2011年03月28日

The Gate House / Nelson DeMille

874p、読了。

どうもここんとこの冷え込みで風邪を引いたのか、さむけ+微熱。おなかの調子もよろしくない。というわけで昨日引きこもって残りを一気に読んでしまった。

ネルソン・デミルはアメリカのミステリ作家であります。かなり翻訳点数は多いはずだけど。ワシは大昔に「ゴールド・コースト」つうのを読んだことがあります。ニューヨーク郊外のロング・アイランドの高級住宅地、ゴールドコーストに暮らす主人公の隣にマフィアのドンが引っ越してきて・・・というお話だった。

で、この"The Gate House"はその続編にあたるらしい。前編がどんなだったか憶えてないのだけど、この作品はこれで独立してるので別に読むのに支障はない。

the-gate-house.jpg

主人公、John Sutterはやや自意識過剰なインテリ弁護士。10年前に妻が隣人のマフィアのドン(主人公のクライアントでもあった)と浮気し、痴情のもつれ(クラシカルな表現だ)から撃ち殺してしまった。離婚し、3年間の世界航海旅行を経て、ロンドンで法律事務所に勤務している。

旧知の老婆が死の床にある、ってことでしばらくの間休暇を取り、苦い記憶のあるロング・アイランドに戻ってきた。主人公は老婆の顧問弁護士なので、借家権(lifetime tenancyつうらいしい)やら遺産やらを片付けなければならないからだ。老婆は前妻の実家のメイドだった。つまり前妻はとんでもない金持ちの娘。葬儀で顔を会わせることになるだろう。前妻はしばらくカリフォルニアで暮らしていたが、いまはロング・アイランドに舞い戻っていることを主人公は知る。なんといっても地元の有力者の娘なのだ。

あれやこれやと考えているうちに、かつてのドンの息子が訊ねてくる。顧問弁護士になってくれ、というのだ。息子は父の後を継ぎ、マフィアのドンとなっている。主人公は父親の顧問弁護士でもあった。むろん、合法的な企業も営んでいてそちらをやってくれ、と。法外なオファーにすぐにロンドンに舞い戻るはずだった主人公の心は揺れる。また、前妻はいまのドンの父親を殺したのであり、マフィアの掟 Vendetta の対象でもある。自分が顧問弁護士になればその間は前妻の身は安全ではないのか・・・?

ミステリというよりは主人公の皮肉なセリフ回しや、奔放で情熱的な前妻、若く野望に満ちたマフィアのドン、俗物の塊みたいな前妻の両親、リベラルで進歩的な主人公の母親とかが入り乱れる人間群像を描いた小説ってかんじです。

主人公の皮肉に満ちたコメントが面白い。文章は平易でスイスイ読める。テンポの良い会話文が多く、へぇ〜っていうようなイディオムがそこかしこにでてくる。なかなか興味深い作品なのだが、米amazonの評価は芳しくない。長すぎて退屈、つうコメントが多い。

確かに。さほど複雑でもないのに、やたら長い。この半分でもいいような。ワシは文章が面白かったので真ん中くらいまでは「ふんふん」と読んでたが、さすがにだれて後半はかなりいい加減。しかしかなりいい加減に読んでもストーリーが追いかけられるくらい簡単な文章でもあります。

米amazonでの評価は「好きな作家だけどこれはな〜」ってのが多いので、他のを機会があれば読んでみたいな。それくらい魅力的な文章でした。

"Capisce?" ってセリフがでてくる。ラテン語っぽいけど、そのとおりイタリア語であります。

Capisce (pronounced cah-PEESH) is an Italian word that is used in American slang to say "got it" or "understand." The correct word in Italian would be capisci (pronounced cah-PEE-shee) to address the second person informally, a.k.a. you. Capisce, in Italian, is used only to address the second person formally (like when speaking to an elder or someone you don't know) or to express that a third person (he, she, it) understands. The correct Italian pronunciation of capisce is cah-PEE-shay.

