2010年10月19日

ワシの遠大な構想

毎日毎日たらたらとPBを読んでるだけと思われるワシの英語学習(実際そうだけど)ではあるが、実は遠大な構想があるのだ。ワシは英語を喋れるようになりたいのだ。では会話学校にいけばいいではないか、といわれそうだけど、だいいち金がおまへん。それにいざ英語を喋ろうとしたらアーとかウーとかしか出てこないし。いま行っても金の無駄遣い。

なんで句動詞やコロケーションを勉強してるかというと、英会話のため。要は、ある程度の単語の塊を憶えて適宜くっつけていけば会話文になるのでは?と算段してるのである。いわゆるチャンクですね。水木しげる氏の驚異的な細密画はバックの絵を書き溜めておいて、それにぺたぺたと人物画を貼り付けていくという方法だということを知り、あらら、と思ったものである。コラージュだったんですね。これを会話に応用できないか。そう思ったわけです。

単語を脳内でくっつけて文章を作るのはいかにもたいへんそうである。文法やら気になって仕方がないだろし、だいいち自分で何をいってるのかわからなくなるのである。非常に少ない機会ではあるが英会話をやってみて実感したことである。ワシは割りと早口なので、英語を喋ろうとしたらつっかえつっかえなのがものすごくイライラする。

ジャズの帝王、マイルス・デイヴィスは即興演奏の極意をたずねられ、「クリシェだよ」と答えている。つまり、ありきたりでもフレーズをたくさん憶えておいて、それを上手く組み合わせることだといってるのである。会話は即興演奏みたいなもんだしな。

というわけで、いまやってるコロケーションが終わったらもう一度句動詞を復習。それから簡単な英作文を練習。それからできればライティングを習いに行きたい。そうすれば、いくらか喋れるようになるんじゃないかしらんと夢想している。はたしてうまくいくかしらん。シルバー英会話。あーうーからかっこよく英語を操れるまで。がんばるで。
posted by デンスケ at 07:58| Comment(6) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして〜
「シルバー英会話」に興味ありありの同年代です。今年1月に10年ぶりぐらいに英語学習再開し、時事英語の教室に通っています。
そこの先生によると「英会話教室行かなくても、ライティングできるようになると話せるようになる」そうですので、でんすけさんの構想は実現性高いと思います!

私は30代の日々は「趣味」で英語学習して準1級取得がやっとでした。10年ブランクでそれも全部忘れたかも〜と恐る恐る、初級クラスで高校生のクラスメート逹と机並べて文法復習からはじめて、徐々に思い出してくる楽しさを味わいました。半年後のTOEIC IPが800チョイ超えで、やっと今、10年前の位置からのスタートかな〜というところです。
再開した当初は、構想も何もなかったのですが、やっぱりガイドと1級にチャレンジしてみたいと思うようになりました。
でんすけさんのように「PB読んでるうちに受かりました〜」とか言ってみたいのですが、リーディング全くダメなんで、地道にボキャビルから始めるしかなさそうです。
年齢的に今から?みたいな気持ちももちろんあるけど、このままチャレンジしないで終わるのもカナシイと思うんで、トシは言い訳にしないでやってみよっと思ってます。
どうぞまたいろいろ教えてくださいませ〜〜
Posted by あゆみ at 2010年10月19日 10:44
英語喋れるようになるのは俺も目標ですね、というかそれが理由で英語学習始めたようなものですし。

あ〜う〜ってそれで1級2次はそれで通りませんよ(笑)
デンスケさんの喋れるというのはかなり高レベルの話ですよね、ネイティブのような。
Phrasal verbsやって驚愕だったのは知らん表現多すぎた事でした、まず学生時代に習ったことないものばかり(笑)
しかもアメリカンドラマや洋画見てるとその句動詞がわんさか出てきますから英会話攻略にはやはり句動詞は必須かもしれません。

とは言ってもどれもこれも読書やリスニングなどの大量なインプットが伴ってなせる技ですから、デンスケさんなら全然イケると思います^^
Posted by Kaz at 2010年10月19日 11:01
こんにちは、未だあぅあぅの一級ホルダーです(紙ばさみみたいなもんですね^^)

しかしデンスケさんが会話やりたいというのは、初耳なような気がします。となると、ゴールは一緒ですかねぇ。会話攻略って、まさに妖怪みたいに得体の知れない最後の神秘みたいに感じますね。

チャットやってた時は一日中やってるうちに、知らないうちに考えずにできるようになってて、会話もそんな風に、話していれば、いつか、あれ?おれ考えずに話してるじゃん、という瞬間が訪れるのではないかと期待するものの、そんだけ長時間毎日話すのはなかなかきついし。11月からはスカイプ会話教室みたいのいいなあと思ってるんですがねぇ。春からは通訳講座可能なら受けたいです。

やはりシルバー英会話といえば、短期留学とかいかがですか? 豪勢にハワイ辺りで、ついでに散々悪さして来たいですねぇ(笑)。
Posted by Anchorsong at 2010年10月19日 15:42
はじめまして、あゆみさん。

自分もライティングできれば話せるようになるとは思いますが、諸々事情がありまして、ライティングはまるっきりできません(涙)。なので実現可能性は?です・・・。

自分がPB読み始めたのはTOEICで700なくて何もせずに6年ほど経ってからですから、もし読書がお嫌いでなければ充分読めると思いますよ。いずれにせよ1級を目指すのなら読むことは避けて通れませんですしね。

自分はあんまり年齢は考えたことないです。確かに名前とかを憶えられなくなりましたが、機械的な記憶力が衰えただけだと思っています。(なので読む量は確保したいのです)

こちらこそよろしくお願いしますね〜。自己流でヒジョーに適当な学習ですが(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年10月19日 19:16
こんばんわ、Kazさん。会社で「英語喋れるんでしょ?」と時々訊かれますが、「喋ったことないからわからない」と答えると爆笑されます。正直なとこですが。

英検の2次はね〜。あれは「火事場の馬鹿力」以外のナニモノでもないです。なんというか、トランス状態というか(笑)。何度もすべっていて言うのもなんですが、合格点取るだけならあまりレベル高いもんじゃないですよ。世間で思い浮かべる1級のスピーキング力から見れば、(笑)ですね。いやもうホンマに・・・。

句動詞はイタリア人ですら音を上げたとかいう話ですから、これが英語の難しさなんだろうな、とおもってます。まあ学者じゃないのでそんな真剣に考えてませんけど(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年10月19日 20:36
こんばんわ、アウアウ・・じゃなかった同志の1級ホルダー、Anchorsong兄様。

英語をしゃべりたいってのは現況を考えるとあまりにも無謀ですから(笑)。読むのも聞くのも、あるいは書くのも自分ひとりでなんとかなりますが、喋るのはぜったい相手がいるのでいちばんハードル高いですね。

中年として、カシミヤのカーディガンを羽織ってかすかに微笑みながらゆっくりと、ときには小首を傾げつつdescentな英語を喋る自分を夢見ますが、実際は顔を真っ赤にしてつば飛ばしながらドモリつつわけのワカランことをいってる自分がいるわけで・・・。このへんのギャップを埋めるのが最大の課題ですね。

シルバー英会話は、ハワイより東海岸のボストン辺りのイメージですね。行ったことないけど(笑)。悪さって、なに企んでんでるですかぁ?(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年10月19日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。