2011年04月11日

Daily Yomiuriの記事から

どうも季節はずれのインフルにやられたらしく、土日は家でダウン。きょうも本当なら休みたいところだけど、どうしても外せない会議があって午前出勤。熱は下がったのでシンドくはないですが、洟ズルズルでティッシュを鼻の穴に詰めて仕事できるわけでもなく、他の人にうつす危険性もあるので昼から早引けした次第。

つーわけで英語ネタとてないのですが、いちおう毎日(文字通り)眺めてるDailyYomiuriの記事から。

1.Jackie RobinsonとRoy Campanella

roy-campanella-burt-shotton-and-jackie-robinson-1950.jpg

ジャッキー・ロビンソンは史上初の黒人メジャーリーガーとして有名で、あまり野球に詳しくないひとですらその名前は知ってるんではなかろうか。ワシも高校生のとき教科書でならったぞ。その後次々と黒人MLBプレイヤーが誕生するわけですが、ジャッキーの次に大リーグ入りした黒人選手を知っておるかね。Laly Doby(ラリー・ドビー)という選手だ。んでもって、メジャー初の黒人投手Don Newcombe(ドン・ニューカム)とそろって1962年に中日ドラゴンズでプレーしてるのだ。ロートルもええとこで大した活躍はしなかったらしいですが、還暦すぎた野球ファンなら憶えてるかもしれないね。ワシはさすがに憶えてない。

ジャッキーが様々な辱めを受けながら実力でメジャーリーガーとしての地位を築いていったのはあまりにも有名ですな。ワシもフィクションではあるが"Double Play"つうロバート・パーカーの小説を読みましたです。で、ジャッキーに続く選手のなかで出色なのがRoy Campanellaという捕手で、10年間の選手生活のうちで3回MVP受賞。1957オフに交通事故で下半身不随となるまでドジャーズの看板選手だった。

で、ジャッキーとキャンパネラがともに黒人選手の権利拡大に向けて手を取り合って邁進したか、というとそうでもなかったらしい。ふたりの確執の詳細は元の記事を見ていただくとして、面白かったのは

Jackie was an infielder, but Campy was a catcher, the team’s field general, and he worried about offending white teammates, particularly the pitchers. “A catcher,” he once explained “has to make people like him no matter what. . . . I had to make everyone on the team work with me.”

この記事は"Campy"というキャンパネラの評伝の書評であります。ちょっと読んでみたいね。キャンパネラは黒人解放運動の先頭には立たなかったものの、下半身不随になってからは障害者の権利拡大のためにずいぶんと尽力したらしい。彼の背番号39はドジャーズの永久欠番で、日本でも39番はなんとなくキャッチャーの番号であることが多いですよね。

2.危うしTasmania Devil

tasmaniadevil.jpg

これはけさの紙面に載ってたんだけど、タスマニア・デビルが絶滅の危機に瀕してるらしい。ワシはオーストラリアに行ったとき動物園で見たんだけど、妙にアタマのでかい愛嬌があるんだかないんだかわからん珍妙な動物でした。で、野生のデビルに「伝染性の腫瘍」が蔓延していて、9割がやられたんだとか。つうことでやられてないデビルを隔離するのにおおわらわって記事です。元ネタはここ

かつてオーストラリア最悪の害獣として嫌悪されていたタスマニア・デビルだけど、その実態はというと
"Their so-called hunting skills? Their eyesight goes to about 4 or 5 feet," he said. "Agility? They run like they're injured." Their top speed is about 9 mph.
ふーん。なんとか絶滅をまぬがれてほしいもんであります。

3.Bryan Ferry、「深刻な病気」で病院に運び込まれる

hizakata.jpg

これはDailyYomiuriの記事じゃないですけど(笑)。ま、すでに退院してるらしいですけどね。記事はこのへんとかこのへん

ブライアン・フェリーまたはロキシー・ミュージックというと後期のAOR路線が人気あるみたいだし、「ダンディ」なんて形容がよくなされたもんだけど、ワシは初期の変態っぽい路線が好きだな。なんつうか、ビミョーな勘違いを見て「このおっさん、またフザケたことやってるな〜」と楽しむもんだと思う。ロキシー・ミュージックの偉いところは、ほぼ全員ど素人のくせにバンドを結成しビッグ・ネームになったことだろな。なんつーか、モノリスに触れたサルみたいなもんじゃないかと。ロキシーの前座を務めた加藤和彦にいわせると、お経みたいなフェリーの歌い方は、「コードチェンジがわかってなかったから」らしい。

