2010年12月17日

Collocation in Use(Advanced)買いました。

Collocations in Useを終えてから、朝勉の時間を英字新聞読むのに当てようと思ってたけど、案に相違してさっぱり。このままではダメなので、AdvancedをAmazonでポチリ、来週からまたコツコツやってきます。それと"Stavation Lake"ってミステリを買いました。年末までに読めるかな。

読みかけの"The Coldest War"、面白いんだけどいかんせん長い。小説と違ってストーリーに乗って読み進めるってことがでけんのもツライとこです。文章が"That~"という構文で始まるのが多く、またカンマで修飾してるのが多くてなかなかスイスイ読むとはいかんのです。

朝鮮戦争は金日成がやる気まんまん、南進すれば韓国の共産主義シンパが蜂起してあっという間に統一ですわとスターリンや毛沢東に自信たっぷりだったとか。どうも本気でそう信じていたらしく、このへんを毛沢東は危うんでいたとか。共産主義シンパは蜂起せず、一時プサンまで追い込んだもののこれは韓国とアメリカ軍の脆弱さによるものでありました。結局伸び切った補給線を分断するアメリカお得意の戦術で戦線はあっというまに逆転。

"After all, he(Kim Ill Sung) had not risen to power not by battlefield...He had not learned anywhere near as many lessons on his way to power as Mao or Ho."

金日成が抗日パルチザンの英雄としてソ連に「作られた」存在であったことは近年の常識だろうけど、結局毛沢東やホーチミンのように戦場でのし上がり民衆を組織して、といったタイプでなかったことがヴェトナムとかと違って半島の分断状態が継続してる理由のひとつかもしれませんね。ここの指摘は興味深かったな。

starvationlake.jpg

さて"Starvation Lake"の邦題、「湖は餓えて煙る」だけどなんかな〜。この邦題ではワシはちょっと手に取らんだろな。最近の流行なのか、出版社の意向か訳者の趣味か。小説や映画の邦題ってけっこう重要なファクターだと思うんだけど。

うまいことつけたな〜と思うのが「ライ麦畑でつかまえて」ですね。"The Catcher in the Rye"を微妙に意図的に誤訳したような。実は「ライ麦」は早くに翻訳されていて、そのときの邦題が「危険な年齢」サリンガー著、だったらしい。ううむ。まあ確かに。

"The Great Gatsby"は映画が「華麗なるギャツビー」で公開されたからか、ワシが高校生のときに読んだ当時は本もそういう邦題でした。もともと小説の翻訳がそうだったのか、映画の邦題にあわせて変えたのかわかりませんが。

このあいだ読んだ"The Quiet American"は「おとなしいアメリカ人」はまあそのままだけど、quietのダブルミーニングまでは伝えられませんね。"A quiet American is a dead American"っていうことわざというか、clicheというか。このパターンはたぶん長い伝統があって、"A good Ni**er is a dead Ni**er"、太平洋戦争中は"A good Japanese is a dead Japanese"、朝鮮戦争はJapaneseがKorean、ベトナム戦争ではcharlieに置き換わったわけです。

charlieはベトナム共産軍のアメリカ軍からの渾名で、Vietnumese Communist = V.C = Victor Charlie=charlieとなり、ひろくベトナム戦争中のベトナム人一般を指すようになったらしいです。ベトナム戦争ものではレヴェル1くらい頻出であります。V.CにVictorを当てた段階で、アメリカ兵は「勝てない戦争」だと思ってたのかもね。

邦題と原題の関係は興味しんしんなのでまたまとめて記事にするかも。そんなのを楽しみにしてる奇特なひとは当てにしないで待っていてくだされ。


posted by デンスケ at 08:09| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でんすけさんの歴史背景知識の深さに「尊敬」よ。。そういう知識がないと、楽しめない分野の本ってあるでしょう?
いつも和田監督、池のめだかってテキトーに
相手してもらってるけど、マジ尊敬。(ひれ伏し)

あらすじが簡単じゃないとほんと私あかんわ。。。
読みの「深さ」がないねん。。浅すぎる。

そういう弱点があるから、池上さんの本よんでしまう。池上さんがだしてる「そうだったのか現代史」とか読んだらもうちょっと頭にはいるかな。。。。

今週中に「卵」を読了したいところ。

頼んだKATE MOSSもクリスマスにまにあわんようやし。。恋愛物読もうか思ってるけど、
なんかクリスマス時期に読むミステリーってしらん?

