2010年07月31日

句動詞の勉強

English Phrasal Verbs in Use(Intermediate)、70units昨日やりおわり。
一日2unitsずつで2ヶ月弱でしたか。状況に応じたPVをドリルするんだけど
正直機械的にやっただけで、あんまり憶えてないな〜。よろしくない。

確かにすごく勉強になる。微妙なニュアンス(ポジティブなのかネガなのか)が
こんなに簡単な表現でできるのだな〜と感心しました。

でもね。すごく曖昧なかんじでどうにもつかまえようがないという感じも。
get toが「怒る、責める」みたいな使い方するって書いてあったけど、前後の
文脈で判断せなわかりませんよね、こんなの。単純に憶えても、何の役にも
立たないだろう。もっと構造的にPhrasal Verbを分析しないと、非ネイティブ
には使いようがない気がする。とてもいいドリル集だけど、あまり分析的ではない。

いちおう同じシリーズのAdvancedも買ってるんだけど、これからどうしようかな。
句動詞の構造を分析してる参考書もあるみたいだし、そっちを先に読んでおいた
ほうがいいのかな。
ワシの頭脳では混乱するだけ、という気がしないでもないが・・・。

句動詞なんて、PB読んでも洋楽聴いてもぼんぼん出てくる。すんごくありふれてる
のに、なかなか実態がつかめないネ。wipe outのoutとはなんぞや、offやawayじゃ
アカンのか?とか、悩ましい〜。

posted by デンスケ at 17:20| Comment(9) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんと確実にやり終えるところがでんすけさん、すごすぎ〜。次なんのテキストするん?

自分のブログに「ガイド」の話書いたが、でんすけさん、今年ガイド試験うけないんだったかしら?

しかし、この試験、遠回りだけど、一次から地道に受けたほうが知識とか入って日本のことがよくわかるようなきもする。。。

どうだろね〜。二次のインタビューなんぞ、絶対落ちる自信あるな〜。合格率が20パーセント越えてるところがなんか、「希望の光」がみえるけど。そう思うとでんすけさん、私たち一級合格率9パーセント台だから、すごいね〜。私よくうかったわ。都道府県別の合格者数みるの楽しみよ。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年07月31日 18:16
大阪の主婦さん、こんばんわ。

次はこれのAdvancedかな。さっき近所の本屋にコウビルトとかロングマンの句動詞辞書見に行ったけど、置いてなかった。当たり前か。

ワシは今年はガイド試験パスしました。1級いうても、語彙と読解で点を稼いだだけのひょろひょろな英語力なんで、文法と句動詞を勉強中なわけでアリマス。いまごろになって「学習」してるわけで・・・。好き勝手に本読んでて幸運にも英検受かったので、せっかくならちゃんと勉強しなきゃと思ってるのです。それがワシの1級合格の意味やと思ってます。(ワシ、なんかエエこというてる気がする)

英語、皆目しゃべられへんし・・・。なんで受かったんヤロ?と思います。自分は他の方のブログやら情報収集しなかったし、1次でそんなに苦労しなかったので、正直準1級に毛の生えた程度かと。あとで難しい試験なんやな、とわかりました。呑気やね。だからこそ、受かったんヤロと思います。

兵庫県は2次ないから、自分も大阪でカウントされてるんやな〜。兵庫県って一発合格者多すぎ(笑)。

来年、ガイド受けます?
Posted by でんすけ at 2010年07月31日 19:09
いや〜。。何をしなあかんのか、要項もよく見てないのだけお。日程も。たしか夏ごろ筆記で、冬頃インタビュー?今日本屋でざっとみたけど。それも試験会場 京都やん。
大阪ないのんかいな。

年とともに、日本のよさがしみじみ分かってきたきがするんやわ。テレビで見る「尾瀬」ていうのかな、木枠みたいなのできた長い道
を歩きながら日本の自然を堪能する、みたいな。しかし、それがどこの県かもしらん私。。。一から勉強しなあかん、このつらさ。英語より、一次のなんか一般常識?地理?歴史?  これもあかんで落ちるきがsるしな〜。またハローかなんかの問題集やりまくる生活かな〜とか。不安になって通信講座何十万とかつぎ込んだらどうしようとか。あれ、一次の英語筆記からだと45万くらいかかるしね。無理〜専業主婦には無理〜。

でんすけさん、来年うけますの?

