2011年10月18日

Nemesis / Philip Roth

280p、読了。

nemesis.jpg

字がデカイし、行間もあんまり詰まってない。途中の長い風景描写や心理描写はすっとばす。英語の勉強にはならないかもしれないが、ワシの第一の目標は本を読むことだしな。日本語の小説でも同じで、我慢して読むってことはしない。だいたい読書好きってそんなものでは?と思うのだが、ほかのひとに聞いたことないしな(汗)。まああんまりPB読むぞ!って肩に力入れないのがコツであるように思う。

で。「ネメシス」ってなんやねん、と。なんか聞いたことあるな。「枢軸国」のことか。それはAxisや。阪急沿線にあるスーパーかいな。それは「オアシス」。もと「アローム」ゆうとった伊丹のパン屋かいな。それは「オイシス」や、節子。しかしパン屋が「オイシス」ってベタやな(汗)。

ネメシスは「ギリシア神話に登場する女神。人間が神に働く無礼に対する、神の憤りと罰の擬人化である。」ウィキをそのままコピー。なるほど、なにかの隠喩なんですな。とごく当たり前のことを大層に書いた。

ストーリーは単純で、1943年くらい?健康体で快活な性格ながら弱視ゆえに軍隊に入れず、ニュージャージのNewArkで子供の夏休み中の運動監視員をしている主人公。フィリップ・ロスなんで当然、ユダヤ人の設定であります。7月、夏はポリオが流行する時期。この年は大流行した年で、まだワクチンはできていない。運動場で遊ぶ子供たちがひとり、またひとりと病に倒れる。流行の元凶は子供たちが遊ぶ運動場にあるのでは?とヒステリックに叫ぶ母親。主人公は恋人の誘いもあり、ポリオがはびこる街を離れ、山の中にあるキャンプ場で指導員の職に着く。そこはあたかも天上界のようであり、街の子供たちを見捨てた自責の念にかられつつ、主人公は恋人とともに至福のときを過ごすー。

ここからNemesisという題が示す悲劇が起こっていく。しかしなあ。病によって冒された魂の救済とかが示されるわけでもなく、また文章にユーモアのかけらもない。ロスというと「乳房になった男」とか「素晴しいアメリカ野球」というようなユーモアな満載の小説を書いてるのに、もう40年以上前だからしかたないんかなあ。魂の頽廃で終わる小説はつらいもんがあります。ロスはことし78歳だとかで、この作品は去年出版。前に読んだ”Indignation"も途中で"aborted"された作品っていわれてたけど、なんか緊密なプロットを提示しておいて最後がなんじゃそれ?ではあるなあ。この年齢で旺盛な筆を誇っているのはたいしたもんだけど、それと作品の評価は別ですね。感想おわり。

フィリップ・ロスで最初に読んだの(むろん翻訳)は「さよならコロンバス」で、もうストーリー覚えてないけど、主人公の恋人が最後「愛してるから(避妊具を)使ったのよ!」ってとこは記憶にある。なんでか、ちゅうと、この避妊具は「ペッサリー」で女性に負担の大きいものらしいね。で、作中"Flying Saucer"という俗語が使われてるってのをガッコの若い英語女教師(なんかオッサンがかくとイヤラシイ)から貸してもらった本に書いてあったから憶えてるのだ。コンドームは"French Letter"っていう、とも書いてあった。(いま英辞郎で調べたらちゃんと出てた。)

まあこういうのっていつまでも憶えてるもんだんなあ・・と。しかし正当な英語学習から高校生のときにすでに外れてたような気も(涙)。

いつからPB読んでないかなと見てみたら最後は6/22だった(汗)。4ヶ月ぶりに読了、(いちおう読んでたけど、途中で挫折が多かった。)で、目標の年間20冊は「危しメロンパンナちゃん」である(汗)。
posted by デンスケ at 21:05| Comment(4) | PB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

