2011年04月06日

実践ビジネス英語

大阪の主婦さんが絶賛してるので、やってみようかな〜と思ったり。NHKのサイトでストリーミング再生しとるやないか。みんな放送時間にラジオで聞いてるのかと思ってた。で、まあ聞いてみた。

う〜ん。難しいな。

「始業時間が5時になるんだって」
「そんな時間に生産的な活動ができるのかしら」

なんやこの会話。まず、「そんな時間に電車動いてへんから通勤でけんがな」「組合と交渉したんかいな」
とか、まずそういった会話をせんのかいな?思ってしまう。

全体として、「おとぎの国のおとぎの会社かいな」という印象アリ。1日分聞いただけだけど。

きんちゃんとこのブログにストリーミングDLの方法が載っていたのでやってみたが、なんかファイルが足らないらしく動かない。残念。まあなんか試してみよう。ウォークマンとかに保存して通勤時間にやるには時間的にピッタリだしな。

ワシの教材はPB、英字新聞それとCNNやらABCワールドニュースとかガチンコ英語ばっかので、日本人向けの教材や講座はやったことがない。これだけあるのに、なんつうか見えてなかったというか。日本語と英語が一緒に出てくるとワシの単純なアタマでは混乱するのだ。

「なんか日本語でゆうてるな〜、あ、英語始まっちゃった」で切り替えにしばし時間がかかってしまう。
そんなことないですか。ワシだけなんかな。

学習用に難しい単語にルビ振ってある小説とかでてるけど、ちょっと読んでみたら読みにくいのなんのって。アタマ悪いんかな、やっぱ。まあ実ビジはしばし様子見ですね。しかし通勤時間以外はやる気せんな。


しかし原発事故、長い時間かかるのはわかるんだけどさすがに毎日毎日は見てるとシンドイものがある。かといってやらないと余計に心配だし、Catch 22 Situation といいましょうか。

子供の頃、中国の水爆実験で放射能を含んだ雨が降るので気をつけなさいなんていわれてたの思い出す。
やはり"The Nuclear Age"なんかな。主人公のオブセッションが身にしみるこの頃。



posted by デンスケ at 07:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひ〜。南大阪の病院から無事帰還。忙しくなってきた(涙)
しかし、ここ、UPされたらコメント入れるのが日課なのだが、私以外の客は〜?
pekoさんとかどこいったん(涙)。。。。。

実ビジ倶楽部会員が10人近くいるなかで、実ビジの内容に関してはみんな、文句いうてるな〜。たしかに。「ありえへん」、とか「かっこよすぎて嫌味」とかな(爆)私もきらいな登場人物おるねん。後藤洋子。聞いてて腹たってくるからな。

まあ、そこに焦点合わせず、社会問題とか、英語表現習得、音読テキスト教材ってことでやってるわな。。週三日をなんとか日にちが決まってて一週間後にPC上から消えてしまうので、心して覚えこもうとすることで「日課」にしとります。。

旬の素材はBBCとかCNNが活き活きしてるしね〜。

ま、そういわんともうちょっとやりーや(爆)せっかく300円台だしてんから。
6月でテキストの売り上げ落ちるらしいで。脱落していくんやろな〜(笑)

昨日、うちの市の市役所に 説明求める電話したったぞ。ほんま。主婦はおこってんねん。。。

うちの市は重度障害者にタクシー初乗り運賃の割り引きチケット50枚くれるのや。。でんすけさんとこの市はどうやろな。市独自の福祉サービスで、財政ひっ迫の市はこのサービスをやめつつある。

毎年4月になったらもらいにいくのだが、お姑さんに「代理でいってもらったのだが、今年、所得制限にひっかっかり、もらわれへんかった。

所得によって制限があるなど、どこにも書いてないのや。行って手帳みせて、所得控除額とか調べて、そこでひっかかったらアウトやねん。

通知もなし、重度で寝たきり置いて、人を手配して市役所まで出向いて、そこでセーフかアウトか言われるのが頭にきて市役所でんわしたったわ。女の人が出てごまかしよったから、納得いかんからちゃんとした説明してくれる人出してくれいうたら、福祉課の「主幹」ていうひとがでてきて説明。


電話じゃ、プライバシーの問題とかで、収入の話を身分証明なしに話できんとか、全員に通知するような手当てではなく、申し込んだらもらえる制度の位置づけとかで、送付とか電話はあかんとか。どこら辺の収入できるかも家族の控除によってかわるから一律の情報もながせへんとか。

7月ごろきてくれたら、確定申告の結果状況がでてくるから、チケットもらえるかどうかの大体の目安がわかるから、夏にまたきて。いうねん。

「じゃ、一か八かで行き損みたいなの覚悟で申し込みに行くんですね。寝たきり置いて」いうたわ。。

ぷんぷんやわ。

大幅に所得制限超えてる場合はなんもこたえへんのやけどな。ちょいでも越えたって、こっちの日常生活かわってへんから、チケット代金、年間使い切るので3万越え、自腹か。。。とおもうとな。

どっかで3万節約せいという話だが。。。。。


かばん、かわれへんやろが。みたいな。。


愚痴、ここではきまくたった。

ほなな〜。  おつりはとっといて〜(爆)



Posted by 大阪の主婦 at 2011年04月06日 14:02
こんばんわ、大阪の主婦さん。

やっとこさ落ち着いたかな、ってかんじ。前の職場は昼休みもなく電話やら来客に追われてたけど、えらい違いや。きょうはゆっくり新聞読めたからな。

そやけど電話すらかかってこないから、手当が1万円くらい減ってますますピンチや。震災の影響で給料減るかもしれんし、どないなんのかなあ・・・フルに英字新聞読まなソンや。自動車も廃車やな。税金やら駐車場代やらバカにならん。

洗濯機買い替えなアカンみたいやし。

福祉の話はな〜。各自治体でいろいろあるからね。
問題は、「障害福祉」と「高年福祉」がごちゃごちゃになってきたことやな。率直に言って、「障害福祉」の方向だけやったら多少財政が悪くなってもさほどの問題ではないねん。

歳いったら誰でもどっか悪くなるもんやけど、語弊を恐れずいえばそういう人も「障害者」のカテゴリに入れられるからね。本体「高年福祉」の方向で考えられるべき問題を「障害」で行ってしまってるからね。誰もいわへんけど、やっぱり人口バランスの問題やねん。団塊は人口多いから発言力強いからね。

団塊とバブルの谷間世代のワシらは「なかったこと」にされてるし(笑)。いまから「膨れ上がった福祉」の後始末はワシらやねん。

ということで怒りを収めて欲しいわ。
Posted by でんすけ at 2011年04月06日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。