2010年08月31日

TOEIC千本ノック(その5)

きょう本屋で千本ノック3、第4〜5章+12問。時計を持っていくのを忘れて時間を計り損なった。そこまで立ち読みでするか。で、結果。24/27、22/27、10/12。計、54/64。正解率、84.3%。
がーん。これはあかん。

3の正解率、通算で127/150の84.7%。1よりよかったけど、85%を超えなかった。1と3の通算では268/322、83.2%。しょぼす。Part5のみの正解率とはいえ、これでどれくらいのRの推定できるんですかね〜。

でもまあ、ホンマのこというと9割は正解せんとアカンと思う。ショーもないミスが多すぎ。ワシはPBを読んでたせいか、意表をつく表現とか逆説的な単語の使い方を結構見てるので、副詞の選択に結構迷うことがある。英検の準一級試験のときもひねった表現かいな?と思い間違ったことあり。とまあいいわけ。しかしどっちでも意味が通る英文だろ?と文句言いたくなることもあり。ワシはPB読むときは副詞はほとんどすっとばすのでこういうところでいい加減さが露呈されるな。

ということで残るは2だけ。ワシは参考書類を「回す」ということをほとんどしたことないのでもう3をやることはないだろな。(だいいち立ち読み(笑)。)2はいままでの反省を踏まえ正解率9割を目指そう。

8月も終わり。今年は残暑のほうが厳しいので、気づきにくいけど5時に起きてもまだ薄暗い。夕方の7時だともう暗くなってる。セミもいつもまにか鳴かなくなった。季節は進んでますね。

平原綾香の新しいカヴァーのほうにしようかと思ったけど、聞き比べたらやっぱオリジナルのほうがいい。
荒井由実の名曲。


「行く夏に 名残る暑さは 夕焼けを 吸って燃え立つ葉鶏頭 秋風の心細さは コスモス」
「空色は水色に 茜は紅に」「藍色は群青に 薄暮は紫に」
すごくいい曲だな〜。色彩感が鮮やかで。ことしの大阪の晩夏はとてもこんな風情がない(><)
posted by デンスケ at 21:44| Comment(8) | TOEICの星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TOEICに挑戦されるのですね。英検1級のデンスケさんなら満点近く取れそうですね。今年度の目標のペーパーバック(シドニーシェルダンの簡単な奴(^_^;))も300ぺじくらいまできました。
Posted by あらうんどざわーるど at 2010年08月31日 23:09
しかし。。。。本屋で立ち読みで、ただで解答。。。。「焼肉屋の煙でごはん食べる」とか「梅干見つめて、唾でてきたらごはんかきこむ」みたいな。。。その根性。   脱帽です。(なんちゅうたとえ。たとえられてんのか?)こちらも「買った」千本のっく3、終了。似たような解答率です。なかなか高得点は難しい。。
今後、公式問題集にすぐ手をつけるにはあまりにも高価で模試形式なのがどうも。。。ちびちび細切れ時間を使って解答に慣れたいため、千本ノック揃えるかな。わたしも同じものを何回もまわすのは苦手ですね〜。でも間違ったところの書き出し、知らんかった単語の書き出しをやり、大学ノートに羅列して書き、テスト直前の二日ぐらい、そればっかりみてたなあ。それをやって900越えを達成した経過があるので、「お守り」のような気分で今回もやってしまうかも。あと、二年前のTOEICに使った「直前模試3回分」てのがでてきて、一回やって二回目が中途半端に終わってるのがあるので、それをちびちびやるかな。リーディング、リスニング対策。
そうそう、セミが鳴かなくなったですね。。
クーラー夜中じゅうつけっぱなしですが、朝方寒いきがします。びみょーに季節は移っている。。そんな気配。昼はおもわんけど(笑)
この曲しらんな〜。卒業写真、NO SIDE、恋人はサンタクロースやな。

恋人はサンタクロースで思い出したが、二回生まで女子寮だったのですが、友人の彼女のためにクリスマスにサンタクロースの格好して原チャリに乗り、クリスマスプレゼントを女子寮に持ってきた上ヶ原大の彼がいましたな。。。田舎から出てきた私には、そんな情景が少女マンガみてるようでした。あのころはそういう「サプライズ」をしてくれる人てのがうけましたから。バブリーな時代。でんすけさんの学生のときはどうだったでしょうか?  ではでは〜。
今はサプライズいらんから、「お金」ちょうだい。。。。てかんじです。

Posted by 大阪の主婦 at 2010年08月31日 23:28
立ち読みで問題集なんてすごいなー。。。と書き込みをしようとしたのですが。。。にゃにゃにゃにゃんと私の大学生時代のサンタクロースストーリーが書いてあってびっくり。そうです、サンタクロース姿の彼にうさぎのオルゴールをもらいました。あはは、なつかし〜。ほんとに恋人はサンタクロースだったんですよん。

私もサプライズより現金派です。あはは。

この曲、私も知りません。だって、荒井由美。。。松任谷由実なんですよ。。。私たちの世代はー。


Posted by まめ at 2010年09月01日 03:48
こんにちわ、パパさん。お久しぶりです。

>満点近く取れそうですね
取れない、取れない(笑)。よく難しいといわれる英検1級ですが、考えようによっては「英文の意味がわかればいい」のであって、そんなに細かいこと訊いてきませんし。それに7割取れればOKなので気楽です。

PB挑戦されてるのですね。300pなら7〜8割終わったってとこですか。PBはいいですよ。読解力はもとより、リスニングにも結構効きそうな気がします。
Posted by でんすけ at 2010年09月01日 07:21
おはようございます、大阪の主婦さん。

