2010年05月31日

教材用の映画を探すこと

なんでいまごろ文法やってるかっていうと、ワシの場合好き勝手にPBを
読み散らかしてきただけで、知識がキチンと整理されていないんですね。
英文を読んだり聴いたりするのならそれでもイイかもしれないけれど、
喋る/書くとなるとそうもいかない。

簡単な英文を喋ったり書いたりするだけで、「あれはどうだっけ」「これは・・」
と脳内を走り回らなきゃならない。ヘトヘトになります。

いちおう通訳案内士の一次は通る予定してる(大丈夫か?)ので、問題
は12月の面接である。それまでに少しは喋れるようにしておかないと。
と、まあこう考えておるわけです。かしこいですね。

あと、実際に英文を口に出してみること。これを全然やってない。
たとえば「英語5分間トレーニング」なんか格好の素材なのだろうけど
ワシはNHK講座が大の苦手で、続いたためしがない。4月からNHKを利用
してやろうと決意していたのに、気づけばすっかり忘却の彼方である。

もうNHKはあきらめた。ニンゲン、向き不向きがあるからな。
ここんとこどうするのか考えていたのだけど、名案を思いついた。
好きな映画のDVDを買ってきて、セリフを真似するのだ。こんな当たり前の
ことに気づかないほどverbalのアプローチには無頓着だったわけです。

なににしようかな。そう考えるとワクワクするな。
いちばんに思いついた"Days of Heaven"(「天国の日々」)はソフトが
入手困難みたい。なんでやねん。デジタル画像で一度見てみたいぞ。



う〜ん。Sam Peckinpah の"The Wild Bunch" (「ワイルドバンチ」)
はどうだ。セリフ少なそう。"Let's go" "C'mon, you lazy bustard!"
くらいしか印象にない。前者はともかく、後者なんかどこで使うのよ。

まあこういうのはクラッシックフィルムのほうがいいんでしょうね。
喋りが全体にゆっくりしてるし、セリフも上品。「ローマの休日」とか。
もっとも自分が興味あるのは70年代のいわゆるアメリカン・ニューシネマ。

自分の好きなほうがいいよな〜。というわけで次候補。ペキンパーの
"Bring Me the Head of Alfred Garcia"(「ガルシアの首」)
"The Ballad of Cable Hogue"(「砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード」)



「砂漠の流れ者」はバイオレンス系の代表ペキンパーには珍しく、ハート
ウォーミングなお話。ステラ・スティーブンスがかわいいんだな。
「ガルシアの首」はずっと昔に見たきりでどんなだったか。ウォーレン・
オーツがおっさん汁全開で熱演してたな。まあいろいろ考えてるときが
いちばん楽しいね。


posted by デンスケ at 08:04| Comment(6) | えいごのべんきょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そら、映画見て英会話できるようになったら言うことないわな〜。本望だ。昔の映画がいいらしいですね。「奥様は魔女」とか。「フレンズ」なんかはもういまどきすぎて、難しいらしい。一説にせりふや音をひらう音響技術がむかしはしょぼかったから、わかりやすいせりふや発音だったという話も聞き、なるほど。。と。でも日本語考えたってとんでもない、わからん若者の言葉があるから、やっぱ、ひとつの言語がかなり多様性を持ってきたのかなとおもいました。なんかまじめすぎるコメント。二次に向けて脳みそがんばり中。今日は「環境」トピックに取り組む予定。まったく原稿つくったことがなく。「偽善エコロジー」という本が話題になってたので、アマゾンで買っておいたのを昨日読みはじめ、驚愕。。。でも納得。これ、英訳して意見に入れようと思う。。ぜんぜん話はかわるが、またぼくちゃんの友の夫婦が離婚危機に。人生、結婚して夫婦となり、さまざまな困難もあったりするだろうが、この障害や病気をもった人間が身内にいて介護が必要となると、夫婦のまさに人間の真価がわかるようなきがしたな。困難なときにどんな人間かわかるというか。てことで、うちのぱぱは今のところ大丈夫そうなので、ありがたやありがたや。文句も言われたこともなければ、えらそうに言われたこともないわ。先日よりぱぱと交渉中なのが、イタリア製マニフレックスという敷きマットレス。でんすけさん知ってる?これはいい!高いがこれはすごい!ピンきりだが、最初は棚落ちの二万円ほどのを購入。私やぼくちゃん、娘が日々愛用。で、パパのベッドにもひとつ買えと交渉中。週末は私ひとり、そのベッドで好きなだけ寝るので(ぱぱはリビングでぼくちゃんと娘で寝る)
週末二日もそのマットで寝たい。体中の関節に負担がかからん。敷きマットなら楽天で18500円。。。。。夏のボーナスで頼みたい。てことで、しょうもなくだらだら書きました。またじかんあったらANCHORSONGさんおころコメントしよっと。ちょっと偽善エコロジー読了したい。ではでは。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年06月01日 10:17
こんにちわ、大阪の主婦さん。こんな時間にご返事書いてるのは、きょう会社休んだためです。風邪ひいたのか熱っぽくってね。決してサボリではありません。結果は同じですが。