いっちょかみの魂

なんだかんだと手を出すんだけど、なにかが成就したってことが少ない。かろうじて「英語」くらいですか。
しかしこれだってたまたま英検に受かったくらいで、英語自体はさっぱりわからんちんであります。わかりやすく壁にぶつかっとるな〜。いっちょかみの常として、なにがなんでもやってやるという根性がないんですね。

英語をやっていて、わかったことがひとつある。「日常のひとつにしちゃえば、案外なところまでいける」つうことですな。な〜んもかんがえない。歯を磨いたり、風呂に入ったりするのと同じ。負荷が少ないから毎日できるのか、毎日するから負荷が少なくなるのかわからないけどまあ毎日チビチビとやるのが大事ってことですね。

で。

いっちょかみの魂が疼き、(英語は画期的な進歩が難しそうなので)なんかやってみたくなった。ホンマは会計の勉強をせなアカンのだけど、いまだに貰えるといわれた参考書が手に入らない。自分で買ったほうが早いかな。ま、通訳案内士が終わってからでええか。

ワシが東京行ってる間にヨメハンが家を大掃除してた。で、どこにおいてあったかアコースティックギターが出てきた。う〜ん。いつ買ったんだろう?確か梅田で飲んだときに気が大きくなって買ったんと違うかな。(いまは酔っ払ってもそんなことできる余裕がない。ビンボが悪いんや)15年ほど前?すごい安物であることは事実。ちょっといじりたくなってきたので、弦を交換。

ワシはまったく楽器ができない。むか〜しサックスやりたくて買って、習いに行ってたのだけどアドリブのとこで挫折。コードがさっぱりわからんのだもん。コードが鳴る楽器が欲しくてギター買ったんだったかな。それにサックスって練習場所が大変なのよ。車で万博公園までよくいったなあ。ギターはマッハで挫折した。指痛いんだもん。いいわけすると、ワシは爪がでかい。強く押えると爪が弦にひっかかってうまく鳴らない。がんばっても肉と爪の間に弦が食い込んでもうやだ〜(悲しい顔)拷問みたいだ。

ネットで調べたら、そういうひとはやはりいるもので「どうしたらいいでしょう」なんて悩み相談室に投稿がある。最初は大変だけど、そのうち指が盛り上がってきますよとのこと。なるほど。というわけで、すぐにコードを押えるのはあきらめて、しばらくスケール練習だけすることにした。昨日一日やって、Cメジャースケールはなんとか。英語でいったらアルファベットをならってるとこですな。ドレミドレミとやってたら「ドレミの歌」をたどたどしく弾けるようになった。しかし弦1本だけなので、「大正琴」みたい(汗)。いろんなスケールを弾けるようになるまでがんばろ。

しかし本当にネットって便利だなあ。この頃は動画で親切に教えてくれるとこも多い。手がつりそうになったので見てみたら、ポジションが悪いらしい。なあるほどなあ。というわけで、しばらくギターをやってみることにしました。目標はコードを押えられるようになるまで。さて、いつまで続くやら(汗)。

いつも思うのだけど、「英検1級」って音楽にたとえればどれくらいなのかな。アマオケに入れるくらい?あるいはちょっとは聞けるアマチュアバンドってとこかいな。おっさんは弾き語りができる日を夢見てる(ヨメハンも惚れ直してくれるかもしれん)のだけど、はたして。夢を見ている間は楽しいよね〜。英語なら「ガイジンとペラペラ喋ってる」自分を夢見てるようなもんか(笑)。英語はとっくにそんな夢はさめちゃってるんだけど・・・。
posted by デンスケ at 06:17| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

いろいろと出費

東京行きでどーんと懐が淋しくなったワシである。

東京から帰ってきたら車、完全にバッテリー上がってやがった(汗)。冬ならともかく、夏のひと月半ほどで上がるなよと思ったがなんせ8年落ちのフィット、バッテリー容量がもともと小さいらしい。全然乗らないし、年末に車検だし廃車やなと思ってたがこんなとこで叛乱されるとは(涙)。

