2011年10月12日

America

大阪の主婦さんがブログで「イギリスかアメリカか」って興味ふかいエントリを書いてらして、「アメリカ派」宣言をしてきた。別に頼まれてもおらんのやけど(汗)。英語自体に関してはイギリス英語でもアメリカ英語でもどっちでもええんですけど。どっちもあんまりよく聞き取れない。ただ慣れてないせいか、BBCを聞いてると肩が凝りそうな気がするな(笑)。

ワシがガキのころはしょちゅうアメリカのドラマやアニメをやっていたので、「刷り込み」てのがあるのもしれんな(笑)。ちなみにアメリカアニメの代表みたいに思われてる「トムとジェリー」は版権の関係でいまは放送もソフト化も困難なんだそうです。ワシは「どら猫大将」とか「空飛ぶロッキー君」ってのが好きだったな。

60年代後半のロンドンは世界のポップなカルチャーの中心地みたいな頃(「スウィンギング・ロンドン」って奴ですね)があって、日本でも「イギリスブーム」があったように記憶してる。ミニの女王、ツィッギーが来日した頃ですね。全然関係ないけど、この間東京にいったときに思ったんだけど東京の女子高生ってスカート丈短いな。関西が長いのかな。関西のほうが保守的なんですかね?

ま、それはともかくそのものずばり"America"って名前のついてる有名な曲がふたつある。
いっこは「ウエストサイド・ストーリー」の中の曲。リタ・モレノ格好いいですな。役柄と同じくプエルトリコ出身。rの発音がやたら巻き舌で印象的ですね。日本人はRとLの発音に弱いっていわれるけど、これくらい舌を巻いたらええんかもしれんな(汗)。



しかしプエルトリコはアメリカ準州でありながらスペイン語主体らしいですな。カナダもフランス語圏と英語圏両方あるし、言語の問題ってのはもっとも困難なもんかもしれないね。

もういっこはサイモン&ガーファンクルの曲。ワシはこの曲が好きで、そらで歌詞が言える。



Let us be lovers we'll marry our fortunes together
I've got some real estate here in my bag
So we bought a pack of cigarettes and Mrs. Wagner pies
And walked off to look for America....

1981?の再結成セントラルパークコンサートで、バックをStaffのメンバーで固めてる。いまは亡きリチャード・ティーのフェンダー・ローズがきれいだなあ。

カフカの小説にも「アメリカ」ってのがあって(草稿段階で本人がつけたのじゃないらしい。いまは違う名称で呼ばれてたりするらしい)、やはり人工的な国家なので「アメリカとは何か」ってのを考えやすいんでしょうかね。

さてさて昨日は新聞休刊日で英字新聞読めず。連休中ぜんぜん英語読んでなかったから長いことさぼってしまった。きょうは買わねば・・・。
posted by デンスケ at 07:30| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。