ここからがふたつめのO」ってのがわかればかなり英語ってのはわかりやすくなると思う。ワシは原始的に英文をアタマから読んでなんとなくむかし習った文型の重要性がはじめてわかった(汗)。ナマの文章ではSVOCの各要素が単語いっこずつ、なんて文法の教科書みたいな都合のいいのはなかなかお目にかかれないかかれない(笑)。

んでですね。"I sent her letter"やら"We elected him a chairman"なんて暗記した形をいかに敷衍して文章を理解していくかは、やはりいっぱい読んでいかないと難しいと思うんだけどな。大学受験(いまはどんなのか知らないけど)みたいな文法問題をいつまでもやってるより、どんどこ読んで「ああなるほど」と思えれば文法ってのはそれでええような。とワシは思う。

単語も、見て調べて忘れて確認して、ってのをひたすら繰り返しやってたような気がする。単語集でがっちり記憶するってことはしなかった。ワシは英語を教える立場にたったことはなく、「ここがわかってないと次へ進めない」ってアプローチをとったことはない。トライアル&エラーの繰り返し。独学向きなんかもしれん。

やり直し英語で大事なことは「少し上を見る」ってことだと思う。少々穴があったって、やってるうちに穴埋めされることだってある。(ワシはほぼそのパターン。)問題集に振り回されるより、どんどん好きなものを読んでいってたら「なんとかなるで派」であります。問題集が好きな人はそれをやればいいけど、あんまり好きでもないタイプが正解/不正解に一喜一憂するよりは、好きなアイテムでホイホイ遊んでたらそれはそれで前進するんじゃないかな?と一介の無責任なアマチュアは思うわけです。


きのうの新聞はあまり面白くなかったけど、ネットで面白い記事めっけた。"Occupy ****"がアメリカで盛り上がってるけど、フロリダの"the Bo Diddley Community Plaza"でBo Diddleyの息子が逮捕されたってニュース。ボ・ディドリーは有名なR&Bシンガー/ギタリストだけど、その名を冠した公園があるんだとか。へー。ボ・ディドリー、coolなんだよな〜。く〜たまらんリズム。たんこたんこたこたこたんたんの繰り返しなんだけど、なんか強烈な催眠作用があるな〜。

posted by デンスケ at 12:46| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その2拝読いたしました(爆)
「繰り返し、何度でも」ここを派生してなんかブログ書いたらまた閲覧数あがるかな(爆)
もう、ねた切れ(汗)

昨日の数が1500越えていた。(驚愕)大所帯のピアノさんとこからどうも流れ込んでいる模様(爆)

文法はよく知ってるほうだとおもうけど、一級の読解問題で点がとれないのは、「読んでりかいできてないのか」「選択肢でひっかるのか」
。。。。もう終わったからどっちゃでもえいけどな(爆)

いっぱい読んでたら昔、よみにくかったやつが再度読み直すと、「むっちゃ簡単やん」て思うようになれるかしら。。


で、ギターの練習って、こんなん弾けるようになるんか?

まじ、11月くるで。そろそろガイド対策しなまずいな。。。
でんすけさん、物知りやからな。。。アドリブでうまく通過しそうやねん。

私はな。。。(汗)ううむ。。。自信まったくなし。そのくせに勉強せんからな(涙)

正直、ガイド資格、どうでもえいからな。。。(涙)

ほなな〜。。。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年10月29日 19:12
こんばんわ、大阪の主婦さん。「妖怪人間ベム」を見ながら返信(笑)。暗黒要素が足らんぞ・・・。あとベラは巨乳でないと(汗)。

さて読み返したら何をいってるのやら(大汗)。いいたかったことは、意味のかたまりをひと目で把握できるようアイスパンをひろげよう、そのためには沢山読みましょう、ってことやねん。「目でグイグイ意味をひろっていく」かんじかな。文法的アプローチとはちと異なるような。

読んでたら「あら簡単やん」って進歩はあるで。目で意味をひろえるっていうか。

ギターは・・・技術的にはそんなに難しくないらしいけど、リズムとかがな至難。けっこう英語とかと感じにてるんちゃうかな。

ガイド試験はまあなんとかなるがな。なんともならんかったら、それまでやし(笑)。主婦さんとかやったら喋るチャンス!的なノリでええんとちゃうん?楽しんでいこうや。
Posted by でんすけ at 2011年10月29日 21:36
私は典型的B型で、性格診断テストでも向く仕事は「フリーランスのライター」とか自由業と出てしまいます。
つまり好奇心が強すぎるのでしょう。

