2011年06月29日

6月も終わり 〜6月は英語学習強調月間です〜

明日は楽しいボーナス支給日。しかしいくらもらえるかはだいたい分かってるので、必然的に使い道って方向になりますね。半分はローンその他。残り2/3は固定資産税やらその他。1/3は電化製品やらその他。いくらも残らないね・・・。

さてことしも半年終わりなんだけど、6月は「英語学習強化月間」でした。PBを3冊読む予定が、読みかけのを立ち食いソバ屋に忘れるという失態を演じ、先週末に読めず。どこに忘れとるんだ。残り100p、今週中に読めたらいいや。英訳修行は新聞記事4つ。もっとできると思ってたが、時間を喰うしここんとこ仕事でクタクタ、平日はとてもやる気が起こらない。来月からは少しずつでも毎日取り組まないとアカンな。

英訳はボロボロ、なんだけどけっこう楽しい。なんというか、ホンマに「勉強してる」感がある。
課題は簡単な表現で良いから、もっとすんなりとできないと、というとこやな。

ワシは英検受かったあと、Phrasal Verbsをちょこっと勉強した。表現を憶えたかったってのもあるけど、実はPhrasal Verbsってのは英文の構造を端的にあらわしてるような気がして、これをやれば少しでも英文への理解が深まるんではないかと思ったのだ。

look after、look forとか動詞と前置詞・副詞がくっついてるのはいわゆる「熟語」で分かりやすい。
問題は動詞+目的語+副詞って奴。put onってのはふつう、「置く」って意味に取られると思うけど、例えば
"You're going to put me on"だったらどうなのか。「俺をおちょくろうとしてる」ですね。ここで"put on"を「からかう」って憶えても、"You're going to put on me"だったら異なった意味になるような。

動詞が目的語を、その次の語の状態にする。こういう構文が多い。いわゆるSVOCってのか?
"I'll have you arrested"とかね。ただの"I'll arrest you"なんだけど。

SVOOも難しいな。「手紙を送るよ」は日本語的発想だったら"I'll send a letter to you"だろな。
"I'll send you a letter"は、すっと出てこない気がする。

以前、英語を勉強しはじめたころ、"I can't get started"がどうにもわからず、なんで"I can't start"じゃないのか悩んだことがある。これがどうも英語としては不自然で"I can't start off"だったらいいんじゃないかって気づいたのはずいぶん後になってから。

昔、アムロの曲で"Can you celebrate?"ってのがあったが、題名を聞いたときなんか変な感じがした。
落ち着きが悪いんですね。ネイティブが「いったい何を祝うんじゃい?」と疑問を呈していたらしいが、確かに。曲の内容からいけば"Can you celebrate me?"なんでしょうが、can you〜も妙なような。どっちかいったら、"Do you〜"または"Would you〜"なんじゃないかと。日本語をそのまま「英単語に」置き換えた典型だと思う。間違いではないけど、へんな文章なんでしょうね。

英訳のときに、前から後ろに素直に文意がつたわるように心がけてるのだが、難しい。まだ日本語を英語に無理やり「当てはめよう」としてるんでしょうね。いったん、バラバラにして内容を素直に英文にすればよいはずなんだけど・・・。

ワシは専門レベルの英語教育を受けたことがなくて(高校大学は高等レベルじゃないかという疑問はさておき)、なんかこのへん手探り状態なんである。ものすごく傲慢ないいかたなんだけど、高校の教員レベルでもこのへんはわかってるのかな。大阪の主婦さんの意見を伺いたいところである。

8月半ばに東京に行くから、お盆にまとめて案内士試験の準備をするって計画は大崩れ。7月中に終えて、8月の東京との往復の電車内で最後の仕上げやな(涙)。なんか月に叢雲、ってかんじ。くわあぁぁぁ。


意味もないが・・・大ロックンロール大会。ええなあ・・・(感涙)


Listen woman you needn't look so stupid when I call your name out loud
Cause everybody knows you're a just chicks with intelligence
And you know how I wouldn't want anyone else to know
About the way you really are
You're just a rock and roll queen
You know what I mean
And I'm just a rock and roll star


