2011年07月02日

Paul Auster

いまさらワシがどうこういうこともない人気作家、ポール・オースターだけど最近は翻訳がやや停滞気味。
昨年やっとこさ2003に発表された"Oracle Night"が出た。オースターといえば柴田元幸氏、あまりにもはまりすぎて他の翻訳者ではファンが納得せんからか。 柴田氏もまだまだいっぱい翻訳したいのがあるみたいだし。

氏は文芸誌「すばる」でフィリップ・ロスの「プロット・アゲンスト・アメリカ」の翻訳連載を始めたし、ピンチョンの翻訳も手がけてるしな〜。「プロット〜」は原書で読んだけど、難しかった。まだPBを読み始めて1年たってない頃だったから、英語力が足りなかったという面もあるけど、いま読んでも大丈夫かというと疑問。

有名な飛行家、チャールズ・リンドバーグがルーズヴェルトを破ってアメリカ大統領に就任し、対ナチドイツ宥和政策を取りはじめた・・という歴史IF小説であります。(リンドバーグは二次大戦中はドイツと中立条約を結ぶべし、と米国議会で演説したことがあり、親ナチ派で有名だった。戦後、ハワイに移住しひっそりと余生をおくったという。もともとアメリカは「モンロー主義」の孤立主義の伝統があり、あながちリンドバーグが突拍子もないことをいってたというわけでもないんだとか。それにリンドバーグはナチが礼賛した北方ゲルマンのスエーデン系移民の子、つう事情もある。)

それはさておき、オースターだけど文章が抜群に読みやすい。ワシはPBかけ出しの頃、このひととイシグロのばっかり読んでたな〜。だいたい、PBで読もうと思ったのは柴田氏自身が「翻訳者がこんなことをいうのはなんですが、オースターの文章は非常に簡単なのでぜひ原書で読んでみてください」っておっしゃってたからだ。ホンマかいなと試しに読んでみたら、実に読みやすかったです。名翻訳家柴田氏と辻翻訳家(アーチー氏談)のワシがいってるのだから、間違いないのだ。

文章が読みやすいだけではなく、ストーリー展開も巧みだからいいんですよね。
ワシがいちばん最初に読んだのは確か"Moon Palace"で、これが抜群に面白かった。偶然また偶然の連続でストーリーが展開して「んなアホな」と苦笑しつつも読ませてしまう作品です。

moonpalace.jpg

それから、"The New York Trilogy"。中篇3作で成り立つ作品だけど、それぞれが絡み合っていてワケがわからんまま面白かったな。ミステリ的要素が絡んでいて「それで、それで」ってかんじ。

んでから、"Music of Chance"。これもちょっとありえないシチュエーションに主人公二人が巻き込まれていくんだけど、サスペンスみたいで面白い。ラストが衝撃的で印象に残りました。

newyorktrilogy.jpgmusicofchance.jpg

この3つはオースターの初期の作品で、どれを読んでも面白いと思う。とてもオススメ。

で、ワシがいちばん印象に残ったのは"The Book of Illusions"。上記の派手な仕立ての小説に比べるとずっと内省的で地味というかモノクロの写真、ってイメージ。でも人物描写が(痣のある女性とか)抜群で、ワシはこの作品がいっとう好きだな。ひとによっては退屈、って思うかもしれない。

thebookofillusions.jpg

このへんから作風が変化し始めて、危機に陥った人物がどのようにして救済されていくかというテーマが主題になってくるかんじ。好みはあるかもしれないが、ワシはあまり面白いとは思えないな。"The Brooklyn Follies"はいろいろな人物が織り成す悲喜劇ってかんじで面白かったけど。オースターの原作による映画、"Smoke"や"Blue in the Face"の延長線上にある読み物ってかんじです。

