2011年12月03日

PB Best3 in 2011

むろん、ワシが読んだなかで、ちゅうことですが。

ことしはまだあと少しあるけど、たぶんもう読まないだろうから早めに発表で〜す。ことしは洋書に関していえば、前半:絶好調 中盤前期:ややだれて失速 中盤後期:急降下 後半:消息不明 ってかんじですね。何冊読んだか、毎年カウントしてたけどことしは憶えてない(汗)。過去ログみたら15冊。う〜ん。ミステリはあまり読まなかったな。ノンフィクション、自伝の類が多かった。

で。

Best1
"The Coldest Winter" David Halberstam
The Coldest Winter.jpg

朝鮮戦争を描いたハルバースタム最後の作品。かなりの大著(翻訳はぶっとい文庫本上下2冊)で、読むのに3ヶ月かかりました。文章は硬いというか、新聞を読んでるみたい(ノンフィクションだから当たり前だけど)でした。朝鮮戦争そのものの描写より、アメリカと中国の関わりやアメリカ国内の政治情勢の動きのところが面白かったデス。アメリカには中国に対する憧憬の念と軽侮が複雑に交じりわってるってことがよくわかった。どう考えても東アジアの歴史的中心は中国であり、新興国アメリカが最古の文明を誇る国とどうかかわっていくのか。"Yellow Peril"って言葉があって、本来なら中国がその人口からいってターゲットになりそうなものだけど、日本が「憎むべきジャップ」としてそのsubstituteになったという感は否めませんなあ。

でまあ、アメリカ(というかトルーマン)が中国をあきらめた(蒋介石を見捨てた)ことにより共産中国が誕生するわけだけども、そのファーストコンタクトは朝鮮半島の死闘、その後中国は鎖国状態になりニクソン訪中までほぼ断絶。毛沢東の死後、中国は開放路線に舵を切りいまや世界の経済大国であります。ズンドコ状態の西側諸国とこんごどう関わっていくのか、示唆に富む本でありました。アメリカ近代史に興味のある方なら非常に面白いと思う。また、英字新聞なりTIMEとかで中国関連記事を読む上でも知っておいたほうが良い歴史ってかんじですね。ちょっと分厚すぎますが。面白かったので、朝鮮戦争後の中国を描いたノンフィクション、"Mao's Great Famine"を読みかけたけど、こっちは半分で挫折(汗)。

Best2
"Just Kids" Patti Smith
just-kids.jpg

全米図書賞受賞で(日本ではごく一部で)話題になったけど、やはりなかなかよかったです。描写が鮮烈で印象に残る本。ワシ自身はパティ・スミスはほとんど聞いたことがなかったんだけども、なんというか自己の人生を振り返る自伝として、淡々としていながらも想いが伝わってくる作品でした。翻訳は出る、ちゅう話だったけどまだみたいだな。こういうとき、英語で多少なりとも読めるというのは、本読みとしてはめちゃくちゃ得した気分です。

クラプトンやキース・リチャーズの自伝も読んだけど、いちばん聞いてないパティ・スミスのがいちばん印象的だったってことはやはり訴求力をもったよい作品なんでしょうね。70年代の音楽シーンを多少なりともしってるひとには超オススメですな。クラプトンもキースのもそれぞれに面白かったけどね。

Best3
"Star Island" Carl Hiaasen
Star Island by Carl Hiaasen.JPG

3位以下がなかなか思い当たらない。それだけ上の2冊の印象が強烈だったつうことで。で、相変わらずですがカール・ハイアセン。いや、面白いですよ。バックビートなコメディ、この作家は原書で読まないとその面白さはなかなか伝わりにくいんじゃないかと思う。アホなポップスター(リンジー・ローハンあたりがモデル?)の言葉遣いとか。ハイアセンお得意の強烈に個性的な登場人物をして「こいつはretardなんか?」といわしめるアホバカな行動。こういう本をぎゃははと笑いながら読んでると、なんか快楽中枢が刺激されますなあ。ハイアセンってけっこう文章難しいんだけど、あまり気にせずどんどこ読み進めるのが吉でしょうなあ。面白い小説を読みたいヒトにはオススメです。


