2011年04月19日

The Wycherly Woman / Ross Macdonald

278p、読了。

wycherly.jpg

富豪の一人娘、フィービが失踪した。父親に依頼され調査を始めた私立探偵、リュウ・アーチャー。なぜか依頼人はその離婚した妻との接触に反対する。しかし、フィービが最後に目撃されたのは母親と一緒にいたところであった。調査を進めるうちに、次々と殺人が起こり・・・。

三大ハードボイルド作家のしんがり、ロス・マクドナルドであります。一般に三大ナントカっつうとひとつは思い出せないもんである。日本三景は松島・天橋立。あとなんだっけ。日本三大大仏は明らかに富山の高岡大仏が無名。日本三大私学といえば、慶応・早稲田は誰でも答えられるけどあとイッコはなかなか出ない。上智?日大?へたすりゃ国際基督教大なんてどこからそんなマイナーなんが出てくるんだよと、忘れられたもういっこの大学出身は思うわけです。

話が逸れた。ハードボイルド界の同志社、ロスマクだな。

この本はもう30年以上前に翻訳で読んだ。一般にロス・マクドナルドの最高傑作というと「さむけ」かこの作品が挙げられるんでしょうな。「さむけ」もそれくらい昔に読んで、あまりにも印象が鮮烈だったので「ウィチャリー家の女」の印象が薄くなりすっかりプロットとか忘れてたんだけど、途中で思い出した。つうか、基本的に同じ設定ですなあ。

それでもやはり面白い作品には違いないですね。律儀に伏線を回収していってがっちりとした作り。ロスマクはチャンドラーの後継者としてよく比較されるけど、チャンドラーが多分にそのときのノリでストーリーを展開しいくジャズっぽいかんじだとすれば、ロスマクは調性と構成を重視するクラシック音楽かな。
と、クラシックはまるっきり知らないクセに知った口を叩いてみたり。

ロスマクはワシがもっとも多く作品を読んだ作家だと思う。長編の翻訳は全部読んでるハズ。後期の作品はどれもおんなじ、つう評価もあって、まあ確かにそうともいえそう。なんでそんなにハマったのかかんがえてみたら、ロスマクの作品の多くを手がけてる小笠原豊樹氏の訳業によるところが大きい気がする。

チャンドラーの清水俊二氏はチャンドラー節の気の利いた翻訳を世に広めたし、稲葉明雄氏の「幻の女」の名訳も有名。しかるに小笠原豊樹氏のロスマクは原作自体がやや派手さにかけるせいか、そこまで有名ではないんだろうな。ワシは原作の雰囲気をかなり忠実に伝えてるなあ、と原書を読んで改めて感服いたしました。しかし主人公リュウ・アーチャーのイメージが記憶とビミョーに異なるのですね。翻訳よりやや攻撃的なかんじ。このへんは感じ方に個人差があるだろうし、ワシの英語力も怪しいもんだから、あんまり本気にせんとって欲しいな、と思いますが。

さて、原作だけど非常に読みやすい英語。簡明、ってかんじ。もうロスマクを読むひともすっかり少なくなっちゃっただろうけど、チャンドラーとは違った意味で名文家だなあと思う。(ワシはチャンドラーは「プレイバック」以外、長編は原書で読み直した。「長いお別れ」ってそんないい作品か、「大いなる眠り」のほうが数段いいやん、と改めて自分の評価を再確認した。案外「「高い窓」っていい作品だなとも思いました。)

ロスマクは文章が非常に読みやすく、誠実な作風なのでクラシック・ミステリとして再評価が進まないかなあ。ワシ個人としてはクリスティとかより格段にいいと思うけど、ワシはいわゆるフダニイットが大嫌いなので偏見入ってるし(笑)。でもまあ、英語の学習用としても本当にいいアイテムだと思いますよ〜。


posted by デンスケ at 21:56| Comment(7) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きた〜(←もう疲労困憊だがいちお見に来た)
この作品の読みやすさは
nuclear age、 ドラゴンタトゥー、kazuoishiguro の三つでそういう位置づけ?

今日は娘の塾、一時間待ってる間、ボーンコレクター読んだ。むっちゃテキトーに読み飛ばして大丈夫か。。。みたいな。犯人が出てきたらじっくりよむけど、あとはテキトー。。こんなんでPBを楽しんだといえるのかしら。。。。。

支援学校の英訳ボランティア依頼が正式に来た。。。それも小学部のお母さん方全員に向けて依頼しよんねん。おるかいなそんな「英訳」やろかいうひとなんか。。でそのあと、こっそり小学部主事が個人的に来た。。仕事請けたら、「ぼろぞうきん」のように使われて終わるな。。自動翻訳とかのネット上サービスとかないんだろうか。。。それ使って先生、がんばったらいいやんな。。。

