2010年06月10日

English Phrasal Verbs in Use

Advanced Grammar in Useでの学習に挫折。ワシには難しすぎたデス。

というわけで、これに代わる教材としてamazonで購入。

PV in use.jpg

連動詞というのか群動詞というのかよく知らないけど、動詞+前置詞という
phrasal verbに特化したドリル本。phrasal verbはやらなきゃならんな〜と
思いつつ何となく意味は分かるからいいかっ、て放置していた。しかし、
小説なんか読んでるとどれも簡単な単語ばかりなのに文意がさっぱりわからない
というのによく出くわす。辞書を引こうとしてもどれも簡単すぎてどの単語から
調べたらいいのかよくわからないし、電子辞書では成句とか引くのが邪魔くさい。
(電子辞書の弱点だな。新聞はあまりそういう文章は見ない。新聞は誰が読んでも
わかるように書かれているから、ぼんやりとした文章は少ないと思う。)

それと映画の会話とかですね。とにかくさっぱりわからない。かかる状況を
打開するためにこの教材を使っていちど整理しておきたいと思ったのです。

内容は一般的注意事項、基本動詞ごと、コンセプト、状況別(Travel,Driving,
Newsとか)のとか70のunitに分かれている。マジメにやろうっと。
ちゃんとやったら少しは英語喋れるようになるかしらん。

新聞やらニュースでcrack downというのをよく見かける。Beijing cracks down
Tibet's protestとか。それではcrack upというのはあるのか?

こいつは「大笑いする」らしい。ムズイな〜。もっとも「参らせる」という
意味もあるみたいだ。You crack me up! : 笑わせてくれるじゃないか。

Bo Diddleyに"Crackin' Up"という曲があるけどこれは「参らせる」の意味のよう。
カリプソ風味でええ味わいの歌。

You're always hollerin' bout where I've been
You're always screamin' bout the money I spend
What's wrong with you, oh yeah
You're crackin up

I caught you, woman, a long time ago
Keep your hand out of my pocket keep your foot out my
door
That wrong with you, oh yeah,
You're crackin up

I used to do your cookin', your laundry too
Now what more for a woman could a man like me do
I feel, oh yeah
You're bugging me

Crackin' up



しかしヘタクソというか荒っぽいカバーだな。まあそれがStonesの味わいなんだけど。


posted by デンスケ at 07:53| Comment(4) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デンスケさん、こんにちは!

"〜 in use" シリーズ、どれもよさそうですが、ご紹介のphrasal verbもよさそうですね!
デンスケさんがあきらめちゃうほど"G in use"は難しかったのですか〜???

確かに洋書やドラマのセリフにも頻繁に出て来るんですから、phrasal verbを使いこなせたら理解度も上がるだろうなぁ。。。

別室の"play up"知りませんでしたよ。
upなんだから調子いいんじゃないの〜??って思っちゃいましたよ。(笑)
Posted by Nemo at 2010年06月10日 09:38
こんばんわ、Nemoさん。Advanced Grammar in Use はいささか敷居が高かったです。やらなきゃならないことはいっぱいあるので、後回しです。Intermediateに比べたら、説明が詳細な分ドリル的要素が少なく、このへんも持てあましました。

phrasal verbはいつかやらなきゃと思いつついままでやらずじまいだったので、いい機会と思い着手しました。

crack down, crack up の例でわかるように、単純に行かなくてちょっとぼんやりした感じですから、phrasal verbは学習者には難しいですね。基本的なとこだけでも押さえたらだいぶ違うんじゃないかと期待してます。

Posted by でんすけ at 2010年06月10日 21:42
デンスケさん、面白ろそうな本ですね。あとでAmozoでみてみます。

phrasal verb・・これがわかれば。英語って簡単な単語ほど意味がわからないときがありますよね。

逆にnephrology腎臓学なんて単語は意味さえわかってしまえばやさしい。

それから be動詞+前置詞でいろいろなことが表現できる英語。以前の上司が英語nativeで、目からウロコがぼろぼろありました。

私は英語の文法書はエイザーシリーズが好きです。ただしバリバリの米語なので、"英語"
がお好きな方には・・・という感じですが。

エイザーシリーズではいつのまにか英語の感覚が身につくようです。と私がいうのも変ですが。。
Posted by Pam at 2010年06月10日 22:17
Pamさん、おはようございます。

ちょこっとやっただけですが、なかなか面白いです。平易で役立ちそうな表現方法ですがほぼ無限にあるのでなかなかやる気になれないんですよね。これをやって、英語的な感覚がちょっとは身に付くかな?と期待してます。

be+particleなんて素朴すぎてよくわかりませんよね(笑)。

自分はGIUは米語をやったのですが、なかなかアメリカンでよかったです(なんだそりゃ?)。自分はノリ一発勝負なので米語のほうがいいな〜(笑)。
Posted by でんすけ at 2010年06月11日 07:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。