2011年11月06日

当世おっさん的事情

ワイドショーでやってたけど、「国民的美魔女」コンテストで優勝した女性(45歳)きれいですな。「美魔女」とは「「外見美」「知的美」を両立、包含する「才色美」な美しき大人の女性」のことらしいです。ワシがパッと「大阪の主婦さん」を思い浮かべたことはいうまでもない。いや、お目にかかったことはないですが。「大阪の主婦さん」のハンドバッグには「飴ちゃん」なんか入ってないんでしょうね、きっと。

しかしワシは見ていたのだ。TVを見ていたヨメハンの小鼻がふくらむのを。まさしくそれくらいの年齢のヨメハンとしては内心忸怩たるものがあるんやろな。「こんな甲斐性のないダンナとひっついてもうたばっかりに・・・。ワタシだってヒマとお金をかけたら・・・」いや、君はいろんな意味で無理やと思うぞ

もちろんそんなことはいわない。黙って別室に行き、ギターの練習をした。

しかし「国民的おっさんコンテスト」やったら面白いやろな。ナイスミドルとかチョイ悪オヤジ(もはや死語になりかかってるか)とか除外した「フツーのおっさん」のコンテスト。どれだけ普通のおっさんかを競う合うわけだ。それならワシだって参加でけるな。しかしかんがえてみたら参加人数が膨大な数になるし、評価基準がすごく難しいだろう。何をヒマなことをかんがえとるんだろうね〜。

このあいだ会社でギターやろうかなと話してたら1コ年下のおっちゃんが「ワシ、ウクレレはじめましてん。ヨメハンがフラダンス習ってるし。こないだ発表会でいっしょに出ましてな。ウクレレ、安物から買い換えたから高うつきましたわ」仲良くてよろしいな。見た目はでかくていかつい方だからちょっとウクレレ弾いてる姿を想像してニヤニヤしてしまった。別の女性(ワシと同い年くらい)は「ダンナ(ワシと同期)といっしょにバイクでツーリング行くねん」ゆうてたな。

家庭菜園やってる奴もいるし、須磨海岸の浄化をやってるNPOで代表やってるのもいる。みんなそれぞれに人生を楽しんでますね。ちょっと上の世代では飲み会がやたら好きってひとが多いけど、ワシらはあんまり飲み会より個々の趣味やら生活を追求するタイプが多いような気がする。

バタやん.jpg

ワシもギター、がんばりたいところ。しかし指が痛い。きのう初レッスンにいったけど上手く弾けなかった。かんがえてみれば、壁にもたれかかってポロポロやってるからギターの位置が顔に近い。いってみれば「田端義夫」スタイル。普通にいすにすわるだけでネックが遠くなりとたんに指位置がわからなくなった。「ちゃんと立って練習しましょう」って書いてあるサイトを見たり。しかしそれでは指位置が見えない。

ん〜と考えて、鏡を見ればよいと自己解決。100円ショップで買ってこよう。

まったくガイド試験準備、やってない(汗)。困ったもんや。ずうっと1次の英語科目免除ゆうのはでかすぎる。「また受けたらええだけやん、急ぐわけでなし」とつい思ってしまうなあ。

練習中↓ いや、まだアルペジオやりかけてる段階ですが。

posted by デンスケ at 10:06| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。