2011年06月16日

英語学習の空白期について

ひ〜☆。朝から英訳やっていてどうにもわからないところがあり、アタマがウニみたいになっちょります。
ウニ、きらいなんだけどな。ああいうクセの強い食べ物はダメで、お子様の味覚であります。

は〜。いつまでこんなのやるんかな。と英語をなりわいにしてるわけでもない身としては必然的に思うわけです。しかし、気楽だから長続きしてるともいえるな。英語やり直しはじめてから丸5年半ほど経つんだけど、それまではどうしてたのか。

大学入るまでは、英語はまあ得意科目だった。しかし大学は当然のごとく勉強せず。英語も教養課程どまり。そいや、ゼミのテキストが英語だったな。それくらい。それきり英語とは縁切りした。

就職して12年だか13年だか。とつぜん英語をやりたくなった。35歳くらいです。bringの活用すら忘れてたな。2年弱やって、TOEICの点数が伸びず面白くなくなりヤメ。最高記録は2回目の730点でした。

で、また5年ほどおいてちょこっと半年くらいやってみた。またTOEICを受けてこのときは700点くらい。やるといってもPBを2冊ほど読んだだけだけど。フロストシリーズ。難しくて、わからんところは翻訳を見たりした。いまはフロストシリーズはむしろやさしいほうだと思うので、やはり実力が上がったんだなと実感いたします。

で、また5年ほどあいて再開し、こんどは長続き(TOEICとかかんがえなかったのがよかったんだろう、それとネットの存在。これなしで英語の勉強はかんがえられない)現在に至るわけだけどよくまあこれだけ空白期があってやれるもんだな〜と自分でも感心する。10年以上前から中年相手の懐メロロックのコンピCDが出ている(若い子はあんまりCD買わないので)のだけど、よく買ったな。で、歌詞カード見ながら懐かしいなと思うわけです。

空白期間が長いわりになんとかなってる感が強いのは、洋楽の歌詞を丸覚えしていたからじゃないかな?と思う。別にそんなにがんばらなくても興味があるとスイスイ入ってくるもんである。英語学習の秘訣って短文の暗唱だとangelさんもさいきんのエントリで書いてらっしゃる(angelさん、勝手に引用してすみません)けど、ホンマそう思うな。でなきゃ、これだけの空白期間とあまり勤勉でない学習スタイルを鑑みるに、理由がつかんのである。

高校生のとき、「音楽ばっかり聴いてないで勉強しろ」とよく親にいわれた(勉強どうこういうよりウルサかったんだろう)けれど、英語に興味持ったのは洋楽がきっかけだったし、いまだになんがゴソゴソやってるのも洋楽のおかげだなと感謝しても感謝しきれんのであります。

直訳ロックの王様が(いまなにしてるんかな?)そんなことを歌にしてたけど、まったくそう思うのである。人間、なにが幸いするかわかりませんの〜。ディランなんか高校生のときはよくわからなかったけど、いまはシミジミいいな〜なんて思う英語やり直しオヤジであります。わけもわからず(without rhyme or reason)、韻を踏みまくるところがいいね〜。

Like a Rolling Stone (Bob Dylan)


How does it feel ?
How does it feel ?
To be on your own ?
With no direction home ?
A complete unknown ?
Like a rolling stone ?


posted by デンスケ at 08:11| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きったで〜。
シルフさんがブログ開設しはった。

英語学習の秘訣かあ。。たしかに短文の暗記とかそうやな。基本英文700選とか覚えたけど。飛躍的に英語の偏差値があがったのは
和訳に直す作業やったかなと。精読することで、文構造をじっくり考えれるようになった。構文がわかったんやろな。高校二年のとき。
あと、教員になってからのほうが英語力あがったな。「教えることでのびた」

しかし、ここ数日思うのは「英語が理解できても他の雑学、時代背景、もじり、というような背景知識なしでは、味わいきれない」
そう思う今日この頃(汗)

今日、ガイドの過去問といた。。

ほなな。。。


Posted by 大阪の主婦 at 2011年06月16日 13:51
引用ありがとうございます。光栄です。でんすけさんはまさに「訳読式の黄金期」に英語の基礎を積まれているからもともとすごく力を蓄えてらっしゃったんだと思います。それに洋楽の力はすごいですよね。小林克也はいまだ健在。歌詞を歌いながら楽しく覚えるってほんと素晴らしい勉強法の一つだと思います。ボブ・ディラン、昔コンサート行ったことあるんですが、すごくおじちゃんだったのをかすかに?覚えています。今でんすけさんの記事を読んで何年かぶりにそのこと思い出しました(笑)