はねのけられへん雰囲気。。。というか。。。来年帰国するから一年だけ。。。教員がやっても追いつかないとかなんとかいうし。。。


ううむ。


ではでは〜。  

   甲東園の駅でお茶する賀来千賀子より(爆)
Posted by 大阪の主婦 at 2011年04月19日 23:15
おはようさん。ヨレヨレやのにコメント残してくれるんやね(笑)。ありがとう。

う〜ん。
ドラゴンタトゥーは英語自体が翻訳やから。ストーリーは抜群に面白いけど、いい文章ってかんじはないな。
The Nuclear Ageはどっちかゆうと読みにくいかんじやね。なんかボソボソゆうてるみたいで。オブライエンはだいたいそうやな。
あえていえば、Ishiguroに近いかんじやけど、ロスマクはなんか安心して読める、いうかんじやね。なにをいってるかわからない、いう文章がほとんどないな。

PBはワシはストーリー追えればええと割り切ってるで。なんもかんがえんと読んでるから、それでええんとちゃうかな。ワシは日本語の本もツマランところはぼんぼん飛ばすし。同じことですわ。面白く読めたらそれでOK牧場やねん。

どんな文章なんかわからんけど、逐語訳でなくてもええんちゃうの?用件だけ箇条書きにするような。日→英のweb翻訳はわからんけど、英文翻訳はシュールすぎるで。

We'll tweet again tomorrow. In the meantime, stay on top of all the news.ってのが
「私たちよ、再びつぶやき明日。一方で、すべてのニュースの上に滞在」

甲東園の駅でお茶するって(笑)。今津線、「阪急電車」いう映画になってるな。阪神国道と今津を無視しやがって、気分悪いわ(怒)。by 阪神沿線住民
Posted by でんすけ at 2011年04月20日 06:42
10才まで高岡市で過ごしたので、日本三大大仏だけはばっちりです。でんすけさんは実物をご覧になったことありますか?銅製の品のある大仏さんですよ。

で、三大ハードボイルド作家って、1人はR・チャンドラーであともう1人は??ハードボイルドは読むのが難しいというイメージがありますけど、でんすけさんに「非常に読みやすい」と言われると、ちょっと読んでみようかなって思いますね。
Posted by peko at 2011年04月21日 15:47
そうだ、ダシール・ハメットですね!
Posted by peko at 2011年04月21日 15:50
こんばんわ、pekoさん。

富山県には一度も行ったことないです・・・。あ、白川郷行った帰りに富山駅から特急に乗ったかな。日本海周りでスキーにはさんざ行ったので通過だけは10回とかですまないでしょうが(笑)。立山の眺望は素晴らしいですね。高岡大仏の存在は高岡出身の藤子不二雄のマンガで知りましたが、鋼鉄製なんですか〜。

ハメットは原書で読んだことないですが、ハードボイルドってそんな難しくないような。チャンドラーの饒舌さはいささかついていけないものがありますが、ロスマクは本当に読みやすかったです。

たぶん存在を意識するがあまり、違う方向にいったんでしょうね。ディランの詩を意識してレノンが非常にシンプルな歌詞を書いたみたいなもんですか。

チャンドラーを真似するひとは少ないですけど、ロスマクはコナリーやリューインみたいな後継者はたくさんいるみたいですね。話は飛びますが、現代テニスは天才マッケンローではなくレンドルの延長線上にあるという話を思い出しました。ああ、また古い例えを(笑)。

Posted by でんすけ at 2011年04月21日 20:41
おはようございます。

(范文雀とマグマ大使のつながりは知らなかったけど)古い例えなら大体ついていけると思うので大歓迎です(笑)。

えー、富山は通過ばかりですか。それは残念!高岡の伝統工芸として有名なのが高岡銅器ですので、ガイド試験チャレジャーはぜひ覚えておいてくださいね(笑)。

三大ハードボイルド作家が読みやすいのは、昔の映画の英語の方が聴きとりやすのと同じかなと思ったりして。
Posted by peko at 2011年04月22日 07:07
こんばんわ、pekoさん。

富山って、イメージとして
・立山
・蜃気楼
・ホタルイカ
・チューリップ(?)
だったかな・・・。チューリップは怪しい(笑)。砺波平野は富山でしたよね。「越中富山の万金丹」の薬も。あと立川志の輔だっけ。ガイド試験に出ないようなことばっかりですね・・・。

これは大阪の主婦さんにも書いたのですが、貧しく生まれ教育もなかったハメットが日常の話し言葉で小説を書いたところ、「こういう言葉で小説は成立するんだ」とショックを受けたのがヘミングウェイだった、ちゅう話があります。簡にして素、ってのが始祖ハメット以来のハードボイルドの伝統なんでしょうね。

とどこから聞いたかわからない怪しい話をしたりして・・・(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年04月22日 19:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。