2010年04月30日

万国博覧会

明日から上海万博ですね〜。といっても行けるわけでなし、どんなもの
なのかTVで見るだけですが。

ワシは年寄りの関西人なので、いまから40年前の大阪万博はハッキリ
憶えている。小学校6年生でした。親に連れられて行ったし、学校から
も行った。オカンがお祭り広場での琴の大演奏会に出場したので、それ
も見に行った。アホみたいに人数いるので、ロクに弾けなかったウチの
オカンでも出られたのだ。

で、着物姿でウロウロしてたら「アベベに声をかけられた」と嬉しそう
にいってた。なんで世界的ヒーロー(当時)がそんなところにいたのか
不思議に思っていると、アフリカのパビリオンでアベベに似たアフリカ
人に「一緒に写真とってくれ」というだけの話でした。要はアフリカ人
の代名詞として「アベベ」といってただけで、この大雑把さは自分に
色濃く遺伝してる気がする。いまでもその写真残ってるの。

まあパビリオンはガキんちょには面白かった。大人はどうだったんでしょう。
よく憶えているのが、やたら外国人がいたことだ。これが中学校からの
団体なら、「先生、ガイジンさんと話してや〜」とか英語教師はいわれ
そうなところだ。

みうらじゅんが大阪万博のことを本に書いてるけど、氏は1つ年上で、
中学生だったからだいぶ自分とは印象が違うと思う。こういう画期で
小学生か中学生かってのはずいぶん差があるような気がするな〜。

いまの万博公園はだっだぴろい何もない芝生で、ああいうデカイ何も
ない空間は貴重なのでけっこう気に入ってる。

19世紀末のパリ万博はエッフェル塔とヨーロッパにジャポニズムを残し
後のウィーン分離派ほか(クリムトとか)に多大な影響を与えるのだけ
ど、上海万博は何を残すのでしょうね。



posted by デンスケ at 07:39| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお〜万博公園、懐かしいですね。小さい頃は祖父母に連れられよく日本庭園に行きました。大きくなったら彼氏と行きましたよ〜。
祖父から「太陽の塔はあそこから大阪中の悪い子を見張っていて、好き嫌いしてる子や親の言う事聞かへん子がいてると夜に飛んで来て、連れて行かれてしまうんやで〜、じいちゃんも二回見た事あるねん。」と言い聞かせてられていた私は子供の頃、本当にあの塔が怖かったんです。
万博の時は私は生まれておりませんでした。(デンスケさん干支は子ですか?私はネズミでチュウ)その後のつくば博は行ってないし、私の中では「花博」が万博デビューでした
 何のご縁かつくばに嫁いで来ましたが、つくばにもある万博公園はやはりだだっ広い空間に何もないという贅沢な公園。ワンちゃん達のサロン、憩いの場、ワンダーランドと化しております。最近のワンちゃんはベビーカーに乗ってお散歩するんですね!びっくりしました。
 
「元町の紅宝石」ググってしまいました。よさそうですね〜。神戸、特に元町周辺は私の中ではウルトラスーパースペシャルな時に訪れる聖地のような場所でした。
実家からチャリで5分の阿倍野近鉄にはつっかけでもいけるねこむらですが、梅田の阪急と神戸のデパートに行く時はフル装備(?)で出かけておりました。
梅田ももう大阪駅を環状線に乗る為に通過するのみとなってしまいました。そういえば阪神百貨店の地下にヴィタメールというベルギー菓子店があり、そこにはフランス語をお話になるナイスミドルな西洋人のおじさまがいたのですが、彼はまだいらっしゃるのかな?

元町も最後に行ったのは郡愛さんでご飯を食べ、その後ルミナリエに行った10年前。今度は是非「紅宝石」さんに行ってみます。英検一級と通訳案内士どちらも一次通過できたら、(合格じゃないのか?!)自分へのご褒美に行こうかな?いつかここに集うみなさんで一級バッジつけて集まれたらいいですね。

ちびダックスちゃんの1日も早い回復をお祈りしています。頑張れ!

