2010年10月15日

翻訳に挑戦(したいの〜)

ワシはDailyYomiuriを取ってるのだけど、毎週木曜日に翻訳コンテストをやっている。

英→日、日→英が週代わりで出題される。昨日(14日)は英→日だったから、21日は日→英。
日→英はワシの実力ではとてもムリ、英→日は5~6回応募したことがある。2回目で佳作に入賞、500円の図書券を貰ったな。もっともワシの翻訳が良かったのではなくて、どうもご新規さんは優遇される傾向があるみたいである。ゆうても新規参入者なんて限られてるだろし。というわけで応募したことのない人は木曜日はDailyYomiuriを買いにいけば図書券を高い確率でゲットできると思う。

この英文和訳翻訳をやってみるとわかるけど、作業の9割がたは日本語の検討である。記事自体は5分もあれば充分に辞書引いて意味を取ることは可能だろう。しかしこれを普通に読める日本語にするのはかなり骨が折れる。昨日の課題の一部(やったら構わんヤロ)。2010年のノーベル文学賞、ヴァルガス・リョサに関する記事。

"A leading member of a generation of writers behind the resurgence in Latin American literature in the 1960s, Vargas Llosa was a champion of the left in his youth and later evolved into an outspoken conservative, a shift that infuriated much of Latin America's leftist intellentsia"

ワシの訳:
「1960年代のラテンアメリカ文学再興期の作家世代のなかでその筆頭格のヴァルガス・リョサ氏は、若き日にあっては左翼活動の闘士でありながら、その後積極的な保守主義者となり、この転向はラテンアメリカの多くの左派知識人の怒りを招いた」

かなり考えたのだけど、 これだけ長い一文って日本語では無理があるな。「でありながら」は「であった。しかしながら、〜」で文章をいったん切りたい。こういうのって翻訳で許されるのかな。ワシの感覚ではそうしたいのだけど、それがいい訳かどうかはまったく別ですな。

かんがえてみれば、まともに日本語の作法を勉強してないもんな。長い文章は途中で切って「ちょっと鈍くする。それは森鴎外のスタイルであり、正しい日本語」といってたのは三島由紀夫だった。秋山駿とのインタビューだったか。確かにどんどん長くなる傾向の英文は日本語のスタイルではないだろう。

でもどうやったらいいのかわからないので、「翻訳入門」みたいな本を探しにいったのだけどピンとくる本がなかった。文芸翻訳はどうだとか技術翻訳はどうだとかちょっと走りすぎ。こういうのって習いにいかなくちゃダメなんだろうか。もっと基本的な考え方の本を読んでみたいのだけど・・・。

いい本をご存知の方は教えて欲しいです。

さて、2回目の図書券ゲットなるか。ムリでしょうね(笑)。


posted by デンスケ at 21:04| Comment(6) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜更新してるう。。来週月曜日の英語学校CHIがさきの予習があまりにも睡魔を誘うので気分転換にPCあけたら。。

でんすけさんすごーーーーーい。佳作なんて。この訳も私は無理や。できん。子供が生まれる前、フェローアカデミーやったか、翻訳入門通信講座ってのを一年間やったきがする。。でも「食い物にされるだけ」というか、才能もないのでお金払っただけというか。コンテストなどで優秀賞もらうと道が開けるそうですね。

でんすけさんは和書、洋書問わず、読んでる量が多いから 翻訳むいてるんちゃうでしょうか。。あれは「日本語力」といいますし。。
技を翻訳学校で磨き、さらなる背景知識がいるとか。文芸もそうですが、技術翻訳はもっと専門的な知識な緻密な作業も必要なので、私は翻訳は興味ありますが、金食いつぶすだけで老年期に突入しそう(笑)

