2011年10月23日

遥かなる道程

ギターを始めて1週間。いまだに上手くコードが鳴らない。コードチェンジもできない。英語でいえばアルファベットも満足にいえないくらい?先は長いなあとタメイキがでますな。ふっと思い立ってアルファベットを逆にいえるかどうか試してみた。ZYXWV....ううっ。難しい。かんがえたらでてくるけど、順番にかんがえてその逆を辿って・・・ってかんじです。ギターは、いまはまだそんなかんじ(笑)。押えるところを確認しいしい鳴らしてるから、ただのノイズですな(汗)。

ワシ:「おい、この曲なんかわかるか」(ガチャ..ガチャ...)
ヨメハン:「わからん。なに」
もう一度。
ヨメハン:「ぜんぜんわからん
ワシ:「これはディランの"Oh,Sister"やないか。お前、好きな曲やろが」
ヨメハン「そんなん途切れ途切れで、『曲』いえんで。わたし忙しいねん」

・・・・。修行の道や。と法善寺横町の月に誓うのであった。

しかし少し弾けるようになったら、唸って(浪曲かい)みたい曲はいっぱいありますな。懐メロですが。



こういうのも。


アルペジオなんかいつになったらでけるんだろう。


しかし70年代ウェストコーストばっかりやがな。まあこういうの聴いて、英語に興味もったんだから足を向けて寝られん。洋楽に興味持ってなかったら、どうなってたんヤロ?って思うな。ワシは高校になってせっせと洋楽の歌詞を訳してたら知らんうちに得意科目になってたんである。英語の勉強と音楽はワシの場合切り離せない関係なので、ギターやりたくなるのはある意味必然なのだ。

だいたい初心者はFで挫折するらしい。ワシも当然ながら上手く鳴らない。しかしFより難しいBとかもあるわけで、行く手は困難に満ちているものと思われる。11月から月3回ギター習いにいくのだ。通訳ガイド試験はどうなった。まったく頭から飛んでおる(汗)。

で、むりやり英語に話を振ると、ワシが英文というもののナンデあるかをおぼろげながらわかったのは、それほど前ではない。例えばだな。"He stayed put."って文があったとする。なんか動詞が二つ並んでいて面妖であるが、もちろんputは過去分詞で形容詞ですな。けっこうこの理屈がわかったときは目からウロコでした。あと文頭から文末への文章の流れで読む。

"(Gaddafi's)death robs the new Libyan government of the opportunity of showing themselves better than he was, but allowing a process of justice to take place."

別に難しい文章じゃないけど、こういうのを頭からすーっと読んで理解でけるようには相当かかったな。なのでワシは英語の構文とかの理論はまったくわかりません。とにかく前から後ろにだけ。主語がどう働き述語がどうつないで、なにが目的語でどういうことを説明しているのか。そればっかりかんがえてた。変に構文の知識が残ってなかったのが幸いしたのか。ワシが英検の空所補充問題が得意だったのはこういうのが関係してるんかいな?と思う。

英語はなんとかかんとか新聞が読めるくらいまで来たけど、ギターはどうかな〜?


posted by デンスケ at 18:49| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
主婦さんとこにおじゃましているサミアドといいます。
主婦さんを知ったのはでんすけさんのブログで、
かなり長く読ませて頂いてます。

ファンなんですけど、コメントすると
無知をさらけ出すことになるので読み逃げでした。

ギターを始められたそうで、
これがコメントするチャンス!と出て参りました。
Fコード難しいですよね。
高校生の頃、サークル仲間と独習だったんで、
よくわかってないんですが。
コード押さえてストロークかアルペジオで伴奏程度です。
でんすけさんは、メロディーライン弾くんですか?

