2011年10月06日

独学?通学?

さて雄雄しく職場復帰(いうほどのもんか)したワシであるが、一日が早いな。なんかバタバタしてる間にお昼で、ちょこっと外へ出たりして帰ってきたらもうオワリ。きょうは早くも木曜日か。

さて会計の勉強の必要性を痛感したワシは近所の本屋さんに行って、簿記のテキストを買ってきただよ。
2級もってるから、1級ね。わからん。さっぱりわからん。2級取ったの10年以上前だもんなあ。
テキストは「サクッと受かる」っていうシリーズで、薄い(とりあえず安いの買ったから当たり前だけど)。説明は簡にして素、わかったようなわからんような。で、問題といてみたらぜんぜんでけんのよ、これが。

もうちょっと網羅性の高いのがええなあ。

学校に行く、ていう手もあるので調べてみた。たかっ。20万円くらい?そいえば、2級取ったときも通学だと15万だかそこらで、正直(この資格で15万円は出せんな)と思ったことを思い出した。そう、簿記2級も独学でした。教材やらなんやらで2万円弱で済みました。簿記2級は絶対基準で、問題の難易にかかわらず70点取れば合格である。なので70点取れるような勉強をした。わからんとこはさっさと飛ばした。結果、98点で合格。えらいでしょ。もっともワシの受けた回は超絶に易しくて、合格率が5割超えたという怖ろしい事実がある。英検1級(1次)もワシの合格した回は最低点が80点を超えた、問題が簡単なラッキーな回でありましたなあ。

う〜ん。どうしようかなあ。簿記1級は欲しいけど、工業簿記がなあ。商業簿記だけでいいんだけど。かといって目標もないのに勉強するほどワシは勤勉ではない。とにかく、定年までの7年(どうもあと2年くらい延びるらしいけど)を生き抜かなければナランのだ。

英検は完全に独学だったので、簿記もなんとかナランもんかと画策してるのだが・・・。ちょっと性質が違いますわなあ。英語はなんだかピンとこなくても(まあこういう意味でしょ)くらいで済んだし。それに択一であるから消去法を最大限活用した。正直自分が受かった理由がよくわからないん(模試もなにも受けてないので、どの程度の実力だったか基準が謎である)だけど、たぶん「読むのが早かった」一点に尽きると思う。早く読めなきゃ消去法で考えるヒマがないですからなあ〜。

ネットとか見てると1級(英検でも簿記でも)は独学では困難、って書いてるの見るけど・・・。そうなんか?少なくとも英検は独学でもいけるで。経験者がいうんだから間違いない。面接とかどうするんや、という問題もあってさすがにこれは苦戦したけど、1回目の2次が56点で(あ、こんなん次で受かるわ)と油断したのが苦戦のもとでした。端にも棒にもかからんという点数ではなかったからなあ。

なんで英検でガッコへ行かなかったかというと「そんな金銭的余裕がなかった」てのがいちばんだけども、行ってどうすんの?という疑念もあったのだ。例えば、わからない問題があるとする。学校にいって教わる。なるほど。しかし、同じ問題が出る可能性は限りなく低いだろう。パターンで出題されるわけちゃうからな。

出るかどうかわからんところにこだわるよりは、「早く読むように心がける」。これは学校にいってコツを教わるより、とにかく読みまくったほうが早道だと思う。なので学校で教わってるヒマがあったら自分で読んでるほうが「ハカがいく」と思ってたのだ。わからんとこは「わかった」ことにしときゃいいのだ。
「自信ある自己流は確信なき正統派に勝る」ですな。(もっともワシは英語に関しては自分のやり方が正統派だとヒソカに思ってるけど。大した実力でないのはちゃんとやってないからである。)

しかし簿記なんかルーチンワークのパターン学習そのもんである。ワシの苦手な分野だ。どうしようかなあ・・・。

posted by デンスケ at 06:01| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

通訳案内士2次試験、どないすんねん?

う〜ん通ってるのか通ってないのか、通訳案内士1次試験。しかし「通ってる」と仮定しないと話が前に進まない。なので内心の疑念をふりはらいつつ、2次の対策を考えてみた。

自己紹介のあと、「日本的事象」について口頭試問されるみたいである。大阪の主婦さんから転送してもらった対策学校では、こんなことが訊かれるのではないか?って事項がズラズラ。

(可能性大)
日本の気候、将軍、幕府、旅館、民宿、芸者、京都、にぎり鮨、お節料理、酒 、歌舞伎、能、
生け花、茶の湯、水墨画、浮世絵、日本庭園、枯山水、俳句、柔道、空手、相撲、カラオケ、
神道、仏教、禅宗、座禅、神社、寺、鳥居、おみくじ、正月、初詣、花見、お盆、床の間、掛軸、
銭湯、塾、根回し、単身赴任、わび・さび、義理・人情、本音・建前、天皇

う〜ん。「水墨画」「枯山水」なんかどないしたらええねん(汗)。「枯山水」なら頭を指して「こういう状態ですわ」とハゲの人なら捨て身の作戦も取れるかもだが、残念なことにワシは髪の毛はフサフサである。