大阪の主婦さん、初めましてねこむらです。
来年1月の試験での英検一級合格を目指しています。
ただいま、夏の通訳案内士試験勉強中。
よろしくお願いします。主婦さんの7月二次合格を
祈念いたしておりますよ〜。
ちなみに、わたくしのGW、何の予定もございません。
ご飯作って〜、ご飯作って〜、ご飯作って〜、ちょこっと掃除して〜といういつもの休日です。Have a wonderful GW!!!
Posted by ねこむら at 2010年05月01日 08:19
ねこむらさん、こんにちわ。いい天気ですね。

朝、チビダックスを病院に放り込んで夜にお迎えです。病院で「ヒー」と蚊の鳴くような声出してましたが、こやつはこの手でジジババから食い物やおやつをせしめてます。

万博公園はドライブして帰りに、171号線まで出て、小野原のミスタードーナッツでお茶して帰るってのが自分のデートの定番でした。もうずいぶん昔の、バブル直前の頃ですわ〜。

紅宝石のあるへんは、さいきんTOAWESTとかいってずいぶんおしゃれな場所になってます。20数年前神戸で働いていたころは一和会の本部があって、機動隊が立ち番してる物騒な所でしたが。元町は神戸駅に近いあたりが落ち着いていて(寂れてるともいう)、好きです。自分はどっちかいうと梅田の方が近いのですが、本やら捜し物を見に行くときは大阪へ、ぶらぶらするなら神戸へ行きます。神戸の方が街がコンパクトで歩きやすいんですよね。

自分は戌年です。ねこむらさんは3度目の年女過ぎたばかりですね。若いな〜。前の年男のとき、「次は還暦かいな」とちょっと落ち込みました。

GWは自分はヒマにしてるので、よかったらブログで遊んでやってクダサイ〜☆
Posted by でんすけ at 2010年05月01日 12:13
デンスケさんおはようございます。
チビダックスくんご帰還おめでとうございます。動物は痛くても苦しくても自分の意思を伝えることができないだけに不憫ですよね。

万博ですか〜。なつかしい!もう40年前なんですよね。私は中学生の時にいきました。最後の1期校2期校世代です。デンスケさんは共通1次世代ですよね。月の石をみたのだけ覚えてますが、あんなに並んだのかしらん。
この歌謡曲も全部歌えます。(笑)あのころは宿題をするより毎日テレビを見るのが日課になっていました。

さて、やっと,ついに,at last, "Touch of Frost"完読です。police,copしか知らない私にとってconstable,inspector,sergent,super,fuzzなどのイギリス警察の役職名を覚えることからはじめないといけませんでした。またイギリススラングの応酬でわけわかんなくなることが多々ありましたがスケベ親父Frostの魅力にひかれどうにか読み終えました。
デンスケさんのブログに遭遇しなければFrostに出会うこともなかったんですよね。デンスケさんに感謝です。
これからは1級の過去問に切り替えて、ペーパーバックはいったんお休みしようと思っていたのですが、残念ながら6月の英検は親類の祝い事のため延期となりました。夏まではペーパーバック三昧といきたいと思います。アメリカ版のFrostのようなシリーズがあればぜひ教えてください。
ではよいゴールデンウィークを!
Posted by racoon at 2010年05月02日 10:05
racoonさん、こんにちわ〜。GW、いかがお過ごしですか。

1958年生まれの自分は共通一次世代ではないです。確か1960年度生まれからのような・・・。以前同じ職場だった女性が第1期共通一次世代で、2つしか違わないのに、ことあるごとに自分とは「世代が違う」ことを強調してました(笑)。

んなもん、同じ昭和30年代やろといっても西暦の50年代と60年代は違う、と主張してました。0年はどう考えてもdecadeの「最後の年」のような気がするのですが・・・(笑)。

フロスト読まれたのですね。bleeding good! ですね。イギリスの警察制度は自分もよく分かりませんが、フロストの面白さは不変です(笑)。実は最初に読んだときはショボショボの英語力だったのですが、1級受ける直前(昨年正月頃)全作読み直して、なんて面白いシリーズなんだと感嘆しました。

フロストシリーズはハズレがないので、どれも面白いです。最終作の"Killing Frost"は
「孤愁」という表現がぴったりの逸品です。

アメリカ版フロストですか〜。難しいですね(笑)。かなり毛色は違いますが、Carl Hiaasenはかなり笑えますよ。自分もなにか面白いの探しますね〜☆
Posted by でんすけ at 2010年05月02日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。