2011年10月23日

遥かなる道程

ギターを始めて1週間。いまだに上手くコードが鳴らない。コードチェンジもできない。英語でいえばアルファベットも満足にいえないくらい?先は長いなあとタメイキがでますな。ふっと思い立ってアルファベットを逆にいえるかどうか試してみた。ZYXWV....ううっ。難しい。かんがえたらでてくるけど、順番にかんがえてその逆を辿って・・・ってかんじです。ギターは、いまはまだそんなかんじ(笑)。押えるところを確認しいしい鳴らしてるから、ただのノイズですな(汗)。

ワシ:「おい、この曲なんかわかるか」(ガチャ..ガチャ...)
ヨメハン:「わからん。なに」
もう一度。
ヨメハン:「ぜんぜんわからん
ワシ:「これはディランの"Oh,Sister"やないか。お前、好きな曲やろが」
ヨメハン「そんなん途切れ途切れで、『曲』いえんで。わたし忙しいねん」

・・・・。修行の道や。と法善寺横町の月に誓うのであった。

しかし少し弾けるようになったら、唸って(浪曲かい)みたい曲はいっぱいありますな。懐メロですが。



こういうのも。


アルペジオなんかいつになったらでけるんだろう。


しかし70年代ウェストコーストばっかりやがな。まあこういうの聴いて、英語に興味もったんだから足を向けて寝られん。洋楽に興味持ってなかったら、どうなってたんヤロ?って思うな。ワシは高校になってせっせと洋楽の歌詞を訳してたら知らんうちに得意科目になってたんである。英語の勉強と音楽はワシの場合切り離せない関係なので、ギターやりたくなるのはある意味必然なのだ。

だいたい初心者はFで挫折するらしい。ワシも当然ながら上手く鳴らない。しかしFより難しいBとかもあるわけで、行く手は困難に満ちているものと思われる。11月から月3回ギター習いにいくのだ。通訳ガイド試験はどうなった。まったく頭から飛んでおる(汗)。

で、むりやり英語に話を振ると、ワシが英文というもののナンデあるかをおぼろげながらわかったのは、それほど前ではない。例えばだな。"He stayed put."って文があったとする。なんか動詞が二つ並んでいて面妖であるが、もちろんputは過去分詞で形容詞ですな。けっこうこの理屈がわかったときは目からウロコでした。あと文頭から文末への文章の流れで読む。

"(Gaddafi's)death robs the new Libyan government of the opportunity of showing themselves better than he was, but allowing a process of justice to take place."

別に難しい文章じゃないけど、こういうのを頭からすーっと読んで理解でけるようには相当かかったな。なのでワシは英語の構文とかの理論はまったくわかりません。とにかく前から後ろにだけ。主語がどう働き述語がどうつないで、なにが目的語でどういうことを説明しているのか。そればっかりかんがえてた。変に構文の知識が残ってなかったのが幸いしたのか。ワシが英検の空所補充問題が得意だったのはこういうのが関係してるんかいな?と思う。

英語はなんとかかんとか新聞が読めるくらいまで来たけど、ギターはどうかな〜?
posted by デンスケ at 18:49| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。