2011年07月30日

読書2冊

お暑うございます。相変わらずのヨタ話でござりまする。

和書の類はほとんど読まないのでございます。なんつっても、こう見えてもインテリですのですぐに読めちゃう。いくらでも読めちゃうので、オアシがいくらあっても足りやしません。インテリってのも困ったもんですな。お給金は新世紀になってこのかた、ほとんど上がってないどころかむしろ値切られちまってる。

てなわけで、英語で書いてある本を読むことにしたら、これが時間がかかるのでなかゝ塩梅がよろしい。機嫌よく洋書を読んでたら、なんだか英語のほうもちったあ進歩いたしまして、ますますインテリに磨きがかかっちまったのでございます。いやあ、どうにも困ったもんでー。

和書をひさびさに2冊読みました。

「昭和の藝人 千夜一夜」(矢野誠一・文春新書)
昭和の藝人.jpg

古い芸人さんたちのエピソードを集めた軽エッセイでございます。東京の芸人さん中心だからでしょうか、東京の噺家中心で、漫才のかたはあまり扱われてない。上方の芸人さんもほとんど出てこないのですが、「吾妻ひな子」さんが出てきたのはうれしかったですね。


まだ桂枝雀が「小米」だったころ、「オールナイトバチョン」という深夜ラジオでひな子さんとパーソナリティを務めておられましてな。よく聞いたもんでござります。ひな子さんは「ミスワカナ・玉松一郎」の弟子やったらしいですな。これは知らんかったです。ひな子さんが亡くなられてもう30年以上ですか。亡くなられたときはまだ55歳やったんですね。(だんだん上方落語っぽくなってきた。)

三波伸介さんも亡くなられておおかた30年ですか。行年52歳。そんな若かったんかいなと驚きますね。いまのワタイと同じ年齢ですな。ああ、自分もそんな歳いったんかいな、とシミジミいたします。なかなか楽しく読めましたが、昔の芸人さんですから「ヒロポン」の話がよくでてきます。「ノンキ節」の石田一松ゆう方は政治放談で人気を集め、終戦後代議士になられたのですが、当選記念にプラチナで「注射針」を誂えたそうで。国会の質問前にはワイシャツのうえからブスッと、なんて話も載っていて、いくら昔は合法やったゆうても「炙った」おかげでパブリックエネミーNO.1みたいな扱いされた女優さんとの落差を思うとなんやこう、切ないもんがおますな。

なかなか哀歓に満ちた本で面白かったです。しかし50過ぎた自分の子供の頃の芸人さん中心ですから、お若い方にはわからないでしょうな。それにしても、昔は東京の落語家もよくTVで見かけたものですが、いまや関西ではほとんど見かけることがありませんね。時代は変わったもんです。

もう一冊。シンドイのでこっからはフツーに書く。

「累犯障害者」(山本譲司・新潮文庫)
累犯障害者.jpg

ヤマモトジョージっても、サブちゃんの弟子の歌い手さんではございません。元国会議員で、秘書給与流用で有罪となり実際に服役し、その獄中体験から現在は福祉の分野でご活躍されとられます。獄中体験ってのはですね、服役囚の約3割が「軽度知的障害者」、測定不能な者を合わせると4割にも及ぼうかという事実を見、また彼らの多くが再犯で刑務所に戻ってくるという現実を見たこと。

これまたえらく昔の話なんだけど、沢木耕太郎の「人の砂漠」というノンフィクション(名著)のなかに更生施設「かにた婦人の村」のエピソードが扱われていて、娼婦の何割かは知的障害者であるってことは知ってた。状況はいまも変わっていない。

この作品の中にも、身を売って生きてきた女性のエピソードが多々。切なかったのは、こうした女性たちには「異性」や「恋愛」に異常なまでの執着を見せる、ってくだり。「あたしみたいなバカでも人間なのよ、でもね、好きな人ができて付き合っても、すぐにバカがばれて捨てられちゃうの」「あたしを抱いてくれた男の人はみんなやさしかった」

売春は倫理的にも、また搾取され覚醒剤漬けにされたり、あげくは殺されたりとか危険が高いのでよくないことだと教えても、彼女たちの居場所やレゾンデートルは?いう根本的な疑問は解決されることはない。10年ほど前だったかな、「君は小人プロレスを見たか」という本を読んだことがある。「小人プロレス」はフリーク・ショウの一種であることは間違いなかったろうが、レスラーは誇りを持って仕事をしていた。