勉強する過程でかなりの知識が身につくので日本人として、いいかなともおもてます。

やっぱ、梅干にお茶漬けやね〜。
セブ島から帰国し、家族全員、

  むさぼるように味噌汁のんだもんな〜。

やっぱ、日本人だと痛感しました〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年07月31日 19:49
来年は受けるつもりです。いちおー今年教材は揃えたんやけどね。ワシは結構歴史好きでだいたいはアタマに入ってるし。仏教史やら美術史やれば十分かなと。

大阪でないんかって、地方のひと聞いたら怒るで(笑)。京都はどうも今出川大学の田辺が使われるみたいやね。一回も行ったことないからいっぺん行ってみたいな。

ワシは旅行あんまりしたことないけど、尾瀬が栃木県いうことくらいは知ってるで(笑)。ええかげんなこといわれへんけど、女の人って空間把握力が弱いような。ヨメハンに白地図みせたらファンタスティックな答えが返ってくるからオモロイ(笑)。あんまりやったら怒り出すからホドホドにせんと。

ワシはふだんワケわからない食事してるからあんまり味噌汁とかごはんとか執着しないです。ただ、麺類が恋しくてね〜。どんべえさえあれば機嫌よく外国で暮らせるような気がします。
Posted by でんすけ at 2010年07月31日 20:33
こんにちは、デンスケさん!

わたしは今年地方限定の方行ってきますが、二次に関しては情報全くなくやはり不安ですねー。なんぼ、北海道限定で筆記にでないと行っても明治維新説明できなくていいのか、とか。ただ二次に備えて一次受ける必要はないかな、と思います。試験は人物考査と、実質的な対話ですしね。準備段階で「英語で案内する日本」みたいな(よく知らない^^)定本暗記して、普通に会話鍛えて行けばいいんじゃないでしょうか? まさか二次で「注連縄は英語でなんといいますか?」とか聞かれないのでは……。

状況次第で来年全国行きますが、私の白地図能力は奥さん以下ですよー。やっば自信ないです……
Posted by Anchorsong at 2010年08月01日 09:23
こんにちわ、Anchorsongさん。北海道は雨ですか?

北海道限定ってどんなのかな〜と思います。たとえばこっちなら京都奈良なんてとこが控えてるから、ある意味定番のところ(仏教史とか)を押さえておくのかな?なんて思いますが。維新以前の蝦夷史はさっぱり知りませんし、だいいち英語のテキストがあるのか・・。北海道では歴史の時間にやったりするのかな。

ネットで読んだのですが、巻いてある藁はなんのためにあるのですか?と訊かれ、てっきりマツクイムシを駆除するやつと思い一生懸命説明したら妙な顔されて、あとで「注連縄」のこととわかったとか・・・。

出雲大社の注連縄は普通の巻きと逆らしいですね。ってこんなの北海道限定でいうてもしゃあないような(笑)。

ことしサクっと取っちゃって、来年いっしょに全国へ進出しましょう!ワタシもご一緒します。(そのときまでワシは英語やってるかな・・・。)

Posted by でんすけ at 2010年08月01日 10:22
英語の一次に関しては全国と同一なんですよ。だからw受験者は、全国の英語の成績がシェアされます(おそらく)社会科に関しては(まあ、はっきりゆるいですが、なんつって落ちたりして^^)、6000年前以前の縄文海進以前はほとんどの平野が海だった、有珠山は何回噴火した、14世紀のコシャマインの反乱で、函館の12館のうち消失を免れたのは、どこ? あとはアイヌ語やら、ゆかりの芸術作品とかでます。二次はおそらくバーチャル観光みたいなもんで、7月に道東いきたいけどいいとこありますか? とかあとは一般問答無用と思うのですが、こちらはまったく情報がなく不安です。

ただお二人とも大阪ですから、需要は最高にあると思うので、主婦さんも迷われるんなら、取っといた方がいいなー、と思いますねぇ。道内では、とりあえず英語でとっておけば、あと中検二級くらいでも仕事の引き合いはおそらくはある予感です。とにかくアジアからの観光メインですからねー。こちら。

なんとか全国取って、自分が山陰、近畿あたり観光して回りたいです。長崎とかもいきたいですねー。
Posted by Anchorsong at 2010年08月01日 13:59
>一般問答無用

問答無用なiphoneの自動変換です(涙)
Posted by Anchorsong at 2010年08月01日 14:07
>世紀のコシャマインの反乱で、函館の12館のうち消失を免れたのは、どこ?

設問の意味すらわかりません(笑)。これってかえってキビシイような・・。そっか、2次はバーチャル観光と口頭試問と。メモメモ。

きょう、Kansai Sceneという英語のフリーマガジンをジュンク堂でパクってきたのですが、ガイド本について面白い記事が載ってました。おそらくご存知かと思いますが、「プロが教える現場の英語通訳ガイドスキル 」という本です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%8C%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%AE%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E9%80%9A%E8%A8%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3/dp/438405579X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1280653311&sr=1-1

なかなか評判のよい本のようですね。機会があれば一度読んでみようかな。なんてガイド受かってからですね(笑)。いつの話やら。

Kansai Sceneの記事自体(英文)も面白かったのでご紹介したいのですが、HPの更新がまだみたいです。(毎月1日発刊)
http://www.kansaiscene.com/current/html/home.shtml
近々更新されると思うので、もしよろしければどうぞ。
Posted by でんすけ at 2010年08月01日 18:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。