2011年01月13日

ことしの目標

全国で「タイガーマスク」運動がひろがってるとかニュースでやってるけど、正しくは「伊達直人」運動だな。最初の人の本名だったら面白いのに。「伊達直人」を名乗るのであればハンチング帽にトレンチコートは必須であると思われるが、どうか。

しかし40代半ば以上の男性世代に梶原一騎が及ぼした深甚たる影響を改めて思い知らされたのであった。「坂本竜馬はドブの中で前のめりになって死んだ」「力道山はゴングで殴られて目玉が飛び出たがすぐに押し込んで事なきを得た」「ジャイアント馬場はグレート・ゼブラだった」とか怪しげな話が信じられているんである。「ホラは大真面目にいうべきである」という教訓をワシは学んだの。

さて、いまごろになってことしの目標である。

え〜忘れてたんだけど「通訳案内士試験」を受けるのであった。心配性の大阪の主婦さんがいまから勉強始めなきゃ、とおっしゃってたのでワシも心配になってきた。GWあたりから始めようかなと思ってたのだけど、そうなると実際にやるのは梅雨明けくらいだろうな。空梅雨で梅雨明けがはっきりしなければ始められんかもしれんな。はは。笑ってる場合ではない。1年に一回しかないのだから。

早くに始めるのはいいことだけど、そうすると「受けるころには忘れてる」心配があるな。困ったもんだ。とかいってなかなか始めない。まだまだ→そろそろか、でもまだ→ちとヤバイがやる気しない→ここまできたらいっそやらないほうが男らしい、となるのは見えた話だ。「男らしい」ってなんやねん(笑)。

昨年は歴史から始めて室町時代くらいまでやってそこで終わり。しかし室町時代までの歴史ってほぼ関西中心だな。史跡めぐりをして実際に見たら憶えやすいような。そこでガイドのシミュレーションも(心の中で)やってみる。どないや。関西は5000円で3日私鉄乗り放題というチケットを発売してたりするので、京都・奈良もこれを利用したい。京都とかは車で行くと却って不便だたりするからなあ。

先日、会社の妙齢の女性が「京都に遊びに行くからおいしいとこ教えて」と訊いてきた。たしかに大学は京都だったが、大昔だしメシはやっすいとこばっかりしか知らん。
「河原町に『太陽軒』いう冷やし中華発祥の店があるで」
「季節が違うでしょ」
「一乗寺に『白水』いう店があったけどまだあるんかなあ」
「なにがあるんですか」
「モヤシ炒め専門店やねん。モヤシだけのは確か80円くらい。卵入りは50円プラス、一食200円以下であそこがいちばん安かったな」
「別に安くなくてもいいんです、だいいちなんで京都まで行ってモヤシ食べなアカンのですか?原価やっすいのに」
「そないいうても京都の名物って原価安いんのばっかりやん。豆腐とか湯葉とか漬物とか。ロケーションで騙されるけど、ビンボ臭いんばっかりやないか。高くても季節にあったのゆうたら『大市』のすっぽんか?めちゃ高いらしいで。見た目、ただの『亀』みたいらしいけど」
「・・・・」

訊く相手が悪い。ワシらは「王将より安い」店を探すのに必死だったのだ。まあワシは自宅生だったからそんなにでもなかったけど。一時友人がガッコに来なくなってどないしたんや、と心配してたら「バス代がなくなった」から来なかったらしい。いまはヨ××マゴムでエライさんになってるみたいだけど。まあ昔はのんびりしてましたな。

いまでもやってるのかどうか知らないけど、王将は餃子のタダ券をよく大学の近所で配ってた。京都市内の各店舗のが一枚ずつ入ってた。下宿生はおおむね上京区と左京区に多かったから、このへんのタダ券は価値が高かった。修学院あたりの1枚が円町あたりの3枚と交換されてるのを目撃して、ワシは経済学の基礎を学んだのであった。

この週末はセンター試験なのに大荒れの予想で、心配ですね。英検は次の週だったか?

ワシが大学受験した年は厳冬で、かなり寒かったらしい。そういえば立命館受検したとき、京都市内は積雪で試験開始が遅れた。「こんなとこ来れるか、けっ」とか思った。別に立命の責任ではないが。関学は受験会場に暖房もなく、死ぬほど寒く泣きそうだった。その点関大と同志社はよかったな。暖かくて、寝そうやった・・・。

で、いつから始める?案内士試験準備。


posted by デンスケ at 07:44| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんでGWではじめようとおもったら梅雨明けになんのお!!!おそすぎやん!!

テキストをな。一回通読し、もう一回くらい見直すかと考えたら、ちびちびやらなすすまん気がするわけ。。7月8月は子供がずっと家にいるから夜の一時間あるかないかを、英語学習、ガイド試験勉強と二つはやろうかと。。英語学習抜けたら自分の本来の趣旨からはずれるやん。。なんかガイド試験は「おまけ」やねん。。まあ直前では試験勉強で手一杯やろけど、PBとか読んでいきたいしね。
で、植田先生の本(コレクターのようにあるから使わないともったいない)、なんか過去問題集、なんか白地図、歴史の教科書?そんなところを見とくかと。。でんすけさんみたいにでかけて実地で覚えるっちゅうのができんしね。。問題は当日、試験会場にいけるのかっちゅう話。試験を受けるのより、会場まで行くことのほうが嫌で不安を仰ぐわ(爆)

私の計画では、今年、でんすけさんと一緒に受け、私は落ちて、でんすけさんは受かる。で、12月の口答試験など、でんすけさんに先にいってもらい、次年度のための情報を戴く。。。という設定やな。(爆)

なので、準備期間は長いけど、一次通過するというモチベは非常に低い(笑)

でんすけさん、たのんだで〜。

来週センターか。。。。
教員最後の年(春に退職、結婚がきまっていた)
担任のクラスのほぼ全員がセンター受けたので、試験会場「香川大学」の正門で寒い中生徒を待ち、テストが終わるたび、なきそうになって出てくる生徒の数名を叱咤激励しまた試験に向かわせたのを思い出した。

他人のことはえらそうに「大丈夫、まだ挽回できる」などといえるのだが、自分のこととなると、


無理〜。。。。。もうあかん。。。。。。。がくっ。
と下向きやからな(爆)

てことで、
またな〜!!!!!!
Posted by 大阪の主婦 at 2011年01月13日 08:34
こんばんわ、大阪の主婦さん。

主婦さん、元教員やもんな〜。「学校出てからまた学校に入った」奇特な人やん(笑)。勉強嫌いがスケジュールに遅れるのはデフォルトやで。ワシは勉強嫌いやし、だいいち英語にしたところでPBなんかはっきりいって「趣味の世界」やし。あるかないかのやる気をいかにして持続させて受験にまでもっていくんが、一大関心事やねん(笑)。

主婦さんの場合はぱぱっと詰め込みでけへんのはつらいな。その分、ワシがブログにupするわ。どこまで続くかギモンやけど(笑)。しかし「マジメにやる」主婦さんが邦文通って、ワシが落ちるいうのは十分ありうるって。

この間、男性陣はあまり「実ビジ」に興味なさそうという話があったけど、(少なくとも自分の知る範囲では)男性の場合はワリと自分のやり方にこだわりがあるというか、凝り性ですね。(学者:某積読亭さん、職人:某Anchorsongさん、暇人:某ワシ)ってかんじです。女性はその点テキストとかに素直に接してる気がします。

でもね、主婦さん、若いもんな。(若くないとかいわれたらワシの立場がない。)失礼ながらあせるほど若くもないけど、あせるほど歳はいってないって気がします。いまは大変だろうけど、近い将来英語力が活かせると思います。それまでやっていかなしゃあないね。

ワシの場合、他人に教えるってことができないんですよ。このあいだTipsの記事書いていて痛感した。すごく感覚的な理解だし、うまくいえない。自分なりに英文への接し方の決着はついてるねんけどな〜。すごく歯がゆい。

専門学校はおろか、参考書すらやらなかった、持ってるのは辞書とi-podだけという自分でも一級通ったしね。ワシがえらいんじゃなくてやり方が間違えてなかっただけと思うけど、他の方に汎用性があるかいうたらギモンでね・・・。

ワシはセンター試験どころか共通一次すらなかった世代やけど、先生そんな優しくなかったで(笑)。KG受けた帰り家まで歩いて帰って(下り坂なんでラクチン)、途中で高校に寄って「センセ〜あかんかったわ」「そらそやろ、現役で3人しか通らへんから気を落とすな」と変な慰め方されました(笑)。経済学部通って報告したら、真剣な顔で「あそこは3人やから、通るべき奴が落ちるからおかしい、計算があわん」と真顔で言われました(怒)。

ワシらの世代は先生いうのはやはり仰ぎ見る存在やったんかもね。なんかダラダラ書いたけど、ガンバロな〜。

Posted by でんすけ at 2011年01月13日 20:30
でんすけさんだったら、通訳案内士試験は免除なしの正規受験というのはどうでしょうか?

英検1級免除での受験では一次試験よりも二次試験の方が難しいと思います。
一次試験はするっと通過して、二次試験に重点を置いた方がよいと思います。
日本地理、歴史および一般常識は全受験者(外国人受験者も含む)の平均点を取れば合格です。
Posted by きんちゃん at 2011年01月13日 21:09
おはようございます、きんちゃん。

免除なし受験なんて、んな(笑)。1級取れたから受験を考えてるだけなので、そもそも前提が。なんか志が低いですけど、せっかく取っても何の役にも立ってない英検ですからできるだけ利用したいな、いうのが本音なんです。

しかし全受験者の平均点いうのがクセモノのような。6割くらいでいけるんかな〜。2010年度の問題プリントアウトしたので週末にやってみます。
Posted by でんすけ at 2011年01月14日 07:07
でんすけさん、こんばんは。
坂本竜馬の話は、たしか巨人の星でしたね。
自分としては、「ハレンチ学園」や「天才バカボン」などの方が好きだったんですが。

王将の餃子のタダ券は、東京でも配っていたのでよくお世話になりました。
白ごはんと餃子のタダ券で100円で食事をすましたこともありました。
まあ、わたしの大学の学食ではカレーが100円だったのでたいした違いはなかったのですが。
たまに、マラソンの瀬古選手とも出くわして、あんなハードなスポーツなのにこんなカレーを喰っていたら試合には勝てないだろうなとも思っていました。

わたしが東京で受験したときも、路面は凍結しておりとても寒かったという記憶があります。

自分はまったく歴史は苦手なので、もうそれだけで「通訳案内士試験」は無理ですね。
Posted by reg at 2011年01月14日 20:41
英検よりも通訳案内士の方が使えますよね。
なんといっても、国家試験でっすから。

さて、日本地理、歴史および一般常識は、平均点60点を目指して問題が作成されており、60点を取ったら合格は間違いなしです。
しかし、平均点が60点に達しなかったときは、調整があります。
今まで、難しかった科目で50点台や40点台でも合格されている方がいらっしゃいます。
私もその一人ですが。
これは、あくまでも自己採点ですが。

参考に、JNTO発表の通訳案内士試験ガイドラインをご覧になってください。
http://www.jnto.go.jp/jpn/downloads/guideline.pdf
Posted by きんちゃん at 2011年01月14日 21:31
おはようございます、regさん。

昨晩は新年会でした。インド料理だったのですがナンを食べ過ぎて胃にもたれてます。昨今の飲み会はあまり飲まないですね、みんな。パクパク食べて終わり。

自分は梶原一騎のマンガ好きで、かなり読んでます。座右の書は「ジャイアント台風」ですね(笑)。

王将ってずいぶん前から東京進出してたのですね。京都のローカルだったと思ってた。確か1号店は四条大宮だったような・・・。しかし学食カレー、安いですね。瀬古さんは「カレー」が好きなんでは(笑)?SBに就職したし(笑)。

ことしは寒い冬になりそうですね。もうスキーもしないし、暖かくてもいいんだけどなあ(笑)。
Posted by でんすけ at 2011年01月15日 06:05
おはようございます、きんちゃん。

英検はただの民間資格ですし(笑)。英語が第2公用語にでもなれば国家認定の語学力測定テストでもできるんでしょうが、それはそれで鬱陶しいような。

歴史、地理はなんとかなるかなと思ってますが一般教養が・・・時事に疎いもんで。しかし公開されてる問題、「著作権の関係で写真掲示できない」って・・・。なかなかのお役所仕事で感心します。答え横にデカデカ書いてるし。

とりあえず一次通らないとなんも始まらないわけで、2次ダメでも来年またあるし。つらつら考えましたが、やはり春からですね〜、勉強。
Posted by でんすけ at 2011年01月15日 06:14
CELのページに掲載の過去問には写真等が載っています。そちらをご覧になった方がよいです。
回答も問題用紙に書かれていません。
URLはここです。→http://www.cel-eigo.com/exam/guide_info.html#anchor

大阪の主婦さんにも言いましたが、
一般常識は独学では対策が取りにくいのでCELの一般常識のみを通信受講することを勧めています。(初受講で一般常識だけ受講できるか確認します)
これら3科目は中学校レベルと聞いています。
Posted by きんちゃん at 2011年01月15日 07:52
きんちゃん、ありがとう!

さっそくやってみました(2010だけ)が、案の定時事がボロボロでした・・・。おっしゃるように、一般常識は勉強しにくいですね。これだけ考えようかな〜。

しかし社会人でありながらまったく時事に疎いとは、恥ずかしい限りで。しかし数字なんて憶えられんな〜。
Posted by でんすけ at 2011年01月15日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。