俺がお前の名前を大声で呼んだって
そんな阿呆な顔しなくていいんだ
みんな、お前がチセイが匂いたつ 
いい女だと思ってる

俺が誰にもホントのお前がどんなのか
教えたかないってのはわかってるハズ

お前はロックンロールクィーン
だろう?
俺はロックンロールスターさ・・・
posted by デンスケ at 21:46| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお。名前がブログに入ってたのでコメント。自分が教員だったのはずいぶん昔で、今はどんなかわからんけど、教員の資質として、
「教科教育」だけに関しては、自分の経験上、教員の英語力は大学受験レベルの英語力または「それ以下」で新卒で入ってくる人がほとんどやったと思うで。自分も含め。実際、英検1級持ってる先生のほうが少ないときいたし。結局、教えながら自分の知識が増えていくかんじ。そこからどれだけ研鑽を積むかちゃうのかしら。。。大学でどれだけ英語力あげてくるんやろ、国際基督教大とか、上智とか英語でがんがん授業聞いて、リスニング力もあがって卒業はするやろけどね。

で、英語教育専門の教育学部をでてきた人間と、自分みたいな、英文科で英語学とかの研究がメインでそれほど、教育論にかたむいた勉強をしてない人間と二手いるな。

で、おもったのは、教育学部でてないほうが、授業どうしてえいかわからんけど、英語に関しては偏差値高めの私立大学(慶応、同志社、南山、早稲田など)の先生のほうが、知識があって、授業が「予備校並みの授業」で実は生徒に人気があった。また、教科教育方法がいまいちわからん分、先生の個性で生徒をひきつけてたで(爆)

英語教育っていうけどさ、自分の知識とその「伝え方」がどれだけわかりやすく説明できるかにかかってるとおもたわ。授業運営とか評価方法とか教育論の模範が人相手で千差マン別で通じないとおもたね。。広島大学教育学部特別英語学科でたエリートが新卒で配属されてきて、「授業崩壊」おきたもんな。。

英語ができるだけでも先生はあかんな。

一級チャレンジして研鑽をつんだからこそ、英訳ボランティアできてる気がするで、私(汗)

そんなもんちゃうのかしら。。すごい人はすごいけどね。国際科とかの先生なんかは。

でんすけさんもがんばり〜。今からやってもおそないって。しっかりした英文かけてますやん。日々の積み重ねがいい結果だしよるで。なんか仕事にいかされへんかな。。
なんかあるやろ国際チックなやつが。
国産学習者の強みや。英作文は。

そこらへんのちょろい新卒よりなんぼかできるとおもうわ。

わたしゃ、「読解力」向上に力注ぐで。
でんすけさんのおすすめボキャビル本買ったで。マリアムウェブスターとかいう。安いのに中身満載でお徳感ばっちりやな。

あ〜今日はつかれたわ。
だらだらしてしもた。
勉強せんと寝るかも。

ほなな〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年06月29日 22:31
おはようさん、大阪の主婦さん。

さすが熱く語るな。大学受験レベルか〜。そやけどなんで大学で受験レベルから上積みでけんのやろな?それが不思議でならん。英語自体より周辺の知識を教えるからか?まあそれも勉強かもしれんが、一次ソースに当る英語力がないとそもそもナニしてんねん、ゆうかんじではあるな。

英語力が(ある、ない)、指導力が(ある、ない)でやったら(ある、ある)の組み合わせが最高やね。(ない、ない)は論外、(ない、ある)では力のある生徒に応えられない可能性アリ。そやけど、みんながみんなでけるわけやなし、(ある、ない)では授業が成立せんわな。だいいちできる子はほっておいてもできるような気もするな(笑)。

中学で英語の授業が始まるときには「英語嫌い」はおらんでみんな興味シンシン、て聞いたことあるな。ワシもそうやったけど、すぐに興味なくして「3」以上取ったことなかったな。伸びたのは洋楽に興味持って、たまたま高校の先生も洋楽好きで歌詞を訳すのに親切に教えてくれてからやな・・・。

