2010年11月10日

ペーパーバックを読む〜英検1級対策

ワシは通勤時間の暇つぶしにPBを読み始め、なんか知らんが幸運に恵まれ1級取れた「丸儲け」的なタイプであるのは卑下自慢っぽく聞こえるまで書いてるのだけど、実際そのとおり。「芸は身を助く」ぽいかんじであります。勉強はしたデ。いっぱい読んだもん。ただし、あんまりツラクなかっただけで、これは幸運でした。

PBを読み始めたのは2006年の最初くらいから。2年経って準1受けてみようかなと思い、これは特に問題なく通過(2007-3)。で、そこで1級を受けてみるかと思い、前に書いたように英字新聞やら読み始め1年後に1級受検。1点差で1次敗退。次回(2009-1)で1次合格、2009-3で2次通過したわけで、丸4年かかりました。準1受かるまではPB読んでただけ。リスニングなんかまったくしなかった。ここまでで読んだ冊数は多分50冊くらいですかね。1級1次受かるまでにはもう25冊くらいは読んだかな。

準1受かるまでは月2冊ペースで1級1次までもほぼ同じなんだけど、準1以後は英字新聞やpodcastのリスニングが入ってきたし。2008年は1週1冊ペースで読んでました。それだけ読むのが早くなったんだろうね。

で。PBが英検1級にとってどうかというと・・・「十分条件ではあっても必要条件でない」でしょうね。英字新聞読まずに1級取ったひとは想像しにくいが、PB読まずに取ったひとは多いような気がする。(ここでいうPBはフィクションやら「読物」の類を指します。)

それじゃPBは役に立たないかというと、絶対にそんなことはない。ただ、短期的な即効性はないでしょうね。漢方薬みたいに、ジワジワ効いてくるというか体質改善に役立つかんじ。どっかのHPに「英検は新聞記事や評論が出ます。小説を読んでも役に立ちません」なんて書いてあって呆れたけど。たぶん、1級取ったひとが書いてるのだとしたら、PBを読んだことがないのだろう。

具体的に何がいいかというと、
・とにかく英文を読む絶対量が多いので、自然にコロケーションが身につく。
・知らない単語がでてこないほうが少ないので、未知単語が出てきても気にしなくなる。それでも何度もでてくるのは見覚えがあるので、引いてみたら1級単語だった、つうのが実に多い。
・小説好きだととにかく楽しい。苦にならないのに英語を吸収できる。
ええことだらけです。手っ取り早い結果を求めるのでなければ。

たとえば、近所の中高生に「国語が苦手で」なんて相談されたらどうするかね。たぶん、「本や新聞を読みなさい」と答えるのでは。「問題集をいっぱい解きなさい」っていうかな。これが英語だったら答えは逆転するだろう。なぜなら、日本での英語は試験を前提としているのが普通だからだ。

ワシが問題集を一切やらなかったのはこういう理由でアリます。あんまり試験のことは考えなかったし。その暇があれば、なんか読んでるほうが得策と判断したからだ。こういうちょっと極端なのはワシが特に英語に実利的な何かを求めてるというわけではなかったからだろう。なので、若いときには無理な話やったらやろな。これを「シルバー英語」というとります。

でも、「瞬間英作文」のひともPBを読むのはいいことだといっておられるぞ。きっちり勉強してきたひとも、英文を丸呑みにする逞しい胃袋を作ればすごおく飛躍的に英語力を伸ばせるかも知れない。逆に自分みたいにラクチンな方法を選んだのはわかりやすく壁にぶつかってるわけで(笑)。

うまくいえないけど、なにか壁を(例えば英検1級)超えるのはちょっとした飛躍が必要なのだろう。小学校のとき、跳び箱ありましたよね。なかなか自分の力だけで飛び越えるのは難しい。助走や、踏み切り板を蹴るタイミング、リズムよく手をつくとかすれば実は簡単だったり。

PBを読むのは、その助走やタイミングを整えてくれるものだと思う。楽しんで読めば、長期的には必ず力になると思うのですが・・・。
posted by デンスケ at 21:41| Comment(8) | 役に立つのか立たないのか英検関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ、デンスケさん、もう夜中です。

