2011年07月16日

ここが出る!!案内士試験(神社篇/ 承前)

暑すぎてヤケクソ、怒涛の更新である。

神社の数で3番目に多い「天神信仰」。菅原道真公であります。西日本に圧倒的に多いらしい。そういえば、どこでも見かけるような・・・。もうすぐ天神祭ですな。恥ずかしいことにワシはどこが本社なのか知らなかった。調べてみたら、京都の「北野天満宮」らしい。あそこかいな。大学時代にいちど行ったことがあるような。

「大宰府天満宮」も京都と並んで総本社らしい。福岡のひとはここに初詣に出かけることが多いんかな?
梅の名所だということはワシでも知ってるから、きれいなんでしょうねえ。(←あまり関心なし)
大宰府天満宮
大宰府天満宮.jpg

4番目の稲荷信仰。これは東日本で多いらしい。しかし総本社は「伏見稲荷大社」で京都であります。ここは拝観料無料なので外国人観光客に人気が高いらしい。へー。確かに神社仏閣巡りをしてると拝観料が地味に痛いもんな。おいなりさんは商売繁盛、豊作とかの神様だけど、狐色が秋の稲穂の実りを連想させるからという理由のほかに、神仏習合では密教神ダーラニーと稲荷神は同一視されていてダーラニーの使いが狐だからだそうだ。と、どこかのブログに書いてあったことの受け売り(笑)。

東日本に多いらしいけど、確かに小さい稲荷の祠はよく見かけたりするけどあまり稲荷社は見たことないな。近くにないし、それにワシは戌年だからおキツネさんはどうなんかいな。

なんで東日本に多いかというと、西日本では「えびす信仰」に取って代わられたという事情があるらしい。
「えびす」とは海からの漂着物、特に水死体を指すらしいですね。水死体が漂着すると豊漁のシルシってことでもともと漁民の信仰なんだけど、各地を巡回する傀儡師が広めたとかナントカ。

えびす信仰の総本社は「西宮神社(西宮戎)」なんだけど、ここに属する人形遣いたちが京の三条河原で能・浄瑠璃を語ったことでこの神社がえびす信仰の中心になったんだとか。いまでも1月の「十日戎」はすごい人出である。なんせ百万人を超す。ワシはこの神社のすぐそばで生まれ育ったので、初参りも七五三もついでに大学合格祈願もここでお願いした。結婚式は非常に高かったのでヤメたけど(笑)。

ついでに書いておくと、西宮神社の近くにある小松商店の「えびす焼」という回転焼きは非常に美味い。皮がパリッとして薄く香ばしく、アンコも上品。「御×候」なんか比べ物にならん。ここはまた、アイスクリームが美味いんだよな〜。地元出身、安田大サーカスの団長もブログに書いていて意を強くしたもんである。お近くにお寄りのさいはぜひ。
えびす焼
えびす焼.JPG


さてそれ以外の神様。まだまだいっぱい。なんせ「八百万の神」だからな〜。

たしか祇園祭の宵山はきょうのはず。昨日の朝は博多祇園山笠の「追い山」だった。祇園祭の発祥は「悪疫退散」、いまの季節は気温が上がるのでいわれてみればナルホドである。祇園社の祭神はなにかっつうと「牛頭天王」であります。なにかミノタウルスみたいなの想像しちゃいますが、仏教から来ている神様。
牛頭天王.jpg

神仏習合(こいつがまた難しい(涙))ではスサノオ。明治の廃仏毀釈で牛頭天王を祀る神社は強制的にスサノオ社に改組させられたんだとか。甲子園球場のすぐそばに「素盞嗚神社」って小さい神社があるけど、場所柄、「野球塚」とか「タイガース絵馬」がある(笑)。
タイガース神社.jpg



ほんでまあ、スサノオといえば出雲神の祖神ですね。日本神話は天孫系神話と出雲系神話、それと海神系神話の集合体、なんとも複雑きわまるもので理解が難しおます。

「国、譲れや」
「え、ちょ待て。デカい神殿建てて拝んでくれたら考えんでもないわ」
出雲大社
出雲大社.jpg

つうわけでできたのが出雲大社。しかしデカイ注連縄やの^^;) 全国神社ランキングの第6位の「諏訪社」は国譲りの際に反対した「建御名方神」(大国主の息子)が長野県の諏訪まで逃げてそこで腕をもがれて、ってのが謂れらしいから出雲系神社でありますな。注連縄が共通してるもん。

いまは合併でなくなっちゃったけど、出雲大社のある旧大社町の町長のムスメが「竹内まりあ」であることは、どうでもええ話やな・・・。


例の「大神神社」も崇神天皇がどうも国の運営がうまくいかないって悩んでたときに大物主(=大国主)が夢に現れて「ワシを崇める神社をつくればうまくいくぞ」ってことでできたらしいから、なんつうか古代における天孫系と出雲系の関係を示唆しとるようであります。