To say I understand is capisco (cah-PEE-sko).
You better get outta my house before I break your face, capisce? Yeah, capisco.

マフィアの言葉なのでちょっと脅迫じみた使い方をするみたいですね。Capisce?

3月はこれだけだった。これでことし6冊目。月2冊やの。なんとかこのペースは保ちたい。
次はTim O'Brienの"In the Lake of the Woods"をいってみよう。
posted by デンスケ at 06:18| Comment(7) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずず。。。
風邪でしんどいのに、よくPB読める集中力あるよね〜(涙)
こちら昨日もうろうで、ぱらぱら読んだのがこの間買った「なぜ日本人は世界で人気があるのか」いうやつ。。テキトー。

これ、マフィア物やったんか。。一回アマゾンでチェックしに行ったがレビューがないし、中古しかうってへんかったかと。。。
なんせすぐ配達という代物ではなかったな。


神戸勤務は4月1日からなん?

んじゃね〜。。ずず。ごほ。ぶふ。。。んぼ。しんど。。。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年03月28日 08:53
こんばんわ、大阪の主婦さん。ワシもちとシンドイですが、年寄りやから劇的な症状は出ないな・・・。妙に奥歯のへんが痛く、「おたふくかぜ」ちゃうやろな、と。こないだ課員がそれで休んでたからな〜。もう40年前にかかったので、もう免疫ないんちゃうんかなと脅えてます。

この本、なんせタルイ展開やから、ちょっと飛ばしても話が進んでへんねん(笑)。600pくらいまでいってたので週末に残りを片付けたんや。

あ。人員配置の内内示があって、いまの課めっちゃエエ面子やねん。もう1年やりたいくらい。次の課長が羨ましいわ。ワシが数字をさらに上げたから、それがデフォルトやったらちょっとシンドイ面もあるねんけどな(←プチ自慢)。

神戸は4月1日からや。また明日という日もあるからきょうはずらかったった(笑)。

ワシ、今晩のメシないねん。いまから食べに行ってくるわ。うんじゃね。
Posted by でんすけ at 2011年03月28日 18:46
あ、大阪の主婦さんに追伸。「経済を回すんや」と張り切っておられて心強い限りです。みんながそういうふうやったらデフレにならへんのにね〜。

「限界消費性向」(Marginal propensity to consume、略してMPC)いう経済用語があって、「追加所得のうちどれだけ消費に回すか」いうことやねん。仮に社会全体を0.8とすれば、たとえば大阪の主婦さんが3万円使えばそれを受け取った人は2.4万円使う。さらに2.4万円を受け取った人は1.92万円。さらに...というわけで、最終的な社会全体の所得増加は、追加所得をX,所得増を兀とすれば、

兀=X/(1-MPC)になるねん。
この例やったら30,000円×1/0.2で150,000円やな。
これを乗数効果といいます。一般常識の計算問題とか出るかもしれんで。出るかな。デフレのときは公共投資が大事いうのはこういうことやねん。ご存知かもしれませんが、いちおうということで。

by経済学士 でんすけ
Posted by でんすけ at 2011年03月28日 19:09
経済学士 でんすけ様

。。。すでに「追加所得」という言葉がわからんで、つまずいた(泣)
その公式の解説も理解できん。。
結局15万になっそれがどうなん? 15万に相当する価値に膨れるってことか?第3者にいきわたったときに・・・

とにかく、経済を回すというより、

「何が何でもそのかばんがほしい」というだけってのもある(爆)で、弾みをつけるには今しかない!!みたいな。

びびびってきたんや。「これや!!!こんなんさがしとったんや!」

デフレもインフレもイマイチわからんで。。。
デフレって。。。。物が売れへんとき。人がお金を使わないとき。。。やんな?

