2010年07月25日

The Bottoms / Joe R Lansdale

ランズデールって作家はシリアス・おふざけ・ホラーと芸域の広い作家で、角川文庫が
貧乏白人ハップ&ホモ黒人レナードのコンビが活躍するシリーズを出していて(10年位前?)、
これはおふざけ路線でした。でももう絶版みたいですね。残念。

早川が翻訳を出しているのはどちらかというとシリアス路線。
The Bottoms (2000)
thebottoms.jpg

2001年度アメリカ探偵作家クラブ最優秀長篇賞ほか4部門を独占、つうわけで秀作の誉れ高い作品。
ワシはPBを読み始めた最初の頃に読んだのだけど、面白かったです。ミステリとしては、
そんなにあっというような作品ではないけど、心に沁みる作品ですな。
舞台は戦前のテキサス。主人公の少年時代の追想なんだけれど、ある日愛犬のトビーと
森に出かけ、はぐれてしまう。そして少年が廃屋で見つけたものは・・・というわかりやすい
始まり方です。ラストのしめくくりも見事。ちょっとキングの「グリーンマイル」みたいで。

この作家は文章が上手いと思う。過不足なく、テンポよくストーリーが展開する。
かんじとしてはアメリカの高校生の必読書"To Kill a Mockingbird"に似てますな。あっちはもっと
文章が難しいですけど。こういう語り口の上手い作家を読んでいると、自分の英語力が向上した
錯覚に陥ります(笑)。なにか面白くて読みやすいのをお探しの方にはピッタリです。

afinedarkline.jpg
この作家には、似たような少年モノの作品として"A Fine Dark Line"というのがあって、
こっちもオススメ。ちょっと哀切に過ぎるという気もしますが、いい作品で
プロの仕事、というかんじ。

susetandsawdust.jpg

もうちょっと大人向けの活劇っぽいのでは"Sunset and Sawdust"つう色っぽい女性が活躍する
作品もあります。いずれも読みやすくて、ワシのイチオシ作家です。ミステリファンなら、
いやそうでなくても、ぜひどうぞ。オモロイで。


posted by デンスケ at 18:34| Comment(10) | オススメペーパーバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デンスケさん、こんにちは
随分前ですが、ラーンズデール読みましたよ〜!
日本語訳だけど。
面白かったのを覚えているのですが、ストーリーがゴッチャになっています。
drive-in movie theater が舞台になるのがダークラインでしたっけ。

Posted by Nemo at 2010年07月26日 10:16
デンスケさん こんにちは♪

毎日、ホントに暑くて死にそうですネ…。
昨日ですが、ランダムウォークさんに再遠征をしてきました!

先週の土曜日と商品のレイアウトが変わっていて、少しびっくりしました。
(¥500均一のコーナーが広く取られていました)

デンスケさんにオススメして頂いた
R.D.Wingfieldの"Frost At Christmas"を1番読んでみたいと思っていたのですが、残念ながらありませんでした…。
他にオススメして頂いたPaul Austerの"The Music of Chance"も面白そうでしたので探してみると、こちらは無事見つかりました。

それ以外に、色々と物色をしてみて面白そうかな?と気になり、勢いでGeorgina Hardingの"THE SPY GAME"と言う作品と、以前から気になっていた作家の短編小説が非常に薄く、私でもすぐに読めそうでしたし¥500から30%offになるのが決め手となり、計3冊購入してきました!
(Jeffrey Archerの"Not a Penny More, Not a Penny Less"も気になったのですが、積ん読本が増えるばかりになりそうでしたので、次回遠征時までのお楽しみにしておきました)

ランダムウォークさんを出て、あの界隈をぶらぶらした帰りに三宮のジュンク前に着き、足が勝手に洋書コーナーへと私を導き、どうしても読んでみたかったあの"Frost At Christmas"と柴田 元幸さん訳の「偶然の音楽」も欲しいなと思っていましたので、こちらも勢いで購入。

こんなに買い込んでしまって、きちんと読むことができるのか?と心配もありますが、これらを読まないとランダムウォークさんには行けないというルールを作りましたし、この暑い時期にウロウロするよりも、クーラーの効いた涼しいところで読書の夏を楽しもうと思います!

それなのにデンスケさん、今回の記事は私を煽っていらっしゃいますヨ…(汗)
またしても、気になるリストの本が増えてしまいました…(笑)
まずは手元の本から徐々に読破していき、今後の楽しみにしておきます♪

次回のオススメも楽しみにしていますネ!
(次回は、これを読んでおかないとどうするの?って言うくらいのオススメをお願い致します。積ん読本増加防止にご協力下さい。笑)
Posted by K at 2010年07月26日 14:32
しかし、暑い。。。煮えそうです。なんとか下痢おさまり、今日はぼくちゃんの学校プール送りなどいそがしかったにゃ。夕方から6歳の娘がのどが痛いといい発熱。。今九度。。自分の体をいたわる間もなく、家族に振り回されるのがいやで仕方ないのだが、「あ、。。もう一級うかったからイライラするのやめよ」と余裕がすこしあります。

昨日、anchorsongさんに讃岐うどん注文し、発送手続きとりました。おいしいじょ〜。香川の一流ブランドだ。香川県民がしらんひとはおらん。うどんはかむな、のど越しを味わうものだというのが香川のうどんの食べ方。ANCHORSONGさんがその通りに実行して喉つめないといいけど。。。わかさいもも数日中に受け取る予定。