二年前に購読してた、週間STで「翻訳の極意」やったか「翻訳教室」やったか連載があって、ほんとに緻密な作業や、歴史確認作業とか怠ると誤訳するなあとおもったしだい。


ううう。なんでも仕事にするには大変なものがある。

ではでは。週末、何しますの〜?
こちら明日、ちょっと千里中央で友達とご飯。日曜日はぱぱと娘、京阪電車まつりと、神戸駅に新型「はまかぜ」ってやつが展示されてるのではしごしていくそうです。。鉄道おたく炸裂やわ。ではでは〜!!!
Posted by 大阪の主婦 at 2010年10月15日 23:24
おはようございます、大阪の主婦さん。

だから、ご新規さんはご祝儀で貰えるんやって(笑)。試しに出してみたら?1回目でも可能かも。同時期に同じような人がいて、その人は1回目で貰ってたで。

別に自分は翻訳に興味があるわけではなくて、いつも英文を適当に読み飛ばしてるだけなのでたまにはキチンと読んでみるのも必要かと思っただけです。仔細に読んでみると、とんでもない取り違えをしてることがしばしばあり、アカンなあ〜と。

週刊STに載ってたのは単行本になってたで。ちょっと興味をそそられたけど、うっすい本なのに高いからやめた(笑)。

PB読んでいても、「ここはどう訳すかな〜」とか思いながら遊んでます。よく訳さずに英語のまま理解しろ、とか言われますが。主婦さん、どないしてるん?

きょうはPB(また買ってもた。汗。)を読んで一日終わりでしょう。明日はイベントで休日出勤。あさって休み。暇人やね〜。
Posted by でんすけ at 2010年10月16日 06:48
デンスケさん、こんばんは
休日ご出勤お疲れ様でした。
今日はぐっすりお休み下さい。

私も試験疲れてきました。(笑)
デンスケさんにはご声援、励まし、アドバイス、いろいろ本当にありがとうございました。m(_"_)m

主婦さんも、Anchorsongさんも本当にありがとうございました。m(_"_)m
(人様のお宅でまとめてお礼するなっつーの。。。)

しかし、渋いご本をよんでいらっしゃるんですね〜。
自分では読もうと思わない分野なので興味深いです。
コワくなって眠れなくなるようなことはないんですね。(笑)

『The Last Child』がとうとう来たので今日から読み始めます!
Posted by Nemo at 2010年10月17日 20:23
こんばんは。

私は将来、実務翻訳者を目指しています。某翻訳学校の通信講座を受けたこともありますし、トライアルにも挑戦しました。でも、まだまだ実力不足を感じますね。

でんすけさんの訳、なかなかいいのではないのでしょうか。さすが英検1級ホルダー。ただ1文が長い気がするので、2文に分けてもいいと思います。
Posted by Yuki at 2010年10月17日 20:51
おはようございます、Nemoさん。昨日はよく寝ました。たまには身体も使わんとあかんな〜。

英検は発表までドキドキですね。何も具体的にお役に立てず申し訳ないです。自分の場合、メチャクチャな独学で「ものごっつい幸運」に恵まれた気がしますので・・・。リスニング、ワケわからず選んだのがたまたま当たったというのばっかり(汗)。

昨日、休憩時間に本屋さんいったら、なんと!「聊斎志異」の完訳1〜6が平凡社から出てるのを発見。(岩波のは抄訳)1冊1500円で全6巻でした。

昨日からどうしようかな?とそればっかり考えてます(ま、どうせ買うのでしょうけど・・。)面白いですよ。中国のあの世ってこの世と同じで、神さまもランクがある官僚社会なのです。

ゆっくりPBを楽しんでください。
Posted by でんすけ at 2010年10月18日 06:57
おはようこざいます、Yukiさん。

翻訳は基本的なルールがわかってないので、原文を尊重するか読みやすい日本語にするのかいつも悩みます。ま、「両立させる」のがいちばんなんでしょうけど(笑)。

この文でも「〜となり」はevolvedという単語を使ってるので「〜に転じ」としたいのですが、そうするとshiftを「転向」とするのは言葉が重なるような。かといって「変節」でもないですし、悩ましいところです。こうなると完全に日本語の勝負ですね(笑)。

また教えてくださいね。この文はやはり2つに分けたほうが日本語としては自然ですよね〜。
Posted by でんすけ at 2010年10月18日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。