2010年12月16日

本と新聞の将来

近所にAさひ屋書店の支店があるんだけど、これがショボイ。長らく梅田でK伊国屋と張り合ってきた老舗の大型書店だけに出店すると決まったときは喜んだのに。雑誌ばっかり多い。それはまあしゃあないとしても、他の品揃えもムチャクチャ。「ペーパーバック」と書いてある書棚は実用書が詰まってる。よくあった郊外型書店の劣化版というかんじ。老舗のプライドはどうした。

西宮北口にJンク堂書店があるんだけど、こっちは立派だ。本好きのワシなら1時間でも2時間でもいられるのにな〜。もっともウチから西宮北口へ行くには乗り換えの関係で、梅田や三宮に行くのと電車賃も時間もさして変らない。阪神間は東西方向に行くのは至極便利だけど、南北に行くのは不便であります。

本と新聞は斜陽がささやかれて久しいけれど、Aさひ屋の体たらくを見てると苦しいんやろな〜というのが見て取れます。貧すれば鈍するってかんじですね。

新聞は読売と朝日、リーマン家庭なら日経の三択ってかんじでしょうか。ワシはDaily Yomiuriを宅配してもらってるけど、近所の取次店ではウチ一軒だけらしい。配達を頼みに行ったときに、「ちょっと前までアメリカ人のお家があったけど帰国しはったんで(取り扱い)どないしようか、思とったんですわ」といわれた。そんなに英字紙って売れないもんなんか。その割りに近所の朝日新聞取次店に行けば、Japan TimesとHerald Asahiいつでも手に入るけどな。誰が読んでるんだろう?

英字紙ってのはまったく儲からない(どころか赤字)ので、新聞社のプライドというかフィランソロピーというのかでやってるらしいですね。毎日が撤退しちゃったのもやむなしか。

さて将棋のタイトルは7つあるんだけど、すべて新聞社がスポンサーである。いちばん序列が高いのは「名人」ではなくて「竜王」です。けさ渡辺竜王が羽生名人を下して7連覇ってニュースがあったけど、読売がやってるタイトル。序列は何で決まるかというと将棋連盟との契約金の多寡なんですね。少し前まで、竜王−名人−棋聖−・・・の順位だったんだけど、棋聖戦(産経)が最下位に転落という椿事があった。契約金を値切ったからだ。ちなみに囲碁にも「棋聖戦」てのがあるけどこれは読売がやっていて、竜王と同じ理由で囲碁では序列1位なのでややこしい。

産経がヤバイらしいってのはずいぶん前からいわれてたけど、あらついにってかんじであります。まあ、いまどき新聞の将棋欄なんてチマチマ読んでるひとってどんだけおるんかいな。新聞のウリとしても商品価値がもうないんじゃないかと将棋好きにもいわれとります。名人戦(朝日−毎日共催)のインターネット棋譜は有料会員制。読売の竜王戦はネット中継タダでやっていて、太っ腹なところを見せてるけど、そうすれば新聞の棋譜の価値がなくなるわけで。

携帯の普及でニュースはタダでみるから新聞はいいや、というのは当然の流れではありますがそうやって新聞が売れなくなるとタダでニュースを提供するところもなくなる。どーするんだろうね。

ところでBryan Gruleyって作家の"Starvation Lake"(邦題「湖は餓えて煙る」)つうミステリが面白いらしいですね。年末までに読んでみようかな。("The Coldest War"はどうする?)


posted by デンスケ at 07:40| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伸さん、きました〜(笑)。
ミステリーの本、アマゾンでチェックしたらなんだかよさそう。
KATE MOSSの本より、現実的な話のような。読んだ感想またUPおねがいします。
「ほしいものりすと」に入れてはおきました。

今日また、現世からすこし浮上しております。。。ではでは!
Posted by 大阪の主婦 at 2010年12月16日 16:41
でんすけさん、こんばんは。
最近、本はアマゾンかブックオフで、新刊書店にほとんど行かなくなりました。

コンピュータ関連で最新の情報が欲しいときに新刊書を買うくらいです。

英字新聞は、学生のときにちょっとだけJapan Timesを読んでいたことがあります。
外国の新聞を直接転載している記事以外で、とくに日本人が時間に追われて書いた記事などでは、英語がおかしいのをよく見かけましたが、いまはどうなのでしょうか?
月曜版は、求人コーナーもあったので、そこで翻訳の仕事をもらったこともありました。

本も新聞も、これからクラウド化して紙の媒体には頼らなくなるのでしょうね。
Kindle 2が欲しいなと思ったりもします。

囲碁は、心斎橋の囲碁クラブに出かけてたまに打つのですが、将棋はさっぱりです。
この間、金沢将棋というゲームソフトをやりましたが、コンピュータ相手に完敗でした。いまの将棋ソフトは強いですね。

