2010年08月05日

イディオム

一日2unitsずつEnglish Phrasal Verbs in Use Advancedというテキストをやっているのだけれど、句動詞+αのイディオムのドリルがでてきた。

イディオム、苦手ですわん。憶えたら「表現が豊かになる」とよく言われてるけれど、こちとらどうやって英文を作ったらいいのかわからなくてあ〜う〜いってる程度でかっこいい表現憶えてもなあ。

いつだったか、ネイティブが書いてたんだけど、"sell like hot cakes"というイディオムはすんごく陳腐な表現でいまは使わないとか。でもJapanTimesで見たことあるぞ。どっちやねん。

しゃれた表現というのは一歩間違えるととんでもなくトホホなものになってしまうのは、累々たる死語を眺めてるとわかりますね。困るのは、そのへんの濃淡というか、ホントに定着してる表現で生きているものかどうかわからないところ。

で、テキストに"get on like a house on fire"つうのがあるのだけれど「たちまち仲良くなる」という意味らしい。「家が燃えるくらい(すばやく)仲良くなる」つうことですか。聞いたことなかったぞ。 リーダースで引いてみたら、"set the house on fire"で(聴衆を)ひきつけるくらいしかでてない。

それにこれはイギリスの本だから、アメリカじゃどうなのかっていうのもわからないし。定着した表現かどうか、わかればねえ。

ワシの好きなストーンズの曲に"Wild Horses"があるのだけど、実はこの曲はイギリスの古い諺からきてるとミックジャガー自身がいうておった。恋人のマリアンヌ・フェイスフルがドラッグで死にかけて、昏睡から目覚めたときに"The wild horses couldn't drag me away"とつぶやいたのを曲にしたとか。「絶対にしない、死んでもやらない」くらいの意味らしいけど。この表現は「フロスト警部」にもでてきて、ほう〜っと思ったものです。



posted by デンスケ at 07:40| Comment(6) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「生きてる表現」てのがまた、年齢相応の言葉なのか、その場にふさわしい表現なのかがわからんな〜とおもうのです。
幼稚園ママにニュージーランド出身のママでだんなさん日本人で日本語結構できたけど、30すぎて「わかんな〜い」と言ったときに場所と年齢のギャップを感じたな〜。それと一緒で、母国語としないものが英語を使うときに、縮約形や、最先端の知った表現を使用してうかないんだろうかと思ったときありました。
どうすりゃいいのか。

あつすぎる。。もうたまらん。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年08月05日 14:36
こんにちは、デンスケさん。

以前大学で日本語専攻してたアメリカンとメール交換した時、めちゃくちゃ流暢で返事出す気力が失せました。わたしがなんかミスしたのに
「ギャハハ、おっかしー、そんな風に言わないよーヽ(;▽;)ノ」
初メールでこれで、完全に頭のわるい中学生ほど流暢な日本語でした。極端な例でしたけど、実際の場面ではあんまり変わった表現は使わないほうが無難ですよね

Rad なんて表現教えてもらって使ったら、大人が使うもんじゃないと笑われましたし。ニュアンスまでは分かりませんからねー。
Posted by Anchorsong at 2010年08月05日 16:45
こんにちわ、大阪の主婦さん。溶けそうですね。自分は純良なチョコレートなので摂氏28度以上で柔らかくなります。暑いので冴えんですね・・・。

イディオム、きょうやったのでmake up one's mindなんっつうのもあって、こんな当たり前のん、イディオムなんかいな?と思いました。いわれてみればそういう気も。自然に憶えている・どこかで実際に聞いたことがある、くらいのを使うのが無難かもしれませんね。

日本語ですが、若いお姉ちゃん相手に「鼎の軽重を問われる」といったとき、「(表現が)年寄りくさっ」といわれたことあります。確かに若い人がいうと違和感のある言葉かも。

昨日、このおねえちゃんあてにいちびって英文で社内メールの暑中見舞い出したら、10分もしないうちに流麗な英文メールが返ってきて、ビビリました。「あほじゃけ英語わからん」ゆうとったのになあ。
Posted by でんすけ at 2010年08月05日 18:51
ANCHOROSONGさんのコメントみて、そう考えると、もう日本人と割り切って、日本人の英語ちうか、テキストにでてくる標準英語だけがんばっててもいいかと思う。あのNHKラジオ実践ビジネス英語くらいか?

海外生活予定もないしなあ。。

ドイツ在住、うちのブログによく来訪の親友、「まめ」に国際結婚したらすんごいネイティブになるかっちゅう話で、まめが「夫婦でこの年でがんがんしゃべるか〜?いろんな話」と言ってて、考えてみたら、自分は夫婦でどんだけ日本語しゃべってるかなあと。政治経済の話もしてへん。「明日早出?」「明日飲み会?晩御飯いらんな。飲み会決まりしだいすぐメールしてや。ご飯作った後でメール来てがっくりくるわ」「これ、クリーニングだしとってくれへん?」「え〜今日他に出る用事ないし。昨日スーパー行ったし」

この程度だしな。

最近「あれ、あれやん、ほら」も増えた。。

母国語を思い出せなくなっている状況で第二言語が上向きに習得できるものなのか。。。
疑問わきましたわ。(笑)
Posted by 大阪の主婦 at 2010年08月05日 19:01
こんにちわ、Anchorsongさん。

コメント、(爆)でした。でもこういう積極性が多言語習得の近道かも、ですね。実際に使ってみて、fathomするわけですから。

radって知らなかったので調べたら、"splendid"くらいの意味みたいですね。

きょうDailyYomiuriを読んでたら、sell like hot cakes の表現が偶然出てきてました。外信記事だったので、普通に使われる表現なんかな、と思った次第です。

英語(特に英会話)ってのは年代によって随分捕らえ方が違うんでしょうね。なんせ、生ものですし。

まあ、"Take it easy, dude!"つうとこですか(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年08月05日 20:06
主婦さんへ返事書いてるとヨメハンが「コロッケできたで〜、はよ取りに来て」でしばしAnchosongさんへのご返事中断してました(笑)。

コロッケ、おいしかったけど、ヨメハンの母ちゃんの作成です。ヨメハンは揚げただけ。しかしヒジョーにえばっております(笑)。

自分はネイティブとの接触は皆無(するとしても対価が必要)な状況なので、正直あきらめてるところがあります。読めたらそれでええやん。あとは自分の工夫次第と割り切ってますので、ジミーに日本人英語を追求するしかないですし。それすら怪しい状況では、どないせえと(笑)。

自分も20世紀に突入してから、「こそあど」言葉がおおくなりました。まあそういうことで、これは、あれですわ。どれ、いうてもまあ、あれ、いうことでヨロシク(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年08月05日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。