2011年02月27日

英国王のスピーチとかcampyとか

「英国王のスピーチ」、昨日から封切りで、興味があったので観にいってきた。面白かったです。

かの「王位を賭けた恋」でエドワード八世が退位し、弟のジョージ六世が思いもかけず即位することになるのだけれど、彼には吃音癖があった。公の場で話すことはもとより、「ラジオ」という新時代の武器が登場し、君主は国民に直接話しかけることも求められるようになっていた。

市井の療法士の力を借り吃音克服に取り組むジョージ六世であったが、時はWWUの直前。イギリスがドイツに宣戦布告したことにより国王にはWar Time Speechという大仕事が待っていたー。

感動実話っつう奴ですが、ありがちな努力努力ってかんじではなく普通の人間が困難を克服してゆくという展開がよかったです。four letter words連発で、R指定受けてるんだとか。映画では説明されなかったけど、ジョージ六世は海軍にいたので、swearingはむしろお得意な部分だと何かで読んだことがあるな。

いまでこそ英語なんてその気になればイヤになるほど聞けるけど、ワシが高校生のときエリザベス女王が来日したとき、1975だったか。ホンマモンのクイーンズ・イングリッシュが聞けるとわくわくしてたのに、「同時通訳」が被ってなにもわからず。youtubeであのときの宮中晩餐会を探したけど見つからないなあ。残念。



hanka.jpg

歴史。山川の「図解日本史」をパラパラ眺めたけど、「仏像」が難関だ。どれもこれも「ホトケさん」で区別がつかない。やっとこさ「中宮寺半伽思惟像」だけ憶えた。最近の歴史の試験に出ていたような。ほかの「××寺××菩薩像」とかぜんぜんわかりません。「半伽思惟像」は半分脚を上げてるから分かるけど、これが上半身だけだったら・・・。しかし、分かりやすい特徴を発見。

世の中ゼニや・・・。タダ見はアカンで・・・。

zeni.jpg

口元の微笑を「「アルカイック・スマイル」つうらしいが、「腹黒そうな」ニヤニヤ笑いにしか見えない。
Japanese Grinって奴ですか。どうも仏像を鑑賞する素養に欠けている。

これくらい分かりやすければいいけど、正直他の仏像なんか見当もつかんな。阿修羅像くらいなもん。

どうしたもんかな、と思ってたら、みうらじゅんが「見仏記」って本を出してたのを思い出した。西宮北口のジュンクに買いにいったけど、在庫なし。なんの気なしに本棚見てたときはよく目にしたのに。マーフィーの法則」かい。ブックオフでも見当たらず。amazonでポチリか。

しかしみうらじゅんの本でガイド試験準備って・・・。なんでもええから憶えられたらそれでええねん、と強引に納得させる。どっかで手に入れないとイカンな。

英語は先日買っていた「ゴジラ」に関する本を少し読んだ。引用やら出典を明らかにしていて、どう見ても学術論文。いやはや、難しいって。"campy"って単語がやたら出てきて、調べてみたら「(古臭いけど)面白い、気になる」って意味だった。スーザン・ソンタグの「反解釈」にそういえば「キャンプ/非キャンプ」ってのがあったような。

youtubeでごそごそしてたら、これを見つけた。



エンケンとかのカヴァーはわりかし見つかるけど、オリジナルは貴重。音頭といっても豪快なR&B。野太いグルーヴ、とぼけたコール&レスポンス、冒頭のバリトンサックスの咆哮からリー・モーガン風のトランペットといい、まさしく"campy"ですな。

♪恋しているときゃ 素敵な眼 夢見ているときゃ優しい眼 (そーだよそーだよ)歌って踊ってスタミナつけて♪

すばらしい。カラオケナンバーにしようっと。
posted by デンスケ at 21:46| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
角川文庫の「見仏記」が本棚に残っていたので、ざっと見返してみましたが、基本、みうらじゅんの絵(と、いとうせいこうの文章)だけで、写真はないんですけど、大丈夫ですか(笑)。
Posted by 積読亭 at 2011年02月28日 00:05
積読亭さん、おはようございます。

写真、載ってないですか(汗)。絵があれば・・。
でも、みうらじゅんの絵柄ではなあ(笑)。

京都TVでやってた「TV見仏記」ってDVDもあるみたいなのでそれを使おうかな。探したけど、近くのTSUTSYAに在庫なし(涙)。わざわざ買うほどのもんでもないだろし、どうしようかなあ・・・。
Posted by でんすけ at 2011年02月28日 06:08
きたで〜。
この仏さん、でんすけさんのコメントで「品ドン下げ」ちゃうのん!(爆)

一発で覚えたわ。ありがとう。わすれへんわ。世の中ゼニ。。。。

きょうは雨でうっとおしいーねー。こちら今日はハードスケジュールにてドタバタ。洗濯物が外でかわかへんから家の中干したり大変や。ほなな〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2011年02月28日 11:54
大阪の主婦さん、こんにちわ。

いうても国宝やし、ワシ如きがゆうたところで応えまへんがな〜(笑)。しかし仏像見てもなんとも思わへんねん。興福寺の博物館行っても、「案外小さいやん」「実物はしょぼいな」とか罰当たりな感想ばっかりや。情操教育がなってなかったんやろな。歴史はこんなん憶えなアカンねんで。頭痛いわ。

切手のカタログ届いた。なかなかオモロイ。有名な切手憶えるだけで文化史やら名所旧跡はバッチリやで〜。案内士の勉強にはもってこいやと思うな〜。
Posted by でんすけ at 2011年02月28日 18:55
はじめまして。
でんすけさんと大阪の主婦さんのやりとりが面白くて、つい遊びに来てしまいました。

札幌の主婦ですが、3年くらい前に通訳ガイドの資格を取りました(でも使っていないです)。今は一級チャレンジャーです。

で、ちょっと気になったのですが、みうらじゅんの「見仏記」は、ガイド試験の勉強用にはあまりおススメではないなあ〜と思います。
面白いんですけど、あまりに個人的感想が多くて、一般向けではありません。

私が見てきた中では、「仏像のひみつ」(山本勉著、朝日出版社)が分かりやすくてよかったです。
国立博物館の学芸員が子供向けに書いた本ですが、大人が読んでも面白いし、ガイドトークにも使えるネタが満載です。読んで損はないと思いますので、よかったら、是非見てみてください。
Posted by 札幌の主婦 at 2011年03月02日 23:22
札幌の主婦さんへ

てっきり、ここによく登場するでんすけさんの友、または私の心の兄「anchorsong」さんが、「名前変えて来てるわ、ほんまひまなことしよんな〜」とコメントあけてみたら違う人でした。すみません。。

でんすけさんと私、ガイド試験チャレンジャーなので今後ともどうぞよろしく。

「ほらっ!!!!挨拶しなさい!!でんすけっ!お辞儀は!!」

もうすみません〜。恥ずかしがりやなもので〜。いつもは走り回ってうるさいくらい元気なんですよ、ほんと、もうね〜。。。


私のブログも今後ともよろしくね!
Posted by 大阪の主婦 at 2011年03月03日 10:01
札幌の主婦さん、はじめまして。

老眼なもので大阪の主婦さんのコメントかと思い、けさ見逃していました。

私の年下の母が上で謝っているとおりです。

さて、見仏記はすでに手に入れて読んでます。オモロイです。自分はなんとなく「一般人」ではないような気がするので、これはこれで役立ちそうです(笑)。

やっぱりガイドってまともな知識が必要ですよね・・・。
Posted by でんすけ at 2011年03月03日 21:43
大阪の主婦さん、こんばんわ。

フォロー、ありがとうございます。年下やけど、お母ちゃんみたいやわ。メロンパンナより後に生まれたロールパンナがお姉ちゃんの例もあり。できれば気にしないでください。

きょうは飲み会でいっぱい機嫌ですわ〜。寿司屋だったのですが、やはりオヤジとしてはみやげに寿司折ぶらさげて千鳥足で歩いて帰ってくるってのが正解なんでしょうか。そんなひと、見たことないけどな・・・。
Posted by でんすけ at 2011年03月03日 21:49
大阪の主婦さん、でんすけさん、
紛らわしいハンドルネームつけちゃって、すみません。
お返事うれしかったです。
見仏記、あれはあれで面白いのですよね。

ガイド試験って、基本の知識の上にプラスアルファがいくらあるかも問われるように思うので、自分の得意分野を思いっきり深く極めておくこともいいではと思います。

anchorsongさんとそんなに似てますかね。
ガイド資格保持で1級チャレンジャーで札幌在住か…。あんまりいないかな…。
こちらは3人の子持ちで、毎日あっぷあっぷですけどね。
大阪の主婦さんのブログにも今度遊びに行きますね!



Posted by 札幌の主婦 at 2011年03月03日 22:55
こんばんは、デンスケさん。

見仏記面白そうですね。あれに小樽の天狗神社も載っているのかしら。なにやら興味津津です。ちなみに鼻撫で天狗様は冬季は屋内に移動しています。みうらじゅんといえば、ブロンソンズを思いだしますね。ちなみに私のマイプームは禁煙と黒いパッチと靴下だけでするプロレスごっこです。

あぅあ、何書いてるんだろう…失礼しました。

かしこ
Posted by 札幌の主夫 at 2011年03月03日 23:36
おはようございます、札幌の主婦さん。

やや酒が残っていて気分悪ぅ。たいして呑んでないのに弱くなったなあ。

得意分野ねえ・・・。マンガとか(笑)。マンガは重要な日本文化ですし。しかしいわゆる「萌え」系にはまったく興味ない(アタリマエか)し、ややサブカル系に傾斜してるからな〜。

つまらないプラスアルファならけっこうあると思うのですが、なんせ英語力が追いつかず(涙)。いちばん大事なところが欠けてる気がします。

またよろしければ遊びにきてくださいね。
Posted by でんすけ at 2011年03月04日 06:47
おはようございます、Anchorsongさん。

禁煙もつつがなく継続されてるようでなによりです。
ま、このへんで一服いかが。― ~

Anchorsongさんはつねに「マイブーム」のひとではないかと思ってますが、いまは「プロレスごっご」ですか(汗)。「黒パッチ」は力道山みたいですね。子供のときプロレスのチャンピオンベルトに憧れたものですが、あれレプリカ売ってるんですね。しかもすんげえ高いし。でもちょっと欲しかったり(笑)。

で、誰とプロレスやってるんですか?ひとりで(スリーパーホールドとかかけられて)苦悶してる表情を浮かべてるとか、(ギブアップかと確認されて)「ノォー」とか首を振ってるとか、まさか・・・。
Posted by でんすけ at 2011年03月04日 06:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。