。。。。。。。    
で、今日は何食べてきたのよ。

最近、いろいろな知ってるブロがーさんとこ回ってもUP率すくない気がするな。。。積読亭さんもお休みしてはるしな。。。私は春休みになり、さらにひまやから「寂しい」限りや。。
これもデフレ?

ほなな〜。。。

      
Posted by 大阪の主婦 at 2011年03月28日 21:10
客が来ない不景気な飲み屋や。しゃーないから主人自ら酒飲んで景気づけしてるみたいな「裏」居酒屋にようこそ、大阪の主婦さん。「ほんやら堂のべんさん」みたいな塩梅でがす。

「追加所得」いうのはやな・・・。主婦さんがダーリンに3万円お小遣いもうたみたいなもんや。サラリーマンやったら賃上げ、自営業やったら利益が上がるとかそんなかんじ。

例えば政府が税金から業者に公共工事を3億円発注したとするやろ。そしたら業者は下請けにさらには中したり設備投資したりするわけ。そういうふうにお金が回ってゆく。最終的には限界消費性向が0.8やったら社会全体として3億円の初期投資にかかわらず15億円の所得増になるわけや。ぶっちゃけいえば、GDPが増えた、ゆうことやな。

バブルのときはみんなが給与や所得が将来増えることを信じていたから、安心して消費していた。つまり限界消費性向が高かった。そしてさらに消費が増えていった。いまみたいに給料が上がらないと皆が思うとその逆になるわけ。で余計に景気が悪くなりまた給与が下がる。これがデフレスパイラル。

じゃんじゃん紙幣を刷ってお金回したらええやんという考え方もある。(いまのアメリカ。)しかし通貨供給量とインフレ率とは正の相関関係にあるから、そうなったらインフレになる。インフレになると消費性向が高くなる(きょう買えたものが値上げで明日買えなくなるから)から、またインフレが加速する。

インフレ率を政府が管理してある程度のインフレで消費の拡大を図る、ゆう論議はあるねん。インフレターゲット、略してインタゲいいます。しかし今の日本はインフレになると必然的に国債の利上げをせなアカンから、そうなると膨れ上がった国債の利回りの償還ができなくなり債務不履行を招く恐れもあるってことで日銀は積極的ではないのです。

震災の復興国債を日銀が直接引き受けする、いうニュースがこないだあったけど、与謝野さんは言下に否定してたな。中央銀行の国際引き受けはすなわち通貨供給量の増加やからな。第一次大戦後のドイツ(ワイマール共和国)がそれをやって超インフレを招いた。

毎日物価がすごい勢いで上がるから、切手の額面改定発行が間に合わず百万マルクとか印刷してたん世界史の教科書に載ってたやろ。
http://www1.plala.or.jp/stein/post_de/ReichI/Hochinflation/index.html

ワシ、この切手持ってるねん。記事にしようかなと思ってるけどスキャナがないねん。と暇な居酒屋主人の怪しげな講義でした・・・。ヒマやから思い切り書いたった。

たしかにブログup少ないな〜。デフレやな。

ワシはupするで。客がけーへんねんけどな(涙)。
Posted by でんすけ at 2011年03月28日 22:25
でんすけさん、こんばんは。
ここ何年間か、PBを最後まで読み終えたことがありません。
小説を読む習慣がないというのも、原因の1つだとは思っています。
英語で読むのは、新聞、The Economist、National Geographic、Scientific
Americanなどの雑誌です。

経済に関しては、MPCや乗数効果などは日経の経済教室コーナーで覚えた記憶があります。

自分は経済にはまったく素人ですが、日本の借金はソフトランディンが不可能な地点まできているとは思っています。
インフレ以外に方法はないように思えますが。
インフレになると、国債の利回りも上がるから避けたい。
だけど、国の借金を実質的に減らし、年金や各種社会保障費の支払いを減らすにはインフレ以外に方法はないと思います。
日本は円建て国債なのだから円を刷ってそれで借金を返せば借金は減るし、一石二鳥だと思うのですが。
国債の利回りが上がっても、それ以上にインフレが進めばいいわけだし。
どのみちこのままいけば、国債を国内資金で賄うことは不可能になるし、外国の投資家がいまの利回りで日本国債を買ってくれるとはとても思えません。
いまの年金や社会保障のやりくりをしながら借金をまともに返そうなんて無理なのだと思います。

