2010年10月09日

Free Rice

英検1次まであと2週間ですね。受験される方のご武運(というのか?)をお祈りいたします。

どうやってくぐり抜けたのか、もう1年半近く前なんで記憶が・・・。2年前、PBを読んでた。3年前、同じ。4年前、同じ。その間、自分の上達をどうやって確認してたのかというと読むスピードが早くなったとか、読めなくて投げたのが読めるようになったとかはなはだ曖昧な基準でござりました。
あ、PB読み始めて2年くらいで準1級受けたな。これは本当に何も準備してなくて、3回ほど英検サイトの過去問をやったくらいでした。一次80点(最低点71点)で合格。合格者平均がそれくらいだったので、ワシってまさしく準1の実力なんだなと思ったのう。2次はモゴモゴ言ってたら通った。

英検1級を受けようと思ったのは準1通ってしばらくしてから。ここではじめて単語本を買った。Basic Word Listっていうの。結構的中率が高いってどっかで読んだからだ。確かPass単と似たような的中率じゃなかったかな。アメリカの高校生あたりがG-MATとか受けるために作られてる。安いし、いいと思うんだけどな。当たり前だけど、英語で書いてある。

basicwordlist.jpg

この本の欠陥は、何の工夫もなく単語がアルファベット順にならんでることで、憶えにくいことこのうえない。質実剛健というか。痒いところに手の届く日本のとは大違いだ。もっとも例文は載ってるので、考えようによってはそれで十分なのかもしれない。

脱線するけど、なんでワシが単語本嫌いかというと「ワシが受験生の頃は碌なのがなかった」からだと気がついたのは最近である。「赤尾の豆単」か「試験に出る英単語」の2択。前者はおよそ憶えるという仕様には程遠く、後者はまあ考えてるけど単語並べてるだけでこれまた憶えにくい。豆単を辞書代わりに使ってる奴が多くて、先生がよく怒ってたなあ。ちゃんと辞書ひけ、と。ワシは「試験に出る英単語」すら憶えられなかったので、ひたすら辞書を引きまくってた。研究社の英和中辞典だったけど、マークしてないページはほとんどなかった。感心な態度だ。今のワシに言い聞かせてやりたい。

私見だけど、英検2級くらい、TOEICなら600くらいまでのレベルで単語本を主力にするのはどうかと思うな。このへんの単語は語法自体も憶えないと話にならない単語ばっかりなのできちんと辞書を引いて潰しておいたほうがあとあといいと思うんだけど。苦手だった英語が高校生のとき急に得意になったのは「単語は5秒以内で引け」という英語が得意だったイトコの言いつけを守ったからだと思う。

いまは電子辞書が主力だから事情が違うと思うけど、もし中学生や高校生に英語を教えるとしたら「まずは辞書を引け」っていうだろな。紙の。しかしまあこんなことをいってると「電子メールは味気ないから自筆でないと認めん」つうてる爺さんみたいでこれもトホホである。媒体が変ると手法も変るし、ただついていけてないだけかも知れん。ワシ自身、紙の辞書は老眼で見にくくて仕方ないんで電子辞書ばっかだけどな。しかし、「音読」なんて素朴極まりない方法が有力なことを考えても一考には値すると思うんだけど。

それでBasic Word Listをきちんと終えたのかというと、iで挫折。なんやそれ。まあでも折に触れ見直したりはしてたけど。ところで、ご存知の方も多いだろうけど、こんなサイトがある。
http://www.freerice.com/
ここは単語を4択から選ぶのだけれど、なかなかムズイ。英=英なので、意外な言葉が正解だったりで興味深いぞ。正解するとお米を貧しい国にdonateする仕組みとかいうけど、なんか怪しいというウワサもある。まあでも、単語を楽しんで憶えるのにはいいと思う。

と、直前になってこんなこと書いたりしても仕方ないだろと叱られそうですけど、勉強に飽きたらfreericeのサイトで遊んでみてください。骨っぽいですよ。


posted by デンスケ at 07:58| Comment(4) | ワシのくだらん雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来ました〜。しっかり英検モードなアップ、やってますね〜。受験生は藁をもすがりたい心境なので、助かりますよ。

この問題集はしらんかったな〜。

昔の試験に出る単語っていう本で、あれ、青春出版社とかでした?
私はそのシリーズで「語呂合わせ」でおぼえるやつを高校生のときにやりました。

lamentable 「ラーメン食べる」(悲惨な)生活
adequate  「味きっと」よくなる (適切な)調味料

とか。

私も辞書ひきまくったな〜。必ずひいたやつは赤ペンか、マーカーで線引いて、二回目調べて チェック入ってたら、「あほやな、覚えとけ」と自分を叱咤激励でしたね。

そういう積み重ねが語彙力つけるきもします。紙の辞書のほうが、なんか説明できんが、視界がひらけて、他の単語も見れたりするので得した気分になります。

わたしら、やっぱ、年寄り?(笑)

今日は雨でうっとーしいですね〜。
今日は美容院いってきました。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年10月09日 16:59
こんばんわ、大阪の主婦さん。日が短くなりましたね。もうまっくら。

Basic Word Listはただの単語本です。あ、ミニテストがついてた。いちばん最初がabrasiveやったかな。まあそういう本。自分は単語訳を混同するので、どっちかいうと英々のほうが良いような。単語も洋書でやりました。1級受けるんだったら、そのほうがいいような気がします。(コロケーションとかで)

語呂合わせは懐かしいな。主ぶらぶら代数を解く。勝てガリ(category)勉して合格の範疇へ。パパーチェス(purchase)買って〜。いまだに憶えてる(笑)。

紙の辞書は成句や句動詞を見るのなら絶対にこっちのほうがいいですね。電子辞書はいちいち邪魔くさいです。かといっていまさら紙の辞書にはもどられへんし。なので句動詞やコロケーションを勉強しようと考えてるワケです。

いちお、英語を喋りたいという願望はあるわけです。シルバー英会話ですねん(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年10月09日 19:24
デンスケさん、こんばんは(*^_^*)

私のBasic Word List は黒色ですよ!!確か10年ほど前に購入したと思います。でも、どうして黒から白に変わったんでしょうね?変なところが気になりました。。。

あまり大きな声では言えませんが、この本は少し読んだだけで、本棚に飾ってありま〜す。
Posted by 私のは黒 at 2010年10月09日 21:19
こんばんわ、みい子さん。

自分のも黒ですよ。いまのは白みたいですね。前のはなんか重々しかったですけど、新しいのはさわやかな感じですね。内容はかなり重いですけど(笑)。

もともとアメリカの大学受験用なので、やっぱり自分たちに難しい言葉はネイティブにも難しいんだと安心しました。本棚から引っ張り出してナンボの本かと思いますので、是非ボロボロになるまで。そのほうが本も浮かばれるかと(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年10月09日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。