2011年03月05日

ひとはどこで英語に挫折するのか(その1)

Nelson Demille " The Gate House"、読み始めた。先週ジュンクにいったときに買った。1000円くらい。
the-gate-house.jpg


ネルソン・デミルは十数年前に「ゴールド・コースト」ってのを翻訳で読んだ。マフィアのドンが隣人になって、という話だったと思うけどあんまり憶えてないな。" The Gate House"はその続編になるらしいんだけど、主人公が弁護士でロング・アイランドに住んでて、離婚後ヨットを買って世界中を放浪していたって設定がなんか想像でけん。海外の金持ちってとんでもないな、とか。日本でそんなのいるんかいな?ただワシが知らんだけかもしれんが。

英文は平易。すごく読みやすくて、あまり集中してない状態でも50pくらい楽に進んだ。しかしどれくらいボリュームあるんかいなと見てみたら900p弱あるがな。フォントでかいし改行が多いし実質はさほどでもないように思えるけど、やはり時間がかかりそう。3月中に読み終えることが目標。

さて、PBや英字新聞を読んでると、なにかすごい英語力の持ち主と思われる傾向があるみたいだ。実質ヨレヨレやけどな。

「どうやったら読めるようになるんですか」
なんでもよいから読んでるうちに読めるようになるデ。

「スピード・ラー○ン○ってどうでしょう」
知らん。やったことないし、興味もない。そんな金あるんやったら、DailyYomiuriを1年取って読んだほうがよほど安くて力がつくんやないかな。リーディングでけん人がリスニングできるわけないヤロ、と。

Webページを見るたびにそこらじゅうで、「英語をあきらめた人が」うんぬんかんぬんという広告を見るけど、いったいどのへんでひとは英語をあきらめるのか。英字新聞のヘッドラインの意味すら、さっぱりわからんひとが「あきらめる」ということ自体がなんか妙な気がする。それとも英字新聞のヘッドラインなんかあんまり見ることないんかな。

あれかな。映画や海外ドラマ見て「ああ〜さっぱりわからん」で「あきらめた」になるんかな。それやったらワシなんか「あきらめた」どころか「始まってもおらん」ような気がする。ワシに限らず、そこそこ英語かじった人なら日常会話がいちばん難しいって意見が一致すると思う。

なんというかinput量と自分の英語力との比較考量がうまくできてないような。別に厳しいこといってるわけでなく、ごくアタリマエな感想だと思うけど。

受験を経験して、難しい問題をクリアしてそこそこの大学にいったのにという思いがあるんかな。ワシが思うに、大学受験の英語って回転数は上がるけど排気量のないエンジンというかんじが。原チャリでも60kmくらいは楽に出るけど、それで何時間も走れるわけではない。エンジンが焼きつくのがオチ。

短期的にはそれでもいいし、時間に制約のある受験では致し方ないと思う。進化の方向には必然性があるのです。問題は、原チャリの排気量しかないのに、ある程度スピードでるから排気量があると思う錯覚ではないかと。ワシは受験英語を否定してるわけではなくて、せっかく手に入れた回転数をどれだけ長く持続できるかというアプローチのほうがよほど健全やと思うねんけどな。排気量をデカクする=英語に触れる量を多くするという超単純な発想であります。少なくともワシはそれでいまんとこ上手いこといってる。

自己の英語にえらく否定的になって過度にストイックになったり、いうところの実用英語と学校英語とが完全なトレード・オフ関係にあるような思考法だったり、極端すぎる。学校英語に弱点があるのなら、それを補強する方向でいけばいいのにな〜。と50近くなって英語をやり直したワシは思うわけです。これはまあ、難しい問題なのでまた機会があれば。


昨日、「国際化研修コース」参加者募集つう回覧があった。東京の施設で外国語(まあたぶん英語だけだろうけど)を通じグローバルなセンスを養う、つう趣旨です。会社から一人は行けるんやろな。ワシとかは年齢行き過ぎていてお呼びでないんだけど、選考基準がTOEICだった。あらま。ウチの会社はワシが若い頃は英語の基準はTOEFLだったんだけどな。外国の大学に留学させてもらうんだから当たり前なんだけど、TOEICについにとって代わられたみたいだ。

で、選考基準は「TOEIC600以上」。甘すぎやないんか。800以上とかにしたら対象が極端に少なくなるからだと思う。だいいち、ワシも無理である(シクシク)。もし、申し込んだらどうなるんやろう?(いちおう年齢制限はない)と思いましたの。門前払いかな(笑)。


posted by デンスケ at 22:44| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっはよ。宅間 伸さん!(爆)
昨日のブログの流れで、sigeruさんが「エルメス」のかばん持ってはるの、すごい思ったね。。。
うちのぱぱはもってへん。

私は持ってるで(←ちょっと自慢)でも、全部皮の100まんくらいするやつちゃうで。でも大卒の初月給くらいした(爆)
この間本屋で立ち読みしてたら、数々の英語学習教材を、英語を教えるプロ達が精査してランキングだしとったがな。コストパフォーマンス、効果、さまざまな観点から。
そしたら、第一位は「ラジオ講座」やったぞ!!
で、ワースト1が「スピードラー○○グ」やった(爆)
あれでは話できんらしい。応用ができんって酷評やった。