環境ネタですか・・・。恥ずかしいですが、自分が書いた環境ネタの過去問原稿を披露しましょう。
"Is government action the key to dealing with climate change?"

Recent world-wide climate change, especially represented by global warming as acknowledged as a common issue that human beings must tackle. Global warming is not a problem of one or two countries but of all the countries on this planet.
I think no entities but government has a key role to combat against it. The reasons are as follow.
First, global warming is caused by various human actions. To pursue comfortable life, humans have made enormous effort. We can’t deny it. We can never be back to the wild life. But, pursuit of our happiness has brought inconvenient results. Rising sea level and sea temperature, chronic drought, extraordinary heavy rain or storm, these are said to be the result of global warming. As long as humans desire better life, inconvenient results come along. No entities but government can control humans ‘action, because only government has a right and power to make commitments. Therefore, government must play a key role on this issue.
Secondly, private sector has a lot to do collaborating with government, but we cannot cast it a main role of combating global warming, because private sector has a nature to seek benefit. We all know who is responsible for pollution that took place in history. But for government’s regulation, we would have suffered incomparable misery.
So, I do believe and expect government to play a key role against climate change.

あはは。辞書見てうんうんいいながら書いたの丸わかりですね〜(笑)。1次エッセイ10点の自分がどれほどスピーチの原稿書きに懊悩したか(涙)。いまさら見てもヒドイ英語ですが、当時はいい悪い以前にとにかく数こなすことに集中してました。独学やもん、しゃあないですよね。主婦さんの苦悩は本当によくわかりますが、終わればなんじゃこら?というカンジです。まあそのときまでは仕方ないですよね〜。がんばってください。

困難や危機のときにどんな人間かよくわかるといわれますが、震災の折り水道もガスも食い物もないので三田の知り合いのトコへその晩は避難しました。余震がたびたびあって、そのたびにヨメは震えてたらしいのですが、自分はぐうぐう寝ていたらしく、あとで非難されました。1.もう大きい揺れは来ない。きたらそれまで、仕方ない。2.怯えて震えていても仕方ない。むしろ何があるかわからないのだから、体力を温存すべき、というrationalな判断に基づいたのですが無神経といわれ心外でした。(けっこう図太いとは、よくいわれる)ムズカシイですね〜。ではでは。
Posted by でんすけ at 2010年06月01日 14:53
その後体調はいかがでしょうか。気温の変化が激しく、ついもう夏だと薄着になり、「してやられる」状態に。うちの主人は今朝、Tシャツ半パンで「なんかさむない?鼻水でてきたわ」やって。娘と「寒い格好してるからちゃう?他みんな長袖パジャマやで」と冷たくあしらった朝でした。でんすけさん原稿がんばってる〜!!!かけてますやん!固い話ができてますやん!これを口で言えるかどうかなんですよ。そう。こういう議論ができるかどうかってやつです。無理。。偽装エコロジー読了。もうごみの分別やめようかと思います。牛乳パックなど洗って切って、スーパーの分別場まで持っていって、300分の一しかリサイクルしてなくてあと、燃やすらしいわ。。。私の手間ひま何やったん?みたいな。
でんすけさんの震災経験はさらに人間をつよくしたんでしょうね〜。うちのぱぱは人間を強くせず、「明日死ぬかもしれんからお金はあるうちに使う」と思うようになったとか。
ではでは。お体にきをつけて。明日はまたまたぼくちゃんの参観日〜。
Posted by 大阪の主婦 at 2010年06月01日 23:36
こんばんわ、大阪の主婦さん。丸一日寝ていて、寝過ぎたせいかナニヤラ悪い夢を見て目が覚めてしまいました。寝汗かいてるし、熱がありますね〜。