ところが、「障害者を見世物にするのはけしからん」という主婦の投書からマスコミがこれを扱い、小人プロレスは廃業をやむなくされる。「可哀想な障害者」を苦役から解放してメデタシメデタシであるが実際は真逆で、誇り高き小人レスラーは単に仕事をなくし、生きる糧を失っただけという現実があるのだ。

刑務所や精神病院がセーフティネットとなってる現実から、著者はいう。「福祉がもっときめこまやかにこのひとたちのことをかんがえなければ」そのとおりだと思う。しかしどうやって?結局のところ、福祉のあり方はタックスペイヤーの総意によるのだ。「障害者自立支援法」ができ、福祉関係者から「自立ができないから福祉をかんがえなければならないのに、実質的な切捨てだ」という声をよく聞いた。

社会全体が若く、活力にあふれた時代ならまだなんとか考えられただろうが、いまは健常者でも老々介護・年金があるのかといった問題をかかえている。そこでさらに障害者福祉をかんがえる余裕があるのだろうか。結局のトコ、クリスチャニティのような組織しかないんじゃないかと思うんだけどー。


聾唖者にとって、健常者の「手話」というものはきわめてわかりにくい(聾唖者どうしの手話は、上下関係や時制といったものが日本語のそれと大きく乖離したものであるんだとか)とかの事実も衝撃的だったな。よくNHKで手話ニュースあるけど、あれもひどく理解しにくいものらしい。また、聾唖者にとって「9歳の壁」というものがあるらしい。どうしても情報のインプットが限られてくるので、知的レベルは多くが9歳児レベルにとどまるのだとか。これまた衝撃的でした。ただ、耳が聞こえないってだけじゃないんやな〜。

なんか切なくなってきたべ。ビール呑もうっと。
posted by デンスケ at 23:50| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっはようさんっ(←軽く、肩をぽんとたたく)
そうか。。二冊読んだか。。。
二冊目の話はううむ。考えさせられる話あったなあ。。。
教員時代、女子生徒で「お前は男しか頭にないのか」みたいな生徒に何名かいたけど、
ううむ。。。。。。どう話ても平行線だったなあ(涙)で、妊娠してしまい中退とか。。。
自立支援法もな。。。うちは自立でなくて子供だから「親が世話するのがあたりまえ」意識が国にも親にもある程度」あるからしぶしぶ合意してるけど、割り切れんものあるわ。。親の収入額で手当て切られるのや。。。。。(泣)
タクシーチケットといい。。。。

結構、いろいろ入用やのにな。。。うちの市独自の「重度障害者介護手当て」っていう、月1万だけちゃうかな。。。。手当てもらってんの。。。。。南大阪の病院行ったらタクシー代でおわってしまう(涙)

こちら、PB30ページまで。語り手がIで進んでいくのと、以前読んだ、「SIMPLE PLAN」のような、謎めいてどうもくらーいトーンが漂うわ。。。。警察物みたいに登場人物が多くないから読みやすいけど。
がんばります。

今日何するのん?(笑)
お天気がイマイチで、熱帯地域ちゃうかというくらい、夕方、スコールみたいに雨がふたtりやんだり。。うっとおしい。
んじゃね〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年07月31日 08:33
おはようさん。きょうはまたエライ早いな。ささ、こっち入りなはれ。(←まだ落語モードから抜け切ってない)

なかなか2冊目はね。だいぶ前から知ってたんやけど、昨日近所の本屋で偶然見つけてな。やっぱり日本語は読むの早いわ(当たり前じゃ)。

「小さな政府」「官から民へ」を標榜する政党、多いやろ。そら税金の無駄遣いはやめましょうゆうたら誰でも「そらええわ」ゆうよな。そやけど、「経済的ダーウィニズム」そのものやから、適者生存の考え方になる。福祉ってこんごどうなるんやろな。

きょうはBob Dylan in U.S.Aを読むつもり。きのう朝スーパーの荷物もちさせられて帰り、きっちり雨が降って3日連続濡れました。ヨメハン、さっさと走って帰りよった。ワシ、荷物もってるから走られへん、ちゅうねん。老人虐待やで。

暑いせいか、チビダックスあんまり元気ないねん。ご飯たべよらへん。心配やわ。
Posted by でんすけ at 2011年07月31日 10:04
半分(陰の声・8割がた?)学習障害児だったと思う私がいうのもなんなのですが(汗)、
私が一番嫌いな人種が「偽善者」です。
こうまで公言してしまっていいのかどうか。
でも人間には明るい面がある分だけ
暗い面も同等にあることを決して忘れてはいけないと思っています。
「あなたのためよ」
という甘言に惑わされてはいけない。

