2010年10月30日

TOEIC前日、準備そして本2冊

いよいよ明日はオスメスを決するTOEIC。のろのろと準備をした。

ヨーカ堂へ鉛筆を買いに行く。英検と違って、ゆっくりマークシートを塗りつぶしてる時間はない。2Bが定番とのこと。やっすい緑色の三菱のを2本買うつもりが小豆色の高いユニしか売ってなかった。ううむと考え、「マークシート専用」2本入りのを買った。事前に削ってあったし。HBやけどまあエエやろ。しかし自分の今後の人生でマークシートなんかにお目にかかることがあるんだろうか。ひょっとしたら人生最後かもしれない。そう思うと感慨深い。

受験票に写真を貼る。4年前の準1のときに撮ったの。白髪が増えたなあ。ワシはいまだに毛髪は黒いけど、さすがにちらほら目立つようになった。4年後どうなってるんだろう。Anchorsongさんがちゃんと貼らないとウルサイって教えてくれたので、厳密に図った。邪魔くさい。

えーとあとは・・・英検バッジ、どうしましょう?

さて昼から模試を一回くらいやっとくべえと思った矢先、amazonに注文していたPBが届いた。
"Nickel and Dimed : On (Not) Getting By In America / Barbara Ehrenreich"
"The Great Railway Bazar / Paul Theroux"
の2冊。

前者は、アメリカの低所得者層の仕事の実態を筆者(白人女性)が体験しルポするというもの。2001年の本だから、やや古いけど。こっちのほうの第1章、フロリダ、キーウエストでのホテルでのレストランのウェイトレス及び清掃婦の体験ルポを読んだ。キーウェストは観光地だから、大量に観光客が押し寄せる。そのなかにあって、一般に宗教団体の観光客はウェイトレスをマグダラのマリアの元の職業と同一視するような目で見て、おまけにチップも置かないってあたりがちょっと面白かった。

あと、低賃金労働にあってウェイトレスは白人女性専用、清掃婦は黒人ないしはヒスパニックのものという棲み分けができてるらしい。これもふーんってかんじでしたね。皿洗いは英語喋れない東欧出身の若い男性とか。この章は、最後キレた筆者が仕事中に職場を抜け出し、ホテルの中を堂々と横切って出て行くところで終わるけど、出て行くところもない人たちは?とやや割り切れなさが残った。

英語は意外にも手ごわかった。句動詞が頻出するし、けっこう難しい単語が多い。6割くらいしかわからんかった。イディオムも多かったし、勉強用としてはいいかんじではあるけど。

もう一冊は、ポール・セローの古い本(1975)で、日本では阿川弘之が翻訳して出版されたとか。
邦題は、「鉄道大バザール」。といってもテツが群がるイベントではなくて、筆者がロンドンから東京まで鉄道に乗って旅をし、そしてまたヨーロッパへ戻っていく紀行小説。ちょうど沢木耕太郎の「深夜特急」の反対版といったところか。時代もおんなじくらいだしね。セローはこの分野の第一人者で有名です。セローの文章はやさしくはないけど、明晰で読みやすいです。楽しみ。

この2冊を11月中に読んで、ことし19冊。残りの1ヶ月は、宿願の"Lolita"に挑戦するか、それともブレット・イーストン・エリスの"American Psycho"にするか考え中。どっちがええかな〜。

とまあ、試験前日にもかかわらず、またもやTOEICのことが頭から飛んでるワシでした・・・。
posted by デンスケ at 18:02| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デンスケさん!いよいよ明日ですね。

前日だというのに余裕のPBじゃないですか。(笑)
デンスケさんらしくてグーです!
2001年から貧困層をターゲットにした本が出ていたんですね。
面白そう!
キーウェスト憧れるなぁ。

明日が終わればゆっくり読めるから、頑張ってきて下さいね〜!
Posted by Nemo at 2010年10月30日 18:38
はっはっは。こっちもTOEIC後、どのように楽しんで英語力をあげるかを考え、キッチンを掃除、ラジカセ置いたり、まったくTOEICなしの「日中だった。こでれ、寝る前、PBを読んで臨む。この「ガチ」スタイルでない勉強法にあこがれていたので、英検では怖くてできなかったが、今日はやってみようかと(笑)
ではでは〜!明日なんとかお互い行けそうですね。私はたぶん、梅田から試験会場まで「歩く」ことにしました。ぱぱが、それが一番わかりやすいだろうということです。建物も大きく、目立つらしいので、それを見ながら「近づいていけ」てことで。
今日、ファイターズ、、パンサーズに負けてしまいました。とほほ。こりゃあかんな。今負けてるようでは。。ではでは。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年10月30日 19:11
こんばんわ、Nemoさん。