クリスマスキャロルって。。。ストーリーどんなんやったかいな。
今日NHK教育番組の人形劇で「賢者の贈り物」やってたけど、あれ、Oヘンリーやったよね。  あんなのでもよむか。

クリスマスの雰囲気家で感じたいわ。
神戸のルミナリエをこの時期、独身時代見にって感動したのを思い出すのよ。僕ちゃん見せてやりたいけどあまりにもの人ごみで、行った後のウィルス感染とかが怖い。。。


ではでは〜!お仕事がんばって〜!!!
忙しいいわんと、 まあ「相手してーや〜」(笑)
Posted by 大阪の主婦 at 2010年12月17日 12:14
おおさかのしゅふさん(変換しそこなったけど邪魔くさいのでそのまま)、こんばんわ。

別に自分は歴史知識深くはないデス^^。まあおっさんというのは「プレジデント」とかで歴史を知りたがるものですし(笑)。ネットで知識仕入れるのも容易ですしね。

クリスマスに読む本といえば、ミステリじゃないけどTruman Capoteの"A Cristmas Memory"が定番じゃないですかね。この時期になるとよく村上春樹訳のを本屋で見かけますが。短編だからすぐ読めるし、英文も難しくないです。自分もずいぶん前(楽天の田中マー君とハムのハンカチ斉藤君が甲子園で投げ合ってた頃)に読みましたが、いい作品でした。

"Breakfast at Tiffany"のPBの後ろにくっついてるみたいですね。ワシはこの系統の作品を集めた短編集で読みました。オススメやで。

あと面白かったのは"Frost at Christmas"というイギリスの警察小説がたまらんオモロイですが、長編なので読み終える頃は確実に新年かも。Frostシリーズはどれもえらく面白く駄作なしですが、第1作のこれからがいいでしょうね。まだ読んでないひとが羨ましいような楽しいシリーズですよ。
Posted by でんすけ at 2010年12月17日 20:47
宅間 伸さんありがとう!(←都合のいいときだけ自分のアイドルに)

アマゾンでチェックしながら、金曜日の夜を楽しむわ〜!!!明日休み〜。ぱぱが僕ちゃんの世話変わってくれる日なので夜更かしできるとおもうとうれしいのよ〜。ではでは!
Posted by 大阪の主婦 at 2010年12月17日 21:18
フロスト警部・・・おもしろいけど文庫本も厚いですよね。作者の遺作でまだ邦訳がでていない(はず)、Killing FrostだけでもPBで読んでみようかと何度が手にとりましたが、あの厚みにめげて未だ買わずじまいです。

そうこうしているうちにミステリー・チャネルではついに最終回を迎えてしまいましたが、なかなかいい終わり方でした。(我が家はミスチャンだけ契約してます)
Posted by peko at 2010年12月17日 21:19
主婦さん、おはようさん。まだ寝てるか。ゆっくり休みや。

本はあれこれ探してるときが楽しいね。どうも"A Cristmas Memory"としてのPBはこの時期amazonでも品薄なようで・・・。ワシはもう読まないから進呈してもかまわないんだけど、肝心の本がどこへ行ったやら・・・です。すまんの。
Posted by でんすけ at 2010年12月18日 06:43
pekoさん、おはようございます。フロストの最終4話、見損ねた。1話だけ録画してるけど・・・。どうせ再放送するだろと思ってたらミステリチャンネル「予定なし」。う〜ん。

ドラマのデヴィッド・ジェイスンは原作よりだいぶ洗練されていて、なかなかかっこいいオッサンですね。TVドラマとしてはアリですが、原作の下卑たジョークや、すべる軽口はたまらなく面白いです。それでいてときに見せる哀憐の情とのギャップのコントラストが鮮やかで、なんというかイギリスっぽいしゃれっ気だなあと。

"Killing Frost"は発売をジリジリ待っていて、すぐに読みましたが孤愁の色が濃いですね。一つ前の"Winter Frost"がえらく面白いです。こっちからでもいいんじゃないですかね。(これも分厚いですけど・・。)
Posted by でんすけ at 2010年12月18日 07:03
え〜。。。
結局アマゾンチェックして、

 frost at Christmas のPB、
530円でぽっちりやってしまった。月曜日に届くって言うから(泣)

1100円くらいのNEW EDITION てほうが、さらにページ数多いのはなんでやろ。
原作の内容が変わることないから、活字のピッチがゆるくて読みやすいのかとおもったけど。

でもそれ、1月3日に届くらしいからやめました。。

卵。。。。今日、10時から二時間ほどでかけて、カフェで読む予定。
今日はでんすけさん、なにすんのよ〜?ガイド二次試験でもないしね〜。
奥さんとランチ?(笑)

ほなな〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年12月18日 08:26
自分のフロストもPB専門店で500円コーナーにあったのをまとめ買いしました。フロストの翻訳(創元推理文庫)は海外ミステリとしては異例のベストセラーなんやで。

"A Christmas Memory"が入手困難かと。あの本は存在を知ってる人は、クリスマスに読みたいやろな。自分で翻訳してヨメハンに読ませたろか、と思ったけどそんな根性なくて半ページで挫折しました。昼飯食ったら自分もcafeでThe Coldest War読みます。