ワシの日本神話知識は諸星大二郎と星野之宣のマンガによるものがほとんどすべてなんだけど、仏教よりは個人的には面白いな。なんかいろいろ無茶してはるし。というわけで脈絡もなくオワリ。


posted by デンスケ at 08:11| Comment(4) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来ましたらい回し。(←あんまりいい言葉ちゃうな(汗))

太宰府天満宮。。。こんな綺麗やったんか?
歩いて10分くらいのところに二年間すんだが(汗)今、パパに画像見せたら、「そうや。こんなんやったで。」やて(汗)あんまし、行ってもその建物とかに私今までまったく興味なかったからなあ。。。(汗)ぱぱは「独特の形してるやろ」とかいうねん。ちゃんと見てるわけや。。
ここ梅がきれいというが、たしかに梅ノ木の本数は半端ちゃうな。天満宮まで行く間の出店が多くて梅が枝餅の店も多く出てる。
梅の花のお店(本店か)もすぐ近くにあるしな。。。食い物だけは覚えてるで(爆)

なんでお稲荷さんは「油揚げ」なんや。狐は油揚げがすきなんか?


さすがに出雲大社だけはわかるわ。このぶっとい注連縄は(爆)

は〜今日は予定なし。お風呂洗いくらいか。
ブログでもUPするかな。

でんすけさん、今日の予定は〜?

ほなね〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年07月17日 09:14
あつおますだおかだ。なにをいってるのかわかりません。

綺麗かどうかワシ、行ったことないし知りまへんがな。京都も大阪も天満宮は記憶にないな〜。もうすぐ天神さんやで。

梅が枝餅か〜。名物ね。「梅ノ木」はいちど宴会でいったことあるけど、菅原道真由来なんか。へー。けっこうエエ値取るよな。

むかしな、いなかのほう行ったら「菅公」ってでかく書いたホーロー看板あったやん。あれが謎でな。「すがこう」ってなんやねん?と思ってたんやけど、大学に入ってやっとカンコー学生服やと気が付いたんや。なるほど「学問の神様」やからか、と感心したわ。

キツネと油揚げは諸説あるんやで。古い関西弁ではいなりずしのこと「しのだ」いいますねん。「しのだにシマ(そばのこと)」」とかソバ屋でゆうらしい。歌舞伎の信太の森の狐に因んでるらしい。スイ(粋)やね。

きょうはいちにち一般教養の勉強やな。なにしよう。戦後の経済史くらいか・・・。
いちにちおるから暇やったら遊びに来て。

んじゃあね〜。

Posted by でんすけ at 2011年07月17日 10:15
竹内まりあの「どうでもいい話」の追加;
慶應文学部英文科英語学専攻で中退した彼女の卒論ゼミ担当教授だったのが
簡単に「とおしてくれない」トウス教授だったとか(おやじギャグやなぁ)。

偶然に私がいまも親交がある、高校教師になった男性が
この「トウス」先生で卒論を書いたのです。

竹内女史曰く、
「あんまりにも難しく、かつ音楽活動が多忙になり中退しました。」
とネットで読みました。

一度三重の講演会に講師として来てくださった先生でしたので
竹内まりあ=トウス教授、の図式になっています・・・。
どうでもいい話でした、ちゃんちゃん♪
Posted by sylphide0927 at 2011年07月17日 11:22
こんにちわ、シルフさん。

ふ〜む。竹内まりや(よく考えたら「まりや」でした)って帰国子女(というか留学生)のハシリみたいなひとですよね。けっこうあのイメージが「帰国」のイメージに貢献してるような。

ワシが知ってる竹内まりや「もっとどうでもいい話」は・・・。

・「笑っていいとも」で「島根の大社町の町長のムスメ」のくせに「シティギャル(死語)」の代表みたいにしてる。慶応の3大悪人(あと二人は忘れてた)」とか言われてた。

・デビュー後、天王寺の野外音楽堂で開かれた「春一番」コンサートに出演し、「あ、鳥がいっぱい飛んでいる!! あの鳥は・・・コンドル」と寒いギャグを飛ばしブーイングを浴びる。直後、当時人気絶頂だったリンダ・ロンスタットの"It's So Easy"を歌い「帰れ」と罵声を浴びる(目撃者=ワシ談)。

「専業主婦のカリスマ」もなかなか苦労してたみたいです。しかしこんなこと書いてると「歴史の生き証人」みたいですなあ。

「どーでもエエ話」の生き証人(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年07月17日 12:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。