まあ簡単に説明でければよいってことですな。英検みたいにスピーチで論理的展開を求められるつうことはないということだから、気楽ではあるけど英検のときも論理的展開なんてあったんかどうか怪しい(汗)。

あと、詰らないこと。かんがえたらアカン、ゆうことですね。どっかのブログ読んだら、「どうせウソかホンマかわからんのだから適当に答えておけばいい」なんてヒドイことが書いてあったけど、ワシはこういう考え方は断固として、支持する(笑)。現役ガイド、きんちゃんがいってたとおり「エンタテナー」だし。軽く訊いたことに「神道の起源はそもそも・・・」なんて重々しく答えられても困惑するだけだろう。

というわけで、こういった「日本的事象」に関して短く説明できるようなのを作っておく。4行くらいでええってことらしい。そんな凝った構文なんか必要ないみたいだし、気楽といえば気楽ですなあ。

しかしリストを見て思うのだが、なんか典型的な「ジャポニズム」というか・・・。なんかいま日本を訪れる欧米系ツーリストの要求とはずれてるような気がしないでもない。まあ国家資格だから「ソープランド」なんかかけませんわな(笑)。しかしマンガとか現代ジャパンを代表する文化とか入っていてもよさそなもんだけど。

「その名はフジヤマ」


あと気にかかるのが、東京と関西とでは訊かれることが違うのか?ってことだな。たとえば「相撲」なんて東京では見られる確率も高いし、なんとなれば博物館だってある。やはり江戸の文物であろう。「歌舞伎」もしかり。ワシは歌舞伎なんかみたことないぞ。かといって関西だからといって「文楽」なんか訊かれても却って困るけど(笑)。それに「芸者」は関東の言い方で、関西では「芸妓」である。(関西では「芸者」はしばしば「枕芸者」のことをimplyしておる。)

とゆーわけで、まあこういったリストで自分でちょこちょこ書いてみることかな。んでもって、本当に通ったらどこかで口頭試問してもらうとか。でければ「日本に着たばかりの外国人」の振りしてもらうとか。

問題は、英語でいえるかどうか。なんだけど・・・。
posted by デンスケ at 08:10| Comment(9) | 通訳案内士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

英語学習に挫折?(学習してないけど)

きょうから10月。年度も後半であります。リーマンにとっては暦年より事業年度のほうが重要で、なんだかんだと後半戦、と身の引き締まる思い・・・かな?

案内士試験、一次の合格発表は11/11だったかな。んでもって二次は12/4かあ。合否を見て、つうのはどうもアカンようであります。英検の2次もなめていて、2回も落ちたからなあ。だいいち、案内士試験は年1回つうのがなんともギャンブル感が高い。ワシは賭け事はやらない(数えるほどしかないワシのいいとこ)し、できたら回避したいんだけど、そうもイカンのであります。

つーのはですね。最近、どうも気にかかって仕方のないことが。

「なんで英語やってるの?」

別に仕事で必要なわけでなし、また英語教育に携わってるわけでもない。ぶっちゃけ、趣味ですなあ(笑)。
趣味のいいとこは、いつでもイヤになったらやめちゃえることですね。仕事ではそうもいかん。
さいきんどうも読書熱が冷めたようで、研修期間中もまったく読めなかった。昨年1月に東京出張したときは必死で"Dragon Tattoo"読んでたのになあ。まあ、また読みたくなるときも来るヤロともっぱら新聞とか読んでるけど、あまり面白い記事がないと気合入れて読まないのが難点ですね。

んでまあ、仕事ももっと勉強せんとアカンなあと。研修受けて思った。特に会計の知識がからっきしなのでこれをなんとかせんと。なんといってもメシの種である。直接仕事に関連する法規とかは仕事中にやればいいだけなんだけど、会計は直接のものではないので自分でなんとかせんとアカン。朝、英語の勉強をするでもないダラダラした時間を会計の勉強に充てようかなあ、と考えてる。

しかし英語もなんか中途半端だしなあ。もっともどこまでやっても終わりがないだろけどね。ワシは外国人と英語で喋りたいって欲求はあんまりないから、ちっともoutputの方向に向かないし(汗)。がんばればできることなんだろけど、そのために要する面倒くささ>喋りたい欲求 なのでいっこうに前進しない。

こんなダラダラしたこと続けるのなら、原点に戻って「いっちょかみで英語」=興味で新聞やら小説を読む、と割り切ったほうがええような。しょせん大した英語力でもなし、いったん引いてかんがえたほうがええんとちゃうかな。なんといっても「勉強嫌い」なのがな〜。ワシの場合は面白がってやってるうちが花、ってかんじであります。

踏ん切りとして、通訳案内士試験にケリつけたいな。しかし

「一次通ってるかどうかワカラン」いうのが・・・。

まあ対策は考えたが(どうせ大したことでないけれど)それは明日に書こうっと。

チビダックスを美容室に迎えに行って(じゃまくさい。勝手に帰ってきてくれんもんか)、ごはんだしな。
一月半車に乗らなかったら、バッテリーが完全に上がってた(汗)。12月の車検で廃車する予定なのでいまさらバッテリー交換する気もおこらんし。ブースターケーブルをどっかで調達せんと・・・。
posted by デンスケ at 17:40| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。