今でも左手指の弦を押さえたところにへこみがあります。
何十年ぶりに弾いてみたら痛かったです。
ではでは。
Posted by サミアド at 2011年10月23日 19:57
こんばんわ、サミアドさん。しょっちゅう主婦さんとこでお目にかかっているのではじめてでしたかね(笑)?前にも書いたように「サロンの馬鹿」の殴り書きなので、別にお気にせずに(汗)。

メロディーなんてとんでもない。まだ1週間ですよ(笑)。指が痛いですが、それも修行のひとつだと。ドレミファがやっとこさって段階です。若いとき、近所の老人が朝早くから浪曲を唸ってましたが、まさにそんなかんじ。詩吟もちょっとどうかと思うので、ギターをやってみようかと(笑)。

自分の英語はまさに「懐メロ」歌うのが目標じゃないかと思うきょうこのごろです。えらい回り道でしたね〜(笑)。

こんごとも気が向けばコメントいただければ幸いです。
Posted by でんすけ at 2011年10月23日 20:54
つい先日 たまたま入ったCDショップで 半額になってた売れ残り TEARS という二枚組 洋楽懐メロ勢ぞろい って感じのを衝動買いしてしまいました。

J.D.Southerのその曲入っていて いやあ、懐かしいと。
イーグルスのその曲 すごいカントリーなんだけど そんなのありましたっけ?

私も洋楽の影響大です。
小さいころからずっと。
なんせ ローレン ローレン ローハイドが記憶にあるくらいなので。

中学に入ってから英語を習い 必死で歌詞を見ながら歌ってました。

楽器はピアノ習ってたのでまあ あれこれ手を出しました。ギターは続かなかったです。とにかく禁じられた遊びをマスターって感じでしたわ。

ソウルやジャズも大好きです。
学生時代 ジャズ喫茶でバイトし ディスコで踊るという。その頃 フュージョン系って流行りましたよね。

アメリカもイギリスも行ったことないです。私も。

でんすけさんの隠れファンです。
サミアドさんと同じく。
ギター頑張ってください。

実は初めましてではないのです、遭遇してます。
キタムラのバッグですよぉ。。。
こちらでは ケイト(お気に入りのドラマの役名)ということで よろしくお願いします。

英語 洋楽 アメリカについて よろしゅうにご指南お願いいたします。

Posted by ケイト at 2011年10月23日 21:15
こんばんわ、ケイトさん。

え。遭遇してるって(汗)。キタムラのバッグ・・・う〜ん思い当たる限りお一人しか。もうおひとりは年齢が合わないし。う〜ん。冷汗。ネットって本当に距離を超えるなあ・・・。

自分は情けないくらいリズム感がないのでデスコはいったことないです。Soul Trainはかかさず見ていましたけど。20歳くらいのアホバカフュージョンブームってありゃいったいなんだったんでしょうね。そのころの音楽体験はなんとなく空白な気がします。

"Take It Easy"はイーグルスの初期のヒット曲です。ジャクソン・ブラウンも歌ってますね。自分の高校自分のアマチュアバンドの定番でした。J.D.サウザーはなんか懐かしいですね。この曲自体がロイ・オービソンの"Only the Lonely"へのオマージュだからでしょうか。

いまだに60年代や70年代のポップシーンの本を読むのが好きです。翻訳も多いですが、洋書だとほんとうにいっぱい手に入ります。楽しいですね。

どれもこれも浅薄な知識ですが、「サロンの馬鹿」よろしく書き散らかしますので、今後ともよろしく。

いやしかし冷汗。
Posted by でんすけ at 2011年10月23日 23:11
昨日、コメント欄にぎわってたから、「ま、こんでもえいか。知らんねたが多いし」てことでこんかったんやけど(笑)

新しいお友達きたやん。よかったな〜。
ギターひいてるといいこともあるな。

で、ガイド勉、やってんの?(怒)(←お前がえらそうに怒って言うな(殴))

ほなな〜(はあと)(←はあとはいらん!!(殴))
Posted by 大阪の主婦 at 2011年10月24日 22:35
バイトしてたジャズ喫茶 吉祥寺のファンキーってところです。
なつかしくなり 調べてみたら 健在でした。
でも ずいぶんと 雰囲気も変わったというか。
オーナーの野口伊織さんがもう10年も前に亡くなっていたことを知って ショックでした。

私がいたファンキーは ちょうど元来のジャズ喫茶がなくなっていくちょうと渦中。
絶対にしゃべるな、たばこもくもく ただただ聴くというジャズ喫茶は吉祥寺にもいくつかあったんだけど 私は何回か行ったことがあるくらい。