さ、でんすけさん、そんなに、もったいぶらないで、どーんといきましょう。どーんと。

旅行中に pb my sisiter's keeper を半分まで読み終えた。ううむ。。。白血病の姉を助けるために生まれてきた主人公。親の気持ちも分かるが、この子の気持ちも分かるな〜。  コッテージのいすに座り、10歩ほど先にはラグーンビーチ。。そのなかでPBを読むのはほんと、よかったのだが。。帰国後の下痢はきつかったにゃ。
てことで、あしたは娘を病院につれていく日です。。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年07月26日 22:00
Nemoさん、こんばんわ。さすが本の虫だけありますね〜。ランズデールは知名度がイマイチと思うのですが、ちゃんとカバーしてらっしゃいますね。

自分も細かいところは忘れたのですが、"A Fine Dark Line"はドライブイン・シアターが舞台でしたかね。けっこうこの作家はドライブイン・シアターが好きみたいで、この後の"Lost Echoes"もそうなんですよ。これも読みましたけどイマイチだと思ったので書きませんでした。

ランズデールはどうも翻訳者好みの作家らしく、ほとんど翻訳されてますね。カール・ハイアセンもそうなのですが、ものすごく面白くてよく翻訳されてるのにあまり知られてないってのは、原書で読まないと面白さがそこなわれちゃうんじゃないかな?などと邪推しています。
Posted by でんすけ at 2010年07月26日 22:02
こんばんわ、Kさん。遠征、ご苦労様です。

"The Music of Chance"ですか。なかなかいいチョイスですね。なんというか、カコイイ小説です。500円均一も楽しいでしょ(笑)。実を言うと、フロストシリーズは500円コーナーで買ったのが半分くらい。売れ筋はたくさん仕入れるので、バーゲンに流れるのも多いみたいです。"The Cacther in the Rye"を見つけたことがあったのですが、見送ってしまいちょっと後悔しました。

ただ、自分のオススメはあくまで自分の趣味ですから、他の方が読んでおもしろいかどうかは保証の限りではありません。そんなにマニアックなのは書いてないつもりですが・・。

しかし、そんだけ仕入れると読むのが大変そう(笑)。自分は読み始めの頃は300pで1ヶ月弱かかりました。

せっかく本屋で現物を見るのなら、ちょこっと読んでみるのがいちばんですね。経験上、「なんとかなるかな」ってのはまず無理。「楽勝」でいいかんじ、「なめんなよ」で少し楽できるかなってかんじです。いまでもそうです。それと、そうめんはヒネ物がいいように、PBも寝かしておくというのも大事ですよ(笑)。無理せずに、ある程度の速度で読めるってのが大事ですね。いまは読めなくても、いつか読めるようになります。と、積読本の言い訳・・・。

ご自分で面白そうな本を探すのも、学習の一部、という気がします。自分の実力を過大にも過少にも評価せず、少し上を見ながら(これ大事)、楽しんで読書しましょうね!

Posted by でんすけ at 2010年07月26日 22:22
こんばんわ、大阪の主婦さん。生きてらっしゃいましたか(笑)。自分もお腹こわしてちょっとシンドイです。たぶんコロナウィルスにやられたんでしょうね〜。

外はぬるま湯の中を歩いてるみたいで、非常に疲れます。持続的に茹でられてるみたいで、温泉卵みたいな心持です。なんとかならんかな〜。

で、晴れて1級ホルダーになられたご気分は(笑)。そのうち合格証書が送付されてきますので、またシミジミと。"Certification Card"という名刺大のがくっついていて、自分はラミネート加工して財布に入れてます。(←うれしがり)

で、なにが「どーん」なんでしょう?英語の勉強は、ちびちびやってますが(笑)。しょせん、おちょこくらいしか容量がないアタマで、少ししか入らないので毎日少しずつやってます。でもおちょこでビール呑んでると、かなり酔います(笑)。

自分はただいま放浪中ですが、いつかきちんと自分の英語の定住場所を見つけたいなと念願しております(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年07月26日 22:39
ドイツから親友が帰国し、今日一泊。彼女も上ヶ原出身です。  で、彼女に設定してもらって、ブログ開設してみました。。。

つづくかな。。。。。長いこと予告なしにかかれてなかったら、僕ちゃんが入院して付き添いとおもってください。。。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年07月27日 14:23
こんばんわ、大阪の主婦さん。

ドイツ在住のお友達・・・。積もるお話もあるでしょうし、ブログはあとでゆっくりお伺いします。

大阪の主婦さんの語りは素でオモロイので、思ったことを書けば楽しいだろうなと思います。(昨晩飲み会で遅くなったので眠い・・・。)
Posted by でんすけ at 2010年07月27日 21:14
でんすけさんおはよううございます。

”Sunset and Sawdust"よさげですね。

でも、まだCarl Hiaasenの"Skinny Dip"終わってない!いつから読んでんだい。
今まで投げ出してました。ハイ。再開してますがまた投げ出しそう。
まずスラングが意味不明。hard-coreなら知ってるけどhard-onてなによ(笑)
native達が爆笑しているところに入れられ意味もわからずポカーンとしている自分を見ているような気がします。
まだ読める実力でないのはわかってますがいつになったら読めるんでしょうかね〜。
Posted by racoon at 2010年07月28日 06:58
おはようございます、racoonさん。

"Sunset and Sawdust"は面白いですよ。主人公は「夕日のような赤毛」という設定らしいのですが、赤毛というのはsexualな暗喩があるらしいですね。いろんな意味で「逞しい」とかいう。まあ何かで読んだだけなので当てになりませんが、なんとなく頷けるような気がします。(別にイヤラシイ小説ではアリマセン。)

"Skinny Dip"はいちばん最初に読んだHiaasenなのですが、かなり難しいですね。Hiaasenは冗談好きなインテリ層が「ギャハハ、またバカなこと書いてら」といって楽しむような作家だと思います。ほかのをいくつか読みましたけど、これがいちばんナンギしました。



Posted by でんすけ at 2010年07月28日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。