そうそう。上のブログで
「大学受験の英語って回転数は上がるけど排気量のないエンジン」

たしかに。おもうのだが、その「大学受験の英語」は原チャリの枠とエンジンを作るような気がするのや。。どんだけの受験英語をやるかっていうのは別として、あまりにも文法も単語もわからんようでは、エンジンさえできてへん状態で「走らん」ような。。。昨日の中学生で思ったが、何が何かわからんから、文が理解できん。。どうしたらいいのか状態。私がドイツ語勉強して挫折したのと同じや(爆)そう考えると、これが動作表現とか決まり(文法)を教えるしかないんかなとおもったり。

実用英語を学校がおしえるんやったらいいけどな。。学校にいるかぎり、大学受験ってのがつきまわるし。。。大学入試内容がまさに実用英語、たとえばTOEICや英検、TOEFLのような内容やったらどうやろ。。でも最近そんな内容になりつつあるみたいや。。センター試験の内容も「今チック」やったで。

排気量上げるにはたしかに「量」がいるよね。。一級チャレンジしてそう思いました。。。

国際化研修? 年齢制限ないんなら、でんすけさん、応募しーや。

そこらへんの「あきらめた50代」ちゃうやん。
まだまだいけるとおおうけど。

それで無料の英語のレッスンうけたと思って。
「刺激」料金や(爆)

ほなな。昼前から 英会話いくねん。一時間、話もたんから、ひなまつり関連と、自分は行ってない、ぱぱと娘が行った金沢の「兼六園」と「金沢城」のパンフもって行って説明してみようかと(爆)地図も持って行って(爆)


がんばるわ(にぎりこぶし)

ほなな〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年03月06日 09:30
おはようさん、大阪の主婦さん。(誤変換しておお盛んな主婦さんになった。なにがや?)

ブランド物は何も持ってないな〜。あ、「カルチェの小銭入れ」あったけど、どこいったんかな・・・。若いおねーちゃんに貰ってんで。エエヤロ(笑)。飲み屋とちゃうで。

学校英語が目指すのは、まさしく「エンジンの祖形」でええと思うねんけどね。それにコミニケーションだの発信能力だの筋違いなことをいうからおかしくなる。発信能力をつけるにはそれなりのinputがないとでけんはずやけどな〜。

誰やったかな、「中学校でもっと単語教えないと話にならん」って書いててなるほどな〜と思ったり。いきつくとこ、「英語は必要ある人だけやればよい」論議になりそうやけど、それもどうかな、と思うねん。マジメにやりさえすれば、誰でもできる(少なくともワシくらいには。ワシが英語できるかどうかは別問題として)ねんけどな。

国際化研修は同じようなので「経理実務研修」いうのをかなりマジメに狙ってるから、仕事に関係ないのはパス。関係ないところから応募しても「いまの仕事をかんがえとんのかコルァ」ってなりかねんからね。なんとかあと10年食べていかなアカンし(笑)。

休みやけど、チビダックスも相手してくれへんし(涙)cafeでPBでも読むわ。なかなか快調に読めるのでオモロイ。英会話がんばってな。あとでまたどうやったかのぞきにいくわ。

んじゃね〜♪


Posted by でんすけ at 2011年03月06日 11:21
こんばんわ、デンスケさん。

むうう・・人はどこで挫折するのか・・・
俺自身が何度か乗り越えてきた難題です。

英語の挫折には色々なパターンがある気がしますが、俺の挫折で一回勉強を投げ出して数ヶ月放置のパターンで言うと


@現実を悟った時
A誰にも聞けないので分からない部分を解決出来ない時
B英語学習に疑問を感じた時

がありました。




@は、「ああ・・・英語って本気で勉強しないと身に付かないんだなぁ」と悟った時と言いましょうか。
当時は「これさえやればペラペラ」と言った都市伝説を本気で信じてまして英語が話せる人は、留学してた、とか、英会話教室に行ってる、とか聞くと妙に納得してました。
また「読めなくても書けなくても良いから話せるようになりたい」なんてリアルに考えてたくらいですから、当時の俺がスピードラーニ○グを見たら間違いなく買ったでしょうね。
業者の良い金蔓になりそこねた可能性があります(笑)

Aは、独学してると質問して聞く人がいなかったせいもあり、そのまま放置。
結果、分からない事に分からない事が雪だるま式に積み重なり訳が分からなくなった時でしたね。
特にitとtoといった日本語に無い概念的な語の存在の理解に一番苦しんだのを覚えてます(今だに怪しい)


Bはもう単純に「何のために英語やってるんだろう」と疑問に感じた時でした。
何も辛い思いして学ぶ事ないのにな〜と何度も自問自答いましたが、何故続けてるのか今だ分からずです。


@は俺のみならず結構いると思いますね。
ただ、捨てっ放しでなくまた英語をやり直した点が自分はちょっと違うのかな、と思ったりします。


あとやはり英検1級に挫折する人もかなりいると思いますね(笑)
1級に敗れてTOEICに流れていって適当に誤魔化してる人かなりいる気がしますし。
俺も挫折しないようにしないと(笑)
Posted by Kaz at 2011年03月06日 18:59
こんばんわ、Kazさん。

自分は「あきらめたら」迷いがなくなって、特に苦しむことなくやってこれました。しかし、若いときにあきらめた代償は大きいですね。純粋に自分の楽しみにしか活かせませんから。まあそれはそれでいいのですが(笑)。

Kazさんは若いし、いろいろと煩悩(?)があると思いますが、やはり英語なしで逃げ切れそうな自分たちの世代とは違うと思いますので、ここで一歩も二歩もリードしてもらいたいものです。

自分は気楽にPB読んでるだけなので、挫折とかはあんまり考えたことないんですけどね(笑)。気楽でもあり、少しさびしいような複雑な気持ちです。
Posted by でんすけ at 2011年03月06日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。