他人と意味もなく競わされるのも大嫌い。
だから通学する学校ってのが好きじゃなかったのです。

そういう私が「おぉ〜、同じ匂いがする」とwowowで録画しておいたのが「バーレスク」。
去年あたりに映画にもなったけど、有り体にいうと「ストリップティーズ」じゃないか、と。

このドキュメンタリーの中でとてもキレイなこの業界で有名な女性がこれは天職だってプライドをもっています、と話していた。

毎年世界一を決めるのだそうだけど、彼女の話す英語なんかをじかに聞き取れたりすると
やっぱり英語をやってきてよかったなぁ、と思ったりしますよね。

興味のある分野からどんどん攻めこむ。
清濁あわせのむのも外国語の習得に必要かもなんて思います。

だから学校の古典の授業は大嫌いだったなぁ。
ちっとも面白くなかったです。
Posted by sylphide1832 at 2011年10月30日 00:02
1965年のこの映像 すごいですねえ。
こんな髪型してたの?
ギター弾いてるおじさんも強烈だけど この女性三人 かしまし娘みたい・・・。
観客が白人いっぱいなのにも驚いた。こんな時代もあったんですね。

ソウルトレイン いろいろ映像探してみてました。ゲストがすごいわあ。エルトンジョンも出たんですね。

以前 とんねるずが番組でソウルトレインやってたのまで見ました。
とんねるずは東京の人なので 高校のころからいろんなところに出没してたらしく すれ違ってたかもと思います。やっぱり都会の子は違うわ。

地方で うるさい母親が寝たのを見計らって 11PMこっそり見てた私とは雲泥の差だ。

でんすけさんは 高いサックス持ってるんですね。私は借りてました。プラスティックのリードは男子が練習の時に使ってたけど 女子は使わなかったわ。使ったことないです。ギターは無理だし だいたいまともに弾けなかったので。 木管楽器は家にないので ここのところ縦笛ふいて遊んでました。小学校の時から音楽の教科書をもらうと 最初から最後まで吹いてました。

ジャズのCD ほとんど持ってないです。ピアノのだけだった。あとはVSOP。これはジャズの範疇にははいらないかな。学生時代はバイト先でさんざん聴いていたので レコード買わなかった。ジャズは聴かなくなると聴かないもんですね。

ジャズピアノ 挑戦したけど昔すぐ挫折。
難しいわあ。
エレクトーンで弾いたジャズの曲はあるので 久しぶりに練習してます。まずはチュニジアの夜から。
フュージョンセレクションという曲集もあり、(買ったのは20年位前) その中ではチックコリアのスペインがお気に入りです。弾きやすいんですよ、こういう曲は。 

ウィークリー新聞やっと読了。今日買いにいかなくては。
Posted by ケイト at 2011年10月30日 08:26
おはようございます、シルフさん。横の「コメント入りました」欄に反映しないなあ・・・。カウント数もデタラメだし、なんだかです。

シルフさん、B型でしたか。確か主婦さんも(笑)。自分はAB型です。「だからアンタはデタラメなんや」とヨメハンになじられることあって、デタラメなのは認めても血液型でいうなって(怒)。

自分はせっせと洋楽の歌詞を訳して英語力を涵養したのですが、いや俗語の多いこと(汗)。しかし面白かった。ガッコの教科書なんかほとんど憶えてないな〜。あ、いちばん最初に習った英文が"I have a pen"だったのは憶えてるな(笑)。Be動詞はわりとあとのほうでしたね。

いやしかし、洋楽に興味持ってなかったら落ちこぼれもいいとこでしたわ・・・。
Posted by でんすけ at 2011年10月30日 09:35
おはようございます、ケイトさん。

ボ・ディドリーはあのエドサリバンショーに最初に出た黒人アーチストらしいです。髪型はなんとかいう薬剤を使って直毛にしてるらしいですが、めちゃくちゃ臭いんだとか。公民権運動以降は「白人のマネしなくても」ってことであんまり使われなくなったみたいですね。この頃より以前の公開ショーは白人ばっかりですよ。

サックスはソプラノは安いモデルがなくてね。仕方なく。アルトは安物です。テナーにしときゃよかった。アルトはキーがE♭なのでコンバートが面倒。

VSOPってハービーハンコックの?ちょっとちゃうか。スペインはかっこいい曲ですね。むかし「誰でも弾けるチックコリア」ってコアなネタをタモリがやってました(笑)。コツは「黒鍵を弾かない」だったかな。あれ、またやってくれないかな。
Posted by でんすけ at 2011年10月30日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。