2010年05月19日

ロス・マクドナルド

原油流出事故のニュースを見ていて、なんかこういう主題の小説を読んだ
ことあるなあと・・。思い出した。ロス・マクドナルドの「眠れる美女」だ。

大学生くらいのとき、熱心にミステリを読んでた時期があって、特に
お気に入りだったのがロスマク。チャンドラーより好きだった。翻訳は
ほぼ全部読んだと思う。(特に後期の作品は)マンネリ、つう批判があって
まあその誹りは免れないとは思うけど。

なにがそんなにヨカッタかというと、その文章ですね。極限にまで主人公
(探偵)の存在感を薄くして、事件の真相ににゆるゆると迫っていく手法が
ヨイですね。チャンドラーの清水俊二氏ほど世間では称揚されないけれど、
小笠原豊樹氏の訳業は素晴らしいと思う。

原文を読んだワケじゃないんだけど(苦笑)。チャンドラーは原文で読み
直したりしてるんだけどね。手に入りやすいし。ロスマクの原書をタマに
洋書コーナーで見かけても妙に高かったりしていまだに読みそびれてる。
amazonで見たら、"The Chill"「さむけ」を安く売ってるし読んでみたいねえ。
ワシがいまだに最高のミステリと思ってる作品だ。

さてさて、原書を読んで翻訳と比べたりすると妙に訳文がコミットメント
過剰というか、色が付きすぎじゃないの?と思うことがある。ワシが思うに、
原文はおおむねもっとニュートラルなかんじ。しょせん違う言語なんだ
から、モトモト無理な話とはいえ、もう少しすっきり訳せないものかなあ?と思う。

カズオ・イシグロの「私を離さないで」の翻訳は主人公の女性の語り口が
too feminineでどうかな?と思った。このへんの距離の取り方は翻訳者
や読者の好みによるんだろうけどね。

そんな文句いうのなら原文で読めと言われそうですが・・・。


posted by デンスケ at 08:01| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロスマクにはじめて出会ったのはすごい古くて、ルパンやら少年探偵団かなんか読んでた頃、おそらく鶴書房から出ていた少年ミステリー文庫みたいな奴の「動く標的」ですね。そんなこんなでこの作品とあと「さむけ」が好きですね。大体読んだんですが、なんかごっちゃになっててはっきり覚えてません。奥さんのマーガレット・ミラー(ですよね?)も、アイリッシュ好きには夏樹靜子っぽくてなかなか楽しめました。ていうか夏樹靜子がアイリッシュ好きそうかなってとこですか……

なんとかdifferent seasons フィニッシュしたいです。
Posted by Anchorsong at 2010年05月19日 20:11
デンスケさん、こんばんは。

いつもながらデンスケさんの記事を拝見すると読書家だと感心します。デンスケさんは翻訳本でも海外の小説をお読みになるのですね。

私は翻訳本が苦手なので、(おっしゃるようにもっとすっきりと読みやすくと思います、例えば、Newsweek日本版などは日本語かたいですね。読みにくい・・・)

で、日本語でミステリーが読みたいときは、日本人作家の本を読みます。

私もしばらく和書を読んでいないのですが、最後に読んだのは、「半落ち」だったかもしれません。あとは宮部みゆきさんが好きなので、何冊か読みました。


村上春樹さんは、もともと苦手で、同じ今話題のベストセラーの作家なら、東野圭吾さんですかね、読むとしたら。

恋愛ものは、以前ハーレクインを読んだのですが、私には向かなかったようです(英語も日本語も)。日本人なら林真理子さんですね。

やはり、あの日本語にしろ英語にしろ原書の味わいというか、それがたまりません。

デンスケさんご紹介の"The Chill”、Amazonのなか見検索で読んでみようかと思ったら、ただいまメンテナンス中で利用できません。。でした。
Posted by Pam at 2010年05月19日 20:39
少年文庫で「動く標的」ですか・・。渋すぎる(笑)。
>なんかごっちゃになっててはっきり覚えてません
そうなんですよね。どれ読んでも一緒で(笑)。

でもチャンドラーがケレン味たっぷりの芸風とするなら、ロスマクは地味だけどじっくり聞かせる人情噺の巨匠かと(笑)。妙にハマルんですよね。

自分はDifferent Seasonsは春夏で挫折したので、秋冬がんばってください。(←無責任)