ワーズワースやブレイク読むよりやっぱ歌詞の方が入りやすいですよね〜。詩ってむずかしいなとこの前YA本読んで改めて思いました。英語ってやるとキリがないですよね。

でも、でんすけさん同様、PBはいいなあと思います。楽しいです。あとはでんすけさんのように深い教養でもっと味わえるようになりたいなと思っています♪

主婦さんの「700選」懐かしい!まだ本屋においてあるのこの前見ました。

では、英訳の頭ウニウニがんばってくださいね。

Posted by angel at 2011年06月16日 14:58
こんばんわ、大阪の主婦さん。

シルフさん、ブログ始めたんか。あとでご挨拶にいくわ。

基本英文700選ってなんや。ワシは年寄りのせいかみなさんがいってる参考書はみたことないなあ。もっぱら高校で使わされた美誠社の使ってた。自分で買ったのは「新々英文解釈研究」やな。大正時代からある参考書やで(笑)。どうもワシが高校出たあとで、参考書のリニューアルの波があったみたいやね。Duoとかいうのも最近知った。

しかしあまりにも昔のことなのでほとんど忘れた。ワシ、ちゃんと訳してたのかなあ。授業で"The Catcher in the Rye"の一部をやったときは張り切って訳したの憶えてるわ・・.

あ、背景知識のこととか気にせんでええんとちゃうんかな。んなもん、全部が全部分かるわけでなし。主婦さんは主婦さんの強いとこがあるねんから。ワシは主婦さんのきっちりした英語学習に関する知識に憧れてるで。人間、自分の知らないことは妙に有難がるもんやねんで(笑)。

んじゃね。最近、仕事が変に忙しくやや疲れ気味。しょーもない資料を急に作れとかやってられん(涙)。
Posted by でんすけ at 2011年06月16日 22:02
angelさん、こんばんわ。

自分たちの世代は「詰め込み教育の絶頂」だったらしいですが、詰め込まれても漏れただけって感じがします(笑)。鑑みるに、実力は「怪しい」のではなく、「妖しい」かんじですね(汗)。

で。ワーズワースってなんですか(汗)。自分にとっての詩人はディランやルー・リード、ドナルド・フェイゲンあたりで、教養のなさが露呈してます(笑)。でも、ほんとうに音楽の力は大きいです。歌おうとしても日本人の母音を入れるクセでやると必ず「字あまり」になるので、発音の矯正に役立った気も(笑)。

ワシは「深い教養」なんかないです。ただのウンチクたれのおっさんです(汗)。まあ、中年オヤジってそんなものだと思うので、今後ともよろしく〜☆
Posted by でんすけ at 2011年06月16日 22:13
美誠社かぁ〜。懐かしい響きです。
近ごろあんまり高校の先生たちにはアピールしない出版社ですね。
桐原はいまだに健在。
私は進学校の生徒さんたちが高校2−3年でやらされる即ゼミというのがとても苦手です。
もうなくなった特訓時事クラスにいたころ、
クラスメートだった方(京大卒とか)で美術館の学芸員のえらいさんがいました。
私の実力は隠しても仕方ないほど下の方だったのですが、
その彼女(たぶん40前後で1級ホルダー)は、
「即ゼミを全部暗記したらすごく英語が上達しますよ。ぜひお勧め。」
といわれました(涙)。
しかし、あの空所補充の権化のような無味乾燥した内容はいまも拒絶反応が・・・・。
やっぱり自分にあうものを行脚してやらないとアカンのですよね。
Posted by sylphide0927 at 2011年06月17日 07:24
こんにちわ、シルフさん。

美誠社ってまだあるんかいなと思って調べたら健在でした(汗)。ここ、京都の会社で同志社の英文科出身の方が創設されたみたいですね。ウチの大学も多少なりとも英語教育に貢献してるんやな、と思いました(笑)。昔はここの大学は「英語」ができるっつうことで多少なりとも知られた存在でしたが、いまはどうなんかな。

桐原って知らないなあ(汗)。即ゼミいうのも初めて聞きました。自分は中高は塾行ってないんですよね。(小学校は両親が忙しいので学童保育代わりに放り込まれてた。)

そうそう、高校のときは研究社や美誠社のペラペラの問題集(問題だけで解説なし)を買ってきて答えを覚えるまで何度も何度もやりましたっけ。けっこうよい方法(軽いし安いし)だと思うのですが、痒いところにくまなく手が届かないとダメ扱いされる昨今の風潮では流行らないでしょうね。答えを自分で探すのが、本当に効率よい勉強法だと思うのですが・・・。

といいつつ、そういうシンドイのは若い人がやるべきで自分は楽したいのでもう絶対やらないでしょうね(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年06月17日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。