これは不純な動機からでしたが、チェスは、若いときに少しやっていました。

東京で貧乏学生をしているときに、英会話学校へ行くお金がありませんでした。
当時、日本チェス連盟の本部が渋谷にあって、外国人がいっぱい来ているので、そこに行けば無料で英会話の勉強もできる。そう思って通っていました。
もともとが、こういうゲームは好きなこともあり、楽しかったですね。
そこで、ブルガリア人の外交官と知り合って、彼に可愛がられて、バーや高級レストランなどにもよく連れていってもらいました。
彼は、囲碁にも興味を持っていたので、よく二人で碁をやりました。

大学の友人で、「The encyclopedia of chess games」という本を海外から取り寄せて、世界中の将棋ゲームをやっている奴がいて、自作の駒と盤で、彼とビザンチン将棋をやったことがあります。

これは、王のほかに王子がいて、一定の条件下で王子が王に戴冠するので、王を詰めただけではゲームは終わらないという面白いルールの将棋でした。

「The encyclopedia of chess games」の中では、将棋や中国の象棋なども取り上げていて、とくに日本の将棋に対しては高い評価を与えていました。自分たちのチェスよりも面白いとさえ云っていました。
敵の駒を取ったら自分の駒として使えるという将棋のルールは、このアメリカ人には衝撃的だった模様です。

象棋(中国将棋)の駒を中国人留学生が持っていたので、彼と象棋をやったことはありますがあまり面白くなかったですね。ぼろ負けでしたけれど。
中国将棋では、「砲」という、相手の駒を取るときに、一つ駒を飛び越えて取るという動きの駒があって、これにはびっくりしました。

アジア大会では、囲碁とチェスと正式種目になっていますが、象棋や将棋が採用されることはないのでしょうか?

囲碁では、日本の井山裕太名人が世界ではトップ10にも入らない。これが日本の囲碁界の実力なんでしょうね。

Kate Mosseは、数年前、"Labyrinth"というのを買いましたが、途中で放り投げました。
Michael Crichtonの"Timeline"みたいに面白いかなと期待したのですが、そうでもなかったので。

自分の英語力は30代がピークで、そのレベルに戻して、それからもう一段レベルアップできればと思うのですが、このまま下がる一方なのかもしれません。

でんすけさんのPBの読書量は、すごいと思いますよ。
年末の寒い時期、風邪など引きませんように。
Posted by reg at 2010年12月16日 18:42
大阪の主婦さん、こんばんわ。

伸さんって・・・安田伸?(クレージーキャッツのひと)ちょいとひねって牧伸二とか・・(知ってる?)

ワシは暁伸がええな。あかつき・しんです。ミスハワイと組んでいたア〜イ〜ヤ〜♪の漫才のオッサンのほう。浪曲アガリらしいですが、「浪漫リズム」と銘打った音曲漫才。格好ええネーミングやわ・・・。

何の話やったかな。あ、ブログ拝見いたしました。1級単語でいえば"buoyant"な状況ですね。あんでもかんでも、主婦さんが元気やったらうれしいな。

by 伸(ア〜イ〜ヤ〜♪)

あ、"Starvation Lake"、amazonでポちっと。"Collocation in Use Advanced"も一緒に。in Use シリーズはAdvancedだとイギリス英語が多くなるのが難点やけどね。
Posted by でんすけ at 2010年12月16日 21:08
こんばんわ、regさん。

毎日・産経はホンマに苦しいみたいですね。会社の後輩(といってもいまは自分よりずうっと偉い)が毎日新聞に合格したらしいのですが、ウチの会社を選んだらしいです。なんで?と思ったのですが、「あんな労働条件悪いとこ行けませんよ」とのこと。もう20年暗い前の話ですが。

自分は囲碁はまったくダメです。30代に憶えようとしましたが、最初の布石が抽象的すぎて訳ワカリマセン。9路板で生死を競うのは面白い(しかしいかんせん弱い)のですが。コンピュータも囲碁は評価関数の設定が難しく、将棋に比べるとえらく弱いらしいです。

将棋ソフトはフリーで落とせるのでもメチャクチャ強くて、敵いません。まあ負けそうだとさっさと落とすので滅多に負けませんけど(笑)。将棋は囲碁より評価関数の設定がやりやすいみたいです。

将棋は各国に地域バージョンがあるので却って国際大会が困難だとか。将棋は取った駒を使える複雑性でトッププロはまだcomに優位を保ってるみたいですが、トップアマではもうダメダメみたいです<対ソフト。

自分はあんまり英語力とか考えず本がよみたいな〜で始めたので、このまま無欲なままに自分の好きなように進めるのがいいのか、きちんとやったほうがいいのかいまだ悩んでます。本来トレードオフではなくて補完関係なんでしょうけど(苦笑)。

しかし活字がないと不安なので、その習性をいかして英検1級取れたのはなんとなく自分が光に惹かれるイカや虫みたいな気もします(笑)。鵜飼のウかも。

寒くなりましたね。regさんもご自愛あれ。
Posted by でんすけ at 2010年12月16日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。