ワシも将来、なんらかのかたちで英語に関わっていくらかでも生活の糧にでけるんやろか?いまはただの「趣味」で持ち出す一方やからな(笑)。でも仕事でやるとなったら、それはそれでカナワン気がする(汗)。

ヒトにものを教えるのはけっこう好きやねんけどな、カンでやってるから他人様に教えるいうのは無理があるな(笑)。簡単でもいいから、きちんと意思を伝える英文を書けるようになること、それが目標やな・・・。

読むほうか〜。ワシは個人的にはいちばん大事なことやと思ってるねんけど、あんまりそれを「学習」と思ってない節があるな。本好きで、ただそれが英書に移行しただけ。新聞雑誌は「勉強感」があるな。そやからTIMEとか嫌いやし、英検が終わったらあっという間に英字新聞読まなくなったわ(汗)。

ボキャブラリビルダーはええで。最初マニアックなんがでてきてめげそうになるけど(笑)。なんで1級チャレンジャーのひとが着目せんのか不思議やわ。遠回りに見えるんかな?ワシは単語憶えるの苦手で、困難があったら迷わず迂回するタイプやから飛びついたけど(笑)。

さあてきょうも仕事や。いよいよややこしいことうぃ片付けなアカン。胃が痛い・・・。
じゃね。
Posted by でんずけ at 2011年06月30日 07:20
>大学受験レベルか〜。そやけどなんで大学で受験レベルから上積みでけんのやろな?それが不思議でならん。英語自体より周辺の知識を教えるからか?

そうやろな〜。理屈こねくりまわすとか、文献資料を読むくらいちゃうのんか。

だいたい、むちゃくちゃ英語できるひとは教育界には来ないきがするな(爆)外務省とか国連とか、海外勤務にいくやろ。

そういうエリート以外は、実際英検1級レベルの読解力や語彙力、
  いらんやん(爆)つかわへんし。

てことに落ち着く(爆)

じみ〜に問題集といて、たのしも(嬉)(←問題集フェチ)

仕事がんばれ〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年06月30日 10:31
しみじみ読ませてもらいました。
私は夫(公立学校勤務で退職)を見ていて
息子、娘ともども教師には絶対にならんと
堅く心に誓っていましたもんね(なんじゃそれって感じ)。

とにかく年がら年中愚痴ばっかり言ってました。
教育学部でもマスコミ関連へ就職するような大学だったのに
某自動車メーカーの人事部に内定まであったのを蹴って
教師になった人物なのに、ですよ。

教育学部なので教育実習が義務としてあってそれで理想の教師像に夢想したのでしょうね。
現実は・・・、ということです。

前置きが長くなり失礼。
塾講師として昨年から今年の2月まで必死に教えた私立6年生のある男子生徒さん。
でんすけさんの母校か立命館が希望校だったのですが
叶わずに別の学校へ進学しました。

彼のサポートをする際に私は固辞したのです。
というのも、彼を中学生からみてきた先生が1級ホルダーだったからです。
塾長はなんと彼女をそうとは言わずに能力がないとして辞めませした。
それで私に見ろ、と言ってきたのですよね。

フタをあけたら・・・・。
公立中学校の2年生あたりからのことが分かっていないのです。

県下でも東大医学部に複数人進むトップクラスの学校であっても
上と下の大きさは驚くほどのものがあります。

優しくてとてもいい子だったので、必死に教えたのですが
自分で問題集(中原道喜氏のような)がやれないまま終わりました。
いや〜、無力感がありますが、塾は学校と違って学力だけ(点数だけ)上げればいいところなので気が楽です。

でも大体こうやったら上がるやろ?が通用しない生徒さんも中には必ずいて、
その子たちにどうやったらわかるように教えられるのかは
いつも頭の中にあります。
難問はそれかもしれませんね。
Posted by sylphide0927 at 2011年06月30日 10:58
こんばんわ、大阪の主婦さん。