ほかには"Down River"とかも面白かったかな。Ross McDonaldの"The Wycherly Woman"も、翻訳で読んだときの面白さが甦ってきて、いやさすが巨匠ってかんじでした。Paul Austerの近作はどうも期待はずれが多いような。いまは新聞読むのが精一杯だけど、また小説とか読みたくなったら何を読もうかな〜。それまでは英字新聞を読んで、ちょっとでも「読むこと」から離れないようにせんといかんなあ。
posted by デンスケ at 07:24| Comment(10) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

December in Kobe

昨日はエライさんのかばん持ちで神戸市内の中学校に表彰状を持っていった。んで校長室に案内されたんだけど、校長室なんて何年ぶりだよ。高校では記憶にないな。小学校のとき、なんかで叱られたときにいった記憶がある。40年かそこらか(笑)?表彰状とかそんなのには縁がなかったので、あまり良くない記憶だけが。でかい地球儀があって、「いいなあ〜欲しいなあ」と思ってたな。

校長先生はワシくらい?の化粧っ気のない小柄な女性だった。「校長先生」ってひたすら仰ぎ見る存在だったけど、ワシもそれくらいの年齢になったんだなあと感慨深い。「いや、ウチの子が表彰されるなんて。本人も表彰なんて縁のない子ですから」あちゃあ。そこまでいうか(汗)。逆にワシとこのエライサンがフォローに回ってたぞ(笑)。で表彰式。ふつーの男の子。なんとなくワシも中学校のときはこんな感じだったんだろうと思わせる「ふつー」さ。よその学校にもいってるんだけど、女の子は多少「ませた」感じがするけど、男の子はおおむねぼーっとした感じやな。

「英検」のポスターが貼ってあって、あ〜こういうところで宣伝してるのね、と(当たり前か)。中学高校で見たことないねんけどな。それとも「縁がない」と思ってたので目に入らなかったのか。なので中高では受けたことなかった。初受験は49歳である。多少成長が遅れてたみたいやな(笑)。

中山手通にいっぱいバスが止まってた。なんでかな?と思ったら「ルミナリエ」が始まったんだった。中華料理食べて、ルミナリエ見て日帰りっていうツアーかな。地元は正直「まだやっとるんかいな」ってかんじだし。近隣の商店は観光客が多いだけでさっぱり物は売れず、客は人混みを敬遠して近づかないってボヤいておるけどな。基金が集まらず、ワシは会社からさせられたぞ。



確かにきれいんだけどさ、人が多くてな〜。ワシはいっぺんだけいったことがある。

ガイド試験の予行演習。「神戸では何を見たらいいですか?」

・・・なんやろ。
六甲山の夜景?(車がないと簡単に行けない。)
明石海峡大橋?(神戸の端っこ。神戸名物の真珠にちなんで「パール・ブリッジ」というらしいが、ムリヤリ過ぎて定着せず。「オクトパス・ブリッジ」のほうがよかったんではと思慮。)
異人館?(30年くらい行ったことない。だいいち、ガイジンさんが見て面白いものか?)
南京町?(ちっこい。端から端まで歩いて5分。横浜の中華街を想像していくと間違いなく落胆する。)

そやな・・。一部で有名な「高速そば」とか。
高速そば.jpg
「神戸高速鉄道」って線路のみの鉄道会社があるのだけど、そこの駅そばなのでそういわれてるだけ。

来年、大河ドラマで「平清盛」なので当然ながら「福原京」もでてくるハズだが、現在の福原はソープランドが林立するバリバリの風俗街。なので大々的にプロモーションもできないみたいである。近所の「新開地」は下町情緒たっぷりでB級グルメにはたまらんとこだけどな。ワシは大好きなんやけど・・・。
posted by デンスケ at 07:17| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。