なんで例えが食い物ばっかで落語に出てくるようなのばっかり(怒)。どうせなら「貧乏で学校に行けないけれど、向学心に燃えて教室の外から授業を覗いていた」という偉人伝的な例えがあるでしょう(笑)。誰やったかな。野口英世やったか。郷里から出てくるときに貰った餞別を遊郭で使い果たすとかずいぶんな人だったらしいですが。結婚詐欺みたいなことしてるし。何の話や。

この曲、知りませんか。yumingは「裏名曲」みたいなのがたくさんあって、これはその中でも白眉ですね。結構有名で、最近(おっさんの「最近」は10年くらいのスパンがありますが)平原綾香がカヴァーしてますよ。

暑すぎて、行く夏を惜しむ気持ちより、はよいってくれや、しつこいんやあんた、というかんじやね〜。

Posted by でんすけ at 2010年09月01日 07:34
そちらが何時かしりませんが、おはようございます、まめさん。芸能界みたいですね、いつでも「おはようございます」。

まめさんがサンタクロースの恋人でしたか。「恋人はサンタクロース」も大概古い曲ですが。「卒業写真」は荒井由実やし。

「恋人はサンコ〜ン、オースマンサンコ〜ン、ギニアからや〜ってきた」という替え歌(by嘉門達夫)を思い出してしまうのですが。

上ヶ原は学内で調達するのが多かったんですかね。京都は学校多いので、よその学校とさかんに交流してたような。「京都学生新聞」ゆうのがあって、コンパしましょう欄とかありましたしね。よく「R命大お断り」なんて書いてあってなんだかな〜という感じではありましたが。しかしR命のイメチェンはすごいですね〜。なんか普通の学校になっちゃったんでツマラナイな、と(笑)。

「餃子の王将」でコンパやってこそR命の面目躍如というかんじなのですが。この季節はよく四条大橋のへんで鴨川にはまってましたよ<R命大生。
Posted by でんすけ at 2010年09月01日 07:47
上ヶ原の女子大生は苦境に立たされててね〜。当時。あのころはバブリーなじきだったし、男女雇用機会均等法?ブームで上昇志向強い女性の時代。で、上ヶ原より上の「K部大学の彼」とつきあうのが目標でしたが、結構西宮から遠くて、また、K部松蔭、K南女子など激戦区でもあった。で、上ヶ原男子は
どっちかいうと、学内女子よりK部女学院、S和大学に目がいくんでね〜。実質、上が原女子は孤立ですわ。そりゃー今出川、出会いあれば喜んで状態でしたね。一度知り合いの今出川の男の子と上ヶ原でコンパした覚えあります。。。まめ、おったかな。。K子はおった。その当時、たしかにR命。。。頭になかったです。。。K西大も。。とにかく「おしゃれ、頭もそこそこ、遊びもしってておもしろい。将来性のある仕事に就職しそう」これが必須でしたなあ。

そう考えると、よくぞ拾ってくれました。うちのぱぱ。みたいな。

昨日のサプライズに匹敵するぱぱのサプライズがありました。学生時代。(このネタよく生徒にして生徒を絶叫させました。若い子はわくわくするんだろね〜こんな話)

八尾のほうまで電車にのってどんどん。。行き先を言わないし、田舎者の私は予想もつきませんでしたが、なんと!!!!

 八尾空港で セスナに乗って遊覧飛行。
30分一万。二回生のときかな。
ようやってくれました。これどお。バブリーな時期ならではですよね〜。

今なら、「ちょっと一万、そんな時間でつかわんといて。もっと物になるようなものに「しーな。なくなっても家計からはでんで。」といいます。。。

今日はぱぱ飲み会。。知らん顔してはよ寝よ。
  
Posted by 大阪の主婦 at 2010年09月01日 23:50
朝、なぜかコメントがPCに反映せず。遅くなりました。

ふむふむ、興味深い時代の証言ですね。ワシはバブルの時期はようやくいっちょまえのサラリーマンになった頃でね。億を超える取引でペーペーの自分が一人で行かされるとか。その頃は神戸で働いてましたが、街も華やかでしたね。

ワシは大学時代にコンパ行ったことないんですよ。好きな奴は好きやったね。若いときは自意識過剰でアキマセンでした。自分のことで手一杯で、好意を示してくれていてもまるっきり気がつかなかったり。

ワシは結婚遅かったので、会社の友人がいろいろと出会いを工夫してくれてたたのですが・・・。
・テニスをしようと誘われていったら可愛い子がいた。ワシは試合して壁打ちしてさっさと帰った。んな可愛い子紹介してくれてるなんて夢にも思わなかった。
・友人夫妻に誘われて南京町で食事。奥さんの友人のすごくきれいなブチョー秘書がいた。お仕事大変なんでしょうね〜うんうん、とか話して、ごちそうさん、と食べ終わったらさっさと帰った。秘書ってやっぱりキレイやな、と思った。上に同じ。
・スキーに行ったとき3日間同じ可愛い子と一緒に滑った。仲良くなったけど話はもっぱらスキーのことばっかり。そのコは最後に半日滑った別の男の子と後に結婚。はああ。

なんていうかな、パチンコの玉が入りそうで入らず、いちばん下の「スカ」に入ったような。まあヨメハンはもっと厳しい批評するかも。馬上少年過ぐ。光陰矢のごとし。はああ。

まあいまがそこそこならそれでええんかなあ(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年09月02日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。