2010年08月01日

Pulp / Charles Bukowski (1994)

pulp.jpg
ブコウスキーっちゅう作家は有名なんかどうなんかわからないけど、そこそこ翻訳は出ている。ワシが読んだのはこの作品と"Post Office"だけなので、そんなにハマってるてわけではない。

"Bukowski : Born into This" 「ブコウスキー:オールドパンク」ってドキュメンタリー映画が日本でも公開されてる。一部の読者に熱狂的に支持されるカルト系作家というかんじではある。 「酒と女の桂冠詩人」というかんじですか。


で、この作品なんだけど、メチャクチャな探偵小説。なんせ献辞が"Dedicated to bad writing"だもんな。まともなミステリを期待したら「なんじゃこりゃ!」と怒り出す人もいるかもしれない。しかし、ただの読物としてなら、実に面白い。探偵小説の定石どおり、美女が事件の解決を依頼してくる。またその事件というのがなんだかよくわからない。で、主人公である探偵は何もせずに呑んだくれて競馬場に入り浸ってるウチに勝手に事件のほうで解決してゆくのである。

冒頭で"I want Celine.I've got to have him"とセリーヌを探すよう依頼されるのだけれど、セリーヌというのはフランスの作家のこと。反ユダヤ的作品を書き、第二次大戦後は亡命生活を余儀なくされ、亡くなった際には司祭に葬儀の執行を拒否され、墓にはひとこと"Non"と刻まれたとか。ちなみのこの人の全集を読めるのは世界で日本だけである。国書刊行会つうとこから出ていて、ワシも欲しいのだけどなんせ高いんでなあ。

まあそれはともかく、文句なく痛快で面白いのを、というのであれば絶対のオススメ。英語はめちゃくちゃ簡単。リズムがよくて、原書で読んでる快感を得られます。ちなみにこの作品は柴田元幸氏が翻訳し新潮文庫からでていた(絶版)。高橋源一郎曰く、「90年代最高の翻訳」らしいけど、残念なことですね。

whenwewereorphans.jpg
さて、この作品は「探偵小説のフリをしたブンガク」というかんじなんだけど、ワシが読んだなかでは、Kazuo Ishiguroの"When We Were Orphans"(「わたしたちが孤児だったころ」)もそんなかんじ。いっけんオーセンティックな探偵小説の装いではあるけど、仔細に読むとカリカチュアであることがわかる。謎解きのプロットが荒唐無稽だしなあ。この作品をミステリとして読んで「なんだこれは」と怒ってる書評をネットでちょこちょこ見かけるけど。割り切って読めばなかなか面白い作品だと思うんだけどな。


posted by デンスケ at 09:11| Comment(4) | オススメペーパーバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デンスケさん こんにちは!
今回のオススメペーパーバックも面白そうでしたので、早速Amazonで書評をチェックしてみました。
両方ともそれぞれに非常に興味深い内容でかつ平易な英語で書かれているため読みやすいとの事ですので、先日購入し手元に積まれている本を読み終えたら挑戦してみたいと思います♪

それにしても、デンスケさんはどうやってこの様な興味深い本を見つけられるのでしょうか?私も自分自身でその様な本を見つける事ができる様にこれから読書生活を楽しんでいきたいと思います。

話は変わりますが、今日はPLの花火大会。
花火大会の開催が週末になるのはしばらくなさそうなので、このクソ暑い中ですが、行ってみようか思案中です…。
Posted by K at 2010年08月01日 14:22
こんにちわ、Kさん。

最初、PBを読み始めたときにはナニを読んでいいやらさっぱりだったのですが、翻訳家の柴田元幸氏のかかわる本(現代アメリカ文学)はことごとく面白いってことで、氏の一連の訳業から適宜選んでいったりしました。オースターは柴田氏の訳もあって有名ですよね。Pulpも柴田氏関連で選んだものです。あと、「黒い時計の旅」(エリクソン)も面白かったです。英文はかなり手ごわかったですが。むろん、読めなかったのも多数・・・。スチュワート・ダイベックの「シカゴ育ち」は氏が絶賛してたので買ってみましたが、いまだに読めてません。

あと、本屋でなんとなく面白そうだなというかんじのもの。"When We Were Orphans"はなんとなく装丁と題名が気に入って読んでみました。このころはまだIshiguroをよく知らず、買ってからああ「日の名残り」の作家かと気づきました。本屋さんが好きなKさんなら、このへんの感覚はおわかりでは?堂島ジュンクはオススメ本の簡単な書評が書いてあったりして、ヨイですね。クソ暑い都会生活を送らねばならないのなら、大きな本屋が身近にあるというメリットは生かしたいですよね。

PLの花火大会ってめちゃくちゃデカイらしいですね。名のみ聞いてはいますがいまだ行ったことないです・・・。

Posted by でんすけ at 2010年08月01日 18:25
KAZUO ISHIGURO 了解です。。
しかし、先日注文したNEVER LET ME GO
の字の小さいこと。アマゾンでいろいろで照るけど、安いの選ぶとこういうことになるのかな。

門真にある免許更新センター終了。。遠すぎる。暑すぎる。。。。うう。。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年08月01日 18:26
"Never Let Me Go"はいろいろ出てるみたいですけど、自分が買ったのはff社の女の人が踊ってる?黄色い奴です。そんなに字が小さかったかな。長い小説ではないので、どこの出版社も普通じゃないかと思うのですが。記事の版の"Pulp"はめちゃくちゃ字がでかいです。高校の教科書くらいあります(笑)。

このあいだ買ったB.E.Ellisの"American Psycho"はメチャクチャ小さかった・・・。さすがに読む気が失せ、ここまで小さいと老眼鏡が必要だと真剣に思いましたね〜。
Posted by でんすけ at 2010年08月01日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。