IMFには、日本が財政破綻した場合に備えてその救済策のシナリオがすでにできているという話を聞いたことがあります。
その中には、公務員の給料を一律20%カット、年金支給年齢の大幅繰り上げやカット、消費税20%などの案が含まれているとか。
どの政党が政権をとっても、実現不可能な政策ばかりです。

アジア通貨危機のときに、韓国がIMFの管理下に置かれてそれでうまくいったように、日本も一度IMFの管理下におかれた方がいいのかもしれません。
だけど、そうなったら日本もアメリカみたいになって、各種規制は撤廃され、国内市場も開放され、競争は激しくなり、貧富の格差の激しい社会になるのでしょうね。
日本は自殺者が多いとよく言うけれど、韓国はもっと多いはずです。
それだけ、格差も競争も熾烈な社会なのでしょうけれど。
あのサムソンでさえ、社員の平均在職期間が7年くらいだそうですから。
まあ、こういう状況になっても、国と金持ちと少数の大企業だけは得をするのでしょうね。競争に勝ち抜ける技量のある人には望ましい社会かも。
一番損をするのはやっぱり一般の生活者。

以上、経済のど素人の素朴な予測でした。
暗い予測ではありますが、こうした事態に備えて準備をしておく必要があるとは思っています。

追伸
1905年に日本がロシアと戦争するための資金を、外資建ての国債を発行して、その返済が1980年代になってようやく終わったという話を聞いたことがあります。
戦争に負けて海外領土を全部失って国が焼け野原になっても、国際金融機関に借りた借金だけは残るんですね。
恐ろしい話だとは思いました。ユダヤ人があれだけ憎まれた理由もわかるような気がしました。
Posted by sigeru at 2011年03月29日 18:56
sigeruさん、コメントありがとうございます。

どうも自分の場合、硬めの文章苦手なのですね・・・。
ナショジオは好きなのですが、近所では手に入らないのですし。小説はストーリーが面白ければ英語を読んでることを意識せずに進められるのでラクチンです。

昨年、国税局主催の「税経セミナー」にいったのですが消費税の上げは近い将来不可避、というより既定路線に入っていてそれをどれほどにするのか?つうのが問題らしいです。なんといっても社会保障費の増大がどうにもならない。社会保障と税負担はつまるところ国民の意思によると思うのですが、この論点ではあまり論じられませんね。

年金はいま50歳の自分たちで、支払ってきた分にちょぼちょぼ〜やや少ない、40歳くらいなら損という試算らしいです。はあああ(汗)。定年後、どうなるんだろうなあ・・・。

たしかに今の財政は詰んでるっぽいですね。ちょぼちょぼ公務員を少なくしてもどうにもならないのですが、それで目先をかわそうとしてるような。だいいち消費税を上げると課税捕捉にそのぶん国税職員が要るのですが・・・(笑)。財源の地方移譲が実施されてますが、あれは所得税等直接税は地方に、国税は消費税中心でやっていくという側面もあるらしいです。

経済格差は・・・。日本が戦後奇跡的な復興を遂げたのは農地解放等の強制的な富の再分配が行われたことがいちばん大きかったのでは?と思っています。結果、農村部は保守化し長期政権の礎となり、持続的な経済政策が可能となった。しょせん資源もなく人口が多い国ですから、なにか所得再分配の方策を取らないと経済のダイナミズムが失われると思うのですが・・・。

自分はあと25年くらい生きるでしょうから、その間なんとかもってくれんかな〜と自分勝手に祈っています(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年03月30日 05:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。