ファンキーも行きやすい お喋り可 夜はお酒も出るし 食べ物も出すという感じに変わったところでした。

JLBのパラゴンとかいう巨大家具のようなスピーカーは 吹き抜けの上階にあって LPレコードが5000枚くらい置いてあったかな。

昔からのお客さんは離れ 客層が変わり若いカップルなども来てました。

ジョンコルトレーンのあとに ウェザーリポートを流し チャーリーパーカーの次に アールクルーなんて感じだったかな。

店長以外はバイトだったので ある意味やりたい放題だったかも。

私もマイルスデイビスのあとにはジョージベンソンをかけたりしてました。

野口さんは本当にかっこよくてね、憧れてました。いくつもお店を持っていたので めったに覗きにくることはなかったけれど ごはん食べに連れて行ってくれたり。バイトには優しかった。遅番で店長不在の時は お店しめて夜間金庫に売上持って行ってたな私。店長は安倍元首相と高校でクラス一緒だったと言ってた。当時は安倍晋太郎の息子ね。
うーん、懐かしい。

今日 何度からギターを持ち出しました。
弦がゆるんでる・・当たり前か。
チューニングね、まず、というところで チューニングの仕方を忘れている自分に呆然・・・。
思い出したけどね。
爪が今 とても伸びているので 左手は使い物になりませんでした。弦を押さえられない。。。

フュージョンといえば クロスオーバーっていうのもありましたよね。この言葉 たぶん20年近くぶりに思いだしたような感じです。

ソウルトレインは、田舎で夜中に見てました、必死で。今みたいに 見れる媒体がなかったもんね。なにしろ。録画もできないしね。

けっこう幅広いかも 好きなジャンル。

でんすけさんとたぶん同い年のケイトより
Posted by ケイト at 2011年10月24日 22:39
おはようさん、大阪の主婦さん。

脚が蚊に(?)刺されたんか、かゆいねん。いつまでも暑いなあ。明日から寒くなるみたいやね。

ガイドの勉強なんかやってるわけないやん(笑)。ちゃんと合格したんかどうかを確認してからや・・。それよりも日々英語を読む時間を確保するだけで四苦八苦。なんせ「ギタリスト」やからな(笑)。時間の捻出をどうするかホンマかんがえんと・・・。
Posted by でんすけ at 2011年10月25日 06:37
おはようございます、ケイトさん。

へー吉祥寺界隈で若いころブイブイいわしてはったんですか。大学時分に「ジョージ」が面白いってゆうのはよく言われてたなあ。京都の一乗寺はどないやねんとか。ラーメンの安くておいしい店はありましたが・・・。

ジャズ喫茶(笑)。いやあ懐かしい。京都のジャズ喫茶いったなあ。あまりの怖ろしい雰囲気に足が竦みました。「二十歳の原点」に出てくる「しあんくれーる」も前はよく通りかかったけどなんか敷居高くて入ったことない。でもトレーン→WR→ビバップ→ヤワヤワフュージョンってわけわからん(汗)。

70年代後半ってフュージョン全盛だったせいか、意外とジャズまで聴いてるひと多かったですね。Live Under the Skyなんてのあったし。とにかくウェザー・リポートなんかが普通に人気あったもん(汗)。ジャコが横浜スタジアムを満杯にしたなんていまではちょっと信じられない時代でしたね。ウェインショーターが好きでソプラノサックスもってます(笑)。

実家の近所に70年代初めくらいからやってる小さいジャズ喫茶があってそこにいちばんよく行ったかな。新譜はだいたいそこで聴いた。まだあるのかな〜。そういえば輸入版専門店ってのもホントよく行った。もうああゆうのは駆逐されちゃったかな。

いまはもうほとんどCDを見ることもないな〜。

Posted by でんすけ at 2011年10月25日 07:01
これで6回目のチャレンジです(涙)。
なんでerrorの嵐なんかなぁ(ぶつぶつ)。
図々しくもよければいただきたくてやってきました→pros&consの本。

PCメアドをUPしますのでそちらにメールをいただけますか?
折り返し詳細情報をお知らせします。
Posted by sylphide1832 at 2011年10月26日 06:59
あ、行き違い(汗)。メアドupはセキュリティ上どうかなと思いますので、ここの「メッセージを送る」を利用していただければと思います。会社ではwebメール閲覧できませんので明日以降になると思いますが。よろしくお願いします。
Posted by でんすけ at 2011年10月26日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。