2011年06月08日

どきどき英語教室体験レッスン 〜6月は英語学習強化月間です〜

英語教室の体験レッスンに行ってきた。

ワシはこういう教室は初体験であります。ヨメハンにいわすと「頑固で他人の言うこと聞かない」性格らしいので、独学向きなのかもしれないけど、自分では柔軟なつもりであります。もっとも自分で納得するまでは懐疑的であるべきと思ってるのでそう見えるのかもしれない。

あ、某ECCの体験レッスンは英検2次の前の日に行った。レベルチェックとかいう奴だけど、「英語を喋りたいと思ってる中年オヤジです」というスタンスを押し通した結果、30分くらいネイティブと喋ることができた。最初に「英語には少し自信があります、ふふん」ではあっという間に終わると思ったのだ。結果、タダでいっぱい喋れたので目的達成。むろん、通わなかった。お金に余裕があれば考えたかもだけど。すまんの。

で、「英会話」スクールなのかな?と思ってたら、すごく地道な「英語教室」。もうひとり若い1級チャレンジャーの女性と一緒に受けた。

最初に吹き込まれた英文を1パラグラフぐらい聴いて、いきなり口頭和訳。リスニングは難しいものじゃないけど、リテンションが難しい。「大体わかったらいいやん」ノリのワシにはきつかった。もうひとりの子はさっさとメモとって答えてたけど、よくできるもんだと思う。ワシなら気が逸れて虻蜂取らずになるような。

続いて単語チェック。定義を英語で講師がいって、単語を答える。う〜ん、「影響する」だな、influenceかなaffectかいな?その前にやった英文口頭和訳に出てきた単語なんだけど、憶えてるわけない。あとでわかったけど、茅ヶ崎のテキストを予習してきて答えるのだった。予習してないのにわかるわけないやん。思い出すままいってたら「さすがよくデキル人はいっぱい知ってますね〜。ここはinfluenceです」ちょっとからかわれてるみたいでした。まあ「単語」を憶えるトコでした。

それから和文英訳。ここは面白かった。日本語を見ながら即興で訳していくんだけど、なんせいろいろな言い方があるのでとまどいました。あとで英文見たら、すんごいシンプルな英文だった。

終わった後、「これってテキストの予習してくるんですか」「もちろん」

そらそやろ。

けっこう疲れたけど、なんも用意してない「素」の状態だったから当たり前か。「さすがに1級ですね〜」と褒められたけど、実質はメチャクチャでした。社交辞令かな?

正直、予習していけば物足りないレベル、しかし予習しないとキツイ。最後に例文の定冠詞の使われ方について訊ねたところ、満足する答えが得られたので講師の質は充分そうである。自習のペースメーカーとして利用していけばいいかな、と。しかしいうところの「英会話」ではまったくないな。それは認めてはった。

日本語がけっこう介在するんだけど、ワシはほとんど日本語を排除する方向で勉強してきた(とにかく読みまくるだけ)ので違和感があった。テキストの英文の日本語訳なんかイランのである。逐語で訳していくなんてやったことなし。英文、よくわからなければ丸呑みする。やったことのないことをやる、って言う点では良いかも知れないなと思った。

まあ少しかんがえようっと。


大阪の主婦さんのとこで、翻訳spree(笑)が展開されてた。こなれた訳文って褒めてもらった(そら「へたくそ」はいわんか(笑))けど、元の文章をあまりかんがえてなくてリズムのよいと思う日本語にしたからじゃないかな。例えば、「正確に」を「きちんと」、「ちゃんと」とかオノマトペを多用する日本語にすればなんとなくそれっぽくなるんである。それが適切な訳かどうかはわからない。プロが見たら上滑りしてる、話にならんって思うのじゃないかな。だいいち、ちゃんと読めてるかどうかギモンだし(汗)。

翻訳ってのはBASICでいうところの「コンパイル」と「インタープリタ」の違いがあるな。翻訳は「コンパイル」したうえで「インタプリタ」の要素を還元していくってのが本筋だと思う。とわかったようなわからんような。要は「意訳」と「直訳」をどう組み合わせるじゃないかな、と500円翻訳家(以前DailyYomiuriの翻訳コンテストで500円の図書券を一度もらった)は思うのである。

きょう講師に「翻訳か通訳の学校に行かれたら」といわれたけど、フルタイムでまったく英語に関係ない職業に就いてる以上、それは無理。飯のタネ、最優先であります。仕事とバランスを取りながら本業に影響しない程度でがんばるしかないもんね〜。


posted by デンスケ at 23:31| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きたで〜。初体験読みに来た(笑)
で、どうすんの?行くのん?(笑)