近作の"Man in the Dark"(2008)、"Invisible"(2009)、"Sunset Park" (2010)はな〜。
なんというか、意図的にストーリーの展開を妨げるアンチクライマックスっぽい、やや実験的な作風というんでしょうか。ワシはただの本好きで文学理論はわからないから、正直面白いとは思えないな。

Sunset-Park.jpg

昨日"Sunset Park"を読み終えた。不幸な事件をきっかけに大学をドロップアウトし家を出た青年。サブプライムローンの破綻により競売された家に残されたガラクタを処分する仕事に就いている。可愛い高校生のガールフレンドもできた。しかしガールフレンドの家族と諍いとなり、故郷のNYに戻ってくる。友人がSunsetParkという場所の廃屋を改造し、タダで住み着いていてそこに転がりこむことに。男女6人の共同生活が始まるー。

面白そうでしょ。じっさい、共同生活が始まるとこまではヒジョーに快調で面白かった。しかし、しかしですよ。この小説のストーリーは実質ここで終わり。あとは延々と人物描写が続いて、退屈きわまりない。申し訳程度にラストがくっついてる。とちゅう、前2作のことがあったからなんか嫌な予感がしてたのだけど。

なので、途中を思い切りすっとばしてしまった。これは読んだうちに入らないな〜。残念。

まあワシの個人的な感想なので。しかし、前2作のネットでの日本のPB読みの評価はあまり芳しくないのが多いような。オースターはファンが多いのでワリと目に付く。"Invisible"は読んでるときはけっこう面白かったんだけど、なんだか奇妙な話で読み終わったあと「???」でしたな。

かなり残念だったので、なにか面白そうなの読みたいが、時間が(涙)。もう来月には案内士試験だし。

Anchorsongさんがカウントダウンに入って「はー」「(涙)」とかやってはるけど、この人の場合これが出てくると本気モードのシルシなのだ(笑)。ワシもやらなアカンな〜。6月はちっとも邦文試験問題をやらなかったので、歴史・地理とも記憶は大阪平野に積もった雪の如く淡く消え去ったようなー。

ということは、いまからやってたら8月下旬の試験の頃にはまた忘れてるんじゃないかという悪寒。といってサボりたい誘惑にも駆られないほど事態は切迫気味。といってまたきょうは何もしなかった。ちょっと先週忙しかったし・・・。明日は一般常識対策の本を買いにいこうっと。
posted by デンスケ at 20:55| Comment(6) | オススメペーパーバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございますこんぶ。
紹介してもらったとおり、ニューヨークトリロジーはお気に入りリストにいれてあるんだけど、なんせ、遅々としてPB関係すすんでへんし(涙)

ガイド関連もそうやけどな。。。
なんでも何か成し遂げた感のないまま、中途半端のものがそこかしこにあってどうもあかん。
実は最終的にアンカーソングさんが最後着実に積み上げて通過するんじゃないかとかおもたりします(爆)

でんすけさんはな。。。
研修に行って、膨大な課題みたいなのがあって、ガイド試験に京都まで帰ってくるどころじゃなくなると見込んでるのや(爆)
(←なんちゅう意地悪なやつ)

で、今年は私と同じ結果に(爆)

私7月がんばったら8月腑抜けになりそうな気がするな。。。もうあと、年表ノート見直し、とか、ずばぴた要点整理を見ることくらいしか思いつかん。問題をとく感覚をつかむっていらんやん?英検みたいに。。。。
と暢気にかんがえてるけど。。。

いい対策本見つかったらいいな。
ほなな〜。


Posted by 大阪の主婦 at 2011年07月03日 08:06
大阪の主婦さん、おはようサンチアゴ。

なかなか時間がないやろしな〜。ワシみたいに思い切りよく(笑)PB以外は超適当、つうのならともかく。

しかしワシもいま英訳ぷろじぇくとでひいひいゆうてるしな。まだがんばってるで。このあいだの平泉のはよくできてると誉めてもらった。そやけど、見直したら"We gets"とかやってるねん(汗)。きのうユルねたupしたからよかったら読んで。

