2011年11月13日

通訳案内士邦文試験総括&2次準備

「通訳案内士」のエントリで自分が書いたブログ読み直してみたら、意外とがんばってやってたことがわかるな。実地に奈良・京都をめぐったのは楽しかった。けっこう仏教系統の知識の整理に役に立ったし。

使用したテキスト類
日本史
・山川日本史図録 ○
・読むだけですっきりわかる日本史 △
・ネットの日本史サイト ○
・日本文化史(家永三郎)◎
・超速の最新!日本文化史の流れ ×
・さくら日本切手カタログ ◎

日本史はひととおりの知識はあったので通史はざっくり読み直した程度。文化史はからっきしだったので重点的にやったつもりである。「読むだけ」「超速」は確かにカジュアルな文章でいまどきのガキんちょ向けかもしれないけど、かえって読みにくい。ある程度突っ込んでないと流れもなにもわからないと思うんだけどな。家永三郎の著作はさすがに超ロングセラーだけあって読み応えがある。一般教養本としてもオススメである。切手カタログは手前味噌だが、なかなかいいぞ。国宝とかピンポイントで知識が得られるし、地理の対策(国立公園とか)にもなる。超オススメ。

日本地理
・読むだけですっきりわかる日本地理 ○
・各地の観光パンフレット △
地理はよく知らない北海道〜東北までで、あとはおおむねざっくりした知識があったのでやらずじまい。いちおう国立公園は上記の切手カタログで押えましたけどね。各地の観光パンフレットは、こんなもんやらなくてもいいだろうけど、個人的には楽しかった。「読むだけ」シリーズはトイレで読んだり。ちょこちょこ読みには向いてるな。

一般常識
・観光庁の統計サイト ◎ http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/index.html
一般常識は的がしぼりにくく、やらずじまい。しかし観光統計に関する問題は必ずでるので上記統計の主だったところはマストであると思われる。そこしかソースないしな。ワシはいちおう目を通したけど、実際の問題は点を落とし、なんともトホホである。このへんで得点できてりゃ60点は超えて安心できたのだけど。

しかし英検よりよほどテキスト類買ってるな。なんだかんだでけっこう金使ってるので、なんとか元は取りたいところである。というわけで2次をどうするか。

昨日、「天皇」についてどう説明したもんかとかんがえていたのだが、天皇は日本の"Head of state"なのか?調べてみたら、どうもはっきりしない。「元首」といってもよさそうだし、そうでもないという意見もあり。このへん憲法学者でも意見が分かれるみたいである。んな難しくかんがえなくてもよさそうだけど、どうしても天皇の法的位置づけをいわないとその地位がわからないだろうしなあ、とも思う。あ〜ややこし。

イギリスは普通にエリザベス女王になってる。The Common Wealthでも、カナダ・オーストラリアも名目上の国家元首はカナダ・オーストラリア国王=イギリス国王みたいだ。カナダやオーストラリアが王国???と眼が点になったけど、そういえば大統領いないもんなあ。いつぞやオーストラリアがThe Common Wealthを脱退するや否やで話題になってた(英字新聞で読んだ)けど、そういうこと(イギリス国王を元首として仰がない)かあと妙に納得。しかし、カナダは王国ですか?と訊かれ正解できる人も少ないような。いつぞや北野高校出身、弁護士で知事である某氏が「日本も大統領制に」とかいってて、ワシはこいつホンマに法律家か?と呆れたくらいだから難しいトコなんだろうな。しかし王様のことくらいちゃんと理解せえよ、と。


ワシを英語に引っ張り込んだ恩人、王様ライブ。しかし侘しさのつのるライブだなあ・・・。むちゃくちゃ上手いんだけど、どうせならサンタナやメセニーみたいに顔に苦悶と恍惚の表情を浮かべたほうがよかないか。




いきなり袋小路に迷い込んだみたいなので日本の気候にお題変更。「日本の周りには4つの違ったタイプの高気圧があるので、日本は四季がはっきりしています。季節の変わり目に雨が降ります」高気圧はHigh pressure airとしても、複数形にしてもいいのか?わからん。またもやつまづく。

細かいところにこだわってても仕方ないような気がするが・・・。
posted by デンスケ at 10:59| Comment(14) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。