ほんと、でんすけさん、日本語翻訳、うまいとおもうねん。たとえばそこに月8000円はらうくらいやったら、通信講座の文芸翻訳講座みたいなの、やってな。なんか会員制の翻訳フォーラム「アメリア」ってのがあるんんやけど、毎月くらい課題があってチャレンジして大賞とかとったら、翻訳の仕事とかもらえるんちゃうかな。日本語運用能力もいるけど、膨大な「雑学、知識」も文芸翻訳とかに必要やん。ぴったしやん。今からちょろちょろ通信講座うけて、「翻訳とは」みたいなのを伝授してもらってたら、退職後、本格的に開始して、稼ぎになるんちゃうか〜(笑)でんすけさんがすきそーな本の年代あるやん。ベトナム戦争とかそういうかんけいの。マニアックな領域の。

私は歴史まったくわからんからな〜。。。。。

その講師が「通訳、翻訳の学校にいかれたら?」というたんは、「でんすけさんにとってはここで学ぶもんはそう多くない」ってことやわ。。自分より上がいっぱいおるほうが勉強になるで〜。

私も昨日、すごい「壮大な野望」おもいついたわ。
またブログにしよ。昨日のNHK「クローズアップ現代」見て。

きょうな〜(汗)昼から娘の友達二人あそびにくるらしくてな〜(汗)掃除だの、お菓子やジュースだしもてなしだの、並行して僕ちゃんの世話あるから夕方書けるかな(汗)

今日豚ばらカレーっていうのが作りたくなって朝からスーパーで豚ばらかたまりかってきてもうた。夕方すんごいことになってるかも。(汗)

なんだか翻訳いいかもな〜(たぶん、今現実逃避したいんやな。ガイド試験。。(爆))

ほなな〜。
           
Posted by 大阪の主婦 at 2011年06月09日 10:23
こんにちわ、大阪の主婦さん。

ん〜。「ちょっと物足らないかも」ともゆうてはったしなあ。ワシはまあちゃんと勉強してもええかな、って気もするんやけど、outputしたいからなあ。質はともかく、inputは十分やってきた気もするし。ワシがホンマにやらなアカンのは和文英訳やな〜とも思う。まあ週末までかんがえるわ。

翻訳はアカンやろ(笑)。需要ないやろうし。なんか学校行ってコネクション作らなアカンみたいやしなあ。

ワシも「壮大な野望」はあんねんで。英文会計。職歴あるから試験科目免除もあるしな。もっとも簿記や財務諸表はヤラなあかん。まあいってみれば、旅行会社に勤めてたから、通訳案内士あとは外国語だけ、いうシンドイ状況やねんけどね(笑)。

そやけど会計で資格取れたら、会計+英語というニッチなところでいけそうな気もするねん。

豚バラか〜。ちょっと紅茶豚作りたくなった。カラシで食べるとうまいんやな。むろん作るのはワシの仕事や・・・。

またきょうupしてたら遊びにいくわ〜。じゃあね。
Posted by でんすけ at 2011年06月09日 18:59
私も、英語に関係ない仕事、英語をまったく使わない仕事をしていますが、仕事より、英語を優先してやっていますよ。
英検1級合格できるまでは、定時出社定時退社という今の生活を続けたいです。

でんすけさんも、仕事はほどほどにして、英語を思う存分楽しめばよいのではと思います。
Posted by きんちゃん at 2011年06月09日 21:34
おはようございます、きんちゃん。

いや〜。仕事はもともと「ほどほど」なような(汗)。家では一切仕事のことはかんがえないタイプですしね。おまけに不景気で仕事も手詰まり感が強いです。残業ないですし。給料、下がりっぱなしなのでもう少し残業あればいいのになとひそかに思ってます(汗)。

かといって、がんがん勉強する気はもっと希薄なような(笑)。しょせん、趣味の世界かな〜なんて思ってしまいます。それも寂しい話なんですがね・・・。

英語はちょっと偶然にというかんじなのですが、なんかこれを活かせたらいいなと念願してます。でも具体的な方向が?ですね。

あさって英検ですね。体調整えて、万全の状態で臨んでください。もうぼちぼちではないかな?とブログ拝見していて思います。

ご健闘を!!
Posted by でんすけ at 2011年06月10日 04:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。