比較するのにはあまりにも卑小であるけど、ワシが単に英語で小説読みたいと思い、サルみたいにわけもわからずひたすら読んでたら英検受かった例もアリ。人間、なんかのきっかけでなんとかなるもんだと思いますです。



ブライアン・イーノは当時フェリーと人気を2分していたとかでバンドを追い出されたらしいけど、「ローリー寺西」にしか見えないなあ・・・。


posted by デンスケ at 15:28| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピンチヒッターで1番ゲット!(笑)

いつも思うことですが、広範囲に及ぶ英語ネタをささっと上手にまとめることができるのがでんすけさんの強みですよね。長年いろんな文章を読んでこられたからできることで他の人には真似のできないことだと思います。

ロキシー・ミュージックは初期の変態っぽい頃もAOR路線の頃もよく聴きました。今このビデオを見ると、なんでこんなバンドに夢中だったんだろう、どこが良かったんだろう?と思いますが(苦笑)、お経みたいなブライアンの声に魅せられてしまったんですね、きっと。今でもセクシーだけど、心筋梗塞ですか・・・
Posted by peko at 2011年04月11日 23:28
おはようございます、pekoさん。

裏居酒屋ですが、お客さん来ればうれしいです(笑)。

pekoさん、ロキシーお好きだったんですね。それは趣味が悪い、もといいいセンスですよね(笑)。ロキシーは再結成されてからまったく聴いてなかったのですが、当時の彼女が好きといっており「なんとマニアな奴」と呆れました。もっとも"Avalon"聴いて納得しましたけど。

クネクネしたフェリーのヴォーカルを聴いてると関節が外れそうな陶酔感がありますね(汗)。ゴルバチョフの誕生パーティに出るとかですが、どういうつながりなんでしょうね?(笑)

Posted by でんすけ at 2011年04月12日 06:27
かわいらしいテンプレートになってる。。
なんでよ。
こちら昨日大阪にかえって来ました。温かいコメントいただき、ありがとうございます。

滞りなく、法事完了。大往生だったので、ひしぶりの親戚方々、笑顔でのなつかしい再会にもなりました。さびしくなるけどね。 がんばっていこうと(笑)

旅疲れがまだとれてなくて、もうちょっとしたらブログ再開します〜。コメントにはくるかも。
でんすけさんは仕事の調子どおなのかしら?

主婦は仕事の内容がかわらんのがつまらんわ。。。。

ほなな〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年04月15日 14:43
大阪の主婦さん、お疲れ様でした。35歳までに喪主3回の先輩として、いろいろお疲れのことと思います。自分は一人っ子だったので代わりがおらず、本当に大変でした。両親とも、泣いてるヒマはなかった・・・。

こういってはなんですが、税金みたいにいつかは払わなくてはならないものですよね。自分の場合、祖父より父親のほうが早く、正直見てられませんでした。順番に送ってあげられたら、とよく思いました。主婦さんががんばって笑顔でいるのがなによりの孝行ではないかと思います(いつになくマジメ)。

仕事ね〜(笑)。かなり面白いんですがここには書けないですね。またお邪魔でなければメールします。けっこう刺激的で面白いかも(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年04月15日 23:59
なーなー。なんでテンプレートがころころ変わってんのお?「こりすちゃん」好きやったのにいい。。。。。たぶん、こりすちゃんみたいなイメージちゃうかな。。。でんすけさん。。ってpekoさんと話してたのよ。

その、刺激的な仕事の話、また、でんすけさんの時間あるときに教えて〜(嬉)絶対誰にも話さないからああああ〜(よりかかり)
Posted by 大阪の主婦 at 2011年04月16日 18:40
あっ、ホントだ。
記事がアップされていないのにテンプレートだけがコロコロ変わってる・・・
もしかしてずっと体調不良ですか?ちょっと心配です。

シーサーはかわいいテンプレートがいろいろあって楽しいですね。
雪だるまも好きだったけど、こりすちゃんも可愛かったのにね、主婦さん。
Posted by peko at 2011年04月16日 19:46
いつもマダムの居酒屋でご一緒させていただいているのに
こちらには読み逃げ状態で失礼していました。
初カキコですが、どうぞ宜しくお願いします(いつになく品がよい)。
さてさて、今回は厚かましくもお願いがあります。
というのも、リーディング力には定評があるでんすけ先輩のお力をお借りしたいことがあります。

今夜から毎土曜日に英検1級レベルの5名が自主サークル「上級クラブ」となるものを始めました。
他の方々はリスニングなどのほうがお得意なのですが、
私はこれがあまり好きではない訳です。

