2011年10月12日

America

大阪の主婦さんがブログで「イギリスかアメリカか」って興味ふかいエントリを書いてらして、「アメリカ派」宣言をしてきた。別に頼まれてもおらんのやけど(汗)。英語自体に関してはイギリス英語でもアメリカ英語でもどっちでもええんですけど。どっちもあんまりよく聞き取れない。ただ慣れてないせいか、BBCを聞いてると肩が凝りそうな気がするな(笑)。

ワシがガキのころはしょちゅうアメリカのドラマやアニメをやっていたので、「刷り込み」てのがあるのもしれんな(笑)。ちなみにアメリカアニメの代表みたいに思われてる「トムとジェリー」は版権の関係でいまは放送もソフト化も困難なんだそうです。ワシは「どら猫大将」とか「空飛ぶロッキー君」ってのが好きだったな。

60年代後半のロンドンは世界のポップなカルチャーの中心地みたいな頃(「スウィンギング・ロンドン」って奴ですね)があって、日本でも「イギリスブーム」があったように記憶してる。ミニの女王、ツィッギーが来日した頃ですね。全然関係ないけど、この間東京にいったときに思ったんだけど東京の女子高生ってスカート丈短いな。関西が長いのかな。関西のほうが保守的なんですかね?

ま、それはともかくそのものずばり"America"って名前のついてる有名な曲がふたつある。
いっこは「ウエストサイド・ストーリー」の中の曲。リタ・モレノ格好いいですな。役柄と同じくプエルトリコ出身。rの発音がやたら巻き舌で印象的ですね。日本人はRとLの発音に弱いっていわれるけど、これくらい舌を巻いたらええんかもしれんな(汗)。



しかしプエルトリコはアメリカ準州でありながらスペイン語主体らしいですな。カナダもフランス語圏と英語圏両方あるし、言語の問題ってのはもっとも困難なもんかもしれないね。

もういっこはサイモン&ガーファンクルの曲。ワシはこの曲が好きで、そらで歌詞が言える。



Let us be lovers we'll marry our fortunes together
I've got some real estate here in my bag
So we bought a pack of cigarettes and Mrs. Wagner pies
And walked off to look for America....

1981?の再結成セントラルパークコンサートで、バックをStaffのメンバーで固めてる。いまは亡きリチャード・ティーのフェンダー・ローズがきれいだなあ。

カフカの小説にも「アメリカ」ってのがあって(草稿段階で本人がつけたのじゃないらしい。いまは違う名称で呼ばれてたりするらしい)、やはり人工的な国家なので「アメリカとは何か」ってのを考えやすいんでしょうかね。

さてさて昨日は新聞休刊日で英字新聞読めず。連休中ぜんぜん英語読んでなかったから長いことさぼってしまった。きょうは買わねば・・・。


posted by デンスケ at 07:30| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来てみたら、「興味深いえんとりーを書いて「いらして」」て。。。(汗)
いつからそんなに「へりくだる」ようになったのよ(爆)

あそこのブログは底浅なことをUPして、その後コメント入れてもらって「ふくらます」ブログやねん(爆)

どれがアメリカのもので、どれがイギリスのものか、意識してなかったけど、トムジェリはそうか。アメリカか。で、トーマス機関車とおさるのジョージはイギリスと足立SUNNYさんのコメントで知ったわ。

イギリスの文化って、ううむ。ビートルズは?
なんか私の中で、「日本の外は全部外国」っていう感覚。。。英米墺欧加このあたり、ひとかためやったな(汗)

サイモンとガーファンクルのこの歌、聞いたことある〜。

さ、昼から僕ちゃんリハビリにいくので迎えに行ってきます〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年10月12日 12:14
なんだか。。。。。
前からそう思ってたのだけど
でんすけさん、本当に私と同じ世代なんかな??
わが夫(65歳)あたりの世代とかぶる嗜好なんですが。
音楽も映画も。
きっと同じぐらいの学生をやっていたのだろうけど
ちょっと趣味が同世代とちがって「渋め」だったのじゃないですか?
私の頃は、カーペンターズがえらく流行ってて
ガーファンクルは夫の世代。
そしてフォークソングも学生運動が盛んだった現在60歳前後が一番盛り上がってたように思うのだけどなぁ。
一番の仲良しが臨床心理士として働いているのですが、彼女が同志社の英文卒でした。

その彼女から聞くと、関西のほうが学生運動は多少あったけど
ずっと下火になってたと言ってましたから。

きっと渋いやつ、と思われていたのでは?と疑っています(苦笑)。
Posted by sylphide0927 at 2011年10月12日 17:11
こんばんは〜。なんか懐かしくって失礼します。
サイモンとガーファンクルはそ、そんなに昔なんですかあ?私は好きでカセットテープ持ってましたよ。(カセットというのがいいですよねえ。)「卒業」も見たし・・・。もしかして私は60代?え?でんすけさんも60代?いやいいやダンディでんすけさんを捕まえてすみません。心はセブンティーンですよね。

トムジェリはDVDが出ていたり、ケーブルテレビで放送されたりして、今でも小さい子にブームですわ。あれって何か子供を引き付けるものがあるんですよね。すごくアメリカっぽいけど、あれでみんなが刷り込みを受けたのかもしれませんね〜。

おさるのジョージがイギリスとは知りませんでした。亜米利加さんだとおもってました。アニメの舞台はマンハッタンだし。
Posted by angel at 2011年10月12日 18:04
こんばんわ、大阪の主婦さん。

ビートルズはイギリスやろ(汗)。ストーンズもやで。「マージービートで歌わせて」(竹内まりや)やろが。なんでイギリスにロックが花開いたのかは・・・話が長くなるので省略(笑)。でもJazzはイギリスではさっぱりで、フランス(と日本)で人気があってんで。なんでなんかなあ?

脳内アメリカ通、ワシの研究テーマやな(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年10月12日 22:24
ワシはバリバリのヤングですよ、シルフさん(すでにいいかたが年寄り)。

カーペンターズは中学〜高校のとき大人気でしたが、ロック小僧の天敵だったので(笑)。ワシはフォーク、そんなに好きではないです、ただディラン師匠を避けてはとおれませんから。

ワシはイーグルスもボズ・スキャッグスもウェザー・リポートも学生時代に聴いてましたよ。いちばんのお気に入りはスティーリー・ダンでしたけど。ポップ・ミュージック史は自分の中ではかなり重要な位置を占めてるのでいろいろ知ってるだけ(笑)。

でも、60年代のポップスは面白いです。なんかスゴイ勢いで変化していってたんだなあ、と。ワシはすごくミーハーですよ・・・。
Posted by でんすけ at 2011年10月12日 22:34
こんばんわ、angelさん。そうそう、「カセット」でしたよね(笑)。

Let us be lovers〜の歌詞ですが、レコードに訳詩がついていて、いまでも憶えてます。

「ぼくたち恋人になろうよ、結婚して将来をいっしょにするんだ 現金ならかばんのなかにいくらかあるし」
そしてワグナーの奥さんのパイとタバコ1パックを買って アメリカを探しに出かけたのです・・・

やったかな。誤訳がふたつ。
1.real estateを「現金」と訳してる。「かばんの中に不動産がある」ってジョークがわからなかった?
2.「ワグナーの奥さんのパイ」 なんかママが焼いた手作りパイみたいですが、Mrs. Wagnerはむかしあったチェーン店の名称らしいです。ミスドのドーナツってかんじですかね。

情報が少ないなかなので致し方ないとは思いますが。もっともこの誤訳に気づいたのは最近(笑)。

おさるのジョージの作者はドイツ出身のご夫婦なんですが、ユダヤ系でナチス占領前のパリに住んでいて、パリ陥落前にアメリカに脱出したらしいです。Daily Yomiuriになんかそんな記事が載っていたような。おさるのジョージは、なんだかそのへんの事情を反映した作品らしいですね。

なんか深いなあ・・・。
Posted by でんすけ at 2011年10月12日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。