いま文章読み返すといきなりasが2連発でイミフであります。できるだけイキオイで書いていこうと思ったのですが、すげー粗雑で前後のつながりがよくわからない文章ですね〜。時制一致してないとこあるし。自分の場合、英文を書くのが第一課題だったのであんまりかんがえずドンドン書いていくように心がけました。

だいたいイントロ(for/against)に続いて1個目の理由、それから2個目の理由という定型フォーマットで書いてました。いちばん困るのが「なんとも思ってない」ことで賛成も反対もない、っつう問題ですね。英語以前です。

1個の課題(環境問題とか少子化)とかで、ひとつパンチラインをかんがえとけば、それを軸に補足したり、展開することができるんじゃないかと思います。といいつつ、自分は受かった回もそんなこと頭から飛んでましたけどね〜。

ぱぱさんの考え方も合理的ですね〜。自分は使う金もないのでシコシコ英語を英語をやってますが、これって貧困ビジネスなのかな〜(笑)
Posted by でんすけ at 2010年06月02日 03:09
でんすけさん,こんばんは〜♪♪

「映画で英語」いいですね〜(^^)

「ローマの休日」は,DVDもDVD付書籍も持っています♪書籍「名作映画で英会話」(別冊宝島)は,スクリプト&DVD付で,1365円という安さでした!!数年前に買ったのに,まだ手つかずで,DVDも開封せずですが(-_-)(このDVDは本当に本物の映画なのかしら?まさか安い演歌カセットみたいに,偽物がでてたりして?!)

高校生の時に,オードリー・ヘップバーン熱が最高潮で,思わずバレー(踊る方)に通うところでした☆

私も早く,こういう勉強法を試したい〜!!(^^)

その後楽しみにしていますね♪♪
Posted by ひまわり at 2010年06月05日 00:41
おはようございます、ひまわりさん。

昨日amazonで買ったDVDソフトが届いたのでプレイヤーに入れたら動かない(;^ω^)・・・。

長いこと使ってなかったのでどうも読みとりできないみたいです・・・。「映画で英語」以前の問題ですね(苦笑)。

ひまわりさんは教員免許更新で大変なようですね。自分の場合、英語力が仮に上がったところでそれはあくまで自分だけにしか関係がないわけで、ちょっと寂しい気もします。かといって他人に教えるなどできるわけもなく(笑)。シンドイですけれど、まだまだお若いのでここは踏ん張ってくださいね。

なかなか楽しそうな勉強法ですが、よく考えてみればいままでも小説とか読んでるだけで大差ないような(汗)。1級も「(そこそこ)読めて聴けりゃ通るんでしょ」くらいにしか考えてなかったので、問題集やらやってないんですよね(笑)。TOEICは受けてないし。まあこういうのでもなんとかなった実例があったということで、今後また英語指導にあたられるときの参考にしてクダサイ(笑)。

Posted by でんすけ at 2010年06月05日 06:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。