研修は「最初はレベル低くて退屈やデ、知ってることばっかりで」と行った人がゆうてはったんや、残念ながら(笑)。研修そのものよりネットワークを作るのが重要らしいねん。しかしそんなにワシにことし落ちてほしいんかあ(笑)?心配せんでも2次でアカンって。

そやけど受験料8000円くらいかかってるねんで。交通費もかんがえたら万は超える。ワシなんか東京からやで(涙)。go back only to failつうのもな〜。

まあ「知ってるか知ってないか」いう問題やから、合間合間でヒマみてちょこちょこやってたらええのんとちゃうの。ガッツリやらんでも。

Anchorsongさんはがっつりやりそう(もうやってるみたい)やけどな。

じゃあね。時事英語と家庭教師、がんばってな〜。
Posted by でんすけ at 2011年07月03日 09:37
こんにちハバロフスク、デンスケさん。大変過分ナホトカなお言葉をいただき、エトロフ発緊急伝です(何を書いているのだろう)。

以前記事にした富士の案内士テキスト、各科目の重要事項を一覧と一問一答形式にして収録してあって、さすが何十万もする秘密資料だと関心するんですがいかんせん量が膨大すぎて気圧されてしまいます。おそらく結果はでないような気がするんですが、最後まで悪あがきはしてみたいとこです。せっかく受験料払ったことですしねぇ。

なんか研修すごい大変そうですね。意味合いからすると案内士より遥かに重要かもしれませんが。しかしとにかく試験場入りさえすれば二次は決定ですから、なんとしても受験されてください。

夕べ翻訳家の方のエッセー読んでたら、老人と海を訳した福田恆存が、dolphin をイルカと誤訳してたという話がありました。dolphin にはシイラの意もあるそうで、初期版では老人が釣り上げたイルカをバリバリと頭から食べたり血吸ったりしてるかと思うと、逆に読んでみたくなりますね。

ゆっくりpb三昧でもしたいですねぇ。寝る前に社会科の本読むより300倍は楽しいでしょう、きっと。。
Posted by Anchorsong at 2011年07月03日 13:45
こんにちハリウッド、Anchorsongさん。

一般常識本、ブックオフで買ったのですがいまいちでした。ASEANやらWTOとか略称多すぎ(汗)。ぼちぼち一般常識の傾向を探らなきゃならんと思うのですが、総理大臣の名前を思い出すだけで大変・・・。

研修、朝から晩まで講義を聴くなんてめまいがします。自分はあんまり居眠りとかしないんですが、他の動向を見て内職とかでけんかかんがえてます(笑)。しかし食事(食堂あるけど大変マズイらしい)が大変そう。お金も要るのでううう〜んってかんじです。

へーDolphinに「シイラ」って意味あるんですか。ハワイ語で「マヒマヒ」だったかな?しかしイルカを老人一人で釣り上げるのって大変じゃないかと・・・。

きょうも英訳格闘してたのですが、昼にビール呑んだら寝ちゃいました(汗)。ものすごく詳細に添削してくれるのですが、あまりにも間違いが多いのですごいボリューム。うううです(涙)。
Posted by でんすけ at 2011年07月03日 18:31
なあなあ。前のブログのコメントで「can you 〜?」の返信コメントに「pekoさんへ」って書いてあったけど、あれはnikiさんちゃうのん?コメント投稿したの。

とちょっと見に行って、あれ?っておもったのだが。。。わたしの見間違いか。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年07月03日 23:31
うわ、ホンマや(汗)。

seesaaの「最近のコメント」ええかげんで、お名前でてへんかったから。コメントいただいてたのに夕方気が付いて、あせって返信したからや。サンクスです。しかしそろそろメガネを買い替えないと、この小さい字はよめへんな・・。
Posted by でんすけ at 2011年07月04日 04:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。