続いて、DVDレコーダーがいかれた。なんせスゴク前のだからHDD容量、3ギガ(汗)。ダビングすらでけんし新しいの買おうかと思ったけど、ウチはめったに録画なんかせんからディスククリーナーをかけてみることにした。で。相変わらず読み込みしないし、これはもうアカン。ディスククリーナーの1500円は無駄遣いでした。

それからまだ。課長以上の飲み会がワシが帰ってきたということで開かれる。主賓はワシ(という設定)。会費は毎月払ってるからええんだけど、東京にいた間差し入れ(酒だけど)してもらったしなあ。というわけで金一封を入れるの予定。昨年研修にいったひとはひとり1000円相当の商品券かなんかを配ったらしい。だけど、ウチは幹部職員が20人くらいいる。けっこうバカにナラン金額である(涙)。

なんだかんだと出費が多いなあ。

とはいいつつ、会社帰りに本屋に寄ったり。

nemesis.jpg

なんかしらんが、ふらふら買ってしまった。フィリップ・ロスはことしもノーベル文学賞あかんかったな。
ロスはどうも合性悪くて、面白いってのを読んだことがない。前の"Indignation"もいまいちだったしな。しかし、「字が大きい」し短い(280pくらい)なのでチョイス。

ここんとこ堅めの文章ばかり読んでたのでわりとスラスラ進んだ。いま88pくらい。
ストーリーは、つうと・・・

設定は1942年、アメリカ、ニューアーク(どこか知らない)。主人公、Bucky Candorは槍投げと重量挙げで鍛えた肉体をもっているにもかかわらず、弱視がゆえに太平洋戦争に参加できず。大学を卒業したばかりの彼は夏休みの子供たちが運動場で野球とか体育を行う監督者の仕事に就く。しかしニューアークの町はポリオが流行しかかっており、彼の教え子たちもひとり、またひとりその犠牲となっていく・・・。っておはなし。

新聞を主に読んでたので、なんかひさびさのPBは読みやすいな。ここんとこ、PBでもノンフィクションの類が多かったし。なんとか週末までには読んでしまいたいところ。しかしこんだけの円高でもPBってあんまり値段下がらないね。まあ1000円+小銭だったんでええんだけど。

TIMEがスティーブ・ジョブズの特集ってことで少しく興味があったんだけど、TIMEってじっさいに手に取るとうっすいな(汗)。これに800円は出せん。PBでもいまんとこ関連図書はでていないみたいだ。で、マンガコーナーで「電脳なをさん Ver.1.0」を探す。マンガだけど、日本のメディアでずううっとジョブズ(及びアップル)を追っかけてネタにしてたのはこのマンガと作者くらいだろう。作者、唐沢なをきの追悼文もけっこうくるものがあるな。ジョブズの"Stay Foolish"ってこのことではと思うナンセンスなマンガ。しかし残念ながら売り切れ。

ジョブズの若き日の盟友、Steve Wozniakがi-phone4の行列に並んでるときに手品を披露してる動画。大功労者(というか創業者)なのに行列せなあかんのか(汗)。それとも手品したかっただけ?



で、まったく関係ないけど「江口寿史のお蔵出し 夜用スーパー」を購入。1260円。

egutihisasi.gif

内容は・・・まあ画像で想像を。マンガ好きにはたまらんネタ満載だけど。

なんかちびちび無駄遣いが多い。とここでまたひとつ無駄遣いを思い出した。何を思ったか、「ヤマハ大人の音楽教室」のアコースティックギターレッスンの体験を申し込んだんだった。それ自体はタダだけど、ギターの弦を張り替えないと(汗)。んでもって、レッスンを断れなければ月10000円。

どないすんねん・・・。
posted by デンスケ at 21:29| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。