PBは英検の役に立たないとは思いませんが、やはり英字新聞のが効率的なんでしょうね。
とは言っても英語の勉強としてならPBのが役に立つ気がします。

PBを沢山読むと単純に消化した英文の蓄積量が増えるもので、英字新聞より底力が付くと思いますね。
俺もIn Useシリーズある程度終わらせたらPBを本格的に取り入れる予定です^^
Posted by Kaz at 2010年11月11日 03:02
おはようございます、Kazさん。

新聞とかのほうが試験形式に近いですからね。でも小説とかを読むと厚みがでることは間違いないでしょうね。ワシは身体に厚みが出て弱ってますが。おっしゃるように、「英語を勉強する」のにはPBは好適だと思います。できれば英語ができるようになればなあ・・・。

思うに、エンジンがでかくなるといった効果があると思います。ストーリーを夢中で追いかけると英語で読んでるということ自体忘れますから。

Kazさんのようにガンガン勉強されてる方がPB読むのはたまには気分転換+新しい体験で得るものが大きいだろうなあと思います。
Posted by でんすけ at 2010年11月11日 07:13
おはようございます。

準1級のパス単に、2、3か月前に読んだPBの中の単語がぼこぼこ出てきました。見覚えあるけど意味何だったっけ・・・みたいな。情けないけどあっという間に忘れてしまいます。新聞にせよPBにせよ、やはり毎日続けることが大事ですね。

漢方薬も少し前から飲んでいます。未だ目に見える効果なしですが、PB同様、即効性は期待せずに長い目で見ていこうと思います。
Posted by peko at 2010年11月11日 08:34
こんばんわ、pekoさん。すぐ忘れるのはすぐ思い出しますよ(笑)。でも思い出すためにはずうっと英文読んでないと無理みたいで・・・。

漢方薬はいいですよ(笑)。なにより身体に負担がかからないのでシニアにはぴったり(笑)。あんまり何を言っても説得力のないワシですが、「読んだ量は裏切らない」と思います。
Posted by でんすけ at 2010年11月11日 19:50
こんばんは。

ペーパーバックをもう少しすらすら読めればなんて思っています。まだまだ実力不足なのでしょうね。
辞書なしでも何とか読めるのはロアルド・ダールあたりでしょうか。
「Penguin Readers」に代表される「Graded Readers」(英語学習者向けに単語を制限している洋書)も読んでいます。それだと読んでいても苦痛になりません。

英検1級のプライベートレッスンの先生から英語の本を読むように言われました。これからもどんどん英文を読んで吸収していかなければ。
Posted by Yuki at 2010年11月11日 20:35
PBをすらすら読むってのは日本の英語学習者の憧れのひとつではないでしょうか。そのレベルに達してる学習者はほんの僅かではないかと・・・。自分もわかったようなわからんような。

Ladder本はいいらしいですが高いですしね。自分の興味ある分野を探すことが学習の一部のような。楽しい本が見つかればいいですね。
Posted by でんすけ at 2010年11月11日 21:17
あら〜。。。。でんすけさん、最近「出てきてない」けど、仕事忙しいのでしょうか。。。寄るところがひとつ減ったので、ちょっと寂しい「大阪の主婦」でした。
英語教室、お試し行きました?

今日はこちら午前中、ひとりで千里中央あたりで、PB読みと、実践ビジ英をやりに、カフェへいきます〜。。

ではでは!
Posted by 大阪の主婦 at 2010年11月14日 08:55
ちょっとバタバタしてたのと、英文ブログ作ろうと設定にあたふたしてました。まだ設定終わってへん・・・。

英語教室、お試し申しこまなアカンやろけどまだやってない〜。予習とか要りそうだし。

さいきん新聞を読む量を増やしたらPBが読めなくなってう〜んとなっております。

Anchorsongさんが予定通り案内士一次合格されたので、どのように口頭試問をクリアされるか興味シンシンなワシであります。
Posted by でんすけ at 2010年11月14日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。