2011年04月23日

晴耕雨読・・・

雨ばっかやな・・・。しかもけっこう降ってるのがうっとうしい。チビダックスが散歩に行けなくてうっぷんがたまってるらしく、遊べとうるさい。無視してたら、ゴロンとお腹を出して横になり尻尾をぱたぱた振ってる。構わないでおこうと思っても、つい可愛くてナデナデ。あかんな。

amazonで注文してたPBが届いた。
・"MASH / Richard Hooker"
・"The Hanging Tree / Bryan Gruley "

mash.jpg

"MASH"はいわずとしれた映画&TVシリーズの原作。朝鮮戦争の最前線の移動病院(Mobil Army Surgical Hospital)を舞台としてる。TVシリーズは13年だか続いて、その最終回はいまだにアメリカで史上最高の視聴率(77%)だったらしい。日本でもワシが若い頃深夜放送でやってたけど、なんだか説教臭かったりしてあまり面白いもんじゃなかった気が。だいたいにおいて、長寿番組って「あまり面白くもないが退屈でもない」のが多いような。


映画(ロバート・アルトマン監督)は原作をほぼ忠実に描いてるハチャメチャなブラックコメディで面白いんだけどな。若き頃のドナルド・サザーランドがとぼけた役を好演してますです。なんでもアメリカ映画で初めて"fucking"って言葉が使われた作品らしいけど、1969年だから意外と後ですな。ちなみに"damn"が初めて使われたのは「風とともに去りぬ」だって。それがどうした。

70年代初めに角川文庫が外国映画の原作をせっせと出版してたことがあって、そのころに中学生になったワシはこの作品(の翻訳)を読んでいたく感銘を受けた。シリアスな場面でもジョークを飛ばすところや、オフビートな会話の受け答えとか、カッコエエナ〜なんて思ったのだ。ほかにはThomas Bergerって作家の"Little Big Man"(「小さな巨人」)ってのがえらく面白かった。ダスティン・ホフマン主演で映画化されてます。amazonで見たらPB一冊在庫があるみたいで読んでみたいが、それでなくても未読本の山なので我慢。

もう1冊は昨年末に読んだ"A Starvation Lake"の続編。小さな田舎町を舞台にしたミステリだけど、シリーズになったみたいね。1作目を読んだので続きも読んでみようカイナ、と思ったのだ。面白ければいいな。

thehangingtree.jpg

"Tokyo Year Zero"は100pくらい読んだけど余りに暗いのでちょっと中断。で、きょうはMASHを50pくらい。翻訳を繰り返し読んでたので、すいすい読めるな。そうでなければちょっと難しめの作品だと思う。なにより医療用語が頻発するし、ジョークの口語がムズイ。


anchorsongさんがザ・バンドの記事をupされていて、ワシも懐かしくなりyoutubeでちょこちょこ漁った。う〜ん、ストレートなロックでやっぱりええですな。ケレン味がないというか。クラプトンの自伝を読んだとき、いかに"The Music From Big Pink"に驚いたかつうことが繰り返し書かれていた。バンドはいわゆる「カントリー・ロック」の雄とみなされることが多いけど、西海岸系のカントリーロックとは違うような。やっぱリヴォン・ヘルム(南部人)以外カナダ人なのが影響してるんだろか。

ワシはカントリーが苦手でほとんど何も知らないんだけど、バンドはなんか安心して聴けるような気が。
長いこと"The Night They Drove Old Dixie Down"ってどういう意味だろ?と思ってた。う〜んここは英検1級の実力で考えてみたろといろいろ調べてみたら、「奴ら(北軍)が南軍をやっつけた夜」でした。Theyが何を指すのかがワカランかったわけですね。「代名詞が何を指すのかをまず考えなさい」とシツコク教えられたような。中学生からやり直しや。

リヴォンのボーカルが味わい深いなあ・・・。



posted by デンスケ at 19:15| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きたで〜。
ほんま昨日はずっと雨でいらついたな。。
僕ちゃんの学校行事にでんとあかんわ、洗濯物はかわかんが、次の洗濯物はどんどんたまってきてるわで(泣)

こちらPBが止まって「夜と霧」は読了した。。あかん。。英語を読まない日が続くと、次読んだときに英文に対する頭の負荷が高すぎてしんどい。ちょっと月曜からはボーンコレクターを読了目標としたい(涙)

starvation lake はでんすけさんが、前に「ハードボイルド」な推理小説いうてたね?

結局、またアマゾンでぽっちりやったのか(笑)

実ビジ倶楽部の創始者だったが、実ビジが吹っ飛んでいる今週。

生活サイクルのリセットをかけねば。

今日はちょっと晴れた。。洗濯しなあかん。。大量すぎる(涙)

ほなね〜。

Posted by 大阪の主婦 at 2011年04月24日 09:12
こんばんわ、大阪の主婦さん。

きょうは天気良かったな。朝からお出かけでいま帰ってきてん。ちょっと疲れた。ふらふら出かけて「疲れた」もないねんけどな(汗)。

いまからがんばって記事書くわ。
Posted by でんすけ at 2011年04月24日 18:50
こんばんわ、いいですね〜バンド。全員歌なんかうまくないのに味があって。ラストワルツ二十歳くらいのときに、場末の名画座みたいのでカミサンとみた記憶ですね。

私もバンドってカントリーかなと思うんですが、どうもネイティブに言わせると全然入ってこないみたいです。Lefty Frizzel とJonny Cash以降カントリーは死んだとかって言ってた人もいたし。Jonny Cashはけっこう気に入ったんですが、さすがにLefty・・・。

そうかと思うと
http://youtu.be/b52SDopaMZY
こんな曲がヤングに言わせるとごきげんなカントリーだそうで誰でも知ってるような話でした。日本での知名度あるんでしょうかねぇ。日本人にとってはカントリーってジャンル自体永遠の謎っぽいです。

しかし更新するネタも元気もないんですが、なんか大したことない病気で入院でもしてPBゆっくり読みたいです。キングの短編の長編(?)、佳境にはいってるのですが、一日1pがキツク・・・だめだなあ(タメイキ
Posted by Anchorsong at 2011年04月24日 20:19
おはようございます、Anchorsongさん。

バンドって、「ど真ん中ロック」なのかもしれませんね。いわゆるカントリー・ロックってバーズあたりが発祥らしいのですが、なんでヒップなはずのロッカーがレイシストの音楽をやるんだ?と不興を買ったらしいです。なんか早起きしろとか神様を敬えとか宗教がかった面があるらしいです>カントリー。

さいきんやや低空飛行ですか。自分は英字新聞読むのえいやって止めちゃったのでPB快調に読めてます(笑)。ほかはなんにもしてませんけど(汗)。まあタラタラでも続けないと面倒に思えますモンね。老人の散歩みたいなもんです(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年04月25日 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。