2011年10月02日

通訳案内士2次試験、どないすんねん?

う〜ん通ってるのか通ってないのか、通訳案内士1次試験。しかし「通ってる」と仮定しないと話が前に進まない。なので内心の疑念をふりはらいつつ、2次の対策を考えてみた。

自己紹介のあと、「日本的事象」について口頭試問されるみたいである。大阪の主婦さんから転送してもらった対策学校では、こんなことが訊かれるのではないか?って事項がズラズラ。

(可能性大)
日本の気候、将軍、幕府、旅館、民宿、芸者、京都、にぎり鮨、お節料理、酒 、歌舞伎、能、
生け花、茶の湯、水墨画、浮世絵、日本庭園、枯山水、俳句、柔道、空手、相撲、カラオケ、
神道、仏教、禅宗、座禅、神社、寺、鳥居、おみくじ、正月、初詣、花見、お盆、床の間、掛軸、
銭湯、塾、根回し、単身赴任、わび・さび、義理・人情、本音・建前、天皇

う〜ん。「水墨画」「枯山水」なんかどないしたらええねん(汗)。「枯山水」なら頭を指して「こういう状態ですわ」とハゲの人なら捨て身の作戦も取れるかもだが、残念なことにワシは髪の毛はフサフサである。

まあ簡単に説明でければよいってことですな。英検みたいにスピーチで論理的展開を求められるつうことはないということだから、気楽ではあるけど英検のときも論理的展開なんてあったんかどうか怪しい(汗)。

あと、詰らないこと。かんがえたらアカン、ゆうことですね。どっかのブログ読んだら、「どうせウソかホンマかわからんのだから適当に答えておけばいい」なんてヒドイことが書いてあったけど、ワシはこういう考え方は断固として、支持する(笑)。現役ガイド、きんちゃんがいってたとおり「エンタテナー」だし。軽く訊いたことに「神道の起源はそもそも・・・」なんて重々しく答えられても困惑するだけだろう。

というわけで、こういった「日本的事象」に関して短く説明できるようなのを作っておく。4行くらいでええってことらしい。そんな凝った構文なんか必要ないみたいだし、気楽といえば気楽ですなあ。

しかしリストを見て思うのだが、なんか典型的な「ジャポニズム」というか・・・。なんかいま日本を訪れる欧米系ツーリストの要求とはずれてるような気がしないでもない。まあ国家資格だから「ソープランド」なんかかけませんわな(笑)。しかしマンガとか現代ジャパンを代表する文化とか入っていてもよさそなもんだけど。

「その名はフジヤマ」


あと気にかかるのが、東京と関西とでは訊かれることが違うのか?ってことだな。たとえば「相撲」なんて東京では見られる確率も高いし、なんとなれば博物館だってある。やはり江戸の文物であろう。「歌舞伎」もしかり。ワシは歌舞伎なんかみたことないぞ。かといって関西だからといって「文楽」なんか訊かれても却って困るけど(笑)。それに「芸者」は関東の言い方で、関西では「芸妓」である。(関西では「芸者」はしばしば「枕芸者」のことをimplyしておる。)

とゆーわけで、まあこういったリストで自分でちょこちょこ書いてみることかな。んでもって、本当に通ったらどこかで口頭試問してもらうとか。でければ「日本に着たばかりの外国人」の振りしてもらうとか。

問題は、英語でいえるかどうか。なんだけど・・・。
posted by デンスケ at 08:10| Comment(9) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。