仕事がんばったで(涙)。昨日は最終で帰ってきて、早出してなんとか資料作成。50過ぎた人間をこんなに働かせたらアカンわ(怒)。

>むちゃくちゃ英語できるひとは教育界には来ないきがするな

なるほどねえ。ワシは高校のときの先生が主婦さんみたいな優秀なひとばかりやったから(スリスリ)、すごい英語できるんやろな〜と思ってたけど。いまみたいに簡単に外国行けない時期にみんな派遣されて留学やら研修いってたもん。

ワシは将来退職したら近所のガキに英語教えて小銭稼げんかいな?と算段してるねんけど、教え方のイロハがわからんな。気が付いたら得意科目やったゆうかんじやし。

なかなか道は険しそうやの(汗)。
Posted by でんすけ at 2011年07月01日 19:54
こんばんわ、シルフさん。

とゆーわけで、お返事遅くなりました(汗)。

ご主人、ガッコの先生だったのですね。大学に入ったとき教職課程を取ろうかな?と思ったのですが、英文科ではないので社会科しかダメ(関学は英語も取れたはず)で、さっさとヤメました。

関学にいってたら、ひょっとして学校の先生になっていまごろくたびれ果てていたかも(汗)。知らずに進学してありゃ〜と思ったのですが正解かしらん(笑)。それ以前に教職課程を取れてたかどうか疑問ですが。

ワシもバイトで家庭教師やらやりましたが、なかなかツライものがありますね。いまだったら、「なぜつまずいたのか」くらいは考えるでしょうが学生時分にそんな知恵もなく(汗)。

本好きの延長線上に英語があるので、そんなとこなしで勉強ってのはシンドイやろな〜と思ってしまいます。まあ主婦さんのように問題集フェチもいらっしゃいますし、それぞれ自分の得意なとこでやればいいんでしょうが、まだ気づいていない中高生には荷が重い話ですね・・・。
Posted by でんすけ at 2011年07月01日 20:08
でんすけさん、こんばんわ。

アムロの "Can you celebrate?"は最初聴いたとき、私もなんか変かなー、と思いました。Do you〜 か Are you going to〜かな、と。

へん〜、と思いながら、メロディ覚えやすいから、口ずさんでしまいますね。詩だから、いったもんがちなのかな(笑)

それではまた〜


Posted by niki at 2011年07月03日 01:27
こんばんわんこ、nikiさん。

"Can you celebrate?"はインチキ英語ってよくいわれたもんですが、それじゃ何がおかしいのか?ってのを指摘できるヒトは学習レベルでは少ないんじゃないかと思います。ワシもえらそうに書きましたが、実はよくわかってない(笑)。

でもナマの英文を読んでてもえ?とかいうのありますし、Many Beersなんてネイティヴがいうのを聞いたことあるし、あんまり神経質にならんでもええか?とも思います。

でも冠詞と単複はたぶん一生分からないでしょうね・・・。和文翻訳してて、そこで考えることばっかりです(涙)。
Posted by でんすけ at 2011年07月03日 20:59
こんばんわんこ でんすけさん

えーと、でんすけさん、pekoさんではなく
niki であります。一応、気になったので訂-正しときますね(^_^)

many beers... How many beers have you had?ってのはDVD観てて聞いたことあります、much ではなくて many。
「何杯飲んだんだよ!」 っていうニュアンスでしょうかね。


それではまた寄ります〜

Posted by niki at 2011年07月05日 20:38
あっ、なおってる。

し、失礼しましたーm(__)m
Posted by niki at 2011年07月05日 20:41
Posted by でんすけ at 2011年07月05日 22:51
こんばんわ、nikiさん。こちらこそ失礼いたしました。今後はメガネ買い替えた(老眼がヒドイ)ので大丈夫かと(汗)・・・。

単複ってあんがいネイティブにはいいかげんなものかもしれませんが、それはきちんとどちらが正しいかを答えられての話ですよね。日本人が助詞をその気になれば間違えない(しかし普段はいいかげん)のと同じですかね。

英訳してると名刺がでてくるたびに単複・冠詞のありなし・冠詞の選択で泣きそうになります。ネイティブは3歳児で区別がつくらしいですが・・・。
Posted by でんすけ at 2011年07月05日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。