2011年02月25日

S君との会話(英検読解のコツ)

きょうは英検1級チャレンジ中の会社の後輩、S君とふたりで呑み。S君は日本でたぶん2番目にカシコイ大学を(大学院だったか)出て、ウチの会社に最優秀で入った俊英である。しかしワシは1級さん。S君はまだシンエモンか将軍様である。(例えが古すぎてわからない場合はご勘弁。)というわけで、エラそーに能書きたれるのも今のうち。いまんとここだけを見ると今出川>百万遍(笑)。

S君は原書で英語の小説を読みたいというモチベーションがワシと共通してる。興味が共通してるので話しやすい。英語を大学出てからやり直しチャレンジ中。生意気なことに、いきなり1級受験。ワシでも準1級経由したぞ。「単語問題がさっぱりわかりません」と泣きが入っていたが、それも修行のウチである。精進したまえと(いえるうちに)ゆうてやった(笑)。

しかしS君は英検1級初挑戦で読解パートは満点である。いうては悪いが、その単語力でよく読解満点取れたなと感心する。ワシはかねがね読解で点数を稼ぐのは単語・英語力以外の要素が必要ではないのか?と思っていたのだがそれを裏付けるサンプルである。

で、なんでそんな読解パートで点を取れたんかね?と訊ねた。

回答。

「自分が正しいと思う答えを選ぶと間違える」
大事なことなので、フォントを強調して置いた。

自分が正しいと思うから選ぶんだろ、というのはアタリマエな疑問であるがそういうことではなく、自分の思いを排除して論理的に本文と矛盾しない選択肢を選ぶのがコツ。しごく当然のことなのだけど、これは英語力とは異なるフィールドの能力が要求されると思う。情緒性を排除して、論理的に矛盾のない選択肢を見極められるスキルだな。で、もうひとつ。

「読解問題はパズルです」

けだし、名言である。前提条件をよく理解して、順序に従って本文に「書いてある」答えを選べばよいということ。

このへんを押えておくと、読解問題の正解を選ぶのは(英検1級を受けるレベルの英語力ならば)簡単である、と。

論理パズルやんなあ、とワシが言うとそのとおりだというので、わが意を強くした。であるから、ワシは論理パズルの本をエントリで紹介したりしたのだ。十分すぎる英語力を持ちながら、読解で点の伸びないひとはどのへんが矛盾してるのか、たとえば集合の考えを援用(えらそうに書いてるけど、図解にしてみるとか問題を単純化・抽象化)してみてどこが違うのか考えてみるというのがええんでは?と愚考する。

ちょっとひいて考えるのがコツ。

これは前のブログで書いたことがあるのだけれど、こういうパズルがある。
「Aさんは子供がふたりいる。ひとりは男の子。ではもうひとりが女の子の確率は?」
(注:双子ではない)



んなもん、1/2に決まってるヤロとアプリオリに考えたひとは不正解です。
ふたりきょうだいの組み合わせは、
(男、男)、(男、女)、(女、男)、(女、女)の4通り。ひとりは男の子が分かってるから、(女、女)は排除。残る組み合わせは3通り、そのうち女が含まれてるのは2通りなので答えは2/3。
自分の思い込みを排して、べったり考えることが必要。

読解は点を取れるとぐんと1次突破が近くなる。ワシなんかそれプラス単語だけである。

読解で点が取れないとお嘆きの貴兄(貴女)に。点数が取れないのは英語力の不足だと思い勝ちだけど、案外そういう部分が大きいと思う。TOEIC765点でも英検1級受かったワシがいうから、むしろ説得力がありそうな気がするのだが・・・。

英検は英語力のひとつの指針ではあっても、英語力を担保してくれるものではない。しかし厳然として資格試験なんだから、

「取ったもんがち」
でもある。このエントリが少しでもチャレンジャーの一助となれば・・・。
posted by デンスケ at 23:19| Comment(8) | 役に立つのか立たないのか英検関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でんすけさん、おはようです

Sさんってすごいですね
目からウロコです
世間には色んな人がいるんだなぁ・・・
Posted by at 2011年02月26日 04:09
でんすけさん、おはようございます。

参考になりました。
Posted by きんちゃん at 2011年02月26日 05:59
おはようございます。

読解は自分もだいたいこのとおり得点したので、わが意を得たり、です。しかし単語で苦労してるみたいで、そう簡単にはいかんで、(フフフ←根性悪い)と内心思ってたりします(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年02月26日 07:29
きんちゃん(さん)、おはようございます。

きんちゃんは理系だから、ちょっとひいて考えれば読解は点数いけると思いますよ。英検の読解は背景知識ないと読むのに苦労するようなのが多いですが、読解の選択肢を選ぶのはそういうのがなくてもいけるように工夫してる気もします。
Posted by でんすけ at 2011年02月26日 07:33
ううむ。うならせますな。師匠。

その論理的思考トレーニングというか、選択しをどういうふうに考えて排除するかっていう

「思考がない」場合は。。。。できるように訓練、誰かしてもらいたい。。

てことで、今後退職したら、英検塾どうでしょう?(爆)あらゆるレベルにその思考は役に立つんだとおもいます。。。
ただ、そういう思考になれるのも「賢い」からかも。。。。。。。

地図も、位置もなんかどうもわからん、頭にはいらん、これはそういう思考をする頭脳をもってないのかも。。とおもいました(涙)いや、訓練してないだけだと思いたい(泣)

今日はしっかりコメントや!!!
電柱にする犬のおしっこちゃうで〜!!!!!!!!!!(爆)

ほなな〜。(笑)
Posted by 大阪の主婦 at 2011年02月26日 08:26
きたで~(違うか)

読解と作文でどうにか来ちゃった私です。(読解18/20、作文20/28)
でんすけさんやS君さんの意見に激しく同意。
英検の選択肢って、だいたい2つの文章で成り立っていて、「これは前半は正しいけど後半は間違い」とか「これは前半は間違ってるけど、後半はあってる」とかやっていくと、一つに絞られるんですよね。(本番は一つだけ絞り切れなかったものがあって、それを間違えた)
これって論理パズルというのですか?
私のオススメの方法としては、「問題を日本語で読んで解いてみる」です。
これで解けない場合は、英語の問題じゃなく、国語力の問題…と思っているのですが、どうでしょうか。

それにしてもS君、さすがですね。
初回で満点はすごいです。

Posted by あっこ at 2011年02月26日 08:54
おお、えらい朝早いですな、AB型は変人やないの?と主張するB型の大阪の主婦さん。

ワシはAB型なので、「AB型=変人」という主婦さんの仮定は帰納的に否定されたわけです。わかるかな?これが「論理的思考」や。

地図な。主婦さん、単語は形で憶えるゆうてたやん。地図もおんなじやで。たとえば斧の形してたら青森県。カブトムシの頭みたいなんは、愛知県。バターを思い出したら北海道や。

それで、例えば鹿児島県の形を見たら、
・サツマイモ
・桜島
・西郷隆盛、大久保利通
・砂風呂
とかキーワードを思い出したらええねん。わからんかったら、ドラえもんのゲームで復習や。

パパさんもそういうの強いみたいやし、訊いてみたらええねん。

そういえば昨日、AKBの誰かが「マラソンの35.195km」とかゆうてて、それを聞いたヨメハン、えらそうに「アホちゃうか」ゆうてた。

直後に、「グローバル」ってどういう意味?って訊いてきたな・・・。globeは地球やから、全世界的ないう意味やと答えて、ついでに"hemisphere"は「半球」やから憶えとけ、ゆうたった。きっと憶えんやろな・・・。

Posted by でんすけ at 2011年02月26日 09:13
おはようさんやで、あっこさん。

おお、あっこさんも読解で点を稼ぎましたか。あれ、考え方ですよね〜。しかし、「早く正確に読めば」点を稼げるとはいえ、まさしくそれが問われてるのでやっぱりよく考えてるなあ〜と。

ワシは本好きなのに高校生のとき「現国」が苦手でね。解き方のコツという参考書があったので読んでみたら、あっという間に得意科目になったことあります。まさしくここに書いてることが書いてあった。

「次のうち正しいものを選べ」で、自分が考えてることと近いのを選んじゃうんやね。さいしょ準1の過去問の読解で間違えが多かったから、なんでやねんと考えたら、「現国」と同じことやった。で、準1〜1級でPart2,Part3は点を落とさなかったな。

いわゆる国語力つうか、「自分がどう思うかはともかく、相手のいうてることを正しく把握する」のが大前提やね〜。

S君はそのうち通るやろけど、「2次がまた楽しいねんで、へへへ」とゆうときました(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年02月26日 09:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。