苦労して読まされたJ.S.ミルの論理には
はっとさせられたものがあります。
それは、
「人間は自分の得をすることしかしない動物だ」
というもの。

たとえば自殺を熱望する人がいるとする。
でもその人の中には、それがその人の得なのです。
臨床心理士の人はカウンセリングでその「死んだら得といういびつさ」を「生きてりゃ得」に
変えていかにゃなりません。

法を犯した人もドラッグや売春が止められない人にも
その人の核にある根本的な問題に白羽の矢を立てない限り
場当たり的な対応をして効果は期待できないと思う。

いや〜、でんすけさんのやぶにらみ目線、ヒットしますわ〜〜。
駄文・長文、失礼します。。。。。
Posted by sylphide0927 at 2011年07月31日 10:14
シルフさん、おはようございます。

シルフさんが「半分」学習障害児だったらワシはいったいどうなるんですか(汗)。勉強嫌いやし。でも大人はええですね、勉強しない理屈がいくらでもあって(笑)。「シンドイ」で済みますからね。

この女性は祖母・母親・本人の3代にわたり売春を生業としてきた(また3代にわたって知的障害者だった)らしいのですが、この女性の「生きがい」には福祉の分野では答えることができないでしょうね。自分みたいな生ぬるいヒューマニズムって何なんやろう?と思います。かといってそれじゃ自分の好きなようにさせたらええやん、ともいえず。

諸星大二郎に「生命の木」というマンガがあります。蛇に唆され「知恵の実」を食べてしまったアダムとイブの子孫にはイエスが救世主となるが、それでは「生命の実」を食べた人間の子孫はどうやって救済されるのか?という内容です。ちょっとそれを思い出しました。

「累犯障害者」を読んでいて、彼らを救うロジックってあるのかな?と思いました。いや、「救う」という発想がすでにしていやらしいものがあるような・・・。

しかし引用が「マンガ」と「ミル」じゃずいぶん落差があるなあ・・・。くすん。

Posted by でんすけ at 2011年07月31日 11:21
こんにちは、です。
当方、洋書をちょびっと読書しておりまして、最近少々お笑い系ブログを書き出した者ですが、自分より長い文のブログに、初めてお目にかかりました。
内容も当方のものとは、大違いで、実に読み応えがありますね。
さらに、この、皆さんの「長いコメント」。感動します。内容が濃いですね。

読んでおられる本も、当方と違い、本格的です。当方の洋書本棚と雲泥の差です。
これから、ときどき読ませていただきにまいりますので、宜しくお願いします。
Posted by 足立sunny at 2011年08月01日 01:09
はじめまして、足立sunnyさん。

よくまあこんな僻地へおいでくださいました(笑)。いちおう洋書読み系ブログなんですが、7月は1冊も読まなかったりで何をやってることやら。ことし前半飛ばしすぎてやや息切れといった感があります。

もう50を越えちゃった後期オヤジが英語相手にもがいているタダのぼやき日記ですね〜。

こんごとも末永くお付き合いいただければ、と思います。男性は英語系では希少ですし^^)v
Posted by でんすけ at 2011年08月01日 06:12
試験会場は駅から徒歩二分っていうのがうれしいね。(あゆみさんに聞いた。受験票にもかいてあるのか?しっかり見てない(汗))
今日シルフさんとこで「でんすけさん褒め」
会話したで(爆)

趣味の英語の延長線上に、みんなが欲しがる英検1級と通訳ガイド資格だからね〜。

今日、娘の塾待ちでスーパーの買い物袋持参で洋書読んでたら受付の人に「お母さん洋書よめるんですか」と驚愕してたわ。

ふっふっふ。。ワイドショーばっかり見て時間を無駄にしてるだけが主婦ちゃうぞ。

ちょっと気持ちよかったわ。
ほなな〜
Posted by 大阪の主婦 at 2011年08月02日 19:23
こんばんわ、大阪の主婦さん。

徒歩2分はええけど、京阪乗ったことあるんか?確かに主婦さんとこからやったら淀屋橋乗換えがいちばん簡単やろな。パパさんの定期ぱちっていったら、安くいけるデ(笑)。ばれたらしらんけど。

ワシは淀屋橋は行きにくい(梅田〜淀屋橋は御堂筋線でいちばん距離があったはず)からJR京都駅経由やな。その日のうちに東京に帰らなアカンから、大荷物や(汗)。


まあワシは絶賛されてしかるべきやと思ってるねんけど、誰も執筆依頼してくれへんで(汗)。なんでやろう?

気持ちよかったか(笑)。重要な部分や。

それ、ネタにしようっと。んじゃね〜。
Posted by でんすけ at 2011年08月02日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。