そんなことで私は定期購読しているTIMEの短めの記事を持参して今夜、自分のパートを勤めたのです。

そこでご意見を伺いたいのですが、4月11号の'Health&Science'の'Love Hurts'
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,2062466,00.html
第二段落の上から3行目にある(本当はイタリック体)'about'のライターの真意は何だと思われますか?
私は単純にメンタルの痛みではなく、
身体におこる痛み「について」という意味で解釈したのですが(汗)。

メンバーの高校の英語の先生は、
「それじゃぁ、aboutの後のbodily painもイタリックにしないとつじつまが合わないですよね?」
と言われてしまい、それもそうだと思った次第。
いちおうイーオンの来たばっかりのアメリカ人男性講師にも聞いたのですけど。
もしお時間があればご意見を伺いたいです。
Posted by sylphide0927 at 2011年04月17日 00:06
おはようございまあす、大阪の主婦さん。

前のテンプレ、白すぎて目が痛かったのであれこれ試してたのですけど、こりすちゃんは黄色いところが眩しいので残念ながら却下となりました。

ワシはこりすちゃん・・・ではなくてただのオッサンです。

仕事ね(笑)。ことしの目標は「TV出演」です。なんのことやらわからんでしょうが、メールしますね(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年04月17日 07:28
おはようございます、pekoさん。ご心配いただきありがとうございます。

朝晩寒くて、なんか風邪がぶり返したのか昨日は頭が痛く、ボーッとしてました。おととい三宮でヘロヘロになるまで飲んでたんがいかんかったのでしょうか(汗)。

ぶろぐネタなくてね。困ってます。いまのところ注意が仕事のほうに向いてるんで、英語とかガイド試験とか余裕ないです。もう少ししてからかな〜。
Posted by でんすけ at 2011年04月17日 07:33
はじめまして、シルフさん。といっても主婦さんとこでしょっちゅうお目にかかってるような(汗)。

さてご依頼の件。難しいですう。しくしく。ええっとイタリックって「強調」のときに使われるのでしたよね。小説ではしょっちゅう出てきますが、正直あんまり気にしたことないです。書き手の主観によりますしね。

あまり予断を交えず読んでみましたが、「感情と物理(肉体)的な痛みを感じる脳内の重なり部分」を研究している云々ですよね。

ここでaboutがイタリックになってるのは、おっしゃるとおり物理的な痛み「にのみ」重点がおかれてることを強調したいのだと思います。

「つじつまが合わない」というのは意味がよくわかりません。ここで筆者が強調したいのは「〜について」なのであり、bodily pain ではない(文章の展開を読んでいればわかる)と思うのですが。

イタリックが使われるのは通常単語単位が多くて、チャンクがまるごとってのはあまり見たことがないです。aboutかbodily painのどちらかがというのならわかりますけど。文章の内容から強調部分を逆成してるかんじですね。

ここは素直に「について」を強調したかったんだな、でええんではないのでしょうか(汗)。

とまあ、答えになってませんがこんなところで堪忍してください(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年04月17日 07:58
こんばんわ、デンスケさん。まだ体調悪いですか。札幌ゆうべすごい寒くて郊外で雪ちょっと積もりました。

ところでうちのほうでコメントが消えるという怪奇現象が発生してまして、ひょっとしたらご迷惑をおかけしたかもしれません。うちの方でも記事にしたのですが、ちょっと原因は調査中です。主婦さんもこちらは読んでいただけると思いますので、報告いたします。大変失礼いたしました。FC2引っ越そうか考え中、案内士受けるかどうか思案中、禁煙カウンターリセットしようかどうか優柔不断中です(吸ってるタバコが超マイナータバコで在庫切れしないのが悪いと責任転嫁中・・・セブンスター系はまだ全滅なようですね)
Posted by Anchorsong at 2011年04月17日 20:39
こんばんわ、Anchorsongさん。

実はこないだ貴ブログにコメント入れたのですが、入らずでした。二重書き込みになってはいけないと思い、時間を置いたのですがいっしょでした・・・。ま、よくある(コラコラ)ことなのですが、2回入らないのってやはりシステム上の問題ですかね?

セブンスター、レアアイテム化してますね。たまに入荷してるみたいですが。マイルドセブンも手に入りにくいので、ひさびさにLARKを買ってみましたがまずいのなんのって。なんでこんなの大学生のとき有難がって吸ってたのか謎であります。

案内士は受けましょう!地域限定は持ってらっしゃるし、失うものは何もアリマセン!(あ、受験料・・・。)
Posted by でんすけ at 2011年04月17日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。