あ、自分の誕生日に会社の45歳のバイトの女性にお菓子貰ったんやけど、その人もこないだ誕生日やったみたい。ばたばたして忘れてた。月曜にお返し持っていかんと。たぶん1200円くらいのやったから予算は2000円くらいで、なにがええかなあ。お菓子は簡単やけど、芸がないし、おまけに好みが難しそう(甘いものはあんまり)ってた。なんかエエ案ないかな?
Posted by でんすけ at 2010年12月18日 12:05
10時過ぎから12時前まで近所のカフェにてCITY of THIEVES  読了。
おもしろかった。これ。紹介ありがとう!
でもKOLYAやった?相棒が亡くなるのはかなしかったけど。。。あと、チェスのルールとか知ってたらもっと緊迫したシーンを味わえたかもなあ。
ほんと、最後はスピード感ついたな。
笑えて、泣けて、最後はハッピーエンド。  楽しめました〜。

そやな〜。。2000円の予算なら、お菓子以外なら
ワイン、ハンカチ、石鹸類か。消えてなくなるほうが後をひかないか。

たとえば、冬なので 「ロクシタン」のシアバターハンドクリームとか。石鹸とか。
ロクシタンはおしゃれやと思うけど。オーガニックないろいろな材料で化粧品とかいろいろ作ってるやつ。


大丸か、どっかテナントはいってへんかな。梅田阪急、阪神には入ってるで。

ハンカチだと残るし、趣味がわからん。

私だったら セリーヌのハンカチとかうれしいよな。 自分では買わんやろうし。

「自分で翻訳して奥さんに読ます。。」
強引やな〜(笑)
でもその本、アマゾン、中古で入手できるようだったかも。

まあ、そのFROST、来週から読んで年始もはいるだろうし、まず、それいっときますわ。

さ〜今から午前中おらんかったぶん、家事と僕ちゃんケアがんばります〜。

きょうは手作り餃子の予定(笑)

ほなな〜!
Posted by 大阪の主婦 at 2010年12月18日 14:00
おお、読了しましたか。面白かったみたいでなによりです。ラストの一行、よかったでしょ。ワシは思わずにんまりしました。途中、僕ちゃんのことで大変やったけど、がんばらはったね。なかなかよくできたエイターテイメント小説で、こういうのに出会うとなんというか「儲けた」気分になります。

ロクシタン、北口のガーデンズにあったわ。ちょうど季節もええしそれにします。アドバイスありがとう。

今夜はワシが作成のビーフシチューです。ハインツのデミグラス缶使用。赤ワインあったかな。じゃね。
Posted by でんすけ at 2010年12月18日 15:33
あらあ。。。コメント入れたのにUPできてない〜(涙)いっぱい書いたのになあ。。。
二点、完結に。

(1) PB読了。またブログにて感想を。

(2)  お礼の品物は たとえばロクシタンの シアバターハンドクリームとか、石鹸など。
梅田阪急、阪神も入ってるお店。

ほなな〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年12月18日 16:03
あら、UPされてたわ。どういうことや(怒)このくそ忙しい夕方に!うちのPCおかしんちゃうかな。ほなな〜
Posted by 大阪の主婦 at 2010年12月18日 16:04
こんばんは。

ロクシタン、私ももらったらうれしいです(笑)。

フロスト警部の最終回、「いい終わり方」と書きましたが、ジョージのファンは納得いかないでしょう。いずれにせよ、もうこのコンビの新作が見られないのはちょっと寂しいですけどね。

フロスト警部もモース警部も文庫でしか読んだことありません。M善に行くと、ダルグリッシュ警視シリーズのPBが並んでいるのですが、あれも難しそうで未だ手が出ずです。
Posted by peko at 2010年12月18日 21:21
大阪の主婦さん、なんどもありがとう(笑)。seesaaのブログはコメント欄の表示めちゃくちゃでね・・・。主婦さんのPCの不具合ではないですよ。何度か自分もコメント入ってるの気づかずに失礼ぶっこいてることがあります。

それはさておき、米屋さんは「伊角」さんやった。お兄ちゃんは知ってるねんけどな。やっぱりええ体格してた。酒の呑みすぎで目が黄色かったですが。

ローソンにPBを取りに行って、北口までロクシタン買いに行ったのでこれからゆっくりしますわ。Cafeで読書しよっと。じゃね。あ、チビ散歩に連れていかな・・・。
Posted by でんすけ at 2010年12月19日 10:42
pekoさん、おはようございます。

ロクシタン、朝一で阪急百貨店まで車で行ってゲット。「ロクシタンのカードをお持ちですか」持ってるわけないやん、小汚いオッサンが(笑)。

フロストの主役の俳優さん、もう70歳ですもんね〜。とうの昔に定年ですよね。しかしシリーズが始まったころはいまの自分と同じくらいの年齢だったという。フロストの小説の設定も50歳くらいでしたね。

フロストシリーズはわりと読みやすいですよ。次から次へ事件が起こるので、テンポよく読めます。canteenで紅茶飲んで、徹夜続きで"Bleeding hell!"と悪態つきながら奮闘するフロストがかっこいいです。
Posted by でんすけ at 2010年12月19日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。