Anchorsongさんの嗜好を拝見するかぎり、私見ですがPatricia Highsmithがお好みにかなうような。英文は明晰ですが、不条理に怖いという得難い作家です。もしご存じでしたらご容赦ください。
Posted by でんすけ at 2010年05月19日 20:55
こんばんわ、Pamさん。コメントありがとうございます。

翻訳本は高くて(笑)。手間賃入ってるから当たり前なんですが、せっかく英語やってるなら原文で読みたいものだと。若いとき、翻訳本の高さに泣かされた恨みかも(笑)。

自分は国内ミステリはまったく読まない(偏見があるのではなく、タダの好みです。)ので、自分にとってのミステリ=海外物なのです。

本当のことをいうと、国内物は読みたいのはもっとずっしりとしたもの・・・例えば中上健次とか濃いいい〜のが好みで(笑)。

ちょっとマジメにいえば、人生残り半分を確実に折り返した自分としては、自分が納得できる読書をしたいのかも。まああんまりマジメに考えてるワケでもないのですが(笑)。

会社の若い読書好きな子に面白い作家いる?なんて情報収集してます。読書離れなんていわれてますが、読んでるひとは読んでますね。すごく刺激があって、話してると面白いです。
Posted by でんすけ at 2010年05月19日 21:15
連投失礼します。

うが、ズバリです^^ パトリシア・ハイスミスも、アイリッシュ同様ヒッチコック繋がりで読みました。ミステリーよりサスペンスのが好きなんですね。

チャンドラー面白いですが、あのくらいの作品数でいいなーというとこですね。ただし原文で読みたいのもチャンドラーですが。ロスマクはツボにハマった時に、冷徹に書いてるのに感情的にすごい盛り上がりがあるとこが好きでした。それはもう訳者の面目躍如といったとこかもしれません。ていうか日本では、その共同作業がひとつの作品なんだって気もしますね。
Posted by Anchorsong at 2010年05月19日 21:29
おはようございます、Anchorsongさん。ジジイは夜が早いので失礼しました。

ヒチコック繋がりつうと「見知らぬ乗客」ですかね?チャンドラーが脚本に加わってるという。ヒチコックはもとより原作者のハイスミスにも毒吐いてるみたいですけど(笑)。

チャンドラー読んでいて思うのは、「この人性格悪いな〜」(笑)。なんつうか、偏屈で悪口が上手なんですよね。そこがまた面白いんですけど。ハイスミスも似たようなかんじで、チャンドラーがハイスミスのことケナしてたのは同族嫌悪かと(笑)。

ロスマクはそのような毒は感じないのですがおっしゃるように淡々とした描写ながら、ジワっと盛り上がっていくところが本当に凄いですね。決めました、ロスマクちょっと原文で読み直します(笑)。

こういう話できて楽しかったです。またちょくちょくしましょうね。
Posted by でんすけ at 2010年05月20日 06:44
デンスケさんこんにちは。

>原書を読んで翻訳と比べたりすると妙に訳文がコミットメント過剰というか、色が付きすぎじゃないの?と思うことがある。

そうそう、このことを強く感じたのはフロストの駄洒落の訳ですね。
おいおいそこまで言ってないだろう、てなことが多々ありましたね。
フロストは下品オヤジをはるかに超えていました。
ジョークの訳は原文を崩ずに行うことは無理があり、仕方のないことではありますが・・。

さてさて、さんざん苦労したフロスト後はこちらでも話題のマイケル コナリーecho park を比較的英語が平易で分かりやすかったためか、2週間で読破できました。

今はデンスケさんご推薦Carl Hiaasen Skinny Dip読んでますよ。
これは語彙が非常に難しく電子辞書片手にしても遅々として進みません。
また、読書後の感想をご報告しますね。(^_-)-☆
Posted by raccoon at 2010年05月22日 12:35
racoonさん、こんにちは。

ユーモア・ミステリの類は翻訳が難しいだろうな〜と思います。フロストはそれでも訳者の努力(?)によりよく売れてるみたいですが。

Hiaasenの"Skinny Dip"は洋書読み始めの頃に手を出して、あまりの語彙の難しさに一度放り投げ、2年位して再挑戦したらこんどは何とか読むことができました。あのときは英語力の向上を実感しました(笑)。それから何冊かHiaasenを読みましたけど、これがいちばん難しかったような・・・。Hiaasenは文章がちょっとヒネってあって、読むのに骨が折れるんですよね。

Hiaasenは作品のほとんどが翻訳されていて、なんというかクロウト受けするんでしょうね。その割りに知名度低いような・・・。
Posted by でんすけ at 2010年05月22日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。