「余裕」じゃなくて「逃避」です(笑)。まあ試験形式は確認したし、それでええかと・・。きょうTOEICの勉強やるくらいなら、もっと早くからやってたでしょうね(笑)。

アメリカにおける貧困は興味ある題材なのですが、フィクションでいいのが見つからなくてこれにしました。一般的にはレーガン政権下の新自由主義的経済政策が貧富の差を増大させたとかいわれてますが、実際のところはどうなんでしょうね。筆者の経験はクリントン時代ですし。

あんまり気合も入ってないみたいですけど、英検もこんなかんじだったのでまあワシ流でやってみます(笑)。結果はあまり求めてません。そりゃいいほうがいいに決まってますけど(苦笑)。
Posted by でんすけ at 2010年10月30日 19:19
こんばんわ、主婦さん。

ワシが1級の一次を通ったのって、一年半ほど前ですもんね〜。昨年はあまりPBも読めなかったのでことしは頑張ってますが、試験となるとどうなんでしょう?

福島から行くの〜?昔は朝日放送のスカイタワーやらホテルプラザがあってわかりやすかったけどな。福島駅から北へ(いうてもわからんか・・・。このビルの方向や)
http://www.takenaka.co.jp/majorworks/past/majorworks_shin_umeda_city
行くと、関西将棋会館(「将棋」ってでっかく書いてるからわかりやすい)があるからそこの北の大きい交差点を右へいくんやで。新梅田シティまで行ったら行き過ぎやで。

ではでは、がんばりましょ〜!!
Posted by でんすけ at 2010年10月30日 19:34
デンスケ聖人様(←私は勝手に、デンスケさん、主婦さん積読亭さん、Anchorsongさんを英検四天王と称しております)お早うございます。ご無沙汰致しております。

いよいよ今日ですね〜。わたしのようなしもじもの者がデンスケ様のようなお方に対して「頑張ってくださいね〜」なんて申し上げるのはちゃんちゃらおかしいのでそんな事は申し上げません。英検一級バッジを身につけ、PBを小脇に抱え、「ワシがデンスケ様じゃ、道をあけよ。。。」ぐらいの感じで他の受験者の皆さんを蹴散らしてきてくださいませ。

受験用の写真、久しぶりに撮影するとほんと、年をとったのがわかりますよね〜。私は毎年サイズアップするので毎回写真をとらねばなりませぬ。。。一度、めんどくさくって、10年くらい前にとった写真を貼ろうかと思いましたが、旦那から「奥さん、それは犯罪ですぜー」と言われ、渋々やめました。確かに!(苦笑い)

私、結構文房具好きなんです。鉛筆はやっぱり小豆色のがいいですよ〜。シャーペンの芯もね。
マークシートなんて、この先。。。なんて悲しいこと言わないでください。大学を卒業してから、一度、何を血迷うたのかセンター試験を受験したことがあるのですが、そのとき、どう見ても65歳は軽く超えてるな〜というようなおじいちゃんや50歳くらいのおばちゃんが同じ教室にいらっしゃいましたよ〜。まだまだ人生何がわるかわかりませんもの。デンスケ様もまだ大学受験生なんてことになるかも?そういや、国勢調査はマークシートではなかったですかいな。。。uniの鉛筆まだまだ活躍してくれますよ〜。ご希望通りの結果が出れば、サインしてネットでオークションに出す!とか。。。
あたくしが購入させていただきます!!!

ではでは行ってらっしゃいませーーーー。
Posted by ねこむら at 2010年10月31日 08:25
こんにちわ、ねこむらさん。

最近、しみじみと1級取れたのはマグレやったなあ・・・と実感してるワシであります。このTOEICですべてが明らかになるでしょう(笑)。

自分が目指しているのは「タフな英語力」です。ぐいぐいと新聞やPBを読み飛ばし、CNNもふんふんと理解できるような・・・。ほんとにそんな力がつけば、TOEICもちょろいもんでしょうが(笑)。いまのヒョロヒョロな英語ですら50年以上かかったのですから、あんまりあせってませんけどね(笑)。

そういえばことし国勢調査だったですね。ヨメハンに適当に書いとけ、いうといたけどちゃんと出したんやろか?

しかしいつになったらすらすらPBとか読めるようになるのか・・・。ちゃんと単語やらなきゃダメだろうな〜。1級受けるので渋々単語やりましたけど、ありゃずいぶん役にたちました。ああいうのなけりゃ、やっぱ進歩しないですね。

おっと、そろそろ出かける時間です。

集中力を欠きやすい自分ですが、頑張ってきます。ではでは!
Posted by でんすけ at 2010年10月31日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。