2011年11月08日

突撃!ワシの本棚

ヨネスケです、じゃなかったデンスケです。大阪の主婦さんが本棚晒せ、ちゅうことなのでいつもお世話になってるこちらとしては「コリはやらねば」ってことで本棚公開です。もっともワシの場合、本棚じゃなくてただのケースに突っ込んであるだけですけど。自分の部屋の本棚はめちゃくちゃなので非公開である。

GEDC0052.JPG

いきなりマンガばっかりである。お気に入りのだけは何度も読み直すので置いてるのである。水木しげる、諸星大二郎、谷口ジローが多いな。星野之宣はヨメハンが集めてた。「西遊妖猿伝」が双葉社〜潮出版〜講談社でそれぞれあるのは歴史をかんじさせるな。いったいいつ完結するんや(涙)。

洋書その1。
GEDC0054.JPG

マンガと違ってぐちゃぐちゃに突っ込んでるだけ(汗)。下に「のだめ」が並んでいるな。

洋書その2
GEDC0053.JPG

こっちもぐちゃぐちゃ。2列で突っ込んでるので後ろになにがあるのか。なんかAnn Tylerの本もあったりして(汗)。もう1個あるけど似たようなもんなんで省略。読み直すことはしないので、いつか処分せなあかんな〜。6年ほど前に家にある本は大粛清してマンガ以外残してないので、和書の類はちょっとしかない。粛清を免れた小説が「藤枝静男」というのも(汗)やな。

意外に思ったのは英語学習書がけっこうあったこと。いちおうやらねば、と思って買ったものと思われる。しかしやってないから全然記憶にない。あれですな、リスがどんぐりをせっせと土中に溜め込むみたいなもんか。リスは埋めたことを忘れるから、そこから発芽して森になるのだ。自然の営みやのう。うちの学習本もいつか発芽・・・したら困るな(笑)。

本棚の中に大伯父から貰った切手帳があった。伯父は戦前の神戸や上海で輸入商やってたから、世界から来た手紙の切手を置いておいたらしい。なんだか価値がよくわからないんだけど、ワイマール共和国時代の超インフレ時代の切手がある。インフレがひどくて、既成の切手に額面刷りなおしたちゅう世界史にでてくるあれである。上列、左から2つ目がそうやな。

GEDC0056.JPG

ギリシャは崩壊必至、ポルトガル・スペイン、あげくはイタリアもヤバイちゅうことで独立国同士で共通通貨ってのはやはり無理があるのかなあ。ユーロの行方に注目ですね。
posted by デンスケ at 07:07| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。