2011年09月25日

フォークな気分

東京生活最後の休みとあってどこかへ出かけるかと思ったけど、どうにも怠くて一日だらだら。
ブックオフにいらない本を売りに行って、また2冊ほどマンガを買っただけ。ワシはビール飲みながらマンガを読んでるときがいちばん仕合わせ。この世の極楽であります。もともとインドア志向なのだ。300円になってた売れ残りの中華弁当食べながら、いそいそ読む。

一冊は、永島慎二の「黄色い涙」。ふっるいマンガだ。1974にNHKの銀河ドラマになった。2007にリメイクされて映画化された。1968〜69、東京の高円寺に住む売れないマンガ家のアパートに似たような作家や画家を目指す若者が転がり込んで、貧乏生活を送ってる。失恋や病気、別れを描いたいささか情緒過多ともいえる作品であります。青春マンガというやつですね。

小椋佳「海辺の恋」(NHKドラマ「黄色い涙」テーマ曲)


これはリアルタイムで見ていた。懐かしいなあ。貧乏な若者を描いているけど、決してそれは貧困ではない。石油ショックや円切り上げ、狂乱物価で決して経済が明るいといえる時代ではなかったけれど、なにかしら将来に希望が見える時代だったのかもしれないネ。そのころ高校1年で、自分もこんな自由な生活をしてみたいなあ、と思ってた。

しかし苦学する根性もなく、親が自宅からなら大学に行かせてくれる、ってのでそのまま大学に入り、親の望むサラリーマンになった。そのまま、大して仕事で苦労もせずにいまに至ってるんだけれども、両親が望んでたような人生を歩んでる。別に親孝行ではなくて、何にも考えてなかったし、シンドイことやめんどくさいことはイヤ(汗)。本当に根性なしだわ。まあ自己弁護をするなら、両親が当時としては遅い(37歳)のときの一人っ子だったので「ちゃんとした仕事に就きなさい」というのをマントラのように聞かされてたからなあ。

だけどこのマンガに描かれてるようなヴァカボンド的生活にはなんらかの憧れがあったんだろう。
高円寺や吉祥寺とか中央線沿線の地名を聞くと、自分ができなかった違った人生、なんてものを考えてみたりする。なんかの偶然でいま中央線沿線に滞在してるんだけど、東京の西部が70年代以降のサブカルチャーに果たした深甚たる影響というものを実感してるのであります。というわけで、きょうはなんとも平凡きわまる自分の人生を振り返ってシミジミと過ごしました。

もう一冊はさらに古いマンガで、平田弘史の「血だるま剣法」。60年代初めに貸本として発表されるも、内容が被差別部落の青年が剣で立身しようとするも分厚い壁にはばまれ復讐の鬼と化すってものだったから解放同盟の抗議を受け絶版、その後40年余封印されたまま2004に復刊されたというイワク付の作品。作品の存在は80年代半ばから知ってたけど、ようやく読むことができた。
血だるま剣法.jpg

ワシらの年代だと、部落関係というと「竹田の子守歌」や岡林信康の「チューリップのアップリケ」を思い出したりする(古っ)んだけど、ワシは70年代当時はフォークは嫌いだった。ロック小僧でしたから、フォークを聴くなんてもってのほかだったのだ(汗)。高校に入る頃、片岡義男の「僕はプレスリーが大好き」(名著)を読みものすごく影響された。そのおかげで洋楽から英語に親しんだから、そんなに大学に入るのに苦労せんかったな。なんか人生で必死こいて何かやった、ってのが記憶にない。なんかな〜。こんなノホホンと生きていてええんかいな?と思わなくはないが、いまさらなあ(笑)。

いまはロックの呪詛は解け、フォークも聴いたりする。若い頃はフォークを好きだったのかもしれないけど、それを認めたくなかったんだな(笑)。若者って人生経験がない分、教条的になりやすくStiffyな思考に陥りがちである。よく、「若い人の自由な発想で」と聞くけどそんなのは年寄りの詭弁であって、本当に自由な発想だと年寄りは反発するだろう。年寄りはずるいからな(苦笑)。



いい歌だなあ。しかし、フォークって「一人の道」(ピンク・ピクルス)やら「織江の歌」(山崎ハコ)とか聞いた後どよ〜んと気分が落ち込む曲が多いのも事実で、正直ちょっと苦手な部分も・・・。
posted by デンスケ at 21:35| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
竹田の子守唄ってのは、そんな意味深な唄やったんですか!
そうやったんですか(えらくびっくりしてます)。
山本潤子さんの曲ではマイナーですが『ヒヤシンス』ってのが好きです。
なんだかでんすけさんとこのご夫婦っぽい内容だったりしますよ。

ところで金曜日に買い込んだ溝口敦『暴力団』新潮社新書9月21日発刊を読みきってしまいました。
そこの中に「半グレ集団の登場」ってのがありまして
闇サイトで殺人とかオレオレ詐欺などをやる人間は暴力団を毛嫌いしているということです。
そして昔は同和問題や在日問題という差別問題があったのだけど
いまやリストラされたら誰でもホームレスに転落しそうな社会でそんな差別意識もボーダレスになりつつあるらしいです。
この半グレ集団に誰でもなりえる社会になってると作者はいうのですが切実ですね。
Posted by sylphide0927 at 2011年09月25日 22:53
あまりにもしらんネタすぎて「いっちょかみ」できひんわ(涙)
そっちのメアドに、今日、「白いチラシの学校」からのメルマガがきて、邦文科目の予想とか、二次の予想トピックとかのってたから、でんすけさんメアドに転送したよ。
知らんようなら、また参考になるかと。

うわ。。。なんて友達甲斐のある私(爆)

んじゃね〜。
今日もどっぷり家事で終わったです(涙)
急に寒くなって衣替えとか布団を厚布団とかにしたり。。

家に帰ったら、奥さんがお布団かえてくれてるんちゃうかな(爆)

ほなね〜。風邪とかにきをつけて、無事、研修終了をお祈りします(合掌)
Posted by 大阪の主婦 at 2011年09月25日 23:15
おはようございます、シルフさん。

え、「竹田の子守歌」のエピソードごぞんじなかったですか(汗)。誰でも知っているようなメロディーながら、かなり長い間「放送禁止」曲だったらしいです。このへんの経緯は森達也「放送禁止歌」って本に詳しいです。なかなか興味深い内容です。もともとはTVドキュメンタリーだったのですが、youtubeで全編upされてたような。

日本も「総中流」幻想が崩れましたね〜。会社の知り合いで京大の法学部を出た女性がいたのですが、なんと京大しか受けなかったそうです。「だって私学なんか貧乏だったからいけなかったもん」(京大通るのは見えてた)とあっけらかんといってましたが、ある企業(倒産した)の奨学金を受けてたらしいです。そういったシステムもいまはあるんですかね。非常に優秀な方ながら、お子さんが登校拒否で会社を辞めざるを得なくなりましたが・・

いまは貧困がすごい勢いで再生産されていて、さすがにヤバイんじゃないかと思いますね。この国はどうなるんだろう・・・。
Posted by でんすけ at 2011年09月26日 06:01
おはようございます、大阪の主婦さん。

さすがに知らんやろな(汗)。70年代は貧乏くさいフォークが流行ったり、かたや荒井由実が出現したりでポップスも面白かったんやで、いま思えば。ヨメハンと話してても、すごいギャップを感じることが多いな〜。主婦さんは小学生の時、ピンクレディーのまねしてたんちがうかいな(笑)。

メールありがとう。しかし<予想平均点=予想合格点>ってのも大胆やな(汗)。ワシも通るんかな〜。やや懐疑的。

急に寒くなったね。こっち来たときは死ぬほど暑かった日やったけど。ワシは家ではリビングで寝ていて、お布団はヨメハンとチビが仲良く占拠してます。ワシはいつも毛布1枚や(汗)。

なんか人生の「夏休み」みたいな研修やったけど、もうすぐ終わりや。ちょっと考えた一日でした。じゃね〜。
Posted by でんすけ at 2011年09月26日 06:17
黄色い涙で書き忘れたので追記してもいいですか?
嵐のメンバーで映画になったのがこの「黄色い涙」でしたけど
な、なんとその映画のロケ地に私の家の近くの川べり(志登川といいますが)が採用されています。
設定が昭和37年っていうから。。。。
そのままのイメージがまだ残る街って。
どんだけ発展してないのよ、と呆れますわ。
でんすけさんがライブで見ていたNHKドラマのほうはちょっと暗めなドラマでしたか?
映画のほうは明るい感じで希望が持てる終わり方でした。
主人公の漫画家さんは天才と言われていたそうですが
ずいぶん早く亡くなられたのでしたよね。
Posted by sylphide0927 at 2011年09月26日 13:04
こんばんわ、シルフさん。さああむいです(涙)

ドラマは「暗い」って言葉が定着する前でしたし、なにぶん40年近く前の話なので(汗)。「切ない」って表現がいちばん近いような。細かいところはすべて忘れましたけど、主題曲がなんとも印象的で内容の雰囲気と合ってましたね〜。

映画版は見てないんですが、家に帰ったらン見てみようかな。作者の永島慎二は67歳での逝去なので短命というほどではないのですが、80年代以後はほぼ沈黙してたってことは40台後半からは活動されてなかったみたいです。

マンガの太宰治みたいなひとで、ちょっと語るには気恥ずかしいけど忘れがたいマンガ家であったと思います。いや、マンガは大好きなので語り始めると止まらないです(汗)。なんでこのへんで(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年09月26日 21:12
こんにちは、です。
東京生活も残りわずかみたいですので、満喫?というか、無事にお過ごし下さい。
Posted by 足立sunny at 2011年09月28日 02:54
こんにちわ、足立sunnyさん。ありがとうございます。

いよいよ終わりですね〜。東京っていうよりは「武蔵野」の生活でしたが(汗)。昨日は富士山が見えてちょっと感動しました。思ったより南寄りにあったのでちとビックリ、でした。
Posted by でんすけ at 2011年09月28日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。