2010年12月28日

(いちおう)ことしを振り返って

みなさんコンバンワ。年末といえちょっと休みがある程度やんか、年が代わったとて、さほど変化のあるモンやなし。とおかきを齧ってたらAnchorsongさんと大阪の主婦さんに丁重なご挨拶をされてフガフガ返答したような次第でございます。

そうやな、ことしな。英検1級通ったな。快挙だ。むしろ怪挙といったほうがええような。受けてたときは正直あんまり考えなかったんだけど、いまから考えるとよく通ったもんだと思う。

しかし1級通ったからといってワシの生活にはまったく変わりがない。せいぜい会社で「英検1級やぞ、偉いヤロ」「で、英語喋れるんですか」「いやまったく」という笑い話のネタになる程度であります。まあこれからもボチボチPBは読んでいきたいなと。1年近く経つと、もう当時の熱気は醒め、冷静に自己の至らなさに日々反省は・・・してないな。情けないとは思うけど。まあそんなもんです。

そうやな、あとは・・・老眼がまたもや進行したことか。「もう・・・アカン」と嘆きたくなります。景気悪いな。しかし誰か若い恋人でもできれば・・・ドサクサ紛れに何をいうかわからんの。

この間買ったDenis Johnsonはまったく憶えていなかったけど、"Jesus'Son"の作者だった。この本、ちょっと読みたくて一時探したのだけど、Amazonでも入手困難なのであきらめてそれきりだったのだ。麻薬中毒とか、シングルペアレントとかキッツイ内容を描いた短編集だそう。激辛な内容だけど、日々ぼんやり生きてるアタマにはKicksが必要やなあと。

ジミ・ヘンドリックスを聴いて作家を志したってのもなんかヘン。"Jesus'Son"という題名自体がヴェルヴェット・アンダーグラウンド(ルー・リード)の"Heroin"という曲の"
When I put a spike into my vein....And I feel just like Jesus' son"つうのから来てるんだそうで、なんかかなりイッテるかんじである。

"Jesus'Son"は手に入らないので、がんばって買った"Tree of Smoke"読もうかね。ドラッグは一生やらないだろうから、せめて本を読んで脳に刺激をやりたいところ。

「アタマにエサをやれ」-"Feed Your Head"

from "White Rabbit(Grace Slick/Jefferson Airplane)


posted by デンスケ at 22:27| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
丁寧な挨拶してしばらく来ないような文面だったのに、
「きたで〜」
いや〜自分とこのコメント返信して、さ、ねよかな。でんすけんさんとこ、一回みとこかっておもったら更新してる。

なんでアリスなんやろ。あやしげな音楽白兎で。。。しろうさぎが共通点なだけな気が。

ところで一回きこうおもってたのが、デンスケさんとこの会社の「KYO大卒」の彼は?なんか一級うけてた。あのひと一月うけるの?追跡調査報告最近きかんな。


ほな、ねよ。お仕事お疲れ〜。うちのぱぱも今日は早帰りだったが、「オフィスでうちあげ」みたいなのがあったらしく、すきっぱらにビール飲んでふらふらでした。

明日から年賀状がんがん作成です。。パパと私あわせて200枚ちかく。。。

ほなな〜!
Posted by 大阪の主婦 at 2010年12月29日 00:48
おはようさんです、主婦さん。

この曲は有名なドラッグ・ソングなんですよ。アリスの見た夢をドラッグ(たぶんLSD)の幻覚に例えているわけで。映画の「プラトーン」でも兵士たちがマリワナで酩酊するシーンで使われてました。歌詞がオモロイから転載しとこか。

One pill makes you larger
And one pill makes you small
And the ones that mother gives you
Don't do anything at all
Go ask Alice
When she's ten feet tall

And if you go chasing rabbits
And you know you're going to fall
Tell 'em a hookah smoking caterpillar
Has given you the call
Call Alice
When she was just small

When men on the chessboard
Get up and tell you where to go
And you've just had some kind of mushroom
And your mind is moving low
Go ask Alice
I think she'll know

When logic and proportion
Have fallen sloppy dead
And the White Knight is talking backwards
And the Red Queen's "off with her head!"
Remember what the dormouse said:
"Feed your head
Feed your head
Feed your head"

京大の彼は本社勤めで、めちゃくちゃ忙しいとこにいるし、社内メールでたまにやりとりするくらいなのでその後は確認してないな。正月の年賀メールでも出してきいてみようかな。彼なんかいつ勉強すんのかな?いうくらいの激務のはずですが・・・。すごい本好きで、ぜひともいろんな小説の原書を読んでみたいんだそうです。オースターを薦めてくれたんは彼やったな。未訳のを読んだデ、いうたら心底羨ましそうにしてて、さっそくそのPBをがんばって読んでた。なんかやっぱり「好きなものこそ上手なれ」ってかんじですね。ナンボ京大でもさっさと読みだして読破しちゃうとこなんか。

このごろは会社でも年末の打ち上げはやらなくなりました。昨日もちょっと残業しようかなと思ってたら、さっさとみんな帰るのであわてて自分もずらかった慌しい仕事収めでした。

じゃあね〜。またPC空いたら寄ってな〜。なんせヒマやからナンボでも更新できる(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年12月29日 06:32
こんばんは。

50を過ぎても老眼知らずのpekoです。

年末年始は家にいてもなんとなく気忙しいので、ブログのサーフィンも止めようかと思っていましたが、おヒマな(失礼!)でんすけさんが頻繁に更新するのなら寄らせてもらいます(笑)。

Never let me go, 映画の日本公開前に本を先に読んでおこうと思って、PBと文庫のどちらにしようか迷った末に文庫にしたのですが、やはり私向きではなかったので途中で投げ出してしまいました。PBで読んだらまた印象が違ったんでしょうかね。

こういう曲を聴くと、 We built the city を歌ったグレース・スリックと同人物とは思えないですね。
Posted by peko at 2010年12月29日 20:25
pekoさん、こんばんわ。

老眼知らずっていいなあ〜。ワシはもうダメです・・・。職場でExcelやらAccessをいじってるのですが、コマンドラインが見えなくてディスプレイにかじりついてる姿はなにか憐れをさそうものがあるのではと。なんでワシがこんな作業やらなアカンねん・・・。しかし誰もやってくれないし、仕事を能率的に進めるためにはなんとかやってしまわないと。

Never Let Me Goの翻訳はいいらしいですが、ちょっと語りがフェミニンに過ぎるような。原文はもっとニュートラルで、淡々とした感じですよ。ぜひよんでみてほしいなあ。

グレース・スリックのライブ映像を見ると片耳をふさいで歌ってることが多いですが、「鶴田浩二」を思い出すのです・